トーイン調整をしたい!費用をかけずにセルフがおすすめ!

自転車に乗っていて、なんだかブレーキの調子が悪いな、トーイン調整をしたい!
でも、自転車屋さんに依頼すると、どうしても費用がかかってきてしまいますよね。

そんなときは、費用をかけずにセルフでやってしまいましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車やロードバイクを趣味にすると良いこといっぱい!

休日に、自転車やロードバイクに乗ってお出かけをしている人を見たことがありますか?実は、自転車やロ...

自転車の泥除け、取り付け/取り外しワンタッチ型の評判は?

自転車の泥除け、ママチャリやシティサイクルは当たり前ですが、スポーツバイクでは付けていない人が多いで...

自転車スポークは長さに種類がある!スポークの長さを知ろう

様々な部品から成り立って出来ている自転車ですが、中でも走るときに重要になってくる部品がスポークです。...

ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。シグマのサイコンは、性能は良いのですが...

自転車のチェーンのたるみ問題

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。ママチャリに乗ってしばらくして自転車屋さんに行くと...

ロードバイクのリムの寿命、どの位?

ロードバイクのリムの寿命はどの位なのか?どのような症状で寿命の判断なのか?目安はあるのか?...

キャノンデールのクロスバイク、バッドボーイがカッコイイ!

通勤通学でクロスバイクを使用しているという方も最近は多いでしょう。キャノンデールのクロスバイク「バ...

コンポーネントで話題に出るシマノ・クラリスの性能は?

シマノのクラリスといえば、6万円から10万円のレンジのロードバイク完成車に付属しているコンポーネント...

ロードバイクのショップでお勧めは?都内、ホームセンター、ネット?

最近はネットでお買い物が便利で、お店に出かけなくても「ワンクリック」で物が届きます。これに慣れてしま...

自転車で日本一周したい!購入必需品や最低限の貯金額とは

サイクリングやツーリングを趣味に持つ方で、自転車で日本一周したいという方は多いのではないでしょうか。...

ロードバイクのペダルに使うおすすめなグリスの種類はなに?

ロードバイクに乗り続けていると、だんだんとペダルの回りが悪くなった経験をされた方はいらっしゃいません...

転ぶ原因と自転車で転んだときの対策・応急処置法!

誰しも、自転車で転んだ経験はあるでしょう。ただ転ぶと痛いですし、自転車にも傷が付いてしまうので、...

警察に自転車盗難を疑われる?職務質問されるパターンは?!

街中を歩いていたら、自転車で気持ちよく走っていたら、警察官に職務質問された!なんてことはありませ...

ロードバイクのBBに関するメンテとよくある勘違い

ギシギシ、カチカチ、ゴリゴリ…、ロードバイクのペダルを踏み込むたびに伝わってくる違和感と異音。ペ...

ストライダーのサドルの高さを調節して快適に走ろう!

ストライダーは、サドルやハンドルの高さを調節することができます。そして、その調節の幅が大...

スポンサーリンク

トーイン調整はセルフでやれば費用を抑えられる

自転車は一見すると複雑な造りに思えますが、見た目とは裏腹に意外とシンプルなので、工具などを揃えれば、自分でメンテナンスや修理を行うこともできます。

特に、ブレーキは素人でも比較的扱いやすく、ブレーキシューを設置する際にトーイン調整することさえ忘れなければ、とても簡単です。

トーインとは、リムが八の字を描いている状態のことを指しており、この角度を付けることを「トーイン調整」と言います。

初めは、リムは左右から挟み込むような形をしていますが、このままではリムが捻れてしまうため、それを防ぐために角度を付けてあげます。

これならブレーキシューは一部分だけではなく、全体がリムと接触することになるので、コントロールを失うことはありません。

プロに頼めば失敗することはないので、専門店に持って行っても良いのですが、いくらかの費用が掛かるため、是非トーイン調整の方法を身に付けておきましょう。

作業そのものは難しくありませんし、そのぶん出費も抑えられるので、節約に繋がります。

トーイン調整する前に、トーインの意味を知ろう

自転車のブレーキ音を抑える、あるいは消すにはトーイン調整することが必要です。

そもそもトーインという意味は何?と思う人も多いと思います。

トーインのトーは、つま先という意味です。
そして、インは内側という意味です。

つまり、ブレーキシューの先端を内側に向けることが、トーインという意味になります。

ちなみに、反対の逆ハの字にすることをトーアウトと言います。
トーアウトにしても、音鳴りは解消されますが、制動力が落ちるので注意しましょう。

どちらの方向に対して角度を付けているのか、きちんと確認するようにしましょう。

トーイン調整は特殊な知識や技術は何もいらないので、素人でも安心して作業を行えます。
プロに頼むと相応の費用を必要とするので、自分でやれば節約にも効果があるのです。

費用を抑えたセルフトーイン調整の方法は?

少しでも自転車のメンテナンスに掛かる費用を抑えるためには、やれることはなるべく自分で行うことです。
トーイン調整も、そのひとつに入ります。

トーイン調整に用意するものは、厚さ5mmほどの紙やダンボール、プラスチックの板などです。

これを、ブレーキシューの後ろと左右に挟みます。

くれぐれも、挟み込む方向を間違えないようにしてください。

バランスが崩れないように挟んだら、ブレーキを掛けて左上に付いているネジを締め、ブレーキシューのネジを緩めてから再び締め直します。

すると手前はリムに密着して、反対に奥はやや浮き上がってきます。

これを前と後ろの両方で行い、ブレーキの微調整も済ませたら、ブレーキシューをリムにかろうじて触れないくらいの距離まで近付けていきます。

左右の幅が均等になったらネジを緩め、リムとブレーキの隙間を1.5~2mmくらいにすれば作業終了となります。

1.5mmの六角レンチを使えば、位置を決めやすくなるかと思われます。
これは範囲内なら、好きに設定してもらって構いません。

なお、気を付けなければならないのは、パーツの紛失です。
ネジの1本もなくしてしまえば、自転車は正確に動かなくなり、怪我や事故に遭う確率が高くなります。

作業中は細かいパーツを箱などに入れておくなど、紛失しないように工夫を凝らしてください。

ブレーキの鳴きはトーイン調整で解消される?!

自転車からたまに聞こえてくる、ギシギシという軋むような音は、リムとブレーキシューが擦れた揺れがフレームに伝わることで発生しています。

そのため、音を止めるには、この揺れを抑えてやる必要があります。

これは、トーイン調整を行えば改善されます。
異音を止めるだけではなく、ブレーキの性能も上げることができるので、積極的に行いましょう。

調整の仕方は前述したのと同じ方法で、リムとブレーキシューを広げてやれば良いのですが、広げすぎると壊れてしまうので、目安としては2mmまでが丁度良いでしょう。

また、どちらか一方に偏るのではなく、左右のバランスが釣り合うようにしてください。

トーイン調整は単純に不具合を直すためだけのものではなく、コントロールの効率を引き上げてくれる効果も併せ持ちます。

そのため、スポーツタイプの自転車の愛用者にとって、メンテナンスの基本とも言える作業なのです。

とはいえ、自転車の性能も向上してきているので、頻繁に行わなくても、すぐに調子が悪くなることはないでしょう。

専門店でも頼めば引き受けてもらえますが、費用が掛かってしまうので、なるべく自分で済ませることをおすすめします。

トーイン調整をする前にVブレーキの調整もしてみよう!

自転車の調整はプロでなくてもできることもあるので、やり方さえ覚えてしまえば、費用の節約に繋げることができます。

その第一歩として、Vブレーキの調整にチャレンジしてみましょう。

工具などは、特にいりません。

Vブレーキを手で押さえながら、ブレーキシューをリムに密着させてワイヤーを挟み、思い切り締め付けてください。

こうすると、ブレーキシューがリムから離れるので、緩んでいたワイヤーが適切な長さに伸びるのです。

もしも、すでにワイヤーが伸びていた場合、ワイヤーを挟むときに、あらかじめブレーキシューを離してください。

目安は2mmくらいが良いでしょう。

細かいところも微調整するなら、アジャスターの出番です。
ハンドルがフラットバーなら、ブレーキ付近を確認すればアジャスターを見つけられるので、そのまま回してしまいましょう。

Vブレーキを全体的にチェックして、何も異常がなければ、トーイン調整などの作業に移ってください。

これで、ブレーキの調整方法は身に付けられるでしょう。

費用をかけず、セルフで調整できると便利です!

自転車のブレーキに不具合があると、万が一のときに停止することができず、事故を引き起こす危険性があります。

そうならないためにも、こまめなメンテナンスを欠かさないようにしてください。

基本的な修理や点検、トーイン調整などを身に付けておくと、トラブルが発生しても冷静に対処することができます。

難しそうに思えるかもしれませんが、手順を覚えれば素人でも簡単に行えます。
何度か繰り返して、作業を頭に入れながら、徐々に慣れていってください。

ブレーキ周辺のメンテナンスを自分でやれば、そのぶんだけ手間と費用も抑えられます。

ブレーキシューを交換するタイミングは意外と早くくるため、そのたびに自転車屋さんへ駆け込んでいると、出費がどんどん増えていくからです。

利用する店舗や自転車の種類、使っているパーツの品質などによって代金は変わりますが、例えばブレーキシューを新しくするなら500~1,500円くらいと、それなりに幅があります。

専門店に頼む場合、どの自転車の、どんなパーツには、どれくらいの料金を支払う必要があるのかを、料金表を確認してしっかりと調べておきましょう。

正しいトーイン調整の方法を知って安全に自転車に乗ろう!

今回は、費用のかからないセルフトーイン調整の方法をご紹介しましたが、意外と簡単そうではないですか?

正しい調整を行えば、より長く快適に、自転車に乗ることができます。
まずは、自分でチャレンジしてみては、いかがでしょうか?