豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

GIANTのクロスバイク、ESCAPEシリーズとCROSSシリーズの比較

      2016/11/25

GIANTのクロスバイク、ESCAPEシリーズとCROSSシリーズの比較

台湾の自転車メーカーGIANTはクロスバイクで有名な世界的企業ですが、そのクロスバイクの中でもGIANTはいろいろなシリーズ・ブランドを製造・販売しています。特にESCAPEシリーズが有名だと思いますが今回はCROSSシリーズとの違いや、各シリーズのオススメクロスバイクを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


GIANTのクロスバイク、ESCAPEとは①?

GIANTの数あるクロスバイクブランドの中でも特に人気のあるでしょう「ESCAPE」シリーズ。なぜ人気なのかというと、これは初めは日本人向けというか、アジア人体型向けに製造されたモデルだからなんですね。ヨーロッパメーカーの自転車は基本的にヨーロッパ人も体型の設計しており、アジア人の体型に必ずしもピッタリと合うことがない場合があります。しかし、GIANTは台湾のメーカーですので、日本人と体型も近く、距離も近いので日本限定企画モデルなんてもの作っております。では、そんな馴染みの深いESCAPEシリーズの一部をざっとですが、紹介していきます。

GIANTのクロスバイク、ESCAPEとは②?

『ESCAPE Rシリーズ』
普段の街乗りから週末のサイクリングまで幅広く対応可能なフレキシブルな名車。日本でのGIANT社のクロスバイクにおける代名詞的存在でしょう。リラックスした乗車姿勢が維持できるので疲れにくく、やや細めのタイヤを採用しているで、オンロードを走るのに最適です。下に紹介するRX、AIRと比べ、やや重量はありますが、その分しっとりと落ち着いた操作性で初心者にも安全に走行できます。
『ESCAPE AIRシリーズ』
最初のひと漕ぎからでもはっきり軽快感を実感できる走りを大切にしたモデルで、「ESCAPE R」と比べフレーム、フォーク、回転部品など多くを部分のリファインしています。その結果、圧倒的な軽量化を実現しております。しかし軽量化といえどその安全性はバッチリ。肉薄チューブを採用しての必要な剛性を確保し、安全面も安心できます。適度な「しなり」も出し、乗り心地の快適性も文句なしでしょう。
『ESCAPE RXシリーズ』
快適さと乗りやすさを「ESCAPE R」から受け継ぐだけでなく、むしろそれ以上な走行性。ロードバイクに並ぶほどのスポーツ性能を発揮しています。健康の為のサイクリングやダイエットなどのフィットネスライドから、100km超のロングライドまであらゆる用途に対応しています。スポーツ性能の高い走りを実現する為、上級グレードのアルミを使用したフレームで高剛性を確保しており、一流の走りを実感できるでしょう。

GIANTのクロスバイク、CROSSとは?

とても簡単に言ってしまうと上記のESCAPEシリーズは速く走りたい人用のブランド、対してこのCROSSシリーズはまったり走りたい人用のブランドでしょう。具体的に、CROSSシリーズとESCAPEシリーズの大きな違いを以下に説明します。
①サドルとハンドルの位置が近く、ハンドル位置が高いので、上体が立った体勢で走行する為、疲れにくく快適に走ることができます。
②重量は2kgほど重く、タイヤが太い(35mm)ので漕ぎ出しが重いのですが、その分走行中の安定感はとてもいいです。
③スタンドと泥除けが標準装備なので普段使いにちょうどいいです。後付けで購入・装着しなくて済むので手間がかかりません。
④タイヤが太いためグリップが効き、制動力が抜群です。

GIANTのクロスバイク、ESCAPEとCROSSの比較

先述したとおりCROSSはシティ車に近く、ESCAPEはロードに近いクロスバイクだといえるでしょう。以下にそれぞれのメリット・デメリットなどをまとめてみました。

①『CROSS』
【メリット】
・シティ車と同じほどのタイヤ厚なので同じ感覚で乗れる
・雨よけが付いているので、雨天時や水たまりに勢い良く突っ込んでも背中が濡れない
・シティ車ぽいので目立ちにくい
【デメリット】
・ESCAPEに比べれば摩擦抵抗が高い
・タイヤ、雨よけの分重い
②『ESCAPE』
【メリット】
・タイヤが細めなので抵抗が少なく走れる
・余計な物がついてないので軽く、チューブ交換等メンテンナンス性が良い
【デメリット】
・タイヤが細いのでややスリップし易く、段差に弱い為、パンクしやすい
・チューブが細い為、簡易パンク修理パッチだと空気圧が偏ってしまう
・泥除けが無いので雨天時や水たまりに入ってしまうと背中が汚れる

GIANTオススメクロスバイク、ESCAPE

ではESCAPEシリーズのオススメモデルの紹介です。
①『ESCAPE R3』
クロスバイク選びで悩んだらこれがオススメです。買って後悔をする事は殆ど無いといえるほど。しかしその性能を安価に備えたお財布にも優しい万能モデルです。街乗りクロスバイクとして求められる性能を全て備えていると言っても過言ではないでしょう。数万円で購入できるクロスバイク中、最も価格と性能のコストパフォーマンスが優れているモデルだと思います。変速段数は24段で、ロードバイクなどレーシングバイクの世界では世界最大のシェアを持つシマノのパーツを使用しているので安心です。またカラーバリエーションも豊富で、好みに合わせて選ぶ楽しみがあります。人気のあるモデルのため専門ショップで在庫されている場合が多いです。簡単に手に入りやすいのもオススメする理由の一つです。。
②『ESCAPE AIR』
ロードバイク並みの軽量さが売りの派生モデルとなる『ESCAPE AIR(エスケープ・エアー)』もオススメです。軽量さが売りのクロスバイクで、その重量は465mm(適応身長160〜175cm)のサイズで9.5kgと、なんとアルミロードバイク並みの軽量さを実現しております。その訳は、フレームはR3と同じアルミを使用していますが、フロントフォークに使われている素材を変え、より一層な軽量な仕様となっている点と、ホイールについても『R3』に比べると、軽量なホイールを採用しており、スポークの本数もR3が52本に対し、この『ESCAPE AIR』は40本とかなりの本数を減らしている点です。結果、素晴らしい軽量化を図っています。変速段数は18段と24段の『R3』よりも少ないのですが、単純な段数の比較で優劣を付ける訳にもいきません。ギア比も異なり、必要にして十分な変速性能を持たせつつ、重量を軽くするために割り切られているのです。ご自身の走行範囲内に急な坂が連続する様な場所ではなく、平地のオンロード、街乗りがメインであればこの『ESCAPE AIR』をオススメします。

GIANTオススメクロスバイク、CROSS

①『CROSS3000』
買い物向きクロスバイクとしては十分すぎる性能です。ベーシックモデルといえども品質に妥協なしで走りの満足感は文句なしです。GIANTのクロスバイク・ラインナップのベーシックモデルですが、上級グレードにも使われているアルミフレームを採用するなど、そのこだわりはGIANTならではで、この37,800円というリーズナブルな価格設定はユーザーにとってもうれしいですね。
②『CROSS3200』
コストパフォーマンスに優れたパッケージです。63mmトラベルの特性フロントサスペンションを採用した本格派クロスバイクの一台です。加えてそのサドルには、長時間走行しても、座っても疲れにくい低反発ウレタンを使用した「メモリーフォームドサドル」を採用しており、長時間の走行でも疲れを感じさせないような仕掛けが詰め込まれ、その努力を憎しまない作りになっているのでどんな人にもマッチするでしょう。価格も42,000円でとてもお買い得です。

 - ロードバイク ジャイアント, 自転車全般