自転車通勤が可能な長距離の限界はどのくらい?

満員電車を避けて毎朝快適に自転車通勤。健康やダイエットためにも一石二鳥でお得です。
な~んて自転車通勤のメリットをアピールする時に言いますが、実際のところ快適に走れる長距離の限界はどのくらいなのでしょう。
車種、路面状況、アップダウン、季節、交通状況、そして年齢、体力、性別など、様々な条件によりかなり違ってくると思いますが、自転車通勤が可能な距離についてザッとまとめてみました。
自転車通勤を始めてみようかと考えている方、参考意見としてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車で横断歩道を渡る時は「一時停止」で正しいですか?

自転車における道交法が改正となってから、随分注意する人たちも増えてきたのではないか、と思います。と...

自転車のvブレーキから音が!どうして?どうする?

自転車のブレーキをかけると、「キーッ」とか「キューッ」と音鳴りがあることがあります。これは、どうし...

自転車部品大手メーカー・kmcのチェーン交換方法をご紹介!

kmc(ケイエムシー)は、1977年に台湾で誕生した大手チェーンメーカーです。シマノもOEM...

ジャイアントのクロスバイクをあさひで買ってみた

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。今回はジャイアントのクロスバイクをあさひで買ったお話を...

ピナレロはグランフォンドにも強い! アングリルの評価は?

ロードバイクを販売するメーカーでイタリアに籍を置くメーカー(ブランド)は、高額なバイクを中心に扱...

ロードバイクのホイールにはディスクブレーキ用がある

MTBでは、ほぼ標準装備となったディスクブレーキですが、ロードバイクにもジワりと、その波が押し寄...

おしゃれに乗りたい!自転車女子の服装コーデ術!

ここ何年かで、ただの自転車でなく、スポーツタイプの自転車に乗る女性が増えてきました。それに伴い、...

自転車のタイヤがパンクした!その原因と見分け方!!

自転車の修理の基礎といえばパンク修理ですね。おそらくもっとも自転車のトラブルで多いのではないでしょう...

自転車通勤!クロスバイクにカゴを付ける?

カゴ付きと言ったらやっぱりママチャリが思い浮かび上がりますが。今ではあらゆるシャンルで使われている...

MTB(マウンテンバイク)チェーンリング交換のポイント

マウンテンバイクはローカル移動手段として大変便利です。キャンプや、観光旅行などで車に積んでいけば、...

ロードバイクに乗ってブログ更新しよう!女性向けはある?

自転車女子という言葉がありますよね。最近では、ロードバイクに乗りたいと思う女性も増えたのではない...

助けて!ロードバイクのチェーンの選び方がわからない

ロードバイクのパーツは種類が多くあります。チェーンも例外ではありません。チェーンが切れた、チェ...

軽い運動するのにもおすすめ!スポーツ自転車mtb!!

走れるとは思えない場所でも、スポーツ自転車mtbなら走破できます。時には転んだり、パンクした...

自転車の盗難に遭ってしまった!犯人は逮捕される?

随分昔になりますが、私の学生時代は駅前に自転車を安易に止めれば(鍵をかけないなど)帰りには、もう絶対...

自転車のケイデンスとは?トレーニング方法は?

自転車乗りのみなさま、ケイデンスとは何かご存知ですか?ロードバイクなどのスポーツ自転車を愛用...

スポンサーリンク

自転車通勤が可能な長距離、ママチャリだったら

ママチャリの平均的な速度は時速15㎞くらいだといわれています。アスファルトの路面でアップダウンも少なければ30分で7.5㎞は走れる計算になります。
結構遠くまで行けますね。ちなみに、JR中央線なら阿佐ヶ谷駅から新宿駅まで約7㎞。まだまだ長距離の限界といったイメージではありませんし、ママチャリでも阿佐ヶ谷周辺から新宿のオフィスまで自転車通勤で通えそうな感じですね。
電車通勤でも自宅から駅まで、駅から会社までの歩く時間などを考えれば30分は優に超えそうです。さらに、中央線の朝の満員電車や、頻繁に起こる運休・遅延を考えれば、自転車通勤の方が快適かも。
しかし、それはあくまでも単純に頭の中で描いたバーチャルシミュレーションの結果。現実には阿佐ヶ谷から新宿まで、朝の青梅街道をママチャリで走破するのはかなりの勇気が必要です。クルマや人があふれ、信号もいっぱいあるし、実際に走れば45分~50分はかかるのではないでしょうか。
ママチャリでは、ほぼ限界だと思われます。
そうでなくてもママチャリを通勤に使おうという人は、普段からスポーツバイクを趣味で乗るような人と比べて体力的にも厳しいはずです。ヘタをすれば5㎞、30分くらいの設定が限界かも知れません。
中野駅から新宿駅が約4.4㎞、ママチャリの快適通勤圏はこのあたりでしょうか。

自転車通勤が可能な長距離、MTBやミニベロだったら

ママチャリに対し、MTBやミニベロ、スポーツタイプのシティサイクルなら、足回りがかなり軽やかになります。
平均的な速度はそんなに大きくは変わらないかと思われますが、それでも時速17~18㎞くらいはいけるのではないでしょうか。
路面や信号待ちの走り出しなど状況に合わせてギアも使い分けられるので、先ほどの阿佐ヶ谷あたりから新宿までの自転車通勤も結構行けそうですね。特にMTBなら、タイヤの径もそこそこあるし、歩道などを走っても路面に対する対応力は抜群なので、もう少し距離があっても大丈夫な感じです。
それでも長距離の限界は約10㎞、時間的には45分~50分くらいがいいところでしょう。JR中央線でいえば西荻窪駅~新宿駅が約10.3㎞なので、このあたりがMTBやミニベロでの自転車通勤の限界でしょうか。

自転車通勤が可能な長距離、クロスバイクだったら

クロスバイクの平均的な速度は時速20㎞くらいだといわれています。平坦な道で信号もなければ30分で10㎞走れます。実際の道では様々な障害がありもう少し時間はかかりますが、クロスバイクなら車重も軽く足回りも軽快なので30分以上走っていても、さほど苦にはならないでしょう。
よく片道10㎞の自転車通勤ならクロスバイクで余裕だといわれています。慣れてくればクロスバイクで10㎞は快適通勤範囲といえるかも。
中には20㎞くらいの通勤だって、トレーニングかダイエットの運動だと思えば大丈夫だという人がいますが、さすがに朝から1時間以上自転車を漕いで会社に行くというのはいかがなものかと思います。
長距離の限界は12~13㎞くらい、時間的には50分以内程度がいいところでしょう。
ちなみにJR中央線では新宿-吉祥寺間が約12.2㎞。クロスバイクになると、かなり遠くから自転車通勤ができます。

自転車通勤が可能な長距離、ロードバイクだったら

いよいよ真打登場です。ロードバイク、平均的な速度は時速25㎞くらい。JR中央線で例えれば、新宿-国立間(約24.2㎞)を1時間弱で走り切ることができます。ロードバイクなら、かなり遠くから自転車通勤ができるという感じですね。
そして実際に走っても、ロードバイクで時速25㎞というのは決して難しいスピードではありません。ビギナーでも時速30㎞台後半のスピードがカンタンに出せます。
ただし、これはあくまでも平均速度の話です。実際の道を走れば信号や障害物などがあり1時間で走れる距離は20㎞から22㎞くらいが精々といったところでしょう。
なので、快適通勤の距離は10㎞~15㎞、長距離の限界は20㎞がいいところですね。
クロスバイクの項でも書きましたが、やはり朝から1時間も自転車を漕ぎ続けて通勤するというのは厳しいので、時間的な限界を50分程度と考えての結論です。
ロードバイクで片道50㎞の自転車通勤をしていたとかいう人もいるようですが、そんなタフガイは例外中の例外です。1日だけならいざ知らず、毎朝そんなに走って会社に行っていたら、とでも仕事どころではないでしょう。ヤル気になればできるかもしれませんが、現実的ではありません。

まとめ、自転車通勤、10㎞超えたらロードかな

さて、今回は自転車通勤が可能な距離の限界をいろいろな自転車で考えてみました。
体力や通勤時間など、もっと無理な設定を考えれば、さらに長距離の自転車通勤も可能な結論になると思いますが、あくまでも一般人の常識の範囲内で考えればこんなものかな、といったところでしょう。
そして、個人的な結論というか、自転車通勤がしたいという人がいて、もしアドバイスをするなら、私はきっとこう言います。
「自転車通勤の限界は15㎞くらい。4㎞を超えたらスポーツバイクじゃないと結構キビシイよ。クロスバイクでもいけど、10㎞を超えたら、絶対ロードバイクがおすすめだね」
ということで、皆さんの参考になったでしょうか。