豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のペダルが重い、その原因について考える

      2017/01/11

自転車のペダルが重い、その原因について考える

自転車に乗っていてペダルが重いと感じた時、その原因はどこにあるのか?

メンテナンスの知識があるホビーライダーなら、すぐに様々な原因となるものが頭の中に浮かびます。
ペダルは、ライダーが踏み込むことにより自転車に推進力を与える機関であると同時に、ライダーにその自転車のコンディションを伝えてくれるコミュニケーションツールでもあります。

今回は、ペダルが重いと感じた時にどのような対応をしたら良いのか、スポーツバイク初心者の皆さんにメンテナンスの基本となる知識をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

pwk0001639-1.jpg
ロードバイクで車道と歩道の段差を乗り越えられるのか?

ロードバイクのタイヤはとても細いので、慣れない初心者のう...

pwk0001638-1.jpg
憧れのディープリムホイールは安いの?高いの?

自転車のトラック競技などで、よく見かけるリムの幅の広いホイー...

pwk0001634-1.jpg
あなたの自転車は大丈夫?自転車の歪みによる影響と解決法!

自転車に乗っていて、なんだか乗り心地が悪い… そんなこ...

pwk0001633-1.jpg
ドロップハンドルでブレーキに手が届かない場合はどうする?

皆さんは初めてロードバイクに乗ったとき、どのような感想を持っ...

pwk0001632-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換によって得られる効果とは?

クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの特長を併せ持っ...

スポンサーリンク


ペダルが重いと嘆く、ノーメンテのオバチャン

たまに商店街にある自転車屋さんの前などで、お店の人に「最近この自転車、ペダルが重いのよ。ちょっと見てくれない」なんて言っている、ママチャリに乗ったオバチャンを見かけることがあります。

ホビーライダーの端くれとしてちょっと気になるので、その自転車を見ると「オバチャン、その自転車いつ買ったの?メンテナンスや掃除とかしたことあるの?」と、言いたくなるような有り様であることが大半です。

パッと見ただけで、エアが足りない
チェーンがまっ黒、BB(ボトムブラケット)やハブのグリスも切れているんじゃないか等々…。
「ちょっと見たくらいじゃ、どうにもならないでしょ」という感じで、お店の人に思わず同情しちゃいます。

また最近では、クロスバイクなどに乗っている若い人にも、いつメンテナンスしたんだろうと思われるような状態で乗っている人がしばしば。
しかも、そのスポーツバイクが高価なものであったりすると悲しい気分になります。

毎日乗っていたら、ペダルからその悲鳴があなたにも伝わってくるでしょう。
そんな風に言いたくなってしまいます。
ちょっと話が逸れてしまいましたが、ペダルが重いと感じる時は、その原因となるものがいろいろ考えられます。

自転車のペダルが重い、と感じる原因①

まず、ペダルに直結するパーツとして、BB(ボトムブラケット)にトラブルがある場合が考えられます。
BBが怪しいと思ったらチェーンを外し、クランクを持って回してみてください
スムーズに回転すれば、原因は他の場所にあるということになります。

逆に、クランクの回転が滑らかではなかったりゴリゴリするとしたら、ベアリングに異常が起きているか、グリスがなくなっている可能性があります。

また、BBには、カートリッジ式のものとカップ&コーン式のものがあります。
現在は、カートリッジ式のものが主流ですが、カップ&コーン式のBBの場合は玉当たり調整の不良といった場合もあります。
もし、BBに異常があるなら、ベアリングの交換やグリスアップの必要があります。

自転車のペダルが重い、と感じる原因②

ペダルが重いと感じる原因の一つとして、チェーンやチェーンリング、スプロケットのメンテナンス不良により、不要な負荷がかかり重いと感じることがあります。

ママチャリやシティサイクルの場合は、きちんと掃除をせずに乗り続けたり、放置したままにすることで、オイルに汚れが付着したり、サビが出たりすることがほとんどです。
メンテナンス不良というより、メンテナンス不足がその原因です。
しっかりと汚れを落とし、注油することで解消します。

これに対しスポーツバイクでは、日頃からメンテナンスをしていてもロングライドに出た時など、油切れによりチェーンに軋みが生じたり、チェーンとスプロケットの間の摩擦抵抗が増すといったこともあります。
また、チェーンに緩みが生じても、余分な負荷の原因になりますので、しっかりと調整することが大切です。

自転車のペダルが重い、と感じる原因③

タイヤ周りの異常によっても、ペダルにかかる負荷は増します
最も多いのは、エアの圧力不足で、ロードバイクやクロスバイクなど、高圧のタイヤを使用する自転車に起こりやすい原因です。

高圧のタイヤは空気が抜けやすいので、日頃のメンテナンスでは、タイヤの圧力を必ずチェックすることが必要です。
圧力不足の場合は、パンクの原因にもなるので注意しましょう。

また、マウンテンバイクやBMXは、路面によってエアの圧力を調整することで、乗り心地が大きく変わります
街乗りでは、高めに調整することで足まわりが軽くなり、漕ぎ出しもスムーズになります。

自転車のペダルが重い、と感じる原因④

タイヤ周りの異常では、ハブの不良が原因の場合もあります。
ハブは、BBと同じくベアリングが使用されているため、グリス切れやグリスの劣化によりベアリングが摩耗し、スムーズなタイヤの回転が得られなくなることがあります。
使用されるベアリングもBBと同様、カップ&コーン式とカートリッジ式があります。

カップ&コーン式の場合は、メンテナンスでグリスアップや玉当たり調整をします。
カートリッジ式の場合は、シールドベアリングを使用しているため、基本的にグリスアップや玉当たり調整をすることはありません。

ハブやBBは、乗っていて異常を感じることがなければ、グリスアップをするようなオーバーホールによるメンテナンスは、1年~2年に1度程度で良いといわれています。
頻繁なメンテナンスは必要ありませんが、その感覚には日頃から気をつけるようにしましょう。

まとめ、ペダルを通じて自転車との会話を大切に

ペダルの感覚は、自転車のコンディションをチェックするメンテナンス基本ともいえるものです。
ペダルをひと踏みしたときに、その自転車の様々なパーツの状態が足から伝わってきます。
ペダルの感覚がいつもより重いと感じたら、どこかにその原因があると思ってください。

冒頭にも書きましたが、ペダルはライダーとのコミュニケーションツールです。
自転車はペダルを通じて様々な情報を伝えてくれます。
自転車のこと、路面のこと、足から伝わる感覚で様々なことがわかります。

女性のロードバイク人気の火付け役にもなったアニメのタイトルも「弱虫ペダル」というように、ペダルは自転車とライダーをつなぐ象徴でもあるといえるでしょう。
あなたもペダルを通じて、自転車とのコミュニケーションをいつも大切にしてください。

愛情を込めてしっかりとメンテナンスが行き届いた自転車は、ペダルを踏み込めばその想いに応えてくれる快適な走りを届けてくれます。
あなたの想いは、ペダルを通じていつも自転車とつながっています。

 - ペダル クランク, 自転車全般