豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのメンテ、費用の目安はどのくらい?

      2016/11/25

ロードバイクのメンテ、費用の目安はどのくらい?

「通勤や通学はロードバイクで軽快に」、雑誌の特集を見て自分もちょっと始めてみようかな。
な~んて思ったんだけど…。ママチャリと違ってロードバイクとなると、それなりに手入れをしないといけないんでしょ。
だから、メンテの費用やポイントなんかを始める前に知っておきたいんだけど。
という人のために、今回は初心者のための目安とポイントをザッとまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001160-1.jpg
giantの自転車で福岡を走ろう!!おすすめコース

giantの自転車は、台湾を拠点としている世界最大の自転車メ...

pwk0001159-1.jpg
自転車をペンキで全塗装してみよう!!やり方とコツ

ヴィンテージバイクに乗る方はいますが、ほとんどの場合、使い古...

pwk0001158-1.jpg
あなたの自転車、防犯登録してありますか?~神奈川編~

あなたの自転車は、きちんと防犯登録をしてありますか? 防犯...

pwk0001157-1.jpg
自転車に乗る女性の悩み!お尻や股が痛い原因と対処法

自転車やクロスバイク、マウンテンバイクに乗っていると、お尻や...

pwk0001156-1.jpg
自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれませ...

pwk0001155-1.jpg
自転車のベアリングをグリスでメンテナンスしよう!

グリス切れ直前がハブにしても、ベアリングにしても一番よく回転...

pwk0001154-1.jpg
自転車のビンディングペダルを調整しよう!

スポーツ自転車をはじめて暫くすると、ビンディングペダルを装着...

pwk0001153-1.jpg
自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素...

pwk0001152-1.jpg
自転車で行うlsdトレーニングの効果とは!?

そもそもlsdとはどういったことなのでしょうか? これ...

pwk0001151-1.jpg
ロードバイクのペダルをアルテグラに換えると何が変わるのか

かつてのロードバイクは、レースに出る人がパーツ交換をして、そ...

pwk0001150-1.jpg
ロードバイクの狙い目!ジャイアントの型落ちを購入しよう!

ロードバイクは、気軽に買うことが難しい価格のため、なかなか購...

pwk0001149-1.jpg
輪行しよ!ロードバイクのネット購入の注意や輪行袋の使い方

最近運動不足だったり、趣味を探していたり・・・そんな人は、ロ...

pwk0001148-1.jpg
アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシ...

pwk0001147-1.jpg
feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高...

pwk0001146-1.jpg
ロードバイクの軽量ホイール・究極ホイールたちを比較しよう

ホイールといえば、走りの質を上げるのにもっとも効果的なカスタ...

pwk0001145-1.jpg
自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか? そして、その自転車のペ...

pwk0001144-1.jpg
自転車の鍵を紛失しちゃった!どうすればいい?

自転車の鍵を紛失してしまった経験はありますか? 自転車...

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

スポンサーリンク


まずは、メンテについてポイントを抑えよう

いきなりロードバイクのメンテ、年間で費用はいくらです。という前に、まずはメンテについてどんなことをすれば良いのか、そのポイントを抑えましょう。
一概にロードバイクのメンテといっても、通勤・通学用として使うだけなのか。休日はツーリングやさまざまな大会へのエントリーなど、ホビーライダーとして結構本格的に乗りたい人とではかなり違ってきます。
でも、本格的にと考えている人は、それなりに自分で調べたり、勉強してますよね。
ということで、ここでは毎日、通勤や通学で乗っていてどんなところに気を付ければ良いのか。また、修理や交換、整備など判断する目安は?などなど、気軽にロードバイクを楽しみたい人に初心者としての心得を伝授しましょう。
基本的なことでも、ちゃんと理解しておけば的確な対応ができたり、無駄な出費が抑えられたり、それなりにメリットがあります。なので、費用の話の前に、まずはメンテのお話を。

ロードバイク初心者の、メンテの心得①

さて、前置きが長くなりましたが、ロードバイクのメンテでまず基本となるのは、一番の消耗品であるタイヤとチューブ。たとえ初心者といえども、毎日安全に乗るためにはチェックを欠かさないことが肝心です。
タイヤ交換の目安は製品にもよりますが、通常3000㎞~5000㎞くらいと言われています。
例えば、ロードバイクで片道10㎞前後の通勤・通学をする人で考えて見ましょう。1か月の平均が休日や祝祭日、雨で乗らない日などを考慮して約半分の15日程度だとしても、月に250㎞~300㎞前後は走ることになります。その計算でいくと、だいたい1年がタイヤ交換の目安。自分はこれより多いか少ないか、判断の基準にしてみると判りやすいでしょう。
また、タイヤは摩耗具合だけでなく、傷や亀裂なども小まめにチェックしてください。摩耗の度合いは少なくても、パンクやバーストの原因になります。走行距離にかかわらず、早めの交換を心がけましょう。費用を気にするより、安全が第一です。
そしてチューブの交換ですが、こちらもタイヤとほぼ同様。どちらかと言えば、タイヤよりもチューブの方が消耗が早いといわれています。
交換の目安は、空気圧の低下が早くなってきたと感じた時。それからパンクをした時もパンク修理よりも思い切ってチューブの交換をおすすめします。ロードバイクはクロスバイクなどと比べ気圧が高いのため、パッチで直してもまたすぐに空気が抜けたりします。

ロードバイク初心者の、メンテの心得②

タイヤ、チューブの他、初心者でも心がけたいメンテの基本は、ブレーキ、チェーン、ワイヤーのチェック。
ブレーキは、使っていて違和感などがなくても、月に1、2度はブレーキシューの磨り減り具合を確認しましょう。
初心者でも、チェックはカンタン。ブレーキシューには、交換時期を示す溝があります。溝が無くなっていたり、無くなりそうなら交換の時期です。
また、斜めに磨り減っていたりすると、溝が十分残っていても交換が必要な場合があります。左右のバランスを含め、減り方にもご注意を。
そして、快適なロードバイクでの通勤・通学に欠かせないのがチェーンの手入れ。汚れやオイル切れは、意外なほどにペダリングの負担になります。清掃や注油などの日頃のメンテは200km~300kmくらいを目安に行いましょう。
上のタイヤ交換の例で言えば、少なくとも月に1度以上はすることをおすすめします。交換の目安は3000kmくらいとよく言われ、1年くらいで交換の時期になります。
さらに、汚れやサビだけでなく、チェーンは乗っているうちにだんだん伸びます。交換せずに放置していると、高価なパーツであるスプロケットの磨耗や損傷を招き、メンテの費用がかさむもとになります。安価なチェーンの交換は、惜しまずにやりましょう。

ロードバイク初心者の、メンテの心得③

最後はワイヤーですが、こちらはタイヤやチェーンに比べ長持ちします。交換の目安は、おおよそ2年くらいというのが一般的。使っているうちに伸びるので、張りが緩むとシフトチェンジがスムーズにいかなくなったり、チェーンがガイドプレートにあたって擦れる音がしたりすることがあります。
ワイヤーの張り具合は、初心者でも指先でカンタンに調整ができるアジャスター(ボルト)が付いているので、おかしいなと思ったらすぐに調整しましょう。
この他にも、車体やリムの掃除、スプロケットやディレイラーと呼ばれる変速装置の洗浄、バーテープの交換など、ロードバイクのメンテには様々なものがあります。
ただ、快適な通勤・通学のためのメンテという範囲なら、タイヤとチューブ、ブレーキ、チェーン、ワイヤーについての気配りさえしっかりとやっていれば、まず大丈夫。交換の場合以外は費用もほとんどかからないので、怠らないようにすることが長持ちの秘訣ですね。

ロードバイクのメンテ、費用の単価は?

さぁ、ここからがいよいよロードバイクのメンテについて費用のお話になります。
上に書いた基本となるメンテの心得に沿って、目安となるそれぞれの単価についてまとめてみました。

●タイヤ関連
・タイヤ交換:安いものは1本5000円台~、+工賃1000円~3000円程度(後輪の方が高い設定の場合あり)
・チューブ交換:安いものは1本1000円前後~、+工賃1000円~2000円程度(タイヤ交換より若干安め)
※一度にやれば工賃はタイヤ交換代で済むこともあります。
・パンク修理:1000円前後

●ブレーキ関連
 ・ブレーキシューの交換:安いものは1組500円台~、+工賃1000円前後~
 ・ブレーキ調整:1000円前後(購入店なら無料でサービスの場合もあり)

●チェーン関連
 ・チェーン交換:安いものは1500円前後~、+工賃1000円前後~
 ・チェーン調整:1000円前後(購入店なら無料でサービスの場合もあり)
 ・チェーンの洗浄:2000円~3000円前後

●ワイヤー関連
 ・変速機&ブレーキワイヤー交換:安いものは500円以下からあり、工賃も含めて1500円前後~

*いずれの料金もショップによりもっと低価格の場合はもちろん、高額な場合もあります。あくまでも一応の目安とお考えください。

ロードバイクのメンテ、年間費用の目安

それでは、単価の目安を基にロードバイクのメンテについて、年間ではおおよそどのくらいの費用がかかるのでしょうか。まとめてみましょう。
通勤・通学で1年間、特に大きな故障や事故がなく快適に使用した場合、
・前後輪のタイヤとチューブの交換:約15000円
・チェーンの交換:約3000円
・ブレ―シューの交換:約2000円
主なもので合計が約20000円になります。
その他、パンク修理またはチューブ交換が1~2回、チェーン洗浄や調整、ワイヤー交換など、すべてショップにお願いしたとしてプラス約10000円で、メンテにかかる合計費用は約30000円あれば十分といるでしょう。
えっ?安いパーツを使っても、けっこう高い! …、そうでしょう。これはすべておまかせのらくらくパックの場合です。

できることは自分でしよう。費用も安上がり!

ということで、これからロードバイクで通勤・通学をしようと考えている皆さん。メンテの基本は自分でやるというのが当たり前。工賃を除けば、年間のメンテの費用は10000円~15000程度が一般的な相場です。多少工具を購入する際に費用がかかっても何年も使えるので確実に安くできます。
「でも、パンク修理やタイヤ交換なんてしたことないし」と思っていませんか。大丈夫です。ショップでメンテの講習会を開催していたり、YouTubeでメンテの手順や工具の使い方を詳しく紹介していたりするので、あなたもきっとできます。
それに、学校や職場で「パンクの修理やタイヤ交換くらいならオレでもできるからやってやるよ」なんて言えば、女子の好感度がグ~ンと上がっちゃうかも!

まとめ、ロードバイクのメンテ、費用はあなた次第

以上で、ロードバイクで通勤・通学を始めてみたい初心者のためのメンテの費用のお話はオシマイです。
基本的にチェーンやディレイラーなどのパーツ交換、オーバーホールといったしっかりとした調整が必要なメンテを除き、日頃のお手入れは自分でやるというのがスポーツサイクルでは常識。なので、日頃のお手入れレベルのメンテ、費用の目安はあなた次第というわけです。
それに、いつまでもショップのスタッフさんに頼っていたのでは、ツーリングなどのロングライドには出かけられません。本格派は目指さなくても、せっかくロードバイクを買ったのなら、たまにはスポーツサイクルならではの楽しみも味わってみたいですよね。
そういうわけで、自分で覚えれば費用は安くてすむし、スポーツサイクルの醍醐味も満喫できる。さらには女子の好感度も上がっちゃうかもしれないとしたら、どっちがお得か。
それは当然、ですよねぇ~。

 - 自転車 メンテナンス, 自転車全般, 費用 価格