豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのメーカー、マイナーだけど格好良い!をご紹介

      2016/11/25

ロードバイクのメーカー、マイナーだけど格好良い!をご紹介

「ちょっとマニアック」、その基準というかボーダーラインがいったいどのあたりからなのかは明確ではありませんが、「そういえば自転車屋さんであんまり見ない」「街でもあまり見かけない!」そこのあたりを基準にして、今回は「マニアックだけどコレいいよね!」っていうロードバイクメーカーを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

スポンサーリンク


ロードバイク、メジャーどころのメーカーは?

今回はマイナーなメーカーを紹介する、という目的がありますが、そうなると気になるのはメジャーなメーカーって何、ってことです。ちょっと挙げていきましょうか。アンカー(日本)、ビアンキ(イタリア)、ピナレロ(イタリア)、コルナゴ(イタリア)、デローザ(イタリア)、ルック(フランス)、メリダ(ドイツ)、リドレー(ベルギー)、スコット(スイス)、トレック(アメリカ)、キャノンデール(アメリカ)、ジャイアント(台湾)。まだまだありますが、ここにあげたものは生産力が高い大手メーカーだったり、歴史があったり、輝かしい戦績があったり、といったものが主なものです。イタリアのメーカーが人気あるのはやっぱりレース車両として活躍しているから、ということは充分にあります。また、需要のある価格帯に製品があることも重要です。そういったことから認知度がアップし人気は高まります。「ブランド力」というものです。これから紹介していくものに「それがない」というのは言い過ぎだと思いますが、あまり知られてないけどこんなにもいいところがある!ということをお届けしていきたいです。

ロードバイクメーカー、マイナーだけどかっこいい!①formigli

formigli(フォルミーリ)。あまり知られていないイタリアのメーカーです。家系にプロサイクリストがおり、Cino Cinelliからフレームビルダーとしての手ほどきをうけたそうです。格好いいのですが、日本版のHPが見当たらないのです。それでも欲しければもちろん通販で買うことになるのですが、ちょっとハードル高いですよね。商品を購入してからのサイクリングツアーなどもあるようです。
イタリアだなぁ、と感じられるおしゃれなカラーがとてもいいです。女性用のロードバイクもあるのですが、これまたおしゃれなのです。イタリア語がわからなくてもHPを見るとワクワクしてしまいます。是非覗いてみてください。
formigliはオーダー制のハンドメイド、伝統的なイタリアンバイクを生産する自転車メーカーです。実際の購入に至るには先ほどもお伝えした通りハードルが高いです。完全オーダーメイドということは、サイジングもカラーリングも伝えるのが難しいのです。「欲しい!」という気持ちでその困難を乗り越え購入した方は連絡を頂きたいほどです。是非見せてください。

ロードバイクメーカー、マイナーだけどかっこいい!②GUERCIOTTI

続いてはGUERCIOTTI(グエルチョッティ)。これまたイタリアのメーカーです。日本でもformigliよりは知っている人もいるはず。なかなか歴史あるメーカーです。イタリア本国ではシクロクロスのチャンピオンをサポートするなどレースにも由縁があります。さわやかなグラフィックに最先端技術を投入したフレームは存在感があります。EUREKAシリーズは人気のシリーズで、「EUREKA SHM50」はプロコンチネンタルチームに供給されている。「EUREKA SX50」は最新モデル、新世代のカーボンフレーム「ALERO」などもあります。カラーも渋めな感じから爽やか、ネオン系カラーなどあります。ネオン系カラーはいかにもレースモデル!って感じでお好みにもよりますが結構素敵!オレンジもいいし。
パーツの刻印なども含めて格好良いのです。刻印だけでなく細部にイタリアンカラーをちょい使いしていたりして。イタリアのこういった「細部のおしゃれ」、粋ですよね。
このブランドは取り扱いしている店舗もあります。興味のある方は是非生で触れて頂きたいです。

ロードバイクメーカー、マイナーだけどかっこいい!③blue

blue(ブルー)はアメリカのメーカーです。「レースに勝つ」ことを目的に作られているロードバイクは、多くのレースでタイトルを獲得しています。「レースに強い」という信念が全てのモデルに共通している、と聞いただけで、もうカラーがとかデザインがとかそういうレベルでない、メーカーに対する憧れのようなものがわいてきます!
blueのカーボンフレームは独自の製法で作られており、採用されるカーボンチューブはF1のマシンなどにも用いられる技術、ハイパクト製法というものです。これによってカーボン繊維間の密着度をアップさせ、フレームの高い剛性、軽量化の両立を実現し、あらゆるライディングスタイルにも対応、その性能を充分に発揮しています。
また、小柄な方・女性にも選びやすいように、小さいサイズも用意されています。blueを選ぶ方には女性も多い、というのはこういった理由もあるようです。
エントリーモデルももちろんあって初心者向けです。パーツを少し交換すればレースにも対応できるような、良い意味で癖のないモデル。国内でも見つけやすいと思いますので、選択肢の一つにどうでしょうか。

ロードバイクメーカー、マイナーだけどかっこいい!④cinelli

正直cinelliはマイナーではないですね。メーカーとしてはそんなにマイナーではありませんが、価格が高いので街中ではそんなに見かけないかもしれません。誰でも気軽に乗れるという感覚はないでしょう。もちろん個人の趣向にもよりますが見た目は抜群におしゃれです!パッと見は非常にスマートな印象で男女ともにウケが良さそう。
モデルによって異なりますが、どれもカラーに特徴があったり、ロゴの入り方や、細部への色使いなどが細かくおしゃれ。モノトーンですら。
しかしながら価格。少しお高めです。興味の一つとしてはすごく良いと思いますし、なによりあまり見かけないメーカーですから、個性的なバイクで差をつけたい、という方にはおすすめです。

ロードバイクメーカー、マイナーだけどかっこいい!⑤Vivelo

最後はVivelo。名前を見て、「どこの国の...」と思うでしょう。実はこれ日本!日下周一さんという方により生み出されたフレームブランドなのです。日本の職人がフルオーダーで、って聞いただけでわくわくしませんか。「フルオーダー」って響き、高いんだろうなぁと思うかもしれませんが意外とお手頃価格の様です。おおよそ20~30万円程度で自転車が組めるようです。それならば!!職人の方とこだわりの話をしながら作業を進めていく、その感覚を味わってみてはいかがでしょうか。外注をいっさい行わないスタイルなのだそうです。カラーや細かい部分までオーダーできる、まさに「世界に一つだけ」のMY自転車、MYバイク!大きな感動が待っていると思いますよ。

まとめ

ロードバイクの主要メーカーなどはたくさんの情報がありますし、専門店に行けば実際に見ることも出来ます。「個性的なものを」「人とは違うものを」と考えている方には、持っているだけでちょっと差がつく、そんなメーカーを取り上げてみました。主要メーカーの中でもマニアックなモデル、っていうのもありますよね。
ロードバイクに求める価値観は人それぞれ。マイナーだけど格好良い、そんな一台を見つけるのもまた一つの楽しみです。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般