豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

メリダのロードバイク!3種類のカーボンバイク!

2016.3.19

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
近年、人気を増してきた台湾メーカーメリダ。
ジャイアント同様、OEMから始まり着々と技術力を高めてきました。

OEM出身メーカーならではの、リーズナブルな値段設定とハイクオリティなロードバイクが人気の理由です。
最近では、ランプレ・メリダに車体供給し、ツール・ド・フランスでも活躍。
今回は、そんなメリダのカーボンロードバイクをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車のタイヤ交換の料金。ママチャリとスポーツ自転車

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車に乗っていると段々とタイヤがすり減って来て、タイ...

自転車で坂道を登るのにおすすめの車体は?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「自転車で坂道を登るのが楽になるような、おすすめの...

スーパーコルサってどう?雨天の自転車走行の注意点は?

新しいロードバイクを買いたいと思ってはいませんか? そんなあなたにおすすめなのが、チネリのスー...

減価償却は?自転車の事故、盗難、ロードバイクの場合

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 事故や盗難にあうと、自転車の時価がいくらくらいかという...

自転車のトレーニングにランニングは使えるか?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車のトレーニングにランニングって使えるものなんでし...

ロードバイクでカーボンの105ってどうなの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイクに乗っていると、次第にカーボンフレームに憧...

ロードバイクの輪行は組み立て後のチェック!!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 電車に自転車を積む輪行。 ロードバイクで輪行する...

11速の時代だ!シマノホイールRS010!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 シマノが11速になってから、気付けば結構な時が経ち...

メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマンスの良い自転車を生み出しています。 ...

自転車のスポークはメーカーによって値段も性質も違う

自転車のスポークは、色々なメーカーが作っており、材質や値段も様々です。 スポークはどれも同じではな...

自転車は軽い方が速いって本当?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車って軽いほうが速いっていうのはイメージ的には...

ロードバイク初心者は何から始めよう

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「ロードバイク初心者って、まず何から始めれば良いんです...

ロードバイクメーカーの特徴やイメージから見る人気度

ロードバイクの人気、というのも見る角度によって変わりますよね。ルックス、コスパ、とにかく性能、ブラン...

【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体になるビンディングペダルですね。 しか...

ロードバイク乗りのためのヘルメット講座とおすすめメーカー

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 昨今は、町などでロードバイクに乗っている人を見掛け...

スポンサーリンク

メリダの3種類のカーボンロードバイク!

メリダのカーボンロードバイクは、3種類のラインナップを揃えています。

・軽量モデルのスクルトゥーラ(SCULTURA

・エアロモデルのリアクト(REACTO

・ロングライドやパリ~ルーベなど、石畳のレースを走るための快適モデルのライド(RIDE

どのモデルが一番良いということはなく、その人の乗り方、好みに合わせた選択が重要になります。

いずれのモデルにも、カーボンのグレードを数段階設定することで、ユーザーの予算に応じて選べるようになっています。
それでは、各モデルを順に見ていきましょう。

メリダのカーボン技術とエアロロードバイク!①

まずは、近年流行りのエアロモデルのリアクトから見ていきましょう。
それに、エアロロードバイクでカーボンのことを考えると分かりやすいです。

最高グレードのREACTO TEAM-Eは、フレームセット価格 329,000。(価格は2016モデル税抜です)

プロも使用するグレードが、この値段というのは驚異的です。
メリダの最高グレードカーボン・CF5を使用しているので、エアロに加えて、軽量・高剛性・快適性も兼ね揃えます。

「高剛性と快適性?そんなの両立できるの?硬いと快適じゃなくなるんじゃないの?」そう思うでしょう。
ハイグレードのカーボンでは、その相反することを両立させることが可能なんです。

なぜハイグレードのカーボンは、そういうことが可能なのでしょう?

そもそもにハイグレードのカーボンとは?
ひと口に言えば、強度の高さです。

自転車には、最低限必要な強度があります。
強度の高いカーボンであれば、薄くても必要な強度を作れます。

薄くなれば、軽くなります。
しなりも出ますので、快適です。

また、剛性の欲しいところは、いくらか分厚くすることで調整可能です。
つまり、軽くて、快適で高剛性の自転車を作れるわけです。

詳しいことは話すと難しくなりますし、メーカーごとに技術や狙いも違うので省略です。

メリダのカーボン技術とエアロロードバイク!②

技術力の高い良いカーボンは、軽い・快適・高剛性ということだけ分かれば大丈夫です。
メリダは台湾のメーカー、OEM出身のメーカーです。

現在も、一流メーカーのロードバイクのOEMを受けています。
つまり、良いカーボンを作れる設備・技術を持っています

そこのトップグレードのカーボンフレームセットが、30万円ちょっと
これは安いです。

エアロロードバイクでは、特にカーボンの技術がとても大事です。
『空力、流体力学的優位性=エアロ形状にする=構造力学的には不利』というジレンマがあります。

エアロ形状にするデメリットは、ペダリングの力の伝達や、軽量性をいくらか犠牲にしてでも、空力性能を優先しているということです。
このジレンマを解決するために、より良いカーボンを使うことで、構造的不利を相殺するわけです。

これが、通常のロードバイクよりエアロロードバイクの方が、少し値段が高くなってしまう理由でもあります。
だから、多くのメーカーがエアロロードバイクとは、別に普通のロードバイクもラインナップします。

メリダのカーボン技術とエアロロードバイク!③

実際に、メリダの場合、チームが使用している自転車を見ると分かりやすいですね。
エアロのリアクトは、トップグレードカーボンの CF5
ノーマルモデルのスクルトゥーラは、CF4カーボンです。

値段も明確に違いますが、どちらもレースで使われるモデルです。

もちろんメーカー側は明言していませんが、同じ程度の乗り味を求めるなら、エアロモデルよりノーマルモデルの方が安く作れるという傾向はあります。
ジャイアントプロペルとTCRを比較しても、TREKマドンとエモンダを比較しても、エアロモデルの方が高価です。

「じゃあ、エアロなんて必要ないの?」決してそういうわけではないです。

プロのロードレースの場合、6.8kgという規定があるため、ーマルモデルで軽くしていっても意味が無いので、それなら軽い以外の付加価値を付けていこうというわけです。
6.8kgの重量制限の中で最もよく走る』ということで、路面からの衝撃吸収の良い快適な車種『エアロロードバイク』が現れたんですね。

特にプロのロードレースの場合、先頭を牽いたり、逃げたりと、時速40km以上で独走することも少なくありません。
そういうときには、エアロの恩恵は非常に高いです。

「じゃあ、重量制限がない僕らアマチュアには必要ないの?」

少し答えにくい問題ですが、重量制限がない場合は、エアロより軽量性・快適性を優先した方がメリットは大きいかもしれません。
でも、エアロは見た目がカッコイイですよね。

メリダのリアクトはリーズナブなモデルも!

メリダ・リアクトのトップモデルを通じて、エアロロードバイクとカーボンを見てきました。
もちろん、リアクトにはトップモデル以外にも様々なグレードがあります。

初心者にも優しいリアクト 4000

11105仕様のフルカーボンエアロロードバイクで 225,000
見た目とお値段を大事にしたい人にはおすすめです。

「でも、105よりアルテグラの方が見栄えが良いよなぁ」

そんな人には、リアクト 5000

メインをアルテグラ、目立ちにくいところに105をミックスして、CF3カーボンフレームで 265,000
これも、非常にコストパフォーマンスに優れるモデルです。

値段と性能を重視のカーボンロードバイクなら

「エアロは必要ないから、乗り心地の性能の良さと価格を重視したい!」
そんなあなたには、スクルトゥーラ

プロチームが使っているメリダのスクルトゥーラ・チームモデルは、フレームセット価格 269,000という驚異的プライスを実現しています。
6.8kg
という重量制限があるため、セカンドグレードのCF4グレードカーボンを使用しています。

「重量制限がないから、とにかく軽く」

という方には、スクルトゥーラ 9000
最高グレードCF5カーボンを使用しています。

日本での発売は、まだないようですが、最軽量モデルでは、完成車重量 4.56kg世界最軽量のロードバイクも。
2
リットルのお茶2本+ちょっとの重さですからね、下手すると本当に指1本で持ち上がってしまいます。

大本命はスクルトゥーラ 6000
349,000

プロ仕様のスクルトゥーラTEAMと同じ、CF4カーボンのフレームに11速アルテグラを装備しています。
フレームは、プロ仕様ということで文句なしでしょう。

アルテグラも、コストパフォーマンス世界一の評判を持っているコンポーネントです。
予算・求める性能に応じて、デュラエースへの交換・ホイールの交換をしていけば良いですね。

レースで使うためのおすすめカスタムとしては、ホイールを10万円程度のものに交換して、ペダリング時の力をしっかり受け止めてくれるように、クランクをデュラエースにすると良いと思います。

快適ロードバイク!RIDE!

メリダのロングライド系・快適ロードバイクがRIDEです。
プロチームが使うグレードのRIDE TEAM-Eは、フレームセット価格 329,000

こちらは、レースはしないという人はもちろん、レースは年に12回だけで、基本的にはロングライドが多いという人にもオススメできます。
プロがレースで使う最高グレードのCF5カーボンなので、レースもこなせて、基本的にはロングライドに適した楽なジオメトリです。

アルテグラ辺りで組んで、約50万円という形に仕上げると、レースにもロングライドにもオールマイティに使いやすいです。

完成車で、アルテグラ+105MIX モデルRIDE 5000が 269,000
チームモデルより、カーボンのグレードは落ちていますが、リーズナブルなプライスです。

カーボンのグレードを落として、105で組んだRIDE 3000に至っては、189,000とフルカーボンロードバイクとしては、驚愕のプライスを実現しています。
20
万円を切るカーボンですので、性能については過度な期待は禁物ですが、それでも魅力的なプライスでしょう。

まとめ『プログレードが魅力的なメリダ』

メリダのカーボンロードバイクラインナップを見てきました。

とにかく、プロチームが使用するグレードの車体のプライスが非常に魅力的でした。
また、エントリー向きの車体に関しても、非常にリーズナブルなプライス設定があり、初心者にも優しいです。

意外と抜けてしまうのが、完成車 40万円あたりのアマチュアレーサーにとって高過ぎず、よく走る使い勝手の良い完成車ラインナップ
ただし、この価格帯は、フレームセットで購入して買う人も多いことを考えると納得できます。

さすが台湾のOEM出身メーカー。
ハイレベルな技術で、リーズナブルな価格のカーボンロードバイクを、多くラインナップしていますね。

 - ロードバイク, ロードバイク 海外メーカー