豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

クロスバイクの後輪から異音が!? …その原因はどこに?

      2016/11/25

クロスバイクの後輪から異音が!? …その原因はどこに?

シュ、シュ、シュ、シュ…、カチカチ、カチカチ…、カラカラカラカラカラ…
どれもあまり聞きたくない音ですが、時としてクロスバイクの後輪から聞こえてくる異音。
それは、ひと口に異音といっても、擦れる、当たる、引っかかるなど、その原因により様々な音がします。
多くの場合、メンテナンス不足による調整不良やパーツの劣化によって起こりますが、日頃からメンテナンスを行っていても経年劣化が進行すれば、様々なパーツで異音が生じることがあります。
今回はそうしたクロスバイクの後輪から聞こえてくる異音について、その原因は何かを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001397-1.jpg
自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができて...

pwk0001396-1.jpg
ラレーのミニベロは、rsrやrsmなどおすすめいっぱい!

現在、自転車メーカーは世界中にあります。 ロードバイク...

pwk0001395-1.jpg
153cmの女性必見!体重減らしたいならクロスバイクに乗ろう

体重を落としたいと考え、悩む女性はたくさんいらっしゃると思い...

pwk0001394-1.jpg
自転車を購入して東京副都心・新宿の街に出かけよう

新宿というと、主な移動手段は電車か車、徒歩といったイメージで...

pwk0001393-1.jpg
ガチな自転車乗りが喜ぶ誕生日プレゼントって?

自転車趣味の方への誕生日プレゼントって、何を送ればよいのか迷...

pwk0001392-1.jpg
ランドナーといつまでも旅をしたい方へ

ランドナーという自転車をご存知ですか? ママチャリのよ...

pwk0001391-1.jpg
ブルックスのサドルについて!メンテや調整方法も教えます

「ブルックス」をご存知ですか? イギリスの自転車サドルメー...

pwk0001390-1.jpg
自転車のタイヤの空気入れ、バルブ別の方法をご紹介!

自転車のタイヤのバルブにはいくつかの種類があり、その種類によ...

pwk0001389-1.jpg
通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が...

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

スポンサーリンク


クロスバイクの後輪から異音、ブレーキが原因の場合

クロスバイクで走っていて何かが擦れるような音が聞こえる場合、ブレーキシューとリムの間隔が左右均等になっておらず、どちらか一方がリムに接触することで擦過音がすることがあります。また、ブレーキシューの間隔が正常でも、リムに歪みが生じて振れが出ている時はブレーキシューが接触して音が出る場合があります。
このような時はブレ―キシューの間隔調整、または振れ取りを行ってください。
これとは別に、ブレーキをかけると音がする場合は、ブレーキシューの片減りや取り付け不良、シューあるいはリムの汚れや異物の付着が音の出る原因となっています。
このような時はブレーキシューの交換やトーイン調整、クリーンアップしっかりと行ってください。

クロスバイクの後輪から異音、チェーンが原因の場合

後輪のスプロケットあたりからカラカラといった音がする場合は、チェーンが伸びている場合があります。これは、チェーンの伸び=チェーンピッチの間隔が広がったことによりギヤ(歯車)とのピッチが合わなくなり、チェーンとギアが噛み合う度にチェーンのローラー部分が不要な接触を起こし音が出るようになるためです。
このままの状態を放置するとギアの歯が摩耗しチェーンとしっかりと噛み合わなくなるなど、スプロケットの異常摩耗を引き起こします。すぐにチェーン交換をしてください。
チェーンは、小まめに清掃し注油をしていても徐々に接続部分が摩耗して伸びが生じます。メンテナンスの際にチェーンチェッカーで伸び率をチェックして定期的に交換するように心がけましょう。
交換の目安は3000㎞~5000㎞、伸び率が0.75%といわれています。

クロスバイクの後輪から異音、スプロケットが原因の場合

スプロケットは、上記のチェーンの項でお話ししたように伸びたままのチェーンを使っていて摩耗する他、オイルに付着した汚れをそのままにしておいてもチェーンとの間の摩擦が大きくなり異常摩耗を起こすことがあります。
こうした原因により劣化したスプロケットを使用していたり、また転倒をはじめ何かの衝撃によってスプロケットが損傷した場合にも異音がすることがあります。
このようなスプロケットからの異音は、チェーンの交換やディレーラーの調整によりある程度は解消できますが、スプロケット自体の損傷が大きくなるとカバーしきれなくなります。小まめな清掃と注油を怠らないよう、日頃からしっかりとメンテナンスするようにしてください。

クロスバイクの後輪から異音、ディレーラーが原因の場合

クロスバイクの変速機、ディレーラーのワイヤーが伸びていたり、また転倒などの衝撃で変形していたりすると、ディレーラー自体から音がする場合はもちろん、チェーンやスプロケットなどから異音がする原因になります。
ディレーラーから音がする時は、まずワイヤーの張りを確かめてください。ワイヤーが伸びきっていたりするとガイドプーリーと呼ばれる歯車がシフトチェンジのための適切な位置へと動きません。そのためスムーズな変則ができずにガチャガチャと音を立てたり、チェーンが適切な位置に定まらないなどの理由で異常な音を立てたりします。
そのような時は、ワイヤーをしっかりと張り直し、ディレーラーの動きを調整しましょう。
ディレーラーの調整を行い、変速がスムーズになっても異音が解消しない場合は、変形している可能性があります。その時は、ショップに行って確かめてもらい、必要なら交換するようにしましょう。

クロスバイクの後輪から異音、ハブが原因の場合

後輪からの異音では、転倒の衝撃でシャフト(車軸)が歪んだり、ベアリングの経年劣化、グリス切れ、玉当たり調整の不良など、ハブが原因で異音がする場合もあります。
ハブは自転車のパーツの中では比較的耐久性が高いものなので、クロスバイクに乗る人はメンテナンスもホイールをチェックする際に異常がないか確かめる程度という人が殆どです。
もし、異音がしたり、回転が滑らかではない場合は、一度オーバーホールをして原因を確かめるようにしましょう。
また、後輪のハブからカチカチと音がする場合、フリーホイールのラチェットが原因であることもあります。この場合はグリアアップをすることで多くの場合は解消することができます。

まとめ、クロスバイクに乗るならメンテナンスを忘れずに

近年、自転車ブームと言われていますが、自転車はクルマや大型バイクと違い、車検のような定期点検を義務づけた制度はありません。そのためホビーライダーとしてスポーツバイクに乗る人以外、自転車に対するメンテナンスの意識はまだまだ低いのが現状です。
クロスバイクにおいても、ママチャリやシティサイクルと同様、スポーツバイクとはいえ通勤や通学、また街乗り用として気軽に乗る人も多く、メンテナンスが疎かになっているケースをよく見かけます。
今回のテーマである後輪の異音についても、その多くはメンテナンス不足が主な原因といえるでしょう。
スポーツバイクとして、クロスバイクを快適に乗りたいのなら日頃の点検・チェックは必要不可欠な要素。パーツの交換やオーバーホールなど定期的にメンテナンスを行うよう心がけましょう。

 - 自転車 修理, 自転車全般