豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

カンパホイールを比べてみた!ランクによる違いは何?

   

カンパホイールを比べてみた!ランクによる違いは何?

ロードバイクに乗り始めて、まずランクを上げたいパーツがホイールです。
ホイールをハイグレードにすると、確実に効果を実感できて、スピードアップにつながります。

自転車のホイールといったら、言わずと知れた、イタリアのカンパニョーロ(Campagnolo)ですよね。
ホイールの中でも人気が高い、カンパのホイールについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


ホイールの素材による違い

ホイールを生産しているメーカーで、有名どころに、カンパニョーロがあります。

多くのホイールをランク別に、性能や素材を変えて生産していますが、ロードバイクのホイールは大きく分けると、主にアルミ製とカーボン製の2種類になります。

一部を除けば、だいたいの完成車に付属しているのは、アルミ製のホイールです。

アルミ製のホイールとひと言でいっても、いろいろな性能を持ったホイールがあります。

鉄下駄と呼ばれるような重たいホイールから、レースにも使えるようなハイグレードモデルなものまで、幅広く種類がありますが、何といってもアルミ製のホイールのメリットは、頑丈で耐久性に優れていることです。

どんな場面でも使えますが、その反面で重くなりがちなのがデメリットです。

しかし、アルミ製でも上位グレードになれば、カーボン製には及ばないものの、レースでも十分活躍できるような軽いものもあります。

次にカーボン製のホイールですが、この素材が使われているのは、ほぼ上級者向けの高性能なハイエンドモデルです。
より快適に、速く走るためのものと考えていいでしょう。

メリットは軽さで、ペダリング時の軽さが断然違いますが、耐久性に欠けるのがデメリットとなります。
また、ブレーキシューをカーボン製に対応したものに変える必要があります。

カンパホイールのグレードランクと特徴

カンパの下位グレードと呼ばれるホイールには、カムシン・ヴェント・シロッコがありますが、この辺りでも性能が良いのがカンパの特長です。

グレードがワンランク上になると、ゾンダがあります。
コスパが良いので人気の高いホイールで、軽さも上位グレードと引けを取りません。

その上位グレードには、ユーラス・シャマル・シャマル ミレなどがあります。
さらにその上のになると、カーボン製のボーラ ワン・ボーラ ウルトラなどがあります。

これらのホイールは、リムの精度が良いです。
リムも軽いほうが速く走れるようになりますが、カンパは他メーカーに比べて、そこまで軽さはありません。

その代わり、リムの精度が良く、スポークのテンションバランスも均等にしやすいので、走行性が良くなります。

そして、耐久性もあります。
カーボン製リムは、ヒルクライムの大会で使用している人が多いですが、帰りのダウンヒルでブレーキのかけすぎで、リムが熱変形してしまった話を聞くことがあります。

カンパのホイールは、そういったトラブルも少ないです。

カンパホイールの名前がカッコいい!

カンパのホイール名は、世界各地に吹く風の名前に由来しています。
一部ですが、グレードのランク順にご紹介します。

カムシン(KHAMSIN)…エジプト、地中海あたりに吹く砂嵐
ヴェント(VENT)…イタリア語で風という意味
シロッコ(SCIROCCO)…サハラ砂漠から地中海へ吹く熱風
ユーラス(EURUS)…ギリシャ神話エロウス 東風の神
シャマル(SHAMAL)…イラク等アラブ地域に吹く風
ボーラ(BORA)…アドリア海沿岸に吹く風

いかにもイタリアのメーカーらしい、オシャレなネーミングの仕方ですよね。
こういったネーミングだけで、ホイールが欲しくなるという人もいると思います。

自転車というのは、パーツの性能も大切ですが、こういったフィーリングも大切です。
性能や値段にそこまで差がないホイール選びに迷ったときは、自分が気にいったものを選ぶのもひとつの手です。

カンパの下位ランク・シロッコ

カンパの下位グレードの中でも、上位のランクに位置するシロッコは、どういったホイールなのでしょうか。

完成車に付属してくるホイールは鉄下駄と呼ばれることが多いですが、その重量は前後で2kgを超えると呼ばれます。

シロッコの場合は、前後合わせて1.8kg以下の重量なので、鉄下駄と比較した場合は断然こちらが軽いです。

そして、シロッコの最大の特徴は、リムが35mmあるディープリムであることです。
リムが高いと前方からの空気抵抗が抑えられるので、高速巡行に向いたホイールとなります。

シロッコはリムが高いぶん重量が増しますが、鉄下駄ホイールよりは軽くなります。

漕ぎ出しは軽くありませんが、平地で高速巡航していると、減速しにくくなるという利点があります。

シロッコは、安価なディープリムを試したい人や高速巡航を楽にしたい人、頑丈なホイールが欲しいという人におすすめです。

また、シロッコに限らずカンパのホイールは、G3組と呼ばれる3本のスポークをセットにする独特な組み方があります。

この見た目は、かっこいいと評判ですので、かっこいいホイールが欲しい人にもおすすめです。

中間ランクのホイールはコスパ最高

カンパホイールでコスパ最強なのは、間違いなくゾンダ(Zonda)です。
このホイールのランクは中間に位置しますが、上位モデル並みのスペックを誇ります。

では、ゾンダと他のホイールとの違いを説明していきましょう。

まず、アルミリムホイール(クリンチャー)の重量を見ていきます。

・ゾンダ:前670g 後ろ880g 合計1,550g
・ユーラス:前640g 後ろ825g 合計1,465g
・シャマルウルトラ:前605g 後ろ820g 合計1,425g

1,500g台になるとアルミ製ホイールでは、かなり軽い部類になりますが、上位2つとの重さの差はスポークの違いです。

シャマルとユーラスはアルミ製で、ゾンダはステンレス製です。
この素材で差が出ます。

アルミ製の2つは剛性が高く硬い感じの乗り心地で、ステンレス製のゾンダは少しマイルドな感じになりますが、リムがしっかりしているので走行性能はいいです。

重量は100gほどの違いですが、価格の違いにより、ゾンダがコスパ最強といわれる理由が分かります。
シャマルウルトラは約15万円、ユーラスは約12万円しますが、ゾンダは約7万円です。

シャマルウルトラに比べたら、ゾンダの価格は約半分です。
ゾンダは、なかなか自転車にお金がかけられないけれど、性能は上げたいという人におすすめです。

カンパホイールの最上ランク

最終的にカンパホイールで間違いないのは、シャマルウルトラ(shamal ultra)でしょう。
アルミ製では最高峰のホイールです。

カンパの良いところはリムの精度で、スポークのテンションのばらつきも少なく頑丈なところです。

G3という特殊なスポークの張り方は、カンパならではのもので、風の抵抗を減らせる効果もあります。
前述しましたが、シャマルウルトラはスポークの素材もアルミなので、軽くて剛性のあるホイールになります。

そして、良いところはハブにもあります。

シャマルはUSB(ウルトラ・スムーズ・ベアリング)というハブを採用していますが、これはセラミックのベアリングを使用しています。
これで、回転の滑らかさに違いが出ます。

全ての面で完成されたホイールといえるでしょう。

エントリーモデルに比べると、剛性があり硬く感じそうですが、そこまで硬くなく、アルミリムでも軽い分類に入るので、ヒルクライムでも使えます。

平地においては、30~35km/hくらいのスピードを気持ち良く維持することができます。
反応良く楽に進んでくれるので、レースで活躍することも可能です。

ランクが高いぶん値段も張りますが、余裕があるなら一度試す価値はあるでしょう。

今の走りに満足できない方は

カンパのホイールは下位ランクのものでも、それぞれメリットがあります。

上位ランクは高価ですが、値段に応じた効果が実感できます。
ホイールを良いものに変えると、漕ぎ出しが軽くなったり、上り坂がグンと楽になったりして、明らかに違いを感じることが出来ます。

脚力に自信がなくて長距離に挑戦できないという方や、スピードをなかなか維持できないといった方は、ホイールを上位ランクに交換してみてはいかがでしょう。
走りの変化が体感できますよ!

 - ホイール スポーク, 評価 インプレ