ついにルックロードバイクに完成車765!

ロードバイク乗りの憧れのルックにリーズナブルなシマノコンポの完成車モデル765が登場。
高級カーボンロードバイクのイメージが強いルックがぐっと身近に。
リーズナブルになったとはいえカーボンロードの雄、どんな特徴か迫ってみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フェルトのロードバイクZ5で長距離を

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。フェルトのロードバイクZ5について質問をもらいましたの...

クロスバイクのブレーキをカスタムしよう!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。初心者のお悩みと言えば『ブレーキ』ですよね。...

自転車のメーカーがわからない、そんな方へおすすめメーカー

ここ最近の自転車ブームに乗っかって、ロードバイクを購入したい!でもメーカーがイマイチよくわからない。...

自転車乗り必見!のマビックのホイール性能と評判な理由

ホイール交換をしようとしたときに、ほぼ確実に候補に挙がってくるメーカーがマビックです。ネットで調...

自転車日本一周のコースについて考えてみる

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。自転車で日本一周するときってどういうコースで行くものな...

無灯火など、自転車の道交法違反はどんなものがある?

自動車を運転するには、免許が必要です。しかし自転車は免許制ではありません。このため、自転車の...

初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが効きづらくなっていきます。効きづ...

クロスバイクもホイールで走りが変わる!交換するならおすすめは?

ロードとマウンテンの中間的存在として、スポーツバイク入門者でもとっつきやすく、手に入れやすいクロスバ...

自転車のベアリングって?交換は自分でできる?修理費用は?

自転車のベアリングという言葉を聞いたことはありますか?ベアリングは、自転車にとって大切な部品...

車や自転車、種類によって違う乗り物のブレーキのかけ方

車、自転車、クロスバイク・・・世の中にはいろいろな乗り物があって、乗り方もそれぞれです。上記のど...

ママチャリのステムを交換したい!詳しい交換方法は?

ママチャリに乗っていて、なんだか乗りずらい、もう少しハンドルの位置を高くしたい、低くしたい、そんなこ...

あなたの自転車は大丈夫?自転車の歪みによる影響と解決法!

自転車に乗っていて、なんだか乗り心地が悪い…そんなことはありませんか?もしかしたら、自転...

スポーツ自転車では車道を走るべき?危ない?

自転車は原則車道を走行するよう定められています。とはいえ、気持ち的なものがまだまだ追いついていない...

カーボンに近い乗り味とはいかに?アンカー「RL6 EX」を検証

今回はアンカーのロングライド向きシリーズ「RL」のアルミフレーム車、「RL6」を特集します。...

soraグレードのブレーキは交換したほうが良い?!

シマノのsoraは入門者や初心者にとって、手を出しやすい価格と性能を持ち合わせており、自信を持っ...

スポンサーリンク

ルックのロードバイクとは?

ルックのロードバイクは、フランスの職人気質の結晶と言われます。
断固として、他社の真似を嫌い、独自の世界観を大切にする。

今回紹介していく765に限らず、どのモデルも他社との違いがわかる特徴を持ちます。
特にエアロロードバイク、795 AEROLIGHTの形状は誰が見ても驚かざるを得ない斬新なフォルムです。
外見だけでなく、かなり早い時期、世界的にエアロなど特に考えられていなかった時期から、風洞実験を取り入れているなど、他メーカーから見ればもはや異常とさえ映るほどの走りへのこだわりが、ルックのカーボンロードバイクにはあります。
それ故にマニア好みの高級モデルが多く、世界のロードバイク乗りたちから憧れの存在でした。

完成車ロードバイク765の特徴

高級イメージの強いルックのロードバイクですが、初心者にありがたいモデルが765です。
ルックのロードバイクと言えば、組み上げれば簡単に100万円を越えるというイメージですが、765は完成車で30万円を切る価格からラインナップされています。
一番の特徴は「FLAX FIBER」という、天然素材の麻繊維シートをチェーンステーとフォークに積層していることです。

この「FLAX FIBER」はカーボンよりも、振動吸収性に優れているということです。

また、ルックにしては短めのトップチューブ+長めのヘッドチューブを採用。
キツイ前傾を取るための筋肉がまだ付いていない初心者にも優しく、長距離もこなせるモデルです。
快適性と同時に、チェンステーを太く剛性を上げることで、ロードバイクとしての踏み出しの軽さも保たれています。

765以外は基本フレーム販売

ルックのロードバイクは、765以外はフレーム単体販売を基本としています。

フレームを選びコンポーネント・ホイール他を選び自分好みに仕上げていきます。通好みする自転車として愛され続けているメーカーらしいですね。

しかし、これができるのも自分の乗り方がわかってくる2台目・3台目になってから。
ロードバイク初心者には、どのメーカーのどういったパーツにどのようなクセがあって、自分の好に合うかということは分かりません。
一台目は、コストパフォーマンスを含めバランスのとれたメーカーおすすめのパーツ装備の完成車から始める方が分かりやすいですし、安心です。

憧れのルックロードバイク

高級フレームには、高級コンポーネント・高級ホイールとなりがちです。
イベント会場で見かけるルックロードバイクは、100万円を超えているものも珍しくありません。

そう、これまでは「いつかはルック」「最後はルック」でした。
しかし、完成車765の登場によって「始まりもルック」という風になっていくかもしれません。

かつては、ルックで低価格帯のパーツを付けていると、少し恥ずかしいということもありました。
しかし、完成車765は、メーカーが最初から付けて来ているのです。メーカー推奨なのです。
堂々と初心者でも自分の予算に応じてルックを選べるようになりました。
始まりはルック、最後もルック。浪漫のある話だと思います。

ルック765のここを交換してみたい

完成車というのは、まずはメーカー推奨のコンポで乗り出すのが普通です。
が、販売店によっては差額で組み換えをしてくれる場合があります。
もし予算が許すなら、最初からグレードアップして乗り出しても良いかもしれません。

まずアルテグラモデルは、スプロケットのみ105となっていますので、せっかくなのでアルテグラに統一してしまうのがオススメです。

105ミックスモデルでは、クランクをFSAからシマノへチェンジするのがオススメアップグレードですね。
シマノの変速機は、シマノのパーツとの相性を一番に考えて設計されていますので、フロントの変速性能は格段に良くなるはずです。
また、アルテグラやデュラエースといった上のグレードのものであれば、剛性も上がりますので、ペダルを踏んだ時にダイレクトに力が伝わっていると体感できるでしょう。

購入後のカスタムについても、どちらも電動コンポ対応ですので、かなりのレベルまで使い続けることが出来るフレームですね。

まとめ「最初の1台」の選択肢に入れたいルック

使い方にもよりますが、ロードバイクとして使う場合、最初の1台でも30万円くらいの予算が取れると選択肢が広がりますね。
在庫豊富で性能重視なアメリカンにするか?入手が困難なタイミングが多いものの、デザイン性に優れたヨーロピアンにするか?
どちらも素敵ですよね。
ルック765は間違いなく最初の1台の選択肢に入れたいロードバイクです。