豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのフレームのサイズを考える

      2016/11/25

ロードバイクのフレームのサイズを考える

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
ロードバイクを買うときに一番大事なことはフレームのサイズです。値段やメーカー、アルミかカーボンか、ロードバイクのフレームにもいろいろな要素がありますが、何よりも大事なのはサイズです。
服と同じですね。いかに良い服を買ってもサイズが合っていなければ何の意味もないですよね。
今回はそんなロードバイクのフレームのサイズのお話をしていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001401-1.jpg
ラレーのクロスバイク、rf7ってどんな自転車?

ラレーという自転車メーカーをご存知ですか? ロードバイ...

pwk0001400-1.jpg
タイヤのバルブには種類があるって知ってた?

自転車のバルブは、どれも同じではありません。 また、空...

pwk0001399-1.jpg
簡単デビュー!?3万円で買えるクロスバイクをご紹介!

ママチャリに乗っていて、もっと速く、軽やかに走れる自転車が欲...

pwk0001398-1.jpg
雨の日の通勤、クロスバイクはどうしたらいい?

自動車や電車など、通勤手段は様々です。 健康のことを考えて...

pwk0001397-1.jpg
自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができて...

pwk0001396-1.jpg
ラレーのミニベロは、rsrやrsmなどおすすめいっぱい!

現在、自転車メーカーは世界中にあります。 ロードバイク...

pwk0001395-1.jpg
153cmの女性必見!体重減らしたいならクロスバイクに乗ろう

体重を落としたいと考え、悩む女性はたくさんいらっしゃると思い...

pwk0001394-1.jpg
自転車を購入して東京副都心・新宿の街に出かけよう

新宿というと、主な移動手段は電車か車、徒歩といったイメージで...

pwk0001393-1.jpg
ガチな自転車乗りが喜ぶ誕生日プレゼントって?

自転車趣味の方への誕生日プレゼントって、何を送ればよいのか迷...

pwk0001392-1.jpg
ランドナーといつまでも旅をしたい方へ

ランドナーという自転車をご存知ですか? ママチャリのよ...

pwk0001391-1.jpg
ブルックスのサドルについて!メンテや調整方法も教えます

「ブルックス」をご存知ですか? イギリスの自転車サドルメー...

pwk0001390-1.jpg
自転車のタイヤの空気入れ、バルブ別の方法をご紹介!

自転車のタイヤのバルブにはいくつかの種類があり、その種類によ...

pwk0001389-1.jpg
通学自転車は耐久性に優れたものを選ぼう!

小学校とは違い、中学校や高等学校では、自転車通学をする生徒が...

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

スポンサーリンク


どうしてロードバイクはフレームサイズが大事なの?

ロードバイクを買う上で一番大事なのはフレームサイズです。
しかし、どうしてフレームサイズが大事なんでしょうか。

簡単に言うとフレームサイズが合っていないというのは、他のスポーツで言うと、地面が傾いているような状態と言ってしまっても良いかもしれません。
ほとんどのスポーツは自分の足で地面に立ちますが、ロードバイクというスポーツは地面と自分の体の間にロードバイクがあるんですね。
ロードバイクのサイズが合っていないというのは、つまり地面と自分の間にあるものの大きさが違う、本来、理想的とされる姿勢で力を入れられないということです。

また、力が入れにくいだけなら良いですが、無理な姿勢を取っていれば体も痛くなりますよね。

後からフレームサイズを変えようと思うとフレームごと交換ですから、ほとんど新車と同じくらいの値段になってしまいます。

ロードバイクの適正フレームサイズ

ロードバイクのサイズが重要というのは分かっても、どういうサイズが適正なのかというのは非常に難しいところです。

一台目のロードバイクをある程度きちんとした店で買うと、股下、上半身、手の長さをはかってサイズを決めてもらえると思います。
もしくは、実車があればまたがって、それを店員さんが横から見て決める場合もあるでしょう。

いくつかサイズを決める方法はありますが、きちんとしたプロショップなら、どんな方法で決定するにせよ、サイズを外すということはありえません。
というのも、だいたいの人が2~3種類ぐらいのサイズが適正なんですね。例えば筆者の場合、カーボンのロードはTREKのサイズ52を使っていますが、54も56も問題なく乗れます。(メーカーによってサイズ表記の数字は違います)
一般的には筆者の身長、手足の長さだと54の方がオーソドックスかもしれません。
ただ、筆者は少し小さめのフレームの方が昔から好きなので、そういうサイズにしています。
ある程度乗っていると好みのサイズ感やポジションなども出て来ますが、初めての一台なら許容範囲の中のサイズであれば問題ありません。
自転車屋さんによってオススメされるサイズが少々違うこともありますが、別に間違いというわけではありません。

問題は大きくはずれたサイズです。
たとえば、筆者の場合、サイズ50や58のようなものはさすがにまともには乗れません。
一応、またがれるかもしれませんが、きちんと力を込められないでしょう。

小さすぎるサイズのロードバイクフレーム

小さすぎるとどういう問題が出るのでしょう。
簡単に言うと、フレームサイズが小さいというのは前三角が小さいということ、つまりハンドルが近すぎて、ハンドルが低くなります。一口に言えば窮屈です。
ハンドルの距離についてはステムという部品を長いものに交換すればある程度は伸ばせます。
ハンドルの高さに関しては、少々難しいです。コラムエクステンダーという部品や角度の大きいステムで無理矢理ハンドルを高い位置にすることは可能ですが、見栄えが悪いです。

小さいフレームのメリットはホイールベースが短くなるのでこまわりがききます。あとは使う材料が少ないので、軽量化もいくらかは期待できます。
ただ、劇的な軽量化ではないです。あくまで優先させるのは力の入れやすい、なおかつ長時間楽に乗れるフォームを取れるフレームサイズです。
無理して小さいサイズを選んでもメリットはありません。

また、小さいフレームはハンドルを低く出来るので強い前傾を取りたい人にもオススメです。
ただ、ヨーロッパのプロみたいなハンドルが低く前傾のきついフォームを夢見るとちょっと無理があります。
ヨーロッパ人は手足が長いので、ハンドルがすごく低くても問題なく乗れてしまいます。ただ、我々日本人の場合、ハンドル落差が大きいポジションは初心者はもちろん、ベテランでも力が入りにくく逆効果になってしまう場合があります。

ただ、ロードバイクに乗っていると次第に前傾のきついフォームも取れるように筋肉がついてきます。
人によって程よい前傾の度合いというものがありますので、最初は無理はしないようにしましょう。

そういった理由から悩んだときには、大きめよりは小さめの方がロードバイク乗りには好まれやすいですね。

大きすぎるロードバイクフレームは?

大きすぎるフレームの場合、小さいすぎるフレームと逆のデメリットがあります。
つまりハンドルが遠すぎて、アップライトになりすぎます。
ステムを短いやつに変えると言っても60mmくらいが限界でしょう。マウンテンバイクのダウンヒルなどではもっと短いものもありますが、ロードバイクではそこまで短い物はありません。

さらにヒドい場合は、停車したときにトップチューブに股間がぶつかります。
これは困ります。安全に停車できません。

女性などで身長が150センチ前後の人の場合、一番小さいフレームを選んでもメーカーによってはどうしてもまだ大きすぎるという場合もあります。
小柄な女性にも乗りやすい小さいフレームを作っているメーカーもありますが、自分の好きなメーカー、欲しいメーカーには小さいラインナップがないということもあるでしょう。
乗りやすいサイズを取るか、好きなメーカーを取るか。
難しい問題ですが、あまりに無理がある場合は好きなメーカーを諦めた方が良い場合もあります。

やむを得ない事情がない限りは大きいフレームを意図的に選ぶのはデメリットが大きいです。

サイズの簡単なはかり方

基本的には初めての場合はショップでサイズをはかってもらうのが良いでしょう。
実車をまたがるか、手足の長さなどを測定してもらうか、どちらかは最低限してもらえる店が良いと思います。

一部のメーカーではカタログにサイズと目安身長の表のあるメーカーもありますが、あくまで目安です。
身長だけでサイズを決定するのはプロでも危険です。身長だけ聞いてサイズを確定してしまう店は少し怪しいと思っても良いかもしれません。
「その身長ですとだいたい○○から××くらいのサイズになるのが一般的ですね。あとは手足の長さや柔軟性、好みのフォームなどでもサイズは変わりますから、とりあえず手足の長さを測って、実車にまたがって確定しましょう」
という店であれば安心でしょう。

スポーツ用品量販店などだと、
「身長がいくつならこのサイズですね」
とカタログの身長表を開いて言われたりすることがあります。
これは危険です。

きちんとしたプロショップなら、車体を購入してくれたお客さんには、サイジングは無料でしてくれるでしょう。

ただ、初めての一台をプロショップで買う勇気がなかったり、いくらか自分でサイズを考えてみたいという人は、トップチューブの上にまたがってみて、股間とトップチューブの隙間がある程度きちんと確保できるものを選ぶというのが最低限の目安です。
ただ、それだけで決めるのも危険です。

ある程度の値段を買おうと決めている人は、きちんとしたサイジングの出来る店で購入するのが一番ですね。

まとめ「ロードバイクはフレームサイズが命」

ロードバイクのフレームのサイズについてでした。
別にレースに出ない、そこまで本気では乗らないという人でも、適正サイズも間違ったサイズも同じ値段なので、せっかくなので適正サイズのものを買う方が良いですね。
プロショップで採寸してもらうというと、何だか戸惑う人もいるかもしれません。気持ちは分かります。でも、勇気を出してプロショップで購入するのがお勧めです。
ただ、気を付けないといけないのが、昔気質のプロショップの場合、ロードバイク=レース=小さめで前傾のキツいもの、という店が今でもあります。そういうフレームは初心者の人には正直少ししんどいです。
ちょっとその辺が難しいところですが、今は時代も変わってきているので、ショップでとりあえず相談してみて、信頼できそうだと感じるところを見付けて買うというのがオススメです。

 - 自転車 サイズ, 自転車全般