豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車の泥除け、取り付け/取り外しワンタッチ型の評判は?

      2016/11/25

自転車の泥除け、取り付け/取り外しワンタッチ型の評判は?

自転車の泥除け、ママチャリやシティサイクルは当たり前ですが、スポーツバイクでは付けていない人が多いですよね。
できれば付けないほうがカッコイイのは当然ですが、通勤・通学で使っている人は雨が降ると泥水が跳ね上がって大変なことになります。
そこで便利なのが、雨の日だけワンタッチで取り付け/取り外しができる泥除けの登場ですが、実際に使っている人の評価はどうなんでしょう?ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


自転車の泥除け、スポーツバイクで付けるのはカッコワルイ?

そうですね。ものは考えようというところでしょう。本来はロードバイクでもマウンテンバイクでも、レースに出るなら付けないのは当たり前です。人より速く走ろうと思ったら余分なものは付けないのは当然ですからね。泥除けを取り付ければ、わずかでも重くなるし、空力抵抗だって生まれます。そして本気でレースをする時は、ウェアや顔に泥水がいくらかかろうが、そんなものは誰だっておかまいなしでしょう。
自転車という大きなカテゴリーではなく、スポーツバイクとしての位置付けで考えるなら泥除けは取り外したスタイルが普通です。付いていれば邪道でカッコワルイというより、付ける意味がないといった方が良いかも知れません。
しかし、スポーツバイクといっても本気で競うつもりがなければ話は別です。より快適である方が良いと考えれば泥除けを付けるのも良いのではないでしょうか。単なるこだわりの問題で、通勤・通学やタウンライドはもちろん、ロングライドの時も雨なら付けていた方が便利です。合理性という観点から見ても意味があります。
カッコワルイかどうかも見方の問題。自転車のスタイルを気にしてカッコワルイと思う人もいれば、前輪・後輪で撥ね上げた泥水を頭からかぶり、洋服やウェアまで泥だらけの方がカッコワルイと思うかは人それぞれです。
まぁ、どっちもカッコワルイから、雨の日は乗らないという人も多いようですが…。

自転車の泥除け、簡単に付けたり取り外しできる製品はあるの?

「雨の日は泥除けがないと困るけど、スポーツバイクだから天気の良い日は取り外しておきたい。自転車の泥除けで簡単に取り付けたり取り外したりできる製品があればいいな」
こんな風に考える人、たくさんいるんじゃないかと思います。なので、そういう製品は様々なメーカーから形や色などデザインも多彩なものが出ています。ロードバイク用、クロスバイク用、マウンテンバイク用など、いろいろな商品が揃っています。
取り付け方もあらかじめアタッチメントを取り付けておいて、雨が降ってきたら本当にワンタッチで装着できるものから、6角レンチ1本あればものの何十秒かで装着できるものなど多種多様。お好みに合わせてお気に入りのものが選べます。
お値段もリーズナブルな価格のものから素材や形状、アジャストメント機能などこだわりの製品でちょっとお高いものまで、サイクルショップではもちろん、楽天さんやAmazonさんなどネット通販でも手軽に手に入ります。

自転車の泥除け、取り付け/取り外しワンタッチ型の構造は?

自転車の泥除けは、ママチャリやシティサイクルではブレーキ取り付けボルトやフレームと前後のホイールを取り付けるリアエンド、フロントエンドにボルトでしっかり止められています。
しかし、それでは簡単には取り付け/取り外しはできません。そこでワンタッチ式の場合、リアはシートポストに、フロントはブレーキ取り付けボルトに予めアタッチメントを取り付けることで、簡単にフェンダー(泥除け)の着脱ができるようにしているものが多いようです。
この他にも、シートステーやブレーキ取り付けボルトなどを利用してリアフェンダーを固定するものや、フロントフォークを利用してフロントのフェンダーを固定するものなど様々な形式があり、いずれもワンタッチもしくは簡単な取り付け/取り外し作業で着脱ができるように工夫されています。
種類も、ロードバイクやクロスバイク用のものはもちろん、マウンテンバイク用のものなど車種に合わせて選ぶことができます。また、ホイールのサイズやカバーする範囲に合わせて長さが選択できるもの、可変式で長さの調節が可能なものなど、メーカーにより多彩な製品があります。
さらに、リアフェンダー(泥除け)では、より簡単な取り付け/取り外しが可能なタイプで、サドルの裏側に差し込むだけのシンプルなタイプもあります。

自転車の泥除け、取り付け/取り外しワンタッチ型の評判は?

通常のママチャリなどの泥除けのようにしっかりとボルトやネジで3点止めなどをしているのと違い、ワンタッチや簡易着脱方式の泥除けは走行中にズレたり、ヨレたりするなどフェンダー部分の固定という面では注意をしなければいけないようです。気を付けないとタイヤを傷つける原因になるので注意を喚起する意見が通販サイトのレビューなどには数多く見受けられます。
また、通常の自転車の泥除けのようにタイヤに沿って確実にカバーするのとは違い、フェンダーがホイールから離れていたり小さかったりする場合、十分な効果を発揮できないこともあるようです。購入の際は、取り付け位置やサイズなど確認することが大事でしょう。
また、車種やモデルによってタイヤとのクリアランスやフレームの構造上の問題で上手く取り付けられないものも多くあるようです。購入の際、自分の自転車に合っているのかしっかりと確認せずに失敗したという例も少なからずあるので注意をしてください。
デザインやカラーバリエーションなどについては、様々なメーカーで多彩な製品を販売しているので満足という意見が大半です。

自転車の泥除け、ワンタッチ型&簡易型のおすすめは?

ここでは、おすすめとしてネット通販サイト等で売れ筋商品の上位にランキングされているものをいくつかピックアップしてみました。通販サイトでは、各商品について様々なレビューが出ていますので、皆さんが乗っている自転車の泥除けとして取り付けが可能なのかご購入の目安になるかと思います。
ただし、前の項目でもお話ししたように車種やモデルによって適合しないものが多数あるようです。
日頃からご利用しているお近くのサイクルショップでご検討いただくのが最も確実でしょう。

[ロードバイク・クロスバイク用]
●J-Vesta(ジェイベスタ) デザインマッドガード ロードレーサー前後セット
●Zefal(ゼファール) リアフェンダー 2470 SWAN-R
●FLINGER(フリンガー)  フェンダー前後セット フォークコラム固定タイプ SW-PS1FR
●DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) マッドガードセットDMS-107BK/WH

[マウンテンバイク用]
●CoolChange(クールチェンジ) マッドガード泥除け 前後セット ロング
●PeachCraft(ピーチクラフト) マッドガード前後セット 簡単取り付けカラフル全3色(クロスバイクにも対応)
●Zefal(ゼファール)  前後フェンダーセット MTB 26インチ/27.5インチ用ブラック DEFLECTOR M60

まとめ、ワンタッチ型&簡易型の泥除けを選ぶ時はよく確認を

自転車の泥除け、スポーツバイクのフェンダーを選ぶ際はメーカーで出している純正品もいろいろあります。できれば純正品を取り付けることをおすすめします。メーカーによっては簡易型タイプのものも出ています。まずは、確認してみましょう。
泥除けは付けたくないというディテールにこだわる人に、取り付け/取り外しがワンタッチでできるものは便利ですが、車種やモデルによって適合しない場合が往々にしてあります。また、純正品と違ってその効果も期待通りにいくとは限りません。高額な商品ではありませんが、購入の際はよく確認するようにしましょう。

 - 自転車全般, 評価 インプレ