豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

リハビリには自転車型トレーニング器具が最適!

2017.3.10

自転車型トレーニング器具をご存知ですか?
スポーツジムに通う方なら使用したことがあるかもしれません。

自転車型トレーニング器具は、トレーニングやダイエットだけでなく、リハビリにも使える器具なのです。

今回は、そんな自転車型トレーニング器具についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

しまなみ海道サイクリング時の持ち物・服装

しまなみ海道は、本州と四国を結ぶ自動車道で自転車専用レーンがあり、自転車で横断できるのが魅力です。 ...

自転車のハブについての正しい知識。寿命を少しでも長く!

自転車の日頃のメンテナンスはどうしていますか。自転車も車と同じ車両の乗り物ですから、日頃のメンテナン...

自転車の買い替え時期、最適な時期はある?

自転車の寿命ってどのくらいでしょうね、という少し切ないお話。もちろん、自転車の種類やメンテナンスの頻...

スポーツ自転車の分解・清掃方法を知っておこう

スポーツ自転車は、ママチャリと比べて、頻繁で細かなメンテナンスが必要です。 汚れが付着した場合には...

北海道でmtbトレイルを存分に楽しもう!

北海道と言えば、景色が綺麗で自然豊かなイメージですよね。 山もたくさんありそうなので、mtbでトレ...

自転車のベアリング、故障すると異音の原因になる!?

自転車に必要不可欠な部品と言えばペダルです。ペダルがなければ、自転車を漕ぐことができません。 そん...

自転車運転はヘルメットの着用が義務なの!?小中学生編

中学生になると、自転車通学が出来るようになるところも多いのではないでしょうか。学校までの距離が近い...

自転車のリム交換できるかな?チャレンジしてみよう!

ロードバイクなどに乗っていて「走りを変えたい...!」と思ったとき、手っ取り早いのはタイヤ・ホイール...

自転車で日本一周したい!購入必需品や最低限の貯金額とは

サイクリングやツーリングを趣味に持つ方で、自転車で日本一周したいという方は多いのではないでしょうか。...

ロードバイクにおける”ギア比とケイデンスと速度”と私

自分の適正なギア比、ケイデンスの高低、で、速度...ややこしいですね。ネットで検索してみると「ギア...

自転車走行の速度はどのくらい!?標準速度について語ります!

今回紹介するのは自転車の標準的な平均の速度はどのくらいなのでしょうか。速度計を付けていれば分かるの...

ロードバイク選び!サイズは小さいのと大きいのはどちらが良いの?

ロードバイクを乗っている方は、自分の適性サイズを上手く選んで、しっかり自分の乗りやすく性能を発揮出来...

自転車を選ぶ時の条件は「軽いこと」「安いこと」が重要?

あなたが自転車を選ぶとき、何を基準にしますか。どの種類を選ぶかにもよりますが、例えばロードバイクで...

自転車のライト、気にしていますか?ライト交換の重要性とオススメ品

ライトは自転車の必要装備品です。 自転車の道路交通法で夜間の走行において「灯火をつけなければならな...

サイクリング用のサングラス、おすすめの色や製品は?

サングラスは、サイクリングやランニング、車の運転などアウトドアのいろいろな場面で活躍しますよね。 ...

スポンサーリンク

自転車型トレーニング器具「フィットネスバイク」

自転車型のトレーニングマシーンといえば、フィットネスバイクです。
エアロバイク、エクササイズバイクという呼び方でも知られています。

フィットネスバイクは、雨であったり、日光が厳しい時間であったりと、天気にも左右されずに、ウォーキングよりも効果的に有酸素運動をすることができます。

フィットネスバイクの特徴は、それだけではありません。

ペダルに好きなだけ負荷をかけることができるので、体力や筋力に合わせて調整できるので、体力が落ちている人でも、リハビリ中の人でも使用できます。

また、ペダルを漕ぐと、カロリー消費量・スピード・時間・心拍数といった数値がメーターで確認できます。

家庭用から、スポーツジムで設置されているような本格的なトレーニングためのフィットネスバイクまで、種類もさまざまです。

有酸素運動によって、内臓脂肪を減らす効果があるので、ダイエットやトレーニングでも最適な健康器具となっています。

自転車型トレーニング器具の種類

自転車型のトレーニング器具であるフィットネスバイクには、様々な種類があります。

アップライトバイクは、もっとも一般的なタイプとなっています。
自転車と似た走行感覚で楽しめ、カロリーや時間を確認できる機能があります。

主に健康維持を目的とする人が使用するフィットネスバイクで、負荷を調節することによって、太り気味の人や腰に痛みある人などでも負担が少なく楽しめます。

リカンベントバイクは、ペダルが前側についていて、同じ負荷をかけていても、低い姿勢によって、より強い運動が可能です。

高いシートの位置にしておくと、心臓の負担が軽くなるので、無理をせずに楽しめます。

安定したぺダリングができて、健康な人・高齢の人・リハビリ中の人など、どんな人でも使いやすいフィットネスバイクです。

スピンバイクは、アップライトバイクと似ています。
アップライトバイクと比べて、フライホイールが大きいのが特徴です。

これは上級者用のフィットネスバイクで、強い負荷をかけることができます。
ロードレースに出場する人などのトレーニングなどで使用されています。

自転車型トレーニング器具は他にも

自転車型のトレーニング器具は、他にもあります。

まずはXバイクです。
折り畳みができるフィットネスバイクとなっています。

折り畳みができ、軽いので場所をとりません。
使わないときは収納しておけます。

ただ、サドルの位置が高めで、ペダルを漕ぐときの安定性が悪いのが難点です。

折り畳みのため、支点が安定しないので、高齢の方や太り気味の人にはおすすめできないです。

クロストレーナーは、立って使用します。
階段を上る動作や、ウォーキングやランニングの動作などもできます。

ランニングやウォーキングのフォームを改善したり、リハビリにも使用できます。
ルームランナーと比べると、ひざや腰への負担が少ないという特徴があります。

ミニサイクルは、主に高齢の方やリハビリ中の方が使用します。

テレビや雑誌でもよく紹介されていますが、種類もたくさんあります。

商品によって上半身の運動にも利用できるので、体力がないという方や高齢の方向けの商品となっています。

フィットネスバイクはリハビリにも!

フィットネスバイクの特徴をまとめると、

・屋内でできる
・心拍数などを確認しながら運動できる
・負荷を調節できる

このような特徴があるので、フィットネスバイクはリハビリにも活用されています。

フィットネスバイクといえば、ダイエットや筋トレなどのトレーニング目的で使われることが多いと思われがちです。

ですが、効果的に有酸素運動ができる自転車型のトレーニング器具は、体力が落ちてしまった人や、高齢の方でも使うことができます。

自分で心拍数を把握しながら、体力に合わせて調整できるので、リハビリにも効果的です。

ケガや病気をして体力がずいぶんと落ちてしまった、というときにも、体力を取り戻し、以前の生活に戻るのは至難の業です。

適切に体力を回復させたり、筋力を取り戻したりするためには、リハビリ施設でのトレーニングが必要となることが少なくありません。

そのリハビリ施設には、上記の理由からフィットネスバイクが設置されていることが多いようです。

リハビリ用はジムのものとは別物?

では、リハビリ用のフィットネスバイクと、ジムなどに置いていあるフィットネスバイクには、違いがあるのでしょうか。

スポーツジムでは、スポーツ自転車のような形をしているものや、リカンベントタイプのものがあります。
そのため、健康維持やトレーニング目的で使用する人が多いです。

リハビリとして使用する場合は、強い負荷をかけないことと、最も大切なのは安全性が確保されていることです。

通常のフィットネスバイクでは、サドルは高い位置にあり、自転車を漕いでいるのと同じ感覚になります。
しかし、リハビリ用の場合は、大きめのサドルで安定性を保つように作られています。

共通している機能は、使用中にモチベーションを維持できるような設定ができるということです。

例としては、ペダルの回転数の表示や消費カロリー、心拍数、距離などの数値が確認できます。

これらのデータは、リハビリの患者さんに良い刺激を与え、リハビリが辛いものから楽しいものへと変わる効果もあるようです。

リハビリ用フィットネスバイクの選び方と効果

リハビリ用の自転車型トレーニング器具として、リカンベントという種類が挙げられます。

背もたれがあり、お尻や上半身への負担が少ないフィットネスバイクなので、体力が減ってきている高齢の方、リハビリ中の方、女性の方でも長時間の運動が可能です。

また、他にも「電磁式エアロバイク」というものがあります。
これは、主にジムなどのフィットネスバイクとして使用されています。

こちらは、体力に自信のない方におすすめです。

電磁石の力を利用して、負荷がかかるようになっているので、音は静かでありながら、強い負荷をかけることができます。

幅広い負荷調整が可能なので、ある程度体力がついてきたあとでも、トレーニング器具として活躍するでしょう。

ただ漕ぎ続けるよりは、テレビなどのモニターがあると良いです。
モニターは遠いところに設置すると、遠くを見つめて漕ぐので、正しい姿勢を自然と保つことができます。

リハビリ用のフィットネスバイクの選び方としては、

ミニサイクル⇒リカンベントタイプ⇒エアロバイクタイプ が良いでしょう。

スタッフさんに相談を

今回ご紹介させていただいたように、フィットネスバイクの種類は様々です。

また、色々なメーカーがフィットネスバイクを販売しているため、数が多すぎてどれが自分に合っているのか1人で選ぶのは難しいと思います。

適当に選んで自分に合わないものだった場合は、とても後悔すると思います。
不安であれば、スタッフさんに相談しながら、どれを購入するか決めることをおすすめします。

 - 練習 トレーニング, 自転車全般