ロードバイクが女子に人気!そのワケは?おすすめモデルは?

少し前までは女子が乗る自転車はママチャリ、と決まっていた気がします。それが最近はクロスバイクやロードバイクで颯爽と駆け抜ける姿を見ることも多くなってきました。いつの間にこんなにスポーツタイプの自転車に乗る女子が増えたのでしょう。
今回はそんなロードバイクの魅力、女子におすすめのモデルなども具体的に見ていきながら、ロードバイク人気に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電動自転車のバッテリーが点滅するのは故障のサイン?

電動自転車は、小さなお子さんがいたり、長距離の自転車通勤をしている方、坂道の多い場所に住んでいる方に...

ロードバイク初心者に、安いけどキマるおすすめモデル!

最近流行のロードバイクで街を颯爽と走り抜けたい、そんなイメージを実現したようなおしゃれでかっこいいサ...

自転車のチェーンやブレーキの音、対策方法は?

自転車に乗っていて、チェーンやブレーキに異音を感じたことはありますか?雨の日に走行したり、メンテ...

自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの自転車が欲しいと思いますよね。日...

bmxが欲しい!おすすめタイヤは?タイヤの空気圧って何?

ママチャリやロードバイク、クロスバイク・・・自転車には、様々な種類があります。bmxもその一つで...

神戸からロードバイクで行く。日帰りできるおすすめコース

ロードバイクに乗っていて、最近神戸に住み始めた方や、神戸に住んでいてロードバイクを買ったからサイクリ...

老舗ブランドコルナゴ、ロードバイクのサイズに対するそのこだわり

コルナゴはロードバイク初心者の方でも、比較的すぐに耳にするメーカーではないでしょうか。ロードバイク...

自転車のコンポはクラリスでも走りには関係ないかも!?

自転車のコンポと言ったらシマノ。グレードって色々あるけど、よくわからない、という声をよく耳に...

mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれています。しかし、クロスバイクは両者...

自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素材選びに悩みますよね。自転車のフ...

小学1年生の自転車選び!インチやおすすめをご紹介

今度、小学1年生になるお子さんに、入学祝として自転車を購入しようと考えているご家庭は多いのではないで...

今更ですが、徒歩と自転車の時速を真面目に比べてみました。

ロードバイクのレースやトライアスロンに参加する、などの場面ではよく気にする時速。その時速を「徒歩」...

自転車のベアリングを圧入しよう!やり方とコツ

シールドベアリングやベアリングのグリスを注入する際に、ハブからベアリングを抜いて圧入します。...

これで痩せちゃう!?自転車で短・中・長距離別の通勤の効果と準備

みなさんは自転車での通勤はしてますか?人それそれ通勤地が近い人、数10km離れた長距離の人がいらっ...

自転車の予備ホイールの保管、どうしてる?

オフシーズンになったり、換えを持っているなどで、使わないホイールをどのように保管してますか?都会...

スポンサーリンク

ロードバイクが女子に人気!どうして?

女子は「健康」や「ダイエット」、「おしゃれ」に対して常にアンテナを張っています。

美意識の高さは女子力、内面・外見にも磨きをかけるため、こういった情報には非常に敏感なのです。
街中を駆け抜けるスポーツタイプの自転車も、少し前までは男性特有の趣味といった感がありました。
また、スポーツタイプの自転車は、価格も決して安くはないため、お金にも少し余裕がある年代というように、購買層も高めでした。

そんな中、健康に気を遣う女性が有酸素運動として、自転車の効率の良さに着目、もちろんダイエットの効果も高いことで受け始めます。

継続性を考えても、運動慣れしていない人がいきなり運動を始めるよりは、趣味性が高いことから人気に火が付きやすいです。

大手の自転車メーカーも、続々と女性向けモデルを発売、女性誌でもモデルや芸能人がおしゃれなタイプの自転車とタイアップで紹介されることにより、急速にロードバイク・クロスバイク人気が広まっているのです。

自転車に乗ることは集中力も高まり、特に朝の運動は健康に良い、とされていることから通勤(通学)での利用は特に推奨されています。
こういったことから、ロードバイクが女子の間で人気となっていったのです。

ロードバイク女子におすすめの人気アイテム

ロードバイク女子に向けて、自転車本体だけでなく、多くのアイテムや、かわいいウェアが各ブランドから出揃っています。少しだけ紹介しましょう。

ロードバイクに乗っている人が、ヘルメットをかぶっているのはよく見かけると思いますが、髪の長い女性にぴったりのヘルメットがあります。

長い髪を、後ろの低い位置でまとめても邪魔にならないのが「スコット」のヘルメットです。
髪の長い女性用につくられたのかはわかりませんが、ヘルメットの後ろの形がV字型になって、大きく開いているので、結び目もひっかかりません。
もちろん軽量ですし、通気性も良く、機能性は抜群。女性にピッタリのヘルメットです。

ポタリングの際には、カラフルなデイバッグがたくさん出ていますので、ウェアのカラーに合わせてチョイスするとおしゃれです。

かわいさも持ち合わせながら、容量はなるべく大きいものをチョイスしておくと日帰り旅行程度に使用できるのでとても便利です。

季節によっては日焼け止めも欠かせません。冬以外の季節は、直射日光を浴びるので、サイクリストは準備しておいた方が良いですね。

もうひとつ紹介しておきたいのは、くちびる専用日焼け止めです。
売っているメーカーなどは、限られてしまうかもしれませんが購入をおすすめします。

風を受けるため意外と乾燥しますし、くちびるのケアは大切です。
こういったところに気を配るのが、ロードバイク女子ですね。人気アイテムを是非活用してください。

ロードバイク購入を考える女子に!人気モデル紹介①

さて、ここからはロードバイクの購入を考えている女子に、人気モデルをご紹介します。

まず、「ANCHOR(アンカー)」です。
ANCHORのレディースモデル、RL8W ELITEはいかがでしょう。価格はフレームセットで21万円、11速アルテグラ搭載の完成車で37万5千円です。

カーボンタイプで、重量は7.5kgと軽量です。しなやかなカーボンロードで、乗り心地は身体に優しく女性にピッタリ。
フレーム重量が900g前半なので、ロングライドやヒルクライムでの体力をカバーしてくれます。

ANCHORではRL8W EQUIPEもおすすめです。11速105完成車で価格は30万円。
こちらもフレーム・フォークいとカーボン製で、重量は8kg。
ワイヤーが内蔵式で、見た目もスッキリしています。明るいカラーも出ていて女性らしいです。

もう少し安い価格なら、とお考えの方にはANCHOR RFA5W SPORTが良いです。
フレームセットで価格は10万5千円、10速ティアグラ完成車で16万5千円です。

フレームは、アルミでフォークはカーボン、重量は9kg。
ダウンチューブとシートチューブの外径を縮小、男性用のモデルよりも剛性を5.5%ほど抑えて、女性の脚力に合わせたタイプに仕上げています。
カーボン製のフロントフォークにより、悪路などの不快な振動も吸収、余分な疲労も抑え、コントロール性の高さを実現しています。この価格ではとても良いパフォーマンスです。

ANCHORのRFA5W EXはカラーバリエーションも豊富なので、選ぶのが楽しくなります。
こちらのメーカーは価格帯も広く、レディースモデルに積極的ですので選び甲斐があります。

ロードバイク購入を考える女子に!人気モデル紹介②

続いて紹介するのは「Bianchi(ビアンキ)」です。
チェレステカラーが大人気のイタリアメーカー。憧れている方も多いかもしれません。

Bianchi DAMA INTENSO、価格は11速105完成車で25万3千円です。いいお値段ですね。
もちろんカーボン製、重量は8.5kgです。ヘッドチューブが比較的長めに作られています。これにより前傾姿勢が辛くならず、楽に乗れるというメリットが。

Bianchi DAMA IMPULSOは20万円を切るモデルです。11速105完成車で18万円。
フレームは、アルミでフォークはカーボン、重量は9kgです。
本格的に乗りたい人も街乗りでもオッケー、オールチェレステカラーがかわいいです!

他にもBianchi DAMA VIA NIRONE 7、10速ティアグラ完成車で価格は14万円。
フレームはアルミ、フォークはカーボンで重量は9.3kg。
もちろん、レースエントリーからロングライドまで充分に対応できる一台。
チェレステカラーにピンクのアクセントがあるのがポイントです。女子受けしそうなカラーですね。

NIRONE 7は9速ソラ完成車で価格12万円のものもあり、ロングライドに分類されている中で、エントリーグレードになるニローネの女性向けモデルなのですが、サドルが女性向けになっているのです。

女性の骨盤に合わせた幅広のもの仕様、ということでこちらも是非お試し頂きたいです。

まとめ、かわいく・颯爽と駆け抜けます!

ANCHOR、Bianchi以外にもレディースモデルを積極的にリリースしているメーカーはあります。CANNONDALEやCANYON、FELT、もちろんGIANTもたくさんいいモデルが出ています。

最初の購入であるなら、価格は15万円以内のものを選ぶのが良いでしょう。乗っていくうちに自分の走りや好みでパーツを交換したり、モデルを選んでいくようになるのが良いかもしれません。

先ほどもお話ししましたが、女性は車体自体もそうですがその他のアイテムなど、何より自分好みのテイストに仕上げたいのですよね。選ぶポイントには価格と同じくらいの優先度でデザインやカラーという条件が入ってくるかもしれません。

それもまたロードバイク女子の楽しみ方のひとつ。人気モデル&アイテムを手に入れて、街を颯爽と駆け抜けて行きましょう!