豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

   

日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありますか?

日本一周を旅するとなったら、クロスバイク本体だけでなく、食費や宿泊費など、さまざまな費用がかかります。

では、一体、日本一周にはどのくらいの予算が必要なのでしょうか。
低予算で旅をするコツはあるのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001628-1.jpg
自転車ホイールに傷がついてしまった!そんなときの対処法

自転車に乗っていて、転んでしまったホイールに傷がついてし...

pwk0001627-1.jpg
自転車を買うならシングルスピード!おすすめブランドは?

自転車を欲しいけど、どんなものがいいかわからない… シンプ...

pwk0001626-1.jpg
コルナゴのclxってどうなの?ライダーの評価を徹底解説!

ロードバイクに乗っている人は、一度はコルナゴという名前を...

pwk0001625-1.jpg
mtbのブレーキから音がする!そんな時の解消法と防止策は?

mtbに乗っていて、ブレーキをかけると音がする! なんて経...

pwk0001624-1.jpg
giosのミニベロはスポーツ自転車としても評価が高い!

giosはイタリアの自転車メーカーで、ロードバイクでも有...

pwk0001623-1.jpg
日本一周をするバイクはランドナーで!期間はどのくらい?

自転車で日本一周をしてみたい! そんな方には、ランドナーと...

pwk0001622-1.jpg
シマノのビンディングペダル105は初心者におすすめ!

ロードバイクのビンディングペダルは、ペダルと足を固定して...

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

スポンサーリンク


クロスバイクで日本一周する場合の予算

クロスバイクで日本一周する場合、極端な話で言えば一文無しでも実行することが出来ます。

ですがこれは、食事や泊まるところを誰かに出してもらうことが前提となっているので、全てを自費で賄うのなら、最低でも「50万円」は必要となります。

これは必要最低限の予算なので、ゆったりとした旅を楽しみたければ、150万円ほど用意しておきましょう。

まず、準備に使う費用は30万円です。
しかし、持っていく道具や乗る自転車の品質を問わなければ、1万円程度で済むかもしれません。

コストパフォーマンスと道中の快適さのバランスを取るなら、30万円くらいが適切というわけです。

余ったお金は、旅行中の生活費に充てていきます。
食費を1,000円ほどにすれば、20万円もあれば、本土で十分過ごしていけます。

船などを利用して何処かの島などへ行くなら、もう少し出費が増えるので、そこは上手くやりくりしなければなりません。

基本的には20万円ほどで、半年間は生活していくことが出来るでしょう。

予算を浮かせるポイントは食事

クロスバイクで日本一周の旅をするとなると、ある程度のまとまったお金が必要になります。

食費はもちろん、野宿をしない場合は、宿泊費も所持していなければなりません。
しかし、無理に大金を用意しなくても、低予算でも楽しい旅行生活を送ることは十分可能です。

自転車を運転することで移動をしていくため、食事を抜いては体調を崩して倒れてしまいます。
そのため「食べない」という選択肢は、そもそもありません。

そんなときは、知恵と工夫で乗り切りましょう。

便利なものは「食パン」です。

それとマヨネーズを組み合わせれば、手軽で美味しくカロリーを補給することが出来ます。
自炊する手間が省ける上に、この2つはコンビニでも手に入れることが出来て、値段も安いという至れり尽くせりの食品となっています。

また「スパゲティ」も役立ちます。
身体を動かすエネルギーをすぐに確保することが出来ますが、茹でなければいけないので、時間のある夜間限定の食品となるでしょう。

ソースは節約したいのなら購入を避け、味付けは茹でる際の塩味だけで我慢して下さい。

スーパーの野菜や袋ラーメンも低予算の味方

日本一周をバイクで挑戦すると、食費や宿泊費、バイクの維持費など、それなりの予算が掛かります。

予想以上に出費が増えてしまい、手持ちの資金が底をついてしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、なるべく食費を抑えるようにしましょう。
まずは、スーパーで野菜を丸ごと買い、そのまま生で食べましょう。

大手スーパーや激安を謳い文句にしているスーパーを利用すれば、確実に安値のものが手に入ります。

各地に置かれている無人販売所なら、スーパーよりも安く、大量の野菜を買い込むことが出来るでしょう。

手軽さなら、袋入りのラーメンがおすすめです。
1袋に5食分が入っており、大体200~300円くらいの値段が付けられています。

ですが、スーパーのオリジナルブランドだった場合、もっと値段が引き下げられている可能性があります。

コストパフォーマンスは微妙ですが、美味しくて、簡単に調理が出来て、身体を温めることが出来る食べ物としては最適です。

とはいえ、お金に余裕があるのなら、現地で美味しいものを食べた方が良いでしょう。
あくまでも節約をしたいときの方法なので、必ずしも、この通りにすれば良いというわけではありません。

低予算で日本一周するコツは食事以外にも

バイクを利用した日本一周では、とにかく予算を抑えて行動することを心掛けたいところです。

そのためには、通信費を使わないことをおすすめします。

旅行記としてブログなどにまとめたいと考える人も多いかと思われますが、スマートフォンなどを使えば、1ヶ月に1万円ほどの出費が掛かる可能性があります。

どうしてもネット通信をしたいのなら、大手会社から格安SIMを扱う会社に変更しましょう。
手続きをするためにネットを使用する必要があるものの、リスクはほとんどありません。

長期旅行に対応するプランを用意しているサイトもあるので、調べてみて下さい。

他にも、髪が伸びてきたら、駅前などにある1,000円カットが便利です。
値段の安さに不安を感じるかもしれませんが、そんなに身構えなくても、きちんとした仕上がりにしてくれます。

さて、最も気になるものと言えば「お風呂」ですが、『温泉博士』という雑誌を持っていると、一部の温泉が無料で使えると言われています。

雑誌は600円程度で購入出来ますし、場所こそ指定されていますが、日本中を回っていれば、該当する温泉に必ず巡り会えます。

旅行者の多くはこれを活用しているので、是非節約に役立てて下さい。

低予算で日本一周する人向けのクロスバイク

日本一周の活動費に充てる予算とは別に、移動手段となるクロスバイクを買う費用も用意しなくてはなりません。

クロスバイクは、舗装路でスピードを出すことに特化しているロードバイクと、山道や坂道などを走りやすいように、頑丈さを突き詰めたマウンテンバイクの良いところを掛け合わせた自転車です。

長距離旅行の相棒には、うってつけと言えるでしょう。
今回はなるべく出費を抑えつつも、性能の良いクロスバイクをお伝えしたいと思います。

【メトロ(アニマート)】

軽さが特徴のアルミフレームと、21段の切り替えが行える変速機を備えています。
変速機には、シマノのパーツが組み込まれているので、滅多に壊れることはないでしょう。

目立った機能や性能は持ち合わせていませんが、どんな状況にも対応することが出来ます。

【ビーナス(カノーバー)】

クロスバイクシリーズのひとつに入るモデルで、シマノ製の変速機だけではなく、アルミでありながら高い剛性を持ったフレームがポイントです。

走りやすさは他のモデルに一歩及ばないものの、決して性能が悪いというわけではありません。
デザインにも凝っているので、見た目も楽しめるでしょう。

低予算で手に入るクロスバイクを探す場合

日本一周に使用するクロスバイクは、いくつかのポイントさえ押さえていれば、どれだけ安いモデルでも目標達成することが出来ます。

そのため、なるべく低予算で行きたいと考えている人も安心して下さい。

それでも乗り手の安全のために、必要最低限の機能は搭載されていなければなりません。

1つめは、30kg近くの荷物を積み込むことになるので「キャリアを前後に設置出来るタイプであること」が望ましいです。
前後が無理なら、後ろ側だけでも付けて下さい。

2つめは、「安全性がある程度確保されているもの」にしましょう。
いくら安物でも、性能面に差は出るので、粗悪品を使っていては、何かしらのトラブルを引き起こす可能性があります。

最後は「使われているパーツが一般的なものであること」ということです。

もし、クロスバイクが壊れてしまったとして、パーツが特別製のものだったりすると、新しくパーツから作らなければならなくなったり、遠くから取り寄せる必要があります。
すると、直るまでに相当の時間が掛かります。

この3つに気を付ければ、クロスバイクの値段は、あまり気にしなくても良いでしょう。

ただし、これは出費を減らしたい人に向けたアドバイスです。
予算に余裕がある場合は、高品質であり、高性能のモデルを選んだ方が快適な旅を楽しめます。

日本一周には健康な身体が必要不可欠

日本一周にかかる予算や、低予算の工夫などをご紹介させていただきました。

予算を抑えるには、日々の食事が一番のポイントです。

ただ、偏った食事や、食事量の少ない日々が続くと身体を壊してしまうかもしれません。

身体を壊してしまったら、旅はそこで終わってしまいます。
健康な身体を保ちながら出来る節約を心がけましょう。

 - 旅行 長距離移動