豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

BB30aって?シマノのクランクは?

      2016/11/25

BB30aって?シマノのクランクは?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
BB30aってご存知ですか。書き間違いでaが多いんじゃありません。BB30aなんです。キャノンデールの新しいBB規格ですね。最初、2014年シナプスで登場した頃は大丈夫か?という声も少なくなかったですが、2016ラインナップで登場したCAAD12、NEW スーパーシックス・エボ・ハイモッドにも搭載されたことで新規格として流通出来そうな雰囲気を漂わせつつ、危険なにおいもまだ残しつつ。
キャノンデールらしいと言えばそうですが。今回はその話をしてみます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001596-1.jpg
自転車のタイヤがバーストする原因は縁石!?その対処法

ロードバイクなどのスポーツバイクに乗っていて、縁石に乗り上げ...

pwk0001595-1.jpg
クロスバイクかロードバイクで迷ったらレンタルしてみよう

クロスバイクとロードバイク。 スポーツバイクを買うとき...

pwk0001594-1.jpg
車の不注意で大事故!後ろを見ずにドアを開けたら自転車が

自動車のドアを開けたら、後ろから来た自転車がスレスレを通って...

pwk0001593-1.jpg
自転車にスタンドをつけたい!子どもの成長に合わせて選ぼう

子どもの頃、補助輪つきの自転車から卒業し、補助輪を外して乗れ...

pwk0001592-1.jpg
自転車のホイールはワイドリムが主流?23cは使えるの?

これまで、一般的なロードバイクのタイヤには700×23c...

pwk0001591-1.jpg
ロードバイクのヘッドがガタつく!調整方法とグリスアップ

ロードバイクでヘッドがガタつくとき、少しだけなら放っておいて...

pwk0001590-1.jpg
ジャイアント製ロードバイクの2012年~2017年の変遷について

ロードバイクのメーカーはたくさんありますが、世界でも有名なの...

pwk0001589-1.jpg
クリートを取り付けたい!位置はどこ?前寄り?後ろ寄り?

クリートの取付には最適な位置があり、間違った位置に取り付ける...

pwk0001588-1.jpg
自転車で土手道を走るのに適したクロスバイクとマナー

自転車を使って、通勤・通学したり、サイクリングするとき、未舗...

pwk0001587-1.jpg
メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマ...

pwk0001586-1.jpg
自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの...

pwk0001585-1.jpg
自転車で安全に走ろう!渋滞時、すり抜けは違反!?

近頃の自転車ブームで、本格的に自転車に乗る人が増えました。 ...

pwk0001584-1.jpg
自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロック...

pwk0001583-1.jpg
ロードバイクを加速させたい!自分史上最速を目指す!

もっと速く走りたい、ロードバイクを乗る人は誰もがそう思い、様...

pwk0001582-1.jpg
タイヤを長持ちさせたい!自転車タイヤの寿命は延びるの?

タイヤがすぐパンクする、そんな人はいませんか? もしかした...

pwk0001581-1.jpg
電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をし...

pwk0001580-1.jpg
一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少な...

pwk0001579-1.jpg
ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、...

pwk0001578-1.jpg
自転車の逆走は危険!交通規則をしっかり守り安全に乗ろう!

自転車に乗っていて、「逆走するな!」などと声を掛けられたこと...

pwk0001577-1.jpg
歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリ...

スポンサーリンク


BB30aにはシマノのクランクは入る

ざっくり結論から話しますと、2016年現在はBB30aもシマノクランクが付けられるようにアダプタがFSAから出ています。
「BB?アダプタ?」
分からない人も大丈夫、ゆっくり話していきます。
ただ、文字数の都合上、「BBって何?」という説明は省略します。

さて、BB新規格。BBの規格の話というのは、何だか複雑なイメージがありますが。簡単に言えば、シマノはクランクの軸の太さが24mmです。それに対してキャノンデールは高剛性、軽量を目指して30mmという太いクランクを出しました。そのために現れた規格がBB30です。
要はクランクが太いっていうだけの話です。
ちまたではPF30、BB386、BB rightなどいろいろ聞きますが、基本的にはBB30の改良版というイメージで結構です。これらを総称してBB30系と呼びます。
それぞれ使える専用クランクが違います。互換性のあるものもありますが、ないものもあります。シマノのクランクについてはアダプターをかませれば使えるというものが多いですね。アダプタをかませる分、無駄、重くなってしまいますが、やはりシマノコンポーネントはシマノ同士が変速性能などを含めて最も相性が良いですから、使う人が多いです。カンパはBB30用のクランクをラインナップしていますね。

これに対してシマノクランク系は現在PF86(メーカーカタログではシマノプレスフィットBBなどと書かれることが多いですが)が主流です。例外としてTREKだけBB90を採用しています。
こちらは天下の大コンポーネントメーカーシマノ先生に追随する規格ですので、当然、シマノのクランクはもちろん使えます。ただし、BB30系のクランクは一切使えません。
細い穴に太い棒は差せませんからね。

そう、難しそうに見えますが、基本的にはシマノ対BB30系という構図だけ理解していれば大丈夫です。
(BB30に関してのもう少し細かいことはBB30に関する記事を別途こちらのサイトには書かせてもらっていますので見付けて読んでもらえればと思います)

BB30aのメリットは?デメリットは?①

「どうしてそんなケンカするの?」
僕もそう思います。でも、キャノンデールとはいつでも新しいものを世に提示し続けないと気が済まないメーカーなんです。レフティやサイクルトレーラーを開発したのもキャノンデールです。

BB30aのメリットは、BB30のメリットを理解できれば分かると思います。
BB30のメリットはまず一口に大ざっぱに言えば大径肉薄の正義ですね。
太く薄く!
太いと薄いというのは逆のように見えるかもしれませんが、基本的に筒状の構造物は太くしてやると頑丈になり、その分薄く出来ます。(昔のクロモリロードと今のカーボンロードの形の違いはそういうことです)

それから、BBを軽くしたいならシールドベアリングを裸でフレームに打ち込めばいいということですね。

そして、BBを有利にするポイントとしてフレームの幅の広さがあります。これはBB30じゃなくBB386やPF86の特徴です。太さじゃなくてフレームの横幅を広げてやれば、ぺダリングの力をしっかり受け止めれるようになるだろう、っていう考えですね。

上記3点を全て実現しているBB386が今のところ最も前衛的なBB-クランクシステムだと言っても良いかもしれません。
BB386クランクはBB30系のフレーム-BBに広い互換性を持っているということもメリットの一つです。

BB30aのメリットは?デメリットは?②

そういう中でキャノンデールが打ち出してきたのがBB30a。
BB30より5mmだけフレームの横幅を広くして73mmとしたのがBB30aですね。
正直、BB386が86mm幅で、今さら73mmってどうなの?という疑問もありますが、これにも理由があります。

大径肉薄、フレームの横幅を広げるということは諸刃の剣なんですね。
いずれも異音がしやすい、フレームに負荷をかけるという問題があります。
剛性を上げて、ぺダリングパワーの伝達効率を上げる。それは、つまりフレームが受ける力を増やすということでもあります。
BBの大径化の一番の問題はベアリングの大径化でした。クランクアクスルを大径化することは、フレームにより高い精度を求めます。しかし、世界有数の自転車ベアリングシステムメーカーのシマノはついてきませんでした。
これは、一般的に大径化のメリットとデメリットに関して、シマノはデメリットが大きいと考えたという風に言われます。ただ、表向きの話であって、新規格への移り変わりのデメリットはコンポーネントメーカーシマノにとって、ユーザーが付いてきてくれれば大きいビジネスチャンスでしたが、ついて来てくれなければ微妙な話だったということもあります。
実際、大径化したBB30系ではフレームとベアリングから鳴る異音の問題が切っても切れない問題となりました。

フレームの横幅を広げるという問題もやはりフレームへかかる力が大きいという問題があります。ただ、今のところ大きな問題とはなっていないようですが。
それでも、フレームメーカー側の立場としては、フレームの横幅を広げるということは、フレームの制作精度を上げなければいけないという重大な問題でもあります。
10m離れた的に向けて銃を撃つのと、30m離れた的に銃を撃つのでは、当然ながら30m離れた的に当てる方が難しいですよね。距離が離れればちょっとしたズレが大きいズレとなってしまいます。
技術的に可能かどうかは別として、コストはかかります。不良品の数が増えたり、ロボットの制作速度を下げて精度を優先させなければいけないといったことですね。

簡単に言えば、大径にして幅を広げればいいと言うなら、いくらでも大径化、幅の拡大というのはキリがありません。メリットとデメリットの最適地を取るというのが各メーカーの目的です。

BB30aで使えるクランクは?シマノは?

そういったバランスを考慮した上でBB30の生みの親キャノンデールが世に発表したのがBB30aです。
正直なところ、自転車関連の仕事をしている人間としてはそろそろPF86辺りで各メーカー落ち着いて欲しいところですが、前進し続けなければ勝利はないので、なかなかそうもいかないようです。

はて、そういうBB30a。話の流れを聞けば、なるほど、すごい規格だなというメリット面は分かるかと思います。
しかし、デメリットとしては、新規格は使えるパーツが少ないという点です。
BB386クランクと専用BB30Aクランクの二種類しか、そのまま使えないのですね。

しかし、さすがにキャノンデールが有力メインラインナップに加えて来たとあって、現在ではシマノのクランクを使えるようにするアダプターが出ています。
3大コンポーネントメーカーでは、シマノ以外のカンパ、SRAMはすでにBB386用のクランクを出していたので当然使えます。これで3大メーカーのクランクは全て使えることになりました。

そうは言ってもシマノを使う場合は、アダプターが必要です。
いずれの規格でも共通して言えるのですが、アダプターをかませるということは、本来の設計からずれた使い方になりますので、本来想定していたフルパワーはいくらか発揮できなくなります。
ただ、実用の中では誤差と言える範囲と考えれば、さほど気にしなくても良いかもしれません。
それでも、ベストはせめてBB386クランク、30ミリの太いクランクに対応しているフレームの場合、そちらを使った方が効率は良いというのが理論上の話です。

どうしてみんなシマノのクランクを?①

それにしても、メリットのある30mmアクスルの太いクランクを採用しないシマノをどうしてみんな使いたがるのでしょう?
まずコストパフォーマンスの良さです。
シマノのコンポーネントは他社メーカーと比べて圧倒的に価格が低いです。同じグレード、性能ならば、圧倒的にシマノが良い、と。
何よりもチェーンやワイヤーなどの消耗品のランニングコストが非常に良いのです。

カンパニョーロは公式にはシマノのデュラエースは自社の3番目のグレード、コーラスと同等だと言います。(カンパはスーパーレコード、レコード、コーラスですからね)しかし、そのコーラスでもシマノとトントンくらいの値段。それでいて消耗品の価格は高いですし、「本当にデュラ=コーラスなの?」という疑問の声もあります。
SRAMの最高峰RED22は当然デュラよりも高価です。消耗品についてはシマノと互換性を持っているので、その点ではカンパよりランニングコストとしては優れています。

実際には三大コンポメーカーの優劣は一口には語れません。
性能と一口に言っても、軽さであれば圧倒的にSRAMが有利です。
カンパのスーパーレコードはもはや最高級ではなく、超級グレードとさえ呼ばれます。
シマノのデュラエースはかっちりしたシフトチェンジなど世界最高の呼び声も高いです。

どうしてみんなシマノのクランクを?②

ただ、総じてコストパフォーマンスはシマノが有利です。

シマノの変速機を使うのであれば、シマノのクランクを使うのが一番間違いないのです。もちろん、クランク単体を見てもシマノのコストパフォーマンスは優れています。アルミの冷間鍛造という強みをシマノは持っていますからね。カーボンは置いておくとしても、アルミに関してはシマノの強さは頭一つ出ています。冷間鍛造の特徴は部品を安く高精度で大量生産出来ます。
逆を言えば、コンポもフルカーボンが圧倒的に良いという時代になれば、シマノが不利になる可能性も決してゼロではありませんが、当面、その心配はなさそうです。

ですから、みんなシマノのクランクを使いたいのですね。

BB30A、実際乗ってみてどうなの?

「BB30Aって実際に乗ってみるとやっぱりすごくいいの?」
正直僕には分かりません(笑)
というのも、BB30とBB30Aを比較しやすいのは、CAAD10とCAAD12の二車種を乗り比べるということなのですが。乗り味のコンセプトがいくらか変わっていますので比較が難しいのです。
個人的にはCAAD10の方が好きでした。とがっています。ああ、キャノンデールのアルミだ、と感じられます。
一方のCAAD12は非常に乗りやすくなっています。これはメリットでもあるのですが、個人的にはキャノンデールのアルミに求めているのは乗りやすさより鋭さですので、個人的にはCAAD10が好きでした。
ただし、好みの問題です。初心者にどちらを進めるかと聞かれれば間違いなくCAAD12でしょう。とにかく安定感があります。

ただ、この性能差はBBの差というより、フレームの差でしょうから、一概にBB30Aってどうなの?と聞かれると困ってしまいます。でも、そのフレームの差はBB30Aだからこそ作れるフレームだと言われると、なるほどという気もします。
スーパーシックスに関しても安定感が増して乗りやすくなっています。
やはりBBシェル幅を広げることは乗り味の安定感の向上に貢献していると考えて良さそうです。

まとめ「BB30の産みの親の答えがBB30A」

BB386がすでに出ている中で、自社のラインナップのフレームを一式変えてまで採用したBB30A、やはり深い信念があってのことでしょう。

新規格はその後の他メーカーの動向が非常に重要な要素になるので、まだ現段階での判断は難しいところもあります。しかし、今はもうシマノクランクが使えるアダプタもありますしキャノンデール好きなら是非試してみたいシステムじゃないでしょうか。仮に他メーカーが付いてこなくても上手く行く場合もあります。実際、TREKのBB90は独自規格でも長く続いていますし、定評もありますからね。

 - ペダル クランク, ロードバイク 国産メーカー, 自転車全般