豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

リハビリには自転車型トレーニング器具が最適!

2017.3.10

自転車型トレーニング器具をご存知ですか?
スポーツジムに通う方なら使用したことがあるかもしれません。

自転車型トレーニング器具は、トレーニングやダイエットだけでなく、リハビリにも使える器具なのです。

今回は、そんな自転車型トレーニング器具についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクのカーボンフレームと他の素材。寿命の差は?

ロードバイクのフレームには、アルミフレーム・クロモリフレーム・カーボンフレームと何種類かあります。 ...

自転車はどこを走るべき?道交法でも定められている走行場所

自分が車に乗っている時は車道を走る自転車が少し邪魔だな、危ないなと感じている。歩行者として歩道を歩...

自転車をペンキで全塗装してみよう!!やり方とコツ

ヴィンテージバイクに乗る方はいますが、ほとんどの場合、使い古した自転車はそのまま放置したり、捨ててし...

PINARELLO(ピナレロ)のロードバイク、その特徴と評判

PINARELLO(ピナレロ)と言えば、イタリアの名門ロードバイクメーカーです。 人気メーカー...

ロードバイクのメンテはしっかりと!費用はどのくらい?

ロードバイクを手にしたばかりの頃は毎日毎日磨いてパーツを眺めて、という方も少し経つとだんだん冷めて...

自転車のアルミフレームは寿命が短い!?

乗ったことのある自転車で、フレーム素材がアルミだったという人は、多いのではないでしょうか。 一般的...

助けて!自転車のペダルが外れない!!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車のペダルが外れないので、助けて欲しいというお...

ロードバイクの中古品を安く購入しよう!~東京編~

皆さんがロードバイクを購入する時は新品と中古品のどちらを購入しますが。レースに出たりする方は、比較的...

腕立て伏せと腹筋の筋肉の関連性!筋肉痛は効いてる証拠!!

腕立て伏せと腹筋は、筋肉トレーニングで代表する筋トレですね。 腕立て伏せで腹筋も一緒に鍛える効...

プールやトライアスロンの水泳のタイムの測定方法をご紹介!

学校などのプールでの水泳と、トライアスロンの水泳・・・泳ぐ場所が違えば、タイムの測定方法も変わって...

ロードバイクにライトをつける!その取り付け位置は?

ロードバイクと言えば速さを追求するスポーツバイク、人力では一番速いとされている乗り物。その目的ゆえに...

ホイールバランスを自分でとってみよう!!やり方をご紹介

ホイールバランス調整は、大変重要な調整です。 自転車を作業台に乗せてクランクを回して後輪を高速回...

シマノのクランクの外し方ってどうするの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 先日、シマノのクランクの外し方について聞かれました。だ...

自転車の取締り強化、信号無視の違反切符がトップの理由

2015年6月から道路交通法が改正されて自転車の取締りが強化されました。 その後、テレビのワイドシ...

自転車のパンク、気づかないまま走り続けていませんか?

自転車走行中にパンッ!という音が鳴れば、タイヤがパンクしたのだと気づくことができます。 しかし、パ...

スポンサーリンク

自転車型トレーニング器具「フィットネスバイク」

自転車型のトレーニングマシーンといえば、フィットネスバイクです。
エアロバイク、エクササイズバイクという呼び方でも知られています。

フィットネスバイクは、雨であったり、日光が厳しい時間であったりと、天気にも左右されずに、ウォーキングよりも効果的に有酸素運動をすることができます。

フィットネスバイクの特徴は、それだけではありません。

ペダルに好きなだけ負荷をかけることができるので、体力や筋力に合わせて調整できるので、体力が落ちている人でも、リハビリ中の人でも使用できます。

また、ペダルを漕ぐと、カロリー消費量・スピード・時間・心拍数といった数値がメーターで確認できます。

家庭用から、スポーツジムで設置されているような本格的なトレーニングためのフィットネスバイクまで、種類もさまざまです。

有酸素運動によって、内臓脂肪を減らす効果があるので、ダイエットやトレーニングでも最適な健康器具となっています。

自転車型トレーニング器具の種類

自転車型のトレーニング器具であるフィットネスバイクには、様々な種類があります。

アップライトバイクは、もっとも一般的なタイプとなっています。
自転車と似た走行感覚で楽しめ、カロリーや時間を確認できる機能があります。

主に健康維持を目的とする人が使用するフィットネスバイクで、負荷を調節することによって、太り気味の人や腰に痛みある人などでも負担が少なく楽しめます。

リカンベントバイクは、ペダルが前側についていて、同じ負荷をかけていても、低い姿勢によって、より強い運動が可能です。

高いシートの位置にしておくと、心臓の負担が軽くなるので、無理をせずに楽しめます。

安定したぺダリングができて、健康な人・高齢の人・リハビリ中の人など、どんな人でも使いやすいフィットネスバイクです。

スピンバイクは、アップライトバイクと似ています。
アップライトバイクと比べて、フライホイールが大きいのが特徴です。

これは上級者用のフィットネスバイクで、強い負荷をかけることができます。
ロードレースに出場する人などのトレーニングなどで使用されています。

自転車型トレーニング器具は他にも

自転車型のトレーニング器具は、他にもあります。

まずはXバイクです。
折り畳みができるフィットネスバイクとなっています。

折り畳みができ、軽いので場所をとりません。
使わないときは収納しておけます。

ただ、サドルの位置が高めで、ペダルを漕ぐときの安定性が悪いのが難点です。

折り畳みのため、支点が安定しないので、高齢の方や太り気味の人にはおすすめできないです。

クロストレーナーは、立って使用します。
階段を上る動作や、ウォーキングやランニングの動作などもできます。

ランニングやウォーキングのフォームを改善したり、リハビリにも使用できます。
ルームランナーと比べると、ひざや腰への負担が少ないという特徴があります。

ミニサイクルは、主に高齢の方やリハビリ中の方が使用します。

テレビや雑誌でもよく紹介されていますが、種類もたくさんあります。

商品によって上半身の運動にも利用できるので、体力がないという方や高齢の方向けの商品となっています。

フィットネスバイクはリハビリにも!

フィットネスバイクの特徴をまとめると、

・屋内でできる
・心拍数などを確認しながら運動できる
・負荷を調節できる

このような特徴があるので、フィットネスバイクはリハビリにも活用されています。

フィットネスバイクといえば、ダイエットや筋トレなどのトレーニング目的で使われることが多いと思われがちです。

ですが、効果的に有酸素運動ができる自転車型のトレーニング器具は、体力が落ちてしまった人や、高齢の方でも使うことができます。

自分で心拍数を把握しながら、体力に合わせて調整できるので、リハビリにも効果的です。

ケガや病気をして体力がずいぶんと落ちてしまった、というときにも、体力を取り戻し、以前の生活に戻るのは至難の業です。

適切に体力を回復させたり、筋力を取り戻したりするためには、リハビリ施設でのトレーニングが必要となることが少なくありません。

そのリハビリ施設には、上記の理由からフィットネスバイクが設置されていることが多いようです。

リハビリ用はジムのものとは別物?

では、リハビリ用のフィットネスバイクと、ジムなどに置いていあるフィットネスバイクには、違いがあるのでしょうか。

スポーツジムでは、スポーツ自転車のような形をしているものや、リカンベントタイプのものがあります。
そのため、健康維持やトレーニング目的で使用する人が多いです。

リハビリとして使用する場合は、強い負荷をかけないことと、最も大切なのは安全性が確保されていることです。

通常のフィットネスバイクでは、サドルは高い位置にあり、自転車を漕いでいるのと同じ感覚になります。
しかし、リハビリ用の場合は、大きめのサドルで安定性を保つように作られています。

共通している機能は、使用中にモチベーションを維持できるような設定ができるということです。

例としては、ペダルの回転数の表示や消費カロリー、心拍数、距離などの数値が確認できます。

これらのデータは、リハビリの患者さんに良い刺激を与え、リハビリが辛いものから楽しいものへと変わる効果もあるようです。

リハビリ用フィットネスバイクの選び方と効果

リハビリ用の自転車型トレーニング器具として、リカンベントという種類が挙げられます。

背もたれがあり、お尻や上半身への負担が少ないフィットネスバイクなので、体力が減ってきている高齢の方、リハビリ中の方、女性の方でも長時間の運動が可能です。

また、他にも「電磁式エアロバイク」というものがあります。
これは、主にジムなどのフィットネスバイクとして使用されています。

こちらは、体力に自信のない方におすすめです。

電磁石の力を利用して、負荷がかかるようになっているので、音は静かでありながら、強い負荷をかけることができます。

幅広い負荷調整が可能なので、ある程度体力がついてきたあとでも、トレーニング器具として活躍するでしょう。

ただ漕ぎ続けるよりは、テレビなどのモニターがあると良いです。
モニターは遠いところに設置すると、遠くを見つめて漕ぐので、正しい姿勢を自然と保つことができます。

リハビリ用のフィットネスバイクの選び方としては、

ミニサイクル⇒リカンベントタイプ⇒エアロバイクタイプ が良いでしょう。

スタッフさんに相談を

今回ご紹介させていただいたように、フィットネスバイクの種類は様々です。

また、色々なメーカーがフィットネスバイクを販売しているため、数が多すぎてどれが自分に合っているのか1人で選ぶのは難しいと思います。

適当に選んで自分に合わないものだった場合は、とても後悔すると思います。
不安であれば、スタッフさんに相談しながら、どれを購入するか決めることをおすすめします。

 - 練習 トレーニング, 自転車全般