豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

サイクリングの必須アイテムボトルケージ!取付位置はどこ?

      2017/03/31

サイクリングの必須アイテムボトルケージ!取付位置はどこ?

ロードバイクを始め、徐々に長い距離も走るようになり、そろそろボトルケージを買いたい!

でも、最初はどんなものを買えばいいのか?どの位置に取り付ければいいかわからない、そんな人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ボトルケージの選び方・取付位置のご紹介をしていきます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

pwk0001608-1.jpg
アイスバーン対策に!チェーンとスタッドレスタイヤの効果

皆さんは、雪の多い地域にお住まいでしょうか? 冬でも、夏と...

pwk0001607-1.jpg
自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの...

pwk0001606-1.jpg
弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性...

pwk0001605-1.jpg
通勤距離が5キロという人は自転車通勤始めてみませんか?

毎日ぎゅうぎゅうの電車に押し込められて、通勤だけで疲れ果...

pwk0001604-1.jpg
ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいま...

pwk0001603-1.jpg
ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思...

pwk0001602-1.jpg
圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやって...

スポンサーリンク


ボトルケージが必要な理由

長時間の運動をしていると汗をかき、体内の水分が足りなくなります。
そのため、こまめに水分を補給しなければなりません。

それなら、休憩のときに飲めば良いと考えがちですが、水分が完全に取り込まれるには、ある程度の時間を要します。
ですので、時間が開きすぎると水分量が足りず、脱水症状を引き起こすかもしれません。

目安は、10~20分おきとされています。

近所を周るくらいなら良いのですが、遠出をしたり、レースやイベントなどに参加する場合は、身体に掛かる負担が増すので、水分補給を欠かさないようにしてください。

筋肉の痙攣や、突然意識を失う危険性があります。
遠くへ行くときは、飲み物を所持品に加えるようにしてください。

中身がカロリーの高いドリンクなら身体を動かすエネルギーにもなるので、エネルギーが不足することで起こる「ハンガーノック」を防ぐこともできます。

自転車ならボトルケージを適当な位置に取り付ければ、乗りながらでも、十分な水分補給が可能になります。

鞄やリュックサックなどから、取り出す手間が省けるうえに片手で飲めるので、ハンドルを手放せないときでも対応できます。

ボトルケージの取付位置はどこ?どれを選べばいいの?

ボトルケージを設置する位置ですが、ロードバイクやクロスバイクなら、ダウンチューブとシートチューブの2ヶ所に付けられます。

ダウンチューブは、フロントホイールの後ろの傾いている部分です。
シートチューブはサドルを取り付けるパーツのひとつとして組み込まれており、地面に向かって伸びています。
フレームのサイズにもよりますが、取り出しやすいのはダウンチューブの方なので、こちらからいつでも取り出せるように繰り返して練習を行い、コツを掴んでおきましょう。

自転車によっては、ボトルケージを取り付けるための穴が空いていないため、その場合はハンドルに装着することができる、ドリンクホルダーを使ってください。

ボトルケージの種類は様々で、形や素材もバラバラです。
重さや使い勝手も異なるので、自分が使いやすいものや、自転車に合うものを選びましょう。

他のパーツと違い、自転車と完全に馴染むものではなかったとしても、乗り心地が大きく変わることはほぼないので、基本的には自分の好みで決めてしまって構いません。

初めてボトルケージを買うときは安価なものでもいい?

ボトルケージの値段は、ピンキリとしか言いようがありません。

安いものは1,000円くらいあれば手に入りますが、高いものになると、8,000円ほどの値段に達することがあります。
この差は「重さ」によるものです。

ロードバイクなどのスポーツ自転車は、レースやヒルクライムなど速さを競うイベントで使われることが多く、1g違っただけで、タイムが大幅に変わることも珍しくありません。

スピードも、軽ければ軽いほど出しやすいので、限界まで軽くすることを目的としています。
そこで、なるべく余計な部品は付けず、どうしても取り付けるなら、できるだけ軽いものを選ぶ傾向があるのです。

値段が高いボトルケージは、軽さを重視しているカーボンが使われていることが多いうえに、これは高級素材のひとつに含まれるため、自然と高値になってしまうのです。

ですが、初心者は無理をして高額なボトルケージを使う必要はありません。
購入時には、好みと値段を判断基準にしてください。

取り付ける位置は2ヶ所ほどありますが、フレームやドリンクのサイズなどによっては、パーツにつっかえて上手く取り出せないこともあるようです。

そんなときは、斜めに取り出せるように作られたボトルケージを使うと良いでしょう。

ボトルケージの取付方法!位置はどこ?

ボトルケージを取り付けられる位置は、ダウンチューブ(ハンドルから斜めに伸びている下のパイプ)と、シートチューブ(サドルから真っ直ぐ下に向かっているパイプ)の2ヶ所です。

2本のボルトかネジがあるはずなので、そこに取り付けてください。

4mmか5mmの六角レンチを使えば、動かすことができるので、まずはこれらを取り外します。

そして、ボトルケージを外したボルトやネジで留めるだけです。

なお、気を付けなければならないのは、サドル側のパイプに設置しようとしたとき、フロントディレイラーのバンドが邪魔になる可能性があります。

スペーサーがあれば、フレームとボトルケージの間に挟んでやり、なければ別売りされているものを購入しましょう。
バンドの厚さを、気にすることなく取り付けられます。

取り出しやすさを考えると、ハンドル側にドリンクを入れて、サドル側は物入れとして使うと良いでしょう。
ただし、どちらも出し入れがスムーズに行えるかをチェックしてください。

小さめのフレームを使っていたり、ボルトやネジの位置が高いと、途中で突っ掛かってしまうことがあります。

取付位置より先に考えよう!ボトルケージに何を入れる?

ボトルケージを購入したら、取り付ける位置よりも、まずは中に何を入れるのかを考えましょう。

基本的にはボトルを入れるためのものですが、ペットボトルを入れておくことには適していません。
もしも、その状態で走った場合、途中で落ちてしまいます。

スピードを出しやすいロードバイクなどから何かが落ちると、事故の引き金となる可能性があります。
だからといって、いちいち拾いに行くのも手間が掛かりますし、何より車道なので非常に危険です。

ペットボトルを持って行くなら、ペットボトルが落ちなさそうなタイプのボトルケージを選びましょう。

おすすめは「トピーク」です。

ペットボトルの底を支える形なので安定感があり、ネジを捻るだけで幅を変えられるので、ペットボトルのサイズに合わせることができます。

値段も1,000円を切っている程度と、安値の部類に入ります。

ひと口にボトルケージと言っても、その性能はピンからキリまであるため、使用頻度や目的に合うものを購入してください。

ボトルケージの位置は、速度にも影響してくる?!

ボトルケージは取り付ける位置によって、速度にも多少の影響を及ぼします。

なるべく低い位置に設置しておきたいところですが、真夏などは摂取する水分の量も増えるので、ボトルを2本差しておくこともあるかと思われます。

そんなとき、もし携帯工具もボトルケージに入れていた場合、どの辺りに取り付ければ良いのでしょうか。

ボトルは重いので、ホルダーでは落下の危険性があります。

そこで、ボトルケージを支える台座の設置をおすすめします。
有名なものとしては、エリートの「VIP ボトルケージ」が挙げられます。

プラスチックで作られており、台座のないフレームにボトルケージを付けたいときに役立ちます。
パイプの長さが25~70mmまでなら、場所を選びません。

滑り止めのゴムは備わっていますが、あくまでも、急ごしらえのようなものです。
ボトルが重すぎる場合や悪路を走ると、その重みや衝撃に耐えられず、落っこちる可能性があります。

しかし、台座を取り付ければ、重心を低くした上で持ち運べるボトルの数を増やせるので、手荷物を少し増やしたいときに是非使ってみてください。

ボトルケージ選びは慎重に!

今回は、ボトルケージの選び方・取付位置についてご紹介しましたが、役に立つ情報はありましたか?

ボトルケージの選び方・取付位置ひとつで速度に影響したり、大きな事故を招いてしまうこともあります。

用途や位置をしっかり確認した上で、商品を選ぶことが大切です!

今使用しているボトルケージが使いづらいという方も、これを機に、取付位置や取付商品を新調してみてはいかがでしょうか?

 - サイクリング 情報, パーツ オプション