豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

2017.2.15

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在します。

「レイノルズ」も、ホイールメーカーの1つです。
では、どのようなホイールを取り扱っているのでしょうか。

今回は、レイノルズのPerformanceシリーズや、Performanceシリーズの代表的なホイールである「アサルト」についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

フィジークのサドル「アリアンテ」ってどう?

自転車パーツブランドである「フィジーク」は、多くのサドルを取り扱っています。 中でもおすすめな...

自転車のホイールのリムにキズが出来てしまったときの対処法

自転車ですと、どうしても悪路を走行しなければならないことがあると思います。 そんな悪路を走った際に...

自転車の予備ホイールの保管、どうしてる?

オフシーズンになったり、換えを持っているなどで、使わないホイールをどのように保管してますか? 都会...

アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシマノ。 部品にランクがあり、その中...

自転車のシングルスピードは坂道に弱いという話は本当か?

皆さんは、シングルスピードという自転車を知っていますか? 文字通り、スピードがひとつしかない自...

giantの自転車。その自転車と評判についてまとめてみた

数ある自転車メーカーの中でも、比較的、安価なgiant社製のクロスバイク・ロードバイク。 手が出し...

【必見】人気のロードバイクメーカー12社をプロが徹底評価

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイクのメーカーって、本当にたくさんありますよね...

カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイールです。 重量が1,500gを切る軽...

自転車のホイールの修理のこと

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「自転車のホイールって結構高いじゃないですか。あれって...

ロングライドに良いロードバイクのホイール

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイクにおいて、ホイールってとても大事な部品です...

自転車メーカー、スペシャライズドのロードバイクの評価は?

ロードバイクを乗っている人であれば聞いたことあるであろうメーカーのスペシャライズド。 最近は、低...

自転車の泥除け、取り付け/取り外しワンタッチ型の評判は?

自転車の泥除け、ママチャリやシティサイクルは当たり前ですが、スポーツバイクでは付けていない人が多いで...

ロードバイクの中でメンテナンスをマメにすべきはホイール

ロードバイクをメンテナンスする場合、構成パーツの中でも重要度の高いホイールはマメにしたいものです。...

スポーツデポの自転車ウェアってどうなの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車を買ってしばらくすると欲しくなるのが、自転車用の...

ビアンキのインプルソってどんな評価を受けている?!

街で見かけると、ひと際目立つチェレステカラーの自転車。 ビアンキのシンボルカラーです。 ...

スポンサーリンク

ホイールメーカー「レイノルズ」

自転車ホイールメーカーの1つにレイノルズというメーカーがあります。

1989年に、イギリスのバーミンガムで自転車フレームメーカーを設立したことがはじまりです。
2006年、アメリカでReynolds Composites社を立ち上げて、それから独立してレイノルズ社が誕生しました。

世界初のカーボンフォークを手がけたメーカーで、2009年には、ホイール業界の伝説のデザイナーであるポール・リューを研究開発リーダーとして迎えて、世界最軽量の「RZR」を発表しました。

そして現在では、ホイール専門メーカーとして活躍しています。

レイノルズのホイールは、日本製のカーボン繊維をレイノルズ独自の樹脂で加工しています。

そのカーボンの生産をしているところは、アメリカ国防総省に高品質カーボンを提供しているところなので、技術力は申し分ないでしょう。

加工したカーボン素材を、中国にある自社工場まで運んで、厳しい品質管理でホイールを生産しています。
そのように生産されたホイールには、アサルトやRZRがあります。

レイノルズのPerformanceシリーズ

レイノルズの「Performance」シリーズは、ミドルグレードのカーボンクリンチャーホイールのシリーズです。

リムハイトの違いで、アタック(29mm)、アサルト(41mm)、ストライク(61mm)の3種類あります。

2014年モデルからは、リム形状の変更したことで、エアロダイナミクスが向上しています。
さらにクリンチャーフックの改良で、タイヤ装着時のエアロダイナミクスの向上も実現しています。

そして、フック・ブレーキ面・リム部分といように3つのエリアに分けて、個別にカーボン素材を検討することで、強度を確保しつつ軽量化に成功しています。

29mmハイトのアタックは、このシリーズの中でも最軽量のモデルになります。
重量はリム単体で380g。
前後セットでも1,365gしかありません。

リム断面はオーソドックスな三角形で、スポークはDTスイスのエアロコンプを採用して、フロントは20本のラジアル組で、リアは24本の2クロス組で剛性を確保しています。

Performanceシリーズの「アサルト」

レイノルズの「Performance」シリーズのホイールでは、リムハイト29mmのアタックが最軽量モデルでした。

リムハイト41mmのアサルトはオールラウンドモデルで、リムハイト62mmのストライクと平地やTT向けモデルになります。

アサルトとストライクは、リムのスポークヘッド付近を突出させた形状になっており、渦を発生させて、空気抵抗を少なくする役割があります。

2014年モデルでは、突起の形状を改善することで、従来の35%も空力性能を向上させています。

また、アサルトとストライクには、レイノルズ独自のクライオブルー・ブレーキパッドを採用しています。
CTgブレーキングテクノロジーと組み合わせることにより、熱の発生を抑えて、スムーズなブレーキングを可能にしています。

リムのブレーキ面が磨り減ることで、赤い部分が見えてくるのですが、それは、すり減り具合を分かりやすく目視するための工夫です。

アサルトに限っては、ディスクブレーキ仕様が登場しています。

ディスクブレーキに対応するため、細やかなアップデートが施されています。
前後ともに24本のクロス組に変更されて、エンド幅は135mmで、M6ボルトのディスクブレーキに対応しています。

そのような変更から、ディスクブレーキ対応モデルは、リム重量は438gで、前後セットで1,565gになっています。

ホイール「アサルト」を買ってみた

レイノルズのホイールであるアサルトを購入してきました。

見た目から言いますと、41mmリムハイトは、迫力もあって良い感じです。
リム幅は24mmと広めで、場合によっては、タイヤ幅より広くなると思います。

ロゴは白ふちの黒文字なので渋く、様々なフレームと合うと思います。

フロントスポークは20本で、リアスポークは24本です。
スポークは細めですが、ブレードになっています。

ハブは普通のものと比べると、スマートな良い形をしていると思います。
また、ハブは開けやすく、グリスアップや玉当たりの調整が楽にできることでしょう。

試しに、グリスの量を少し減らしてタイヤを空転させてみました。
カンパニョーロやフルクラムのような爆音がすることもなく、ちょうど良い音量で、少しリッチな音のように感じました。

ラチェットは、ハブの本体に爪があり、スプロケット側にギザギザがあって、爪は全部で5つでした。
クイックのレバーは、カンパニョーロやフルクラムと似ているのですが、小ぶりです。

アサルトのインプレは?

レイノルズのホイールであるアサルトで走行しました。
前評判としては、アサルトは漕ぎ出しが軽いと言われていたので、期待して走行したら、その期待は現実のものになりました。

噂どおり、漕ぎ出しが軽い。

カタログ値では、クイックとタイヤを抜きにして、ホイール重量は1,315gということなので、リムハイトが41mmにしては軽いほうだと思っていました。

その漕ぎ出しの軽さに驚愕です。

練習用に装着していたカンパニョーロのカムシンとは、比べ物になりません。
漕ぎ出しの軽さに、驚きます。

剛性に関しては、正直なところあまり感じませんでした。
アルミフレームだからかもしれませんが、ホイールから剛性を感じることはなく、むしろ乗り心地が良いように感じました。

チューブラーのホイールだということも、乗り心地を良くしているのかもしれません。
ブレーキ性能は、シューの慣らしが終わってから、とても効きます。

空力は悪くなく、向かい風になると楽になるような気がしましたが、気のせいかもしれません。
アサルトの魅力は、軽さと乗り心地だと思います。

おすすめホイールはレイノルズ製品以外にも

レイノルズのホイールのアサルトは良いホイールですが、他のメーカーも負けてはいません。

【カンパニョーロ:Bora One 35(ボーラワン35)】

リムハイトが35mmのオールラウンドモデルのホイールです。
リム素材はカーボンなので、専用のブレーキシューを使用することになります。

総重量は1,406gと軽く、無理な軽量化をしているわけではないので、レースだけでなく普段使いにも対応しています。

【カンパニョーロ:Bora One 50(ボーラワン50)】

ボーラワン35と同じ仕様で、リムハイトが50mmになったものです。
深いリムで見た目が良く、空力性能が高いので高速巡航可能です。

重量は1,485gと少し重くなってしまうのですが、ヒルクライムでも使用できます。

【フルクラム:RACING ZERO】

10万円から20万円クラスの中では、圧倒的な人気のホイールです。
省略して「レーゼロ」と呼ばれることもあるくらいです。

カーボンリムモデルの【レーシングゼロ・カーボンCL】は、重量が1,358gと軽量で、リムハイトが高めの30mm、スポーク本数はフロント16本リア21本で、隙のない仕上がりになっています。

スポークはアルミで剛性が高く、脚力をしっかりと推進力に変換してくれます。

ホイールを取り扱うメーカーは様々

いかがでしたか?
今回ご紹介させていただいたレイノルズやカンパニョーロ、フルクラム以外にも、様々なメーカーがホイールを取り扱っています。

シマノやマヴィックも、自転車部品を扱う有名なメーカーなので、部品購入の際には、チェックしてみてくださいね。

 - ホイール スポーク, 評価 インプレ