豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

bmxを乗りこなしたい!ジャイロをかっこよく決めたい!

2017.3.27

bmxってかっこよく乗りこなしたいですよね。

フラットにしようかストリートにしようか、迷っている人。
かっこよくジャイロブレーキを回したい!と思っている人。

たくさんいらっしゃるかと思います。

そんな人のために、bmxの選びかたのポイントや、ジャイロブレーキの仕組みについてご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車を廃棄処分するときはどうする?解体すれば不燃ごみ?

こどもが成長して自転車の大きさが合わなくなってしまったときや、引っ越しで自転車が不要になってしま...

自転車で坂道を上るときはギアを上手に使いこなそう!

自転車に乗っていると、行き当たる上り坂。 いっそ自転車を降りて、歩いて上ってしまおうかとも思います...

自転車のアルミフレームは寿命が短い!?

乗ったことのある自転車で、フレーム素材がアルミだったという人は、多いのではないでしょうか。 一般的...

弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性豊かで魅力的なキャラクター、リアルなロー...

トライアスロン初心者必見!マラソンと水泳のトレーニング

ロードバイクに乗ってロングライドしたり、レースに参加したりすると、今度はもっとハードなことに挑戦した...

ヒルクライムの自転車走行のコツやコース別攻略法とは

ヒルクライムは、山道や坂道を自転車で駆け上っていくことです。 スポーツ自転車初心者には、難しそ...

通勤手段をクロスバイクにした場合、靴はどうしたらいい?

クロスバイクなどの自転車で通勤をする時、使う靴を何にしようかと迷っている人は多いのではないでしょうか...

必見!mtbでdh(ダウンヒル)を始めたい人向けテクニック集

新しい趣味を始めたくてmtbでdhを始めようと思っている方。どんなテクニックや装備が必要なのか分...

自転車は屋内保管がベスト!屋外保管ならカバーをつけよう

クロスバイクやロードバイクは、ママチャリと比べて高価であるが故に、保管場所に困りますよね。 ママチ...

ヒルクライムのためのロードバイクのトレーニング

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 今回は、ロードバイクのヒルクライムレースのためのト...

自転車乗りでも大丈夫!ワックスでいつでもお洒落な髪型に

『髪型』は、自転車乗りの悩みの一つですよね。 出発前に髪を整えても、自転車走行中の風で台無し・・・...

トライアスロン競技でもある水泳の練習メニューの作り方

トライアスロンは様々なスポーツ競技が複合している競技で、一つの競技ではないので、トレーニングをいく...

自転車のフレームがサビついていたときの対処法と対策

自転車を見たとき、大半の人が、一番最初に目につくのがフレームだと思います。 そんなフレームにサビが...

リカンベントってどんな自転車?危険な乗り物なの?

「リカンベント」を知っていますか? ママチャリやロードバイクとは少し見た目が違う、寝そべって乗るよ...

通勤手段を電車から自転車に変えてみてはいかがですか?

あなたの通勤手段は何ですか? 電車ですか? 電車の場合、朝の通勤ラッシュはストレスがたまりますよ...

スポンサーリンク

bmxはフラットかストリートかどちらか迷ったら

初めてbmxに乗るとき、悩むことはたくさんあります。

サイズやメーカー以外にも、ジャイロがあったほうが良いのか、ペグは4本が良いのかなど、選択するべきことが多くあります。

また、せっかくのbmxということで、見た目にもこだわりたいものです。

そして、もうひとつ悩むことになるのが、フラットとストリートです。

フラットだけとか、ストリートだけとか専門的に行うのではなくて、フラットをメインにして、ストリートを少し遊んだりしてみたいと思うはずです。

また、反対にストリートをメインにして、フラットを少しやってみたいとも思ったりすると思います。

フラットとストリートを同じだけ楽しみたいというのであれば、bmxを2台購入するべきでしょうが、フラットをメインとするなら、フラットバイクを選ぶのが良いでしょう。

フラットバイクもストリートバイクと同じギア比なので、スピードは問題ないと思います。

ただ、フラットバイクはフレームが短めに作られているので、ストリートバイクよりは走ったりジャンプしたりするときに、窮屈になると思います。

また、高く飛べないので、ストリートに関しては、軽く楽しめる程度になります。

bmxをストリートメインで乗りたい人は短めフレーム

bmxでストリートをメインで、フラットを少しだけやってみたいという人は、ストリートバイクを選ぶと良いでしょう。

そのストリートバイクでも、フレームが少し短いのを選ぶようにしましょう。

フラットバイクとストリートバイクの一番の違いは、フレームの長さです。
ストリートバイクのほうが長く、フラットバイクのほうがフレームが短いです。

フラットは片輪状態でバランスを取れるように作られており、そのため、フレームが短く作られています。

長いフレームでは片輪状態でのバランスを取り難いので、ストリートバイクでもフレームが少し短いものを選ぶことで、少しはフラットを楽しむことができるでしょう。

また、ストリートバイクでフロントブレーキを着用したい場合は、フロントブレーキ用ワイヤーをフロントホークの中に通してください。

そうすることで、ハンドルを1回転か2回転くらいまで回せるようになるはずです。

ただし、ハンドルを回してしまうとワイヤーが巻きついてしまうので、逆方向に回して、ワイヤーの巻きつきを戻すことを忘れないでください。

ストリートバイクでも、気兼ねなくフラットを楽しみたいというのであれば、ジャイロの装着がおすすめです。

フラットするのなら、ペグは4本あったほうが良く、ペグはなるべく軽量のものを選んでください。

bmxでよく見るジャイロってどうなってるの?

bmxの特徴的な装備として、ジャイロがあります。

bmxではハンドルをクルクル回すことがあり、通常の自転車ではハンドルは半回転で限界ですが、何回転もワイヤーが絡まないのは、ジャイロというシステムのおかげです。

ジャイロはリアブレーキのシステムで、ローターというベアリングが内蔵された回転する部品を、上下のワイヤーで引っ張る仕組みです。

ジャイロ装着であっても、しっかりとした調整をしていなければ、動きが悪く、走行のストレスになることでしょう。

ジャイロの調整は簡単なので、スムーズに動くように調整しておきましょう。
ただし、bmxであってもストリートバイクには、ジャイロはついていないので注意してください。

また、ストリートライディングでのブレーキは、止まるというよりは、コーナリングに差し掛かったときのスピードコントロールに使うものです。

そのため、ストリートバイクではリアブレーキしか使わないなので、公道以外で走行するのなら、フロントブレーキを外してしまってリアブレーキだけにしたほうが良いでしょう。

公道を走る場合は前後のブレーキ装着しないと、違反行為になるので注意しましょう。

ジャイロブレーキの仕組み

bmxではハンドルをよく回すわけですが、それでワイヤーが絡まないのは、フロントとリアに工夫があるからです。

フロントブレーキに関しては、ワイヤーをフォークの内部に通すことで絡まないようにしています。

リアブレーキは、ジャイロブレーキというシステムを使っています。

フラットはジャイロブレーキが必須と言えるくらいなのですが、ストリートの場合はジャイロブレーキの見た目や重さの関係で使っていないことも多いです。

また、ストリートの場合はハンドルを回すといっても、1回転や2回転です。
なので、ブレーキワイヤーを少し長めにしておくだけでも対応できるので、積極的にジャイロを使う必要はないでしょう。

ジャイロブレーキの仕組みは、ワイヤーが上下で独立して引っ張っているという、簡単なものです。

そして上のワイヤーはアッパーワイヤー、下のワイヤーはロワーワイヤーと呼ばれます。

また、ワイヤーで回転するプレートを均等に引っ張るため、ワイヤーは途中で2つに分かれています。
そして、プレートの左右に接続され、左右から引っ張ることで、均等にプレートを引き上げられるようになっています。

ジャイロの前にマスターしたい技

bmxにジャイロを装着しようか悩んでいるというのなら、まずはジャイロ使わない、つまりハンドルを回転させないトリックから練習してみましょう。

bmx初心者がマスターしたい基本トリックは、ペグウィリーです。

ペグウィリーは、左後ろのペグに左足を置いてフロントを引き上げるトリックであり、リアを使ったトリックの基本形になります。

そのため、ペグウィリーはあらゆるトリックの基本となります。
また、bmxの浮く感覚に慣れるためにも、ペグウィリーを練習しておくと良いです。

ほかにも、ポゴというトリックもマスターしたいところです。

ポゴは、両足をリアのペグに乗せて、リアブレーキでリアタイヤをロックしながらフロントを引き上げ、そして飛び跳ねるというトリックです。

飛び跳ねるというのは大変そうに思われるかもしれませんが、ペグウィリーをマスターしているのなら、難しくないと思います。

フロントインフィニティロールも、おすすめのトリックです。

タイヤを足で蹴って転がすトリックです。

フラットで大切となるバランス感覚を養うためのトリックで、名前にインフィニティとあるように、無限にできるようになると完璧です。

都内でbmxの練習をするならここ!

ジャイロなどを装備して、bmxを万全の状態にしたら、今度は練習する場所です。

東京都内で利用できるスケートパークをいくつかご紹介します。

《戸吹スポーツ公園スケートパーク》

東京都八王子市にある公園です。
国内最大級の施設で、プラネットパークという愛称もあります。

初心者向けエリア・中級者エリア・上級者エリアと分かれており、bmx以外にも、スケートボードやインラインスケートを楽しめます。

《城南島海浜公園スケートパーク》

東京都大田区にあります。
広場には、フラットレールやクウォータークランプなどのセクションが充実しています。

《武蔵野ストリートスポーツ広場》

東京都武蔵野市にあります。
ナイター設備などありますが、無料で利用できます。

また、広場内には、ボックス、アールtoアール、バンクtoバンクなどのセクションが豊富です。
利用するときは、受付で入場許可証をもらいましょう。

《稲城北緑地公園スケートパーク》

東京都稲城市にあります。
9:00~18:30まで利用可能で、広さは496平方メートルと広いです。
予約不要の無料で使用できますが、事前に利用登録が必要になります。

自分がやりたいbmxのスタイルを確立しよう

bmxを選ぶポイントは自分がどのようにbmxに乗りたいか、考えてみることから始まります。
ストリートとフラットではジャンルが大きく異なりますので、自転車の構造自体大きく違っています。

よく考えて選んでみてください。

自分のスタイルが決まったら、かっこよくトリックやジャイロを決めたいですね。

 - 練習 トレーニング, 自転車 その他