豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

おしゃれに乗りたい!自転車女子の服装コーデ術!

      2016/11/25

おしゃれに乗りたい!自転車女子の服装コーデ術!

ここ何年かでただの自転車でなくスポーツタイプの自転車に乗る女性が増えてきました。それに伴い、メーカーでも女子に合わせた車体(主にサイズ)を出したり、ウェアの取り扱いをしているブランドも、女性用を幅広く展開しています。今回はそんなおしゃれ
自転車女子の服装に注目してみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001662-1.jpg
自転車のパーツの名前分かりますか?フレームって何?

自転車のパーツには様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前が...

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

スポンサーリンク


自転車に適した服装の基本

まず自転車初心者の方が第一に用意すべきものは、サイクルジャージとレーサーパンツ等の服装です。

自転車に乗ると、新陳代謝があがり、汗を大量にかきます。
そのため、汗がすぐ乾き、肌がべたべたしないよう、これらを着用すべきなのです。
サイクルジャージは、スピードスケートの選手のようにピッタリとした形になっていて、ロードバイクで避けては通れない「空気抵抗」を低減できるようになっています。
初めは慣れないかもしれませんが、一度慣れてしまうと、驚くほどサイクルジャージが風の抵抗を受けにくいことを実感するでしょう。

そして、レーサーパンツは、裏に皮が張ってあるため自転車に乗る際にお尻が、より痛くないように設計されています。快適性にも優れています。

例えば、ジーンズで50kmの距離を走行すると、確実にお尻が痛くなります。
お尻が痛くならないように設計してあるレーサーパンツを着用することは、かなり重要ポイントになるでしょう。

最新のハイテク素材は夏に涼しく、冬には暖かく保つよう、専門的にデザインしてあります。
UVカット機能もあります。

また、女子ならファッション性の方が重要になってきますよね!今、女性モノのサイクルウェアを取り扱うブランドが増えてきています。

例えば、自転車に乗っている時に前傾になったらジャケットやシャツが上がり、背中の肌が露出してしまうことがありますよね。

その背中が出ないように、背中側の丈が通常の服よりも少し長めに設定されているウェアなど、女性が自転車に乗るうえで気になる点を配慮しながら、可愛らしいデザインを兼ね備えたブランドが多数あります。
また、パンツだと抵抗があるという女性のために、中にサポーターを兼ね備えたキュロットタイプのパンツも出てきています。

自転車女子の服装~トップス

スポーツ自転車は、少し前傾姿勢で乗らなくてはならないため、服装のトップスがお腹と背中とが同じ長さでは、背中と腰の部分が出てきてしまう可能性があります。

トップスには、自転車用として背中が長く作られたものが売っているため、そのようなものを購入すると良いでしょう。
また、全体的に丈の長いものを着用する方法もあります。

しかし、気に入ったトップスの丈が短いものでも、チェックのシャツなどを腰に巻くなどして、背中がでそうな部分を隠して、ウェアを着用することもできます。

そして更に気になる点は、女子の宿敵・紫外線。
自転車は他のスポーツに比べ、長い時間動き続けられることがいいところですが、長く乗るということは、長く紫外線にさらされるため、ケアやUV予防を怠ると、肌にダメージを与えかねません。

基本的には、外に出る部分を覆うことが日焼けを防ぐカギになるでしょう。
紫外線対策用のUVカット素材のウェアを選び、上半身はそれに加え、アームカバーやネックカバーで覆うとよいでしょう。

また、自転車用のトップスは風の抵抗を受けないようにするために、全体的にタイトな作りになっているものがほとんどで、本格的なものになると、通気性を調節できるファスナーがついていたり、袖や背中に便利なポケットがついているものがあります。

このように、少しの知恵と対策で簡単におしゃれな自転車ウェアを着用することができるので、試してみましょう。

自転車女子の服装~ボトム

自転車を乗る女子が気になる点として、服装のほかに挙げられるのがお尻の痛みです。

長時間自転車に乗ると、どうしてもお尻が痛くなってきます。
ここでおすすめなのが、パッド付きパンツです。
パッドがついていることで、お尻の痛みを軽減できます。
メッシュのインナーパンツを下着として着用し、上にタイツやパンツを合わせる派と、レギンスにパッドが付いた専用パンツの2種類があります。

レギンスの良さは、少しの工夫で簡単にオシャレができるところです。
比べて、体系をすっきり見せたい人、重ねることで重みが出るのが嫌な人には、専用のパンツがよいでしょう。乗り心地も快適です。
筋肉をサポートしてくれるコンプレッションタイツに、インナーパンツを合わせる派も多いようです。

専用のパンツを履くのは少し抵抗がある。。。という方は、普通のパンツの中に、インナーパンツを着用してももちろんOKです!

しかし、自転車のペダルをこぐ動作を繰り返すと、どうしてもスキニータイトのパンツやデニムなど、固く分厚い生地のパンツでは皮膚が擦れて、痛みが出てしまうことがあります。

すこしゆるめのパンツを選ぶと良いでしょう。擦れると痛みが伴います。
また、丈が長いパンツを履いてしまうことにより、ギアにパンツの裾が絡まってしまう可能性もあります。
短めの丈を選ぶか、裾が広い長丈のパンツは、アンクルベルトで足首回りを押さえて乗りましょう。

自転車女子のためのブランド

ここ最近、自転車女子が増えてきているため、オシャレな服装の自転車用ウェアブランドが出てきています!実際に紹介していきましょう!

皆様が求めるものは、高機能かつ可愛らしいデザインのものですよね。

例えば、寒さにも強く、暑さにも強いウェアがあったら素敵ですよね!この機能でもっとも有名なブランドは、Assos(アソス)というブランドです。

このブランドは、スイスの自転車ウェアブランドで、世界でもトップともいわれています。
通気性に長けているかつ、寒さにかなり強く、寒いところでも快適に自転車に乗れるよう、冬用ジャージは―8度まで対応しているのだとか!

少々値段が張るものの、一着持っていれば、冬はかなり安心してサイクリングを楽しめること間違いなしです。
機能性だけでなく、デザインも気になるところですよね。
いくつかブランドを取り上げてみましょう。

・CASTELLI(カステリ)
イタリアのサイクルウェアメーカーで、プロチームにもウェア提供しているほど高機能なウェアがとりそろっています。
女性ウェアは非常に可愛くて、ワンピース、ノースリーブ、半袖タイプのものなど、種類も豊富でデザイン性にも長けてるブランドです。

・Rapha(ラファ)
イギリスのサイクルウェアブランド。ラシカルなデザインからシンプルモダンなデザインまで幅広く展開。
ロードバイクは、カジュアルスタイルからプロスタイルまで取り扱っているブランドです。
最後に可愛らしいけど、値段もリーズナブルなブランドもご紹介いたします。

Nalini(ナリーニ)
イタリアの老舗サイクルウェアブランドです。デザインも種類も豊富で、思わず迷ってしまうほどの品揃え。
ネットでの購入がおススメです。
値段が他よりお求め安くなっているので、ぜひチェックしてみてください!

自転車女子、乗る時の注意点

女子が着る服装のことだけでなく、自転車に乗る際の注意点もお伝え致します。

短距離でスピードを競う競輪と違って、スポーツ自転車で長距離を緩やかに走れば、太ももに筋肉もつくことなく、美脚を期待できるかもしれません。ダイエット効果抜群です。

ここで大切になるのは、サドルの高さです。
サドルが低すぎると、自転車を漕ぐ時、太ももに負荷がかかり、筋肉がつきすぎてしまい、逆に太ももが太くなる可能性があります。

女性がスポーツ自転車を購入する際も、やはり男性同様、ご自分の身長や体格にマッチした自転車を選び、購入後もアフターケアバッチリの専門的な自転車屋さんを探すと良いでしょう。

それとやはり女性であれば、パンツスタイルだけではなくて、スカートスタイルも楽しみたいところですよね。
キュロットタイプのウェアであれば、可愛らしく、かつ、快適に自転車にのることができるので試していただきたいところです。

また、長めのスカートを履いて自転車に乗りたいけれど、裾がギアに引っかかるかも?という不安もあるでしょう。

そこで便利なのがチェーンカバーです。これを自転車のチェーンの部分に装着すれば、丈の長めなスカートを着用することができます。

女性と男性は体格が違うので、男性用に作られたスポーツ自転車に乗ると、色々と無理が生じ負担が大きくなってしまいがちです。
例えば、女性は男性と比べると肩幅が小さい方が多いので、ハンドルを握る際に両腕力が入り、筋肉痛になりかねません。

また、女性はハンドルを握る力も、手自体も小さめなので、ブレーキレバーに手が届かなかったり、負担が増えてしまいます。

そういった負担を緩和するため、女性専用に設計されたスポーツ自転車も販売されているので、利用されるのも良いでしょう。

自転車女子におすすめちょいカスタム

女性である限りオシャレな服装に気を使うだけでなく、オシャレな自転車も乗りこなしたいですよね!

今は数百円から買えるアイテムもたくさんあります。
自分らしくカスタムして、街でも注目の的になっちゃいましょう。

まず、一番におすすめしたいのがサドルカバーです。
女子向けの可愛らしい色味とデザインのサドルカバーがたくさんあります。
中には、ディズニーキャラのカバーなどもあります。
簡単に取り外し可能のため、その日の気分でカバーを変えるのもとっても楽しいですよね!

女子らしい自転車にするアイテムとして、次におすすめしたいのが、ハンドルライトです。
千円くらいでキャラもののハンドルライト売っているので、ぜひ試したいものですね!

これもアニマル系のもの、ディズニーキャラのものと、さまざまな種類があるので、自転車屋さんで探してみましょう。

更には百円ショップで、キラキラのストーンも売っているので、可愛らしく自転車をデコレーションするのも良いでしょう。
世界に一つだけの自分だけの自転車を作っちゃいましょう。

まとめ・おしゃれに着こなす自転車女子の服装について

女子として、おしゃれを楽しみながら自転車を乗るなんてワクワクしてしまいますね!

ウェアにもさまざまな種類がありますが、自分の体形や身長、ご自分が求めているものに合わせて、選ぶ楽しさを実感してみてください。
また自転車を可愛らしくカスタムすることができれば、通勤、お出かけが更に快適で楽しくなること間違いなし!是非参考にしてみましょう!

 - ロードバイク 女性, 自転車全般