自転車チェーンがサビたらどうする?原因とサビ取り方法

自転車は塗装に守られている部分以外は、金属が外部にむき出しになっているのでサビの発生が避けられません。

特にチェーンは最もサビてしまうパーツの1つであり、駆動の要とも言える部分だけにサビてしまうと様々な不具合を引き起こすことになります。

そうならないようにするためにも定期的なサビ取りが必要ですし、サビ付かせないことも大切なため、今回は自転車チェーンのメンテナンス方法やサビ防止についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのチェーン交換などの修理費の値段って!?

ロードバイクやクロスバイクは、長距離を走る方も多いので、日ごろのメンテナンスは欠かせないものです。...

カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。フレーム・ホイール・タイヤ・サドル...

自転車で日本一周したい!購入必需品や最低限の貯金額とは

サイクリングやツーリングを趣味に持つ方で、自転車で日本一周したいという方は多いのではないでしょうか。...

bmxでフレーム塗装もお洒落に!街乗りを楽しもう!

自転車は小回りが利く上、徒歩よりも長距離移動ができるため、移動手段としては優秀ですよね。おしゃれ...

自転車のベアリングをグリスでメンテナンスしよう!

グリス切れ直前がハブにしても、ベアリングにしても一番よく回転するのをご存知ですか?ハブの場合、「...

自転車をメンテナンスしよう!グリスの塗り方はどうするの?

自転車のメンテナンスは、とても重要でパーツのメンテナンスをすることで寿命が伸びます。自転車は安い買い...

自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動きません。しかし、当たり前のこと...

自転車の交通違反による事故、ネット動画に見る危険な実態

2015年6月、道路交通法の改正により強化された自転車の危険運転への取り締まり。警察庁のまとめで...

ロードバイクに乗る際は必ずヘルメットを被ろう!その必要性とは?

原付・オートバイなどはロードバイク(自転車)と同じ二輪車ですがヘルメットの着用が法律で義務付けられ...

トライアスロンにチャレンジしたい!!初心者女子のQ&A

トライアスロンは、水泳、自転車、マラソン3種目の競技を続けて行うスポーツです。女子の皆さん一見ハ...

池袋駅周辺の自転車置き場をご紹介します!

皆様は池袋で自転車を利用しますか?池袋周辺に住んでいる方や、池袋駅によく行く方、東京在住の学生さ...

チネリのスーパーコルサはサイズが豊富過ぎる!身長に合う?

発売以来、40年以上変わらないフォルムで販売を継続してきたのが、チネリのスチールフレーム「スーパーコ...

自転車のタイヤサイズは26インチと27インチでどちらを選ぶ?

自転車には様々なタイヤのサイズがあります。スポーツ自転車においては、外径のみではなく、幅も異なって...

自転車のメンテナンス!グリスにも種類がある!?

自転車のメンテナンスをしたことはありますでしょうか。メンテナンスする時に使うグリスには種類があって、...

自転車の保管!アパート編!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。大切な自転車、出来れば家の中に入れたいですよね。特に値...

スポンサーリンク

自転車のチェーンがサビる原因

自転車のチェーンがサビてしまう原因ですが、最大の原因は雨や泥はねをして水分が付着することです。

自転車を雨の日は乗らないと決めている方ばかりではないでしょうし、走行中に突然の夕立ちなどに見舞われる可能性もあります。

また、スペースの関係でどうしても屋外で保管しなければならず、軒下やガレージなど屋根のある所にも置けないとなれば結果的に雨ざらしになってしまうこともあるでしょう。

そうなればチェーンに塗ってある潤滑用のオイルは落ちてしまい、オイルには防サビ効果もあるため、オイルが抜けきってしまうとあっという間にサビてしまうという図式です。

チェーンがサビ付くと黒ずんできますから見た目に悪いのは当然のことながら、自転車はチェーンを介してペダルを漕ぐ力を後輪に伝えて前に進む仕組みですから、自転車の走りにも大きな影響が出ます。

サビは金属が腐食している状態なので、放置しておけばカビと同じで増殖していきますし、ひどい状態になると金属がやせてやがて切れてしまう可能性もあります。

そのため、付いてしまったサビは早期に取り除かなくてはなりませんし、日ごろからサビ付きを防止することもしていく必要があります。

自転車のチェーンがサビ付くと摩耗が進む!

ここでは、自転車のチェーンがサビることで起こる不具合をもう少し掘り下げておきます。

チェーンは小さなコマ同士をつないで1本にしていますが、そのコマのつなぎ目に走行中に大きな負荷が掛かるため、ピン留めをしている周辺が削れてすき間ができます。

そのすき間が1コマごとにできていくためチェーンは段々見た目に長くなっていくのですが、これをチェーンでは「伸び」と呼びます。

チェーンが伸びてしまうとチェーンのピッチ数に合わせて作ってあるギアの歯車との噛み合わせが悪くなりますので、スムーズに動かなくなったり異音が発生したり、変速にも不具合が出ます。

そしてチェーンはサビることで強度が低下していきますし、サビているのはオイルが抜けきった状態のため、結果金属同士が触れ合うことになりさらにお互いを摩耗させますので、フロントのチェーンリングやリアのスプロケットという歯車まで痛めつけてしまうことになります。

最終的には噛み合わせが著しく悪くなりチェーンが外れやすくなりますし、最悪は切れてしまうこともあるでしょう。

自転車チェーンのサビ取り方法

付いてしまった自転車チェーンのサビは取り除かなかければなりませんので、ここではサビ取り方法をお伝えします。

チェーンのサビ取りには一般家庭用としても使用されることの多い潤滑スプレーが効果的です。

有名どころなら呉工業の「クレ5-56」シリーズで、筆者も含め多くのサイクリストがサビ取りに利用しています。

この手の潤滑剤は浸透力が強くサビに浸透して浮かせてくれますので、スプレーを拭きかけて数分置き、布で拭き取るだけで軽度なサビならこれだけで完全に取ることができます。

しかし頑固なサビもありますので、取り切れない場合は、潤滑剤をもう一度吹いてから真鍮性のブラシで軽くこすってみてください。

真鍮製のブラシは鉄の地肌を痛めないのでチェーン向きですが、あまりゴシゴシやれば傷が付いてしまいますから、やさしく軽くこすっていきます。

よほどひどいサビでなければほぼここまでで取り切れるはずですが、クレ5-56のような潤滑剤はすぐに揮発するために長時間の潤滑には向きません。

また潤滑剤がサビ取りと同時にチェーンオイルもきれいさっぱり落としてしまっており、チェーンは裸の状態と同じですので、サビ取りをしても次に雨に降られたら一発でサビが復活します。

そのため、潤滑剤でサビ取りを行った後は、必ずチェーンオイルを注し直さなくてはなりません。

サビ取りをして丸裸になった自転車チェーンにはオイルが必要

前項でお伝えしたように自転車チェーンのサビ取りはチェーンを丸裸にするという意味でもあるので、注油をしなければまたすぐにサビが発生します。

チェーンオイルにはスプレータイプと1滴ずつ垂らして使用するリキッドタイプがありますが、いずれにせよ1コマずつ丁寧に注していくことが大切です。

チェーンが稼働するのはコマの内部のローラーですから、そこを潤滑させないと何の意味もないため、内側にゆっくりと注油をしていきます。

また、オイルには浸透力があるため内側に注油してもしっかり外側にまで広がるので、塗りすぎる必要もありません。

オイルを塗りすぎると表面がベタベタとして、かえって汚れや異物を吸い寄せることになりますので、スプレーなら軽くひと吹き、リキッドタイプなら1滴で十分です。

またギアの歯車に注油している方がいますが、チェーンに付着したオイルが自然にギアに移りますので、直接注油すると過度になるため必要ありません。

チェーンのサビがひどい場合は交換も視野に入れる!

先ほど自転車チェーンのサビ取りのお話をしましたが、チェーンがサビたら即交換という意見もあります。

確かにチェーンはサビ取りをすると表面が削られてやせていきますし、落としきれないひどいサビ付きもあるので、そこから増殖すれば手の施しようが無くなるため即交換という意見もあながち間違いとは言えません。

一般的にチェーンは距離にして3000km~5000km、そこまで乗らなくてもサビや金属疲労なども考えると2~3年での交換が推奨されます。

また、ギアの段数が多くなってくるとそれだけ歯が薄くなりチェーン全体が華奢なので、ロードバイクやMTBは特に寿命が短くなりがちなので注意が必要です。

そして先ほどもお伝えしましたが、チェーンの劣化はギアなど他のパーツを痛めますので、チェーンの交換をしないばっかりに余計な出費がかさむ結果にもなりかねません。

チェーンはギアに比べ幾分か安価ですから、中長期的な経済面を考えても早めに交換するに越したことはありません。

チェーンのサビ予防法

自転車のチェーンのサビを放置しておいてはなりませんが、それと同じくらいにサビ付かせない、いわゆる予防も大切です。

サビを防止するにはとにかくチェーンを濡らさないことなので、保管場所は雨ざらしにならない室内がベストになります。

ロードバイクの高価なスポーツサイクルなどは防犯面からも室内で保管する方が多いと思いますが、仮に屋外に置くことになっても軒下やひさしの下、ガレージなどなるべく屋根のあるところに置きたいところです。

しかし、それも叶わないこともありますので、その場合にはカバーを掛けることをおすすめします。

自転車にはチェーン以外にも金属がむき出し状態になっている箇所が多数ありますので、全体を守るという意味でもカバーは効果的ですし、本体が外部から人目に触れないため盗難防止の効果もあるとされています。

また雨の中を走った場合などは帰宅後に水分を拭き取ってあげるだけでもサビの発生を抑えられますし、梅雨時期などは注油の頻度を上げるなどの工夫も必要でしょう。

チェーンのサビは放置せず、定期的なメンテナンスも必要

チェーンは自転車が前に進むための要とも言えるパーツのため、サビ付くと見た目が悪くなるだけでなく様々な不具合が発生します。

サビは放置しておけばドンドン増殖してやがて手遅れになりますので、早い段階で発見しサビ取りを行う必要があります。

サビ取りの際はサビを取るだけでは不十分であり、再びサビが発生しないように、流れてしまったオイルを注し直すことを忘れないようにしてください。