豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

FELT(フェルト)のロードバイク、その特徴と評判は?

      2016/11/25

FELT(フェルト)のロードバイク、その特徴と評判は?

ロードバイク初心者の方も選択肢のひとつとしてFELTというメーカー名が挙がるかもしれません。フレーム部分が直線的な形をしており、しなやかで疲れにくい乗り心地が特徴です。エントリーモデルからハイエンドモデルまで揃っていますし、FELTに興味出てきたぞ、という方に向けてその特徴や評判についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

pwk0001640-1.jpg
自転車の時速って?ママチャリと他の自転車を比較しましょう

自動車を運転するときは制限速度がありますし、スピードメーター...

スポンサーリンク


FELT(フェルト)はどんなメーカー?評判は?

フェルト(FELT)は、1980年代から研究開発を重ねてきたロードバイクの中堅的レーシングブランドです。イーストンのパイプ設計者でもあったジム・フェルト氏が創業。自身もトライアスロンアスリートであるという経験を活かし、エアロダイナミクスに優れたバイクを多くラインナップしており、現在のトップレースに見られるエアロロードバイクブームに先鞭をつけたブランドですね。
創設者のジム・フェルト氏は、最初の製作フレームでシクロクロスとトライアスロンの世界チャンピオンを生み出すという成果を生み出しました。またロード以外にも、トライアスロンやMTBでも歴史的な成果を上げるなど、フェルトの強さには世界中が認めるものとなっています。
近年ではGARMINチームへのバイク供給を皮切りに、トップチームへの機材供給を行っています。3大グランツールのブエルタ・ア・エスパーニャ、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアといった世界最高峰レースを闘うチームへのサポートするトップブランドへと成長しました。
設計面ではアルミ素材フレームに定評のフェルトですが、2006年からはにカーボン素材フレームを全面に押し出すラインナップの展開を始めました。完成車で20万をきる価格で業界を驚かせたモデル「F5C」まで、いずれもモノコック構造の洗練されたカーボンバイクを開発しております。常に最先端の科学を積極的に自転車に取り入れ、進化する自転車ブランドと言えるでしょう。

FELT(フェルト)のロードバイク、その特徴と評判

FELT(フェルト)は低価格ラインナップで様々なスポーツ自転車を世に送りだしてきたメーカーです。具体的にロードバイクのモデルをとりあげながらその性能に迫りたいのですが、ロードバイクの前にシクロクロスを紹介します。シクロクロスとはロードバイクの機動性を生かしながら神経質な面を削ぎ落とした使いやすいモデルです。とはいえクロスバイクとも一線を画しています。ロードとクロスの間に位置するようなバイクです。
FELT(フェルト)のF65Xは機動性の高いディスクブレーキを採用し、MTBと間違われそうな太いタイヤが特徴的です。シクロクロスのコースはめまぐるしく変化し、乗る者に高いスキルとバイクに究極の耐久性を求めます。泥、砂、雪でも安定した操作性、ヒルクライムや障害物を担いで超える時の軽さ、どんなに泥まみれになっても新品のようなシフティング、完璧な制動力とコーナー直後の圧倒的な加速性を実現している素晴らしいモデルです。何度もトライ&エラーを繰り返し、最新のロードフレームであるFシリーズとシクロクロスの理想を融合させたカーボンフレームを完成させています。理想の強度とねじれ剛性、どんな状況でも走破できる設計ながら、軽量化も果たしたカーボンフレームは見事です。
FXシリーズはカーボン・アルミのフレーム素材にかかわらず、厳しい要求を満たすモデルです。
ではFELTのロードバイク3つのシリーズを紹介していきましょう。

FELT(フェルト)のロードバイク、Fシリーズ

FシリーズはFELTの中でも一番メインのシリーズと言えるシリーズです。その特徴は高品質な素材と薄いチューブが全く違う質感を生み、フレーム全体で運動性能を発揮させるモデルです。中トルクまではたわみを感じにくいですが、大パワーで踏むと反応の遅れを感じてしまうかも。なので回転重視で走るモデルでもありますね。よってヒルクライムもハイケイデンスでのスタイルが得意です。フォークブレードがややたわみやすい感がありますが、しっかりとバランスは取られていて不安感はないと思います。バランスが良くスローピングも少ないのも手伝ってタイトコーナーやハイスピードコーナーも自然なフィーリングで、乗り心地は良いレベルです。ホビーレーサーにオススメできるモデルですプロレベルでは絶対剛性が足りないですが、それもシチュエーション次第でしょう。その圧倒的な重量の軽さをダイレクトに感じることができるバイクです。さらにスタビリティも高く、路面を的確に捉ることできるでしょう。

FELT(フェルト)のロードバイク、Zシリーズ

Zシリーズは本格派というよりは初心者から中級者をメインターゲットにしたシリーズだと思います。
その車重はそれほど軽くないですが、思いのままに走れるバイクです。スローピングがやや大きく重心は低めです。軽量で高剛性という設計ではなく、あくまでも自然にライダーに馴染んでくるモデル。さらにパワフルに踏んでもたわみが少なく、フレーム剛性でしっかりと踏力を反映して加速してき、フレーム本来の出来が良い素晴らしいと思います。コーナーでも落ち着きもあり、鋭くかつ自然に走れることでしょう。コンフォート性能がやや苦手かもしれませんがに乗り慣れてしまえば問題ないレベルです。上りも軽く踏むだけで良く進むし、下りもハンドリングが自然なので飛ばせます。ホビーからプロレベルまで幅広く使えるモデルです。フレーム自体の素性も優れ、踏み込んだときの不要なねじれも無く、重心バランスも適正で走りやすいです。中速域から良く伸びる加速感ですが、ホイールのランクを上げればもっと加速域は広がるはずです。フロント周りの軽さを感じ、ステアリングは軽めです。特に走りのキレにシフトしたようなバイクで、乗って爽快。ホイール変えればもっと軽快感を得られるでしょう。

FELT(フェルト)のロードバイク、ARシリーズ

ARシリーズはその名の通りエアロ重視のモデルです。その形状は徹底したエアロ形状を採用し、またヘッド角はロード用になっていてハンドリングはとてもスムースで乗りやすいです。しかも高弾性力―ボン素材を使用しているため、反応も良好です。一瞬の「溜め」により、リアが遅れて追ってきますが、弾むように反応し快感です。慣れるまで違和感があるかもしれませんが、慣れてしまうと、他の高性能バイクがダイレクトすぎるという人もいますね。
細く小さいダウンチューブですが、BB付近で大きく肥大したわみを抑制、トップチューブの三角断面により、ねじれ剛性を高めているようです。ヒルクライムも十分に行けますが、ダウンヒルも得意です。エアロ形状の為、空気を切り裂く感覚で走れます。エアロチューブを多用しているのでハンドリング操作に対してフレームが遅れ気味になるものの、瞬時に追従してくれるので違和感がありません。加速のキレも良いほうで、形状以上に素材の良さが光っています。過剛性ではないが、素材の反発感が非常に上質です。路面追従性も高いです。両輪がしっかりと接地し、バンピーな路面でも走りに不安がありません。コンフォート性能も見た日以上で優れたバイクだとオススメできる逸品です。

FELT(フェルト)のロードバイク、評判のおすすめモデル

これからロードバイクを購入したい人、シェイプアップ目的で自転車を始めたい人にオススメなのがこの「QC65」モデルです。スポーツサイクルの中では珍しく乗り心地に重点を置いております。スポーツサイクルに慣れるまでは誰もが悩まさられるであろうお尻の痛みに強い設計で、快適なツーリングとエクササイズが楽しめるでしょう。エントリーモデルとして価格も安価で参考価格ですが59,800円とお財布に優しいのも嬉しいです。
また女性のためにカスタマイズしたモデルもあるのでこれもオススメできる点ですね。その最大の特徴は6061アルミ製のスタッガードフレームで設計したことで、スカートをはいていてもまたぎやすい形状です。 ここまでキッチリとできたレディースモデルは他にはなく、とても貴重でしょう。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般, 評価 インプレ