ローディーとはどんな自転車に乗っている人のこと?

自転車に乗る人のことを、皆さん、なんて呼んでますか?

聞いたことがあるかもしれませんが、ローディーとは、ロードバイクに乗る人のことを指して使われることがあります。

他にも、自転車に乗る人を呼ぶ愛称はありますが、呼ばれる人によって、とらえ方が違うので注意が必要です。

ローディーを見つけるポイントや、かっこいいと思うローディーについて書いていきます。

くだけた内容ですので、気楽に読んでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クロスバイクのホイールサイズは700c以外あるの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。じてんしゃライターということをしてると、実にいろいろな...

6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラですが、2017年にR8000系にモデルチ...

4キロって遠い?自転車で走るとどのくらい時間が掛かる?

近年はスポーツ自転車ブームとも呼ばれ、街中でも普通にロードバイクやクロスバイクに乗っている人を見かけ...

サイクリングをしよう!自転車生活の昔と今の違い

昨今、自転車ブームと言われています。確かに昔よりは、街中や山道でも自転車に乗っている人達を見...

自転車でツーリングしよう!ツーリングバイク初心者の方へ

皆さんは、休日をどのようにお過ごしですか?平日にあまり身体を動かす機会が得られないという方は、自...

クロスバイクの後輪の取り付け方と外し方の紹介

自転車には、沢山のパーツがあります。フレーム、ブレーキ、ホイール等大きなパーツだけではなく、細かいパ...

サイクルウェアは冬が悩みどころ!ジャケットは何がいい?

自転車で長距離を乗る際は、服装に気を使うことになります。夏場であれば、まだ軽装で済みます...

ミヤタの自転車が通学におすすめな理由!!

通学用自転車は毎日乗るものですから、丈夫さと安全性は重要視したいところですよね。自転車といっ...

ロードバイクのショップで購入する時のおすすめは!?

ロードバイク上級者は、購入するショップが決まっていると思いますが、これからロードバイクを始める人やネ...

クロモリとカーボンの特徴や、おすすめのロードバイクとは

ロードバイクのフレームには、様々な素材が使われています。代表的な素材は、「クロモリ」と「カーボン...

自転車で歩道を走るとき、やっぱり左側通行なの?

車は左側通行です。これは知っています。エスカレーターで立っているのは左側で急いでいる人のために開け...

ロードレースに出場したい!巡航速度を上げるには何が重要?

近年では、ロードバイクブームが盛り上がりをみせています。街でロードバイクに乗っている人を見かけて...

自転車のチューブのあれこれ。交換代・本体価格・種類など

自転車のタイヤに包まれているチューブですが、これが無いと自転車は走れません。このチューブがパンク...

自転車のスタンドが故障!そんな時は?

自転車を利用していて、スタンドがあがらない・・・そんな経験は、ありませんか?走行中の弊害...

ロードバイクのパーツ素材!カーボンの耐久性は?

ロードバイクのパーツには、金属のアルミ・クロモリ・ハイテン等があり非金属としてはカーボン等があります...

スポンサーリンク

ローディーとは蔑称だった?!今は一般的

ローディーとは自転車の種類ではなく、ロードバイクに乗って走ることを楽しむ人のことです。

そのなかでも、様々な人がいます。

乗りこなすためには訓練が必要なので、ロードバイクに乗りたての人や、サイクルジャージを着て、ヘルメットも完全装備で目立とうとしている人もいます。

マウンテンバイクが流行ったころは、ローディーは舗装道路しか走れない貧相な奴という意味合いを込めて呼ばれていました。
ですが、今ではローディーという言葉が一般化したようで、蔑称の意味合いがなくなり普通に使われています。

また、ロードバイクに乗っている人はローディー以外にも、自転車乗りと呼ばれることがあります。

自転車といっても車種がたくさんあるので、ロードバイク乗り・クロスバイク乗りなど、車種を明確にして言うこともあります。

そしてローディーという言葉自体は、自転車以外のことでも使われています。

ロックやフォークなどポプュラーミュージックの業界では、ミュージシャンをサポートする業務を担う人物をローディーと呼び、楽器の手配・積み込み・積み下ろし・輸送・メンテナンスを行っています。

自転車に乗って旅する人・チャリダーという呼び方って?

ローディーとはロードバイクに乗っている人のことなのですが、もっと範囲が広く、どのようなものでも自転車に乗っている人をチャリダーと呼ぶことがあります。

チャリダーは、街中を軽快に走るような人たちより、旅を目的としている人たちのことを差しています。

しかし、実際にチャリダーと呼ぶと不快感を示す人がいます。
サイクリストならOKなのですが、チャリダーと呼ばれることに不快感が出るようです。

チャリダーは「チャリンコ」と「ライダー」を合わせて作られた言葉なので、ロードバイクのように高価な自転車に乗っているのに、ママチャリと同じチャリンコで呼ばれることが気になるようです。

もしくは、聞き慣れない言葉なので、戸惑っているのかもしれません。

そのためか、ローディーのなかでは、自分からチャリダーだと名乗る人はほとんどいません。
ですので、自転車乗りと呼ぶのが一番無難でしょう。

自転車が好き!ローディーを見分けるポイントって!?

ロードバイクに頻繁に乗るような生活をしていると、街とかですれ違った人を自転車乗りだと思うことがあります。

観光地でないところですれ違ったのなら、すでに走行中のコースでも、すれ違っているかもしれません。

ローディーとは、そのようにすれ違った人にピンッときたりするのですが、いったい何を基準として見分けているのでしょうか。

本格的な自転車乗りは、手が白く指先だけ黒いことがあります。
そのような特徴は、自転車走行中のグローブ焼けである可能性があるので、ひとつの判断基準となります。

夏場なら、日焼けが強く現れるので、より分かりやすいですね。
グローブ焼けをしているということは、日差しの中でよく走行したということです。

また男性なら、すね毛の処理がされていることもローディーである可能性があります。

美容のためかもしれませんが、空気抵抗を減らすためや、足を常に出すのでエチケットとしてすね毛処理しています。

この2つが当てはまる人は、結構な確率で自転車に乗っているでしょう。

自転車乗り・ローディーは日常生活でも癖が出てしまう!?

ローディーとは、日常生活でも自転車に乗っているときの癖が出てしまうものです。

例えば、サイクルウェアを着ていないときでも、バックポケットを探してしまうことがあります。
普段着でスマートフォンや小物を後ろに持っていて、腰の辺りでポケットを探しているなら、まさしくローディーです。

または、いつも補給食を携帯している人もいるようです。

車はガソリンで動きますが、自転車は人の力で動きます。
そのため、長距離走行の際は補給食がないとエネルギー不足(ガソリン不足)になるので、いつでも走行中に食べれるように、補給食を携帯している人がいます。

ローディーとは、河川沿いの道に詳しいものです。
サイクリングロードは川沿いにあることが多く、車通りの少ない道を選ぶ人も多くいます。

多摩川を上ってとか、荒川から秩父に行くとか、河川の位置関係をよく知っている人はローディーでしょう。

それと同様に、峠も詳しいことが多いです。
峠は河川と同様に、ロードバイクでよく走行するところなので、峠に詳しいローディーも多くいます。

かっこいいローディーとは!?

街ゆく人で、かっこいい人を見かけることはあると思いますが、かっこいいローディーとは、どのような人なのでしょうか。

自転車ならではのルールとして、自転車走行中に後ろから声をかけてから追い抜いてくるのは、マナーの良さを感じますし、そのようなローディーはかっこいいものです。

このときに、はっきりとした声で言われると、よりかっこよさを感じます。

また、歩行者を優先することもポイントが高いですね。
自転車は歩行者を優先しないといけないのですが、それをできる人は少ないです。

かっこいいローディーは、歩行者が近くにいる場合は、気を使わせないように距離を置いて走行しています。

それに、歩行者の間を縫うように走行することも少ないです。
周りの状況をよく確認して、周りにスピードを合わせて、無理して前に行くことはありません。

そういう走行は、落ち着いた雰囲気を与えてくれます。

そして人が少なくなったら颯爽と駆けてゆく姿は、誰の目にも留まることでしょう。

このように、かっこいいローディーとは、見た目や速さだけでなく、マナーも兼ね備えた人のことなのかもしれません。

自転車を軽快に操る!素敵なローディーとは?

軽快に走行するローディーは、1人で走っていても速いです。

1人ではモチベーションが上がり難いことがありますが、風のように速く走り抜けるところを見ていると、かっこよく見えるものです。

それから、素敵にサイクルウェアを着こなしています。
そもそもロードバイクでは、素早く走ることを目的にしているので、ぴったりとしたサイクルウェアに身を包むのが普通です。

サイクルウェアならTシャツを着ているよりも、空気抵抗を断然減らすことができて、速い走行につながります。
しかし初心者であれば、ぴったりとしたウェアを恥ずかしく思うので、それが見た目にも現れてしまうものです。

特に男性は、ぴったりとした服を着る経験が少ないためか、恥ずかしがっている人が多いです。
それでも慣れてくれば、恥ずかしさはなくなります。

堂々することで、その姿はかっこよくなります。

ロードバイクは無駄なものを削ぎ落としたシャープなラインなので、ぴったりとしたサイクルウェアがよく似合います。
サイクルウェアとロードバイクの組み合わせは抜群なのです。

そのため、ママチャリなど普通の自転車に乗っている人とローディーとは見た目から違って、そもそもローディーは素敵なのです。

自転車乗りの呼び方、ローディーの見分け方と憧れるローディー

ローディーとはロードバイクに本格的に乗っている人を呼ぶとき、しばしば使われますが、チャリダーと同じく、呼ばれて不愉快に感じる人もいますので気を付けてください。

また、ロードバイクにハマって乗り始めると、見た目や癖にそれが現れてきます。
仲間を見つけて盛り上がれるかもしれませんね。

あなたがロードバイク初心者なら、これから、そんな風に変化していくかもしれません。
ローディーとして、かっこいいと思われるように、周りに気を配りましょう!