GIANT(ジャイアント)の自転車は安い?その性能に迫る!

「GIANT(ジャイアント)の自転車は安い」というイメージが広く伝わっていると思います。他メーカーに比べると安価で手に入れやすいことは確かです。ただ価格が安い、という見方ではなくその性能に対して見合う金額なのか、ということも考えなければいけませんよね。GIANTの特徴や性能を見ながら、そのコストパフォーマンスを探ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車部品大手メーカー・kmcのチェーン交換方法をご紹介!

kmc(ケイエムシー)は、1977年に台湾で誕生した大手チェーンメーカーです。シマノもOEM...

自転車のフレームは塗装をやり直せば美しくよみがえるもの!

自転車に長く乗っているとさすがに様々な箇所が劣化してきますが、フレームの塗装が剥げてきたり、...

自転車で一時停止しないと違反?意外と知らない交通ルール

自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されています。さすがに車と同じ扱いとまではいきませんが...

自転車盗難!マンションでも盗まれる!

自転車が盗難されることがあります。場所は様々な場所で起きていて、頻繁に盗難被害が出ています。マンシ...

自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれません。ともすれば、半永久的に使える...

自転車にマット塗料って?艶を消すことで耐久性も変化する?

マット塗料というものをご存じですか?マット塗料を使って塗装すると、自転車の艶を消すことができます...

自転車タイヤはメンテや乗り方次第では簡単にパンクしない!

自転車に乗っているとトラブルに見舞われることもありますが、その代表格がタイヤのパンクではない...

自転車を購入する~安いのはやっぱりホームセンター!?~

自転車の購入を考えたとき、安い自転車を購入したいと考えるとホームセンターの自転車も候補にあがります。...

自転車のギアチェンジの方法や注意点を教えて!

変速機のある自転車に乗っている方、正しくギアチェンジができていますか?ママチャリのような6段...

自転車のパーツの名前分かりますか?フレームって何?

自転車のパーツには様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前があります。フレームとひと口に言っ...

クロスバイクのサドルの盗難?!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。近年、クロスバイクの盗難が多いですね。最近、聞...

大切な自転車、保管はどうしてる?自宅の中に入れてますか?

お気に入りの自転車を買って、お金をかけてカスタマイズして。もちろん盗難にあわないように保管も気にし...

大学生で自転車デビュー!ママチャリ以外でおすすめなもの!

はれて大学生となれたあなた。高校生の間は、ママチャリで通学してたから、大学では他の自転車に乗って...

自転車の荷物を固定するゴムって!?便利な使い方

自転車の荷台使っていますか??自転車の荷台を有効活用してみましょう。荷台はその名の通り荷物を積む...

ロードバイクのbbをメンテナンスで異音を解消!

ロードバイクを乗ってくるとパーツの磨耗は必ず起こります。パーツは、沢山あり、チェーンやbb、タイ...

スポンサーリンク

GIANT(ジャイアント)はどんなメーカー?

まずはジャイアントってどんな会社?ってことでそれについても少々紹介。
正式名称「ジャイアント・マニュファクチャリング」(英語名:Giant Manufacturing、台湾語名:捷安特)。台湾の会社なんですね。では、その沿革について軽く紹介します。
ジャイアント(Giant)というブランドは劉金標が、1972年に台湾で設立したブランドです。最初は自転車の会社ではなく、うなぎの養殖を生業していたようです。しかし、1971年の自然災害で壊滅的被害に遭ってしまったことにより、自転車メーカー設立のきっかけとなっということらしいです。
設立当初はOEM生産しか行っておらず、経営苦が続いたようだったのですが、アメリカの大手メーカー、シュインバイシクルカンパニーの下請けに参入したことがきっかけとなり、その後自転車製造業者として大きく躍進し、技術力に関しても確実に進歩していくこととなりました。
1980年には台湾における自転車製造メーカーとしてトップとなり、欧米にも進出。現在ではなんと自転車の出荷量世界一の超巨大自転車製造メーカーへと成長しています。

GIANT(ジャイアント)が初心者にもすすめられる理由

ジャイアント製のバイクの評判として多いのは、良い意味でも悪い意味でも“オーソドックス”という声ですね。大手のブランドであり、初心者の方にオススメしやすいブランドと言えます。
初心者の方が気になるコストパフォーマンスに対して返答として、オススメの候補の筆頭として挙げられるのが、このジャイアントバイクでしょう。
その反面としては、初心者の方にとって失敗の少ないブランドであるのですが、ある程度自転車のことが分かってきた方にとっては退屈だと思われがちなところもあるのも事実です。
性能面は当然問題のないブランドと自信をもってススメられますが、比較的コストの安いモデルを発売していることから、安物のイメージがあったり、こだわりがないと思われることもあるかもしれません。しかし他人の意見よりも自分の意思が大切だと思います。
ジャイアントのバイクはコストパフォーマンスが高いことでも有名です。世界最大の自転車メーカーである強みを最大限生かした生産体制は、その量産効果によって仕入れコストや製造原価を下げ、安く製造することを可能にしています。
その安心感が初心者の方にとってオススメできる理由ですね。

GIANT(ジャイアント)の自転車は本当に安い?~クロスバイク~

価格と性能の兼ね合いで本当のコストパフォーマンスがはっきりしてくると思います。
なのでここではジャイアントのクロスバイクの中で人気の「エスケープAIR」について少々説明致します。
まず、ロードバイク近い漕ぎ心地を得られるという点。
ふつうクロスバイクは変速ギアが前3段×後8段の24段変速が主流なのですが、これがジャイアント「エスケープAIR」の2016年モデルでは前2×後9の18段変速で、ロードバイクと同じ仕様になってます。なので漕いでる時の感じと言うか変速の仕方がロードバイク感覚なのでそれに近い漕ぎ心地を得られるということなんですね。初心者の方は単純に24段変速の方がすごいような気がするのですが、変速が多すぎても使いこなせなすのは難しいものです。結局、変速に関してはフロントギアは真ん中で固定、リアギアの後ろを2~3枚の幅で変速する人が多いのです。その点、「エスケープAIR」はフラットバーロード感覚で乗れるのでその点ロードバイクを買うよりも安く抑えられるんじゃないでしょうか。

GIANT(ジャイアント)の自転車は本当に安い?~ロードバイク~

ジャイアントのロードバイクに関して。コストパフォーマンスは本当に素晴らしく、今すぐロードバイクレースに出れるようなスペックの完成車が10万円程度で手に入るのは他にはないと思います。価格と性能の兼ね合いを重視するのであればジャイアントの10万円程度のロードバイク完成車を買えば間違いないことでしょう。
ただ、ちょっと気になるのはその「ブランド力」かぁというところはあります。
ロードバイクが好きな人の中にはヨーロッパブランド(特にイタリア)ブランドが崇拝している人もいて、ジャイアントはちょっと…という人がいるのは事実なんです。
車で例えると、ジャイアントは「燃費も良くて大人5人乗せることができるアクア」のような感覚なのかもしれません。移動することだけを考えたらコストパフォーマンスが最高なのは間違いありませんが、面白みや人に自慢できるようなものが少々弱めな感じがあるかもしれませんね。
しかしそんなイメージを無視できるほどコストパフォーマンスに優れ、品質の良いロードバイクメーカーはジャイアントしかないと思います。

GIANT(ジャイアント)の自転車は性能から見ても安いか?

確かにGIANTは格安モデルが主流で、どちらかと言えば、クロスバイクやロードバイクの初心者が初めての愛車として購入するパターンが多いです。そして慣れてきたら、ステップアップする際に他ブランドへ移行する人も多いことでしょう。
そうは言ってもジャイアントもハイエンドモデルは他社に負けない、それ以上の性能のしっかりしたラインナップ揃えております。また、ツール・ド・フランスなどの大レースでも勝利するなどの実績も十分あげてますので、その性能の高さも信頼できますね。
そんな素晴らしいジャイアントを低く評価するような人は、おそらく上記のような事実は知らないでしょうし、安いというイメージが先行してその印象だけで語っているのでしょう。
自転車に好きになればなるほど、自分の愛車への愛情、こだわりやメーカーへの執着は増していき、他人がどのブランドのバイクに乗っていようがそんなことはどうでもよくなるものですから、ジャイアントというだけで低評価を下すような人の意見・感想などは、気にする必要は全くないように思います。

まとめ、GIANT(ジャイアント)のおすすめモデル

ジャイアントはクロスバイクの方がどちらかといえば有名ですがここではロードバイクについて紹介します。
・TCR2(2015モデルでは、TCR1も含む)
2013年のハイパー円高の時代は10万円程度で購入できましたが、アベノミクスで値上がりしてしまい当時よりも少々値上がりしています。13万円程度で比較的初心者にも買いやすいオススメのロードバイクです。10速でSTIがついて、重さも9.1㎏~9.2㎏となっており軽量モデルで超お買い得であると言えるでしょう。
TCRの特徴はというと、チェーンステイを可能な限りまで詰めてショートホイールベースに仕上げていることです。その為、その旋回性の良さと加速感(蹴り出し感)を実感できます。またヘッドチューブも短めになっており、ハンドルを低くセッティングすることで軽快なハンドリングとショートホイールベースからくる加速感を堪能できるロードバイクです。レース用に最適な車種です。

・DEFY2
こちらもTCR2と同価格帯のロードバイクです。
DEFYはさきほど紹介のTCRと逆でチェーンステイ長めに設計しており、ホイールベースを長くしてあります。その為、軽快さ重視というよりも直進走行の安定性を重視しており、乗り心地が抜群です。ヘッドチューブも長めの設計でより上体を起こしたポジションでの走行がしやすく、ロングライドに最適なモデルに仕上がっています。

ブランドイメージも大切ですが、自分に合った一台が見つかるといいですね。