自転車×オシャレで女子力アップ、多彩なスナップをシェア

最近流行りのインスタグラムをはじめブログやSNSでシェアされるスナップには、自転車女子ではなく、自転車をファッションアイテムとしてチョイスするオシャレ女子が増えています。
若い女性に自転車がブームといわれる中で、ファッションの一部として自転車をどのように活用しているのかちょっと興味が湧いてきませんか。
そこで今回は、ファッションにおける自転車の現状や海外のオシャレ女子の自転車ファッション事情などについてちょっとまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

MTB(マウンテンバイク)のシフトワイヤー、交換のポイント

ガソリンもかからず、家計にも優しい、近場に出かける時の交通手段として最適な自転車。その中でも、荒野...

ロードバイク初心者へのすすめ。走行記録や思い出はブログに

普段ママチャリに乗っていて、「もっと速く走りたい」と思ったことはありませんか?そんな方にはロード...

峠越え!ロードバイクでヒルクライムを楽しもう!

ロードバイクを利用していて、休日にサイクリングロードを走るのが趣味の方は、多いのではないでしょうか。...

自転車で横断歩道を渡る時は「一時停止」で正しいですか?

自転車における道交法が改正となってから、随分注意する人たちも増えてきたのではないか、と思います。と...

giantのロードバイクでお出かけ!思い出をブログに!

街乗り自転車に乗っていて、「もっと速く、軽やかに走りたいな」と思ったことはありませんか?そんな方...

電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をしている方、坂道の多い場所に住んでいる方に...

自転車がパンク!修理に時間はかかる?自分で直せる?

自転車がパンクした、その経験はどなたにもあると思います。長い間放置していたら空気が抜けていた、走って...

シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつですが、使われる自転車のことを指すことも...

ヘルメットやライトの装着義務は?ロードバイク乗りの注意点

街中や山道で多く見かけるようになったロードバイクですが、そのスピードには驚かされます。下り道では...

自転車日本一周のコースについて考えてみる

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。自転車で日本一周するときってどういうコースで行くものな...

giantの自転車。その自転車と評判についてまとめてみた

数ある自転車メーカーの中でも、比較的、安価なgiant社製のクロスバイク・ロードバイク。手が出し...

タイヤやチェーンのメンテナンスや取り付け方をご紹介

みなさんは、自分のお気に入りの自転車を持っていますか?お気に入りの自転車があるのであれば、た...

ジャイアントのイディオムシリーズの評判はどうなの?

自転車をしている多くの人から人気のジャイアント。ジャイアントはクロスバイクが有名ですが、他のタイプの...

水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して、スイムトレーニングするにあたってのヒン...

カーボンに近い乗り味とはいかに?アンカー「RL6 EX」を検証

今回はアンカーのロングライド向きシリーズ「RL」のアルミフレーム車、「RL6」を特集します。...

スポンサーリンク

以前は、自転車女子といえば女子中高生でしたが…

自転車女子が注目される以前から、六本木や麻布、青山といったトレンドに敏感な街では、可愛いミニベロやスポーティなクロスバイクに乗るオシャレな女性たちがいることはいました。多くはアパレル関係やモデルなど、ファッション業界に関連する高感度女子で、外人の女性などが街角で気軽にスポーツバイクに乗る姿を見て、いち早くそのファッション性に気づいた人たちです。
しかしそれ以外は、ちょっと前まで自転車に乗って楽しく街の中を走る女子といえば、ママチャリのオバチャンを除き、郊外や地方の街で制服を着て通学をする女子中高生がメインでした。彼女たちの自転車の多くは実用的なママチャリもしくはシティサイクルと呼ばれるものがメインで、学校での制限などもありスポーツバイクや小径や折り畳み式のミニベロなどのファッションバイクにはあまり乗っていませんでした。
ところが最近では、地方の田舎街でもカジュアルなデニムのパンツ姿などでスポーツバイクに乗る女性の姿を結構見かけるようになりました。彼女たちは、自転車女子というよりも自分のファッションスタイルに合わせて自転車をチョイスしている雰囲気で、自転車に対する女性のイメージが確実に変わってきていると感じさせます。

自転車×オシャレ、多彩なスナップをシェアする女子が急増

ブログをフェイスブックなどのSNSでシェアすることはもちろん、ツイッターやインスタグラムなど最近は様々なメディアでお気に入りのスナップやレポート写真をシェアする女性が当たり前になってきています。そうした中で、カジュアルなファッションに合わせたオシャレなミニベロやスポーツバイクのコーデを披露する女性が近頃目立って増えてきています。
人気アニメ「弱虫ペダル」の影響で女性の間で自転車に対する注目度が上がってきていることはもちろんですが、最近ではオシャレなミニベロや折り畳み式の自転車など、ファッションアイテムとしてチョイスできる自転車が増えたことも大きく影響しているかと思われます。
また、それに伴いファッション雑誌でも自転車とコラボした記事やシリーズ連載なども登場し、トレンドに拍車をかける要因になっています。
以前は、自転車関連のスナップで女性が登場するものといえば、自転車女子の方が自分の自転車やファッション、イベントのレポートなどを紹介する写真をブログやSNSにアップすることが殆んどでしたが、その傾向はかなり変化しています。

自転車×ファッションのスナップを紹介するブログやサイトも

自転車をファッションに合わせてコーデするオシャレ女子のスナップをまとめたブログやサイトもいろいろ登場しています。
登場している彼女たちは、サイクルウェアの自転車女子ではなく、デニムのパンツやショートパンツ、キュロット、中にはフレアスカートなど、様々なカジュアルウエアを着こなし街角でポーズを決めるオシャレ女子が殆んどです。そして彼女たちがチョイスした自転車は、ビビッドな色使いのミニベロや折り畳み式のファッションサイクルはもちろんですが、意外に多いのがスポーツバイク。BMXやピストなど小柄な女性にも合わせやすい自転車だけでなく、クロスバイクやマウンテンバイク、さらにはドロップハンドルのロードバイクをチョイスする人もかなりいます。
こうしたスナップの中で、キュートなイメージのファッションバイクより、カジュアルなファッションと組み合わせて意外にインパクトがあるのがロードバイクです。ロードバイクはビビッドなカラーリングのものもたくさんありますが、意外に合わせているものはシンプルなものだったりします。ですが、オシャレな女性とロードバイクのギャップが逆に印象的でクールなイメージを醸し出しています。
トレンドに敏感な女性たちの間では、こうしたスナップが参考になっているのではないでしょうか。

海外のオシャレ女子の自転車スナップを集めたサイトも参考に

自転車に乗るオシャレな女性たちのスナップを集めたブログには、海外の女性のものばかりを集めたものもあります。
それらを見ると、さすがに自転車先進国の多いヨーロッパで暮らす彼女たちは、日常のライフスタイルの一部に自転車がある落ち着いた雰囲気のスナップが多いのが特徴です。オシャレという共通の言葉で括っても、ファッションスナップとして撮影している日本の女性たちのものとは一線を画すイメージです。その彼女たちのスナップはデニムのパンツの着こなしが多く、いかにも普段使いのさりげないイメージで、漂う自然さが違うといった印象を与えます。
日本の街角でもこのくらいスマートにスポーツバイクを乗りこなすような女性がたくさん増えてくれるといいなと思わせるスナップがたくさんあるので、日本の自転車女子も参考にしてもらえるといいですね。

自転車メーカーも女子専用ブログなど新たな取り組みを積極的に

こうした女子の自転車人気にともない、自転車メーカーも女性用モデルの発売などに留まらず、女性のための様々な企画を打ち出しています。
中でもジャイアントは女性にスポーツバイクが注目され始めた当初から、いち早く女性専用ブラントLivを立ち上げ、2012年の3月には女性のためのサイクルショップリブ/ジャイアント 大阪をオープン。Webサイト内にもリブストア大阪の専用ページをつくり情報を発信しています。
また、ネット通販で多彩なスポーツバイクをリーズナブルなプライスで多数販売しているドッペルギャンガーでは、女性のためのオフィシャルブログ「ガールズ ドッペルギャンガー」を独立したサイトとして立ち上げています。ここでは、女性のための自転車に関する知識やニュース、周辺アイテムの紹介など様々な情報を発信しています。
メーカーもこのような様々な取り組みを行うことで、よりいっそう注目度が上がることが期待されます。

まとめ、自転車×○○、トレンドを生み出すさらなる市場に期待

最近流行りのインスタグラムをはじめブログやSNSでシェアされるスナップには、これまでの自転車中心の市場構成の考え方ではなく、様々な市場やトレンドに自転車を取り込んでいくといった発想の転換が見られるように思います。これからもファッションをはじめ、様々なトレンドと自転車がコラボレーションするようになれば、その市場の成長には今後も多くの期待が寄せられます。
これまでの女性ローダーをはじめとするホビーライダー中心の自転車女子的な考え方では、いつかはブームに陰りが見えてくるといったイメージが拭えませんでした。
しかし、時代とともに自転車の捉えられ方や位置づけは、その時々でこれからも変化していきます。そうした変化に対応し、新たなトレンドを創造して行ける柔軟性があれば、これからも自転車は魅力的なアイテムとして取り上げられていくことと思います。