豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクブームでも、なぜ身長が低い女性用は少ないの?

      2017/04/25

ロードバイクブームでも、なぜ身長が低い女性用は少ないの?

スポーツバイクの流行とともに女性にもロードバイクが注目され、近年では人気アニメの影響で、そのブームはさらに盛り上がりを見せています。
そんな中で、新たにローダーを目指す女性の間からこんな声が多く上がっています。

「最近、若い女の子にもロードバイクはブームなのに、どうして身長が低い女性用のモデルって、こんなに少ないの?」
なぜなんでしょう?
そこには何か理由があるのでしょうか?

というわけで、ロードバイクに身長の低い女性用モデルが少ない理由を、ちょっと探ってみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

スポンサーリンク


ロードバイクに身長の低い女性用モデルが少ない理由①

ロードバイクがブームになって、女性ローダーが増えても、女性用のモデルが思ったほど増えない。
ましてや、身長の低い小柄な人には、なかなか適応サイズのロードバイクが見つからない。

流行っているのだから、もっと増えてもいいのになぜだろう?
別に女性専用モデルじゃなくたって、フレームサイズが小さいのは、なぜ作らないのだろう?

その疑問、よく解ります。
売れるのだから、市場の原理として、たくさん出てきてもいいように思いますよね。

しかし、残念ながらロードバイクの市場に占める女性ローダーの絶対数は男性に比べ、まだまだ少ないといえます。
さらに、この市場規模に関する要因の他にも、女性モデルが少ない幾つかの理由があります。

そのひとつが、現在のロードバイクで主流となっている700Cというホイールの問題。
このホイールのサイズは、180㎝以上ある男性の外国人選手でも、ほとんど同じです。

これより、大きくても小さくても効率が悪いようで、ホイールのサイズとしては、これが世界標準となっています。

問題というのは、このホイールに載せられるフレームは汎用性を考えてデザインすると、最小サイズが基本的に適応身長160㎝前後になってしまうことにあります。

その理由は、単純にフレーム各部の寸法を同率で縮小すると、フレームにホイールが干渉してしまうためです。
そのため、同じデザインのままで作ろうとしても、残念ながら身長の低い女性用までは対応できません。

ロードバイクに身長の低い女性用モデルが少ない理由②

身長の低い女性用のロードバイクが少ない幾つかの理由として、次に挙げるとすれば、設計基準が外国人サイズということも大きな理由です。

日本でもスポーツバイクがブームとはいえ、ロードレースが盛んで国民的なスポーツとなってる国といえば、フランスやイタリア、ベルギーなど、やはりヨーロッパの国々。
そして、スポーツバイクの世界的なメーカーも、米国やヨーロッパがほとんどです。

必然的に設計の基準となるのは、小柄な日本の女性よりも身長が高く、手足も長い欧米の女性となります。
そのため、新たに女性用モデルが増えても、身長150㎝前後の小柄な日本人女性に対応したモデルは限られてしまうのです。

また、日本の女性と欧米の女性では、体型が違うことも適応サイズが少ない理由でもあります。

例えば、メーカーがカタログやWebサイトに掲載している適応身長が155㎝とあっても、日本の女性ではハンドルが遠すぎて、手が届かないといったことも往々にしてあります。
最近は日本女性も身長が伸び、スタイルが良くなったといっても、まだまだ欧米の女性は敵いません。

日本にも大小さまざまなメーカーがあり、身長が低い日本の女性に合わせたモデルがありますが、当然のことながら、それだけでは多くの女性たちの欲求を満たすことはできません。
洋服や靴などファッションと同様、様々なデザインやカラーの中から選びたいというのが、乙女心というものでしょう。

ロードバイクに身長の低い女性用モデルが少ない理由③

ロードバイクが欲しいと思っても、背の低い女性に合ったサイズがないという理由はまだあります。
それは、国内に入ってくる輸入台数の問題ということも、また少ない理由のひとつです。

最初の項目でも書きましたが、身長が低い女性ローダーというのがロードバイク人口に占める割合として、どの程度いるのかということです。
いかにブームとはいえ、男性に比べて女性のローダーの数は、まだまだ少ないというのは否めません。

絶対的な女性需要が少なければ、それに比例して生産台数も少なくならざるを得ません。
そして、背の低い女性は日本の女性の方々に限らず、外国の女性でもいます。

そうした方々と少ないパイを分けると、当然のことながら、海外で生産されたものが日本へ輸入される台数が少なくなるのは当然です。

例えば、カタログに掲載されていても、「在庫はありません。次はいつ入ってくるのかは不明です」とか「今年のモデルは完売です。今後の入荷予定はありません」といったことも結構あるようです。

メーカーとしては潜在的な需要をある程度計算しても、必要以上の在庫を持つリスクは避けるというのが当然でしょう。
これまでの実績や販売台数から、身長の低い女性にも対応したロードバイクの輸入台数は、結果として限られたものにならざるを得ません。

ロードバイクに身長の低い女性用モデルが少ない理由④

ロードバイクが身長の低い女性用モデルが少ない理由には、設計上の問題もいろいろあります。

700Cのホイール問題のところでも少し触れましたが、男性用モデルのフレームを小さくすれば女性用のモデルになるかといえば、フレームとホイールが干渉するのでならないと話しましたが、設計上の問題はそれだけではありません。

例えば、フレームだけでなくホイールも小さくすれば問題は解決するかといえば、そうではないのです。

ホイールは650Cという、ひと回り小さなサイズがあるのですが、この他にもクランクやスプロケット、ディレーラーといったコンポーネントをはじめ、ハンドル、ブレーキ、チェーンなどロードバイクを構成するパーツはたくさんあります。

それらのパーツによっても、全体のバランスが変わるので、フレームとタイヤだけ小さくすれば良いというわけにはいきません。

また、体形や骨格など女性用モデルには、女性特有の要素を加味してデザインしなければならず、男性用のモデルをベースにした女性用モデルであっても、様々な部分でデザインが異なる専用設計がなされています。

こうした手間暇を、絶対数が少ない女性用に多くつぎ込むということは、コストの面で釣り合いません。
ということで、設計上の問題からも必然的に、身長の低い女性にも対応したモデルの設計は限られてくるということになります。

このように、日本の女性に合ったロードバイクが少ないのには様々な要因があり、ブームだからといって新しいモデルがどんどん登場するというのは、なかなか難しいのが現状です。
それでも以前に比べれば、女性ローダーが増えた分だけ、着実に適合サイズは多くなっています。
そして、選べるモデルも増えているので、身長の低い女性も諦めずに今後の発展に期待しましょう。

まとめ。身長の低い女性は最新モデルを早い者勝ちで

ロードバイクに身長の低い女性用のモデルが少ない理由について、皆さんお解りいただけましたか。
では、適合するモデルが少ないと、どうなるのでしょうか。

少なければ、当然、みんなで奪い合いになります。

デザインの人気が高いモデル。
コストパフォーマンスに優れているモデル。
入門者にお手頃のリーズナブルなモデルなどなど。

誰かがいいなと思うものは、他の誰かもいいと思うものです。
良いものは先にどんどんなくなります。
早い者勝ちというわけですね。

そこで、早い者勝ちの競争に勝つためには、どうすれば良いのでしょう?

方法はひとつ、常にお気に入りのモデルの最新情報をチェックするようにしましょう。
例えば、今欲しいモデルがあっても手に入らない場合、もともと数が少ないので次に入荷する予定はないということが往々にしてあります。
そうなれば、ないものを一生懸命に探すより、そのモデルの最新版が出た時を狙った方が、手に入る確率はずっと高いといえるでしょう。

同じシリーズのモデルなら、基本的なスペックやデザインなどは同じで、カラーバリエーションが少し違うだけというような場合も結構あります。
というわけで、お気に入りモデルを手に入れたいなら早い者勝ち、常に最新情報をチェックせよというわけです。

 - ロードバイク 女性, 自転車 購入