豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイク初心者の女性に「クロモリ」のおすすめモデル!

      2017/01/23

ロードバイク初心者の女性に「クロモリ」のおすすめモデル!

最近は女性にもロードバイクが人気で、男性のようにがっちり専門知識を持って購入に至る層だけでなく、見た目などで選ぶ方も増えています。「クロモリ」って何?ブランドの名前?と、中には思う方もいらっしゃるかもしれません、クロモリとはフレームの素材です。アルミやカーボンだけでなく、クロモリという選択肢もあることをご存知でしょうか。今回はそんなクロモリの魅力に迫りつつ、ロードバイク初心者の女性におすすめのモデルも紹介していきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


ロードバイク初心者の女性にクロモリをおすすめ!①

健康志向やファッション性などから、ロードバイクに乗り始める女性も増加してきています。

ロードバイクを選ぶ際のポイントとしてフレーム素材がありますが、アルミやカーボンの他にも「クロモリ」という素材があるのです。
ご存知でしたか?

各素材の特長をここで見ておきますと、軽量であることが最大の魅力ながら、少し高価なカーボン素材。

パワーロスも少なく比較的価格が抑えられるアルミ素材。

クロモリは、乗り心地が良く疲労の軽減ができるという特長があります。

こういった素材の特長を抑えておくべきなのは、走りのスタイルによって選ぶことが出来るようになるからです。

ロングライドに使用するのか、ロードレースに参加するためのものなのかなど、
目的により適した素材のフレームを選択します。

今回は、クロモリのご紹介しますので、もう少しメリット、デメリットまでお話しておきますと、
先ほどあげた「乗り心地が良く疲労軽減できる」というのは、衝撃吸収性が良いというメリットが挙げられるわけです。

また、耐久性に優れ修理も簡単です。
クロモリは、クロムモリブデン鋼というものでスチールの仲間になります。

丈夫ですが、デメリットとして錆びやすく重いということが挙げられます。

とはいえ、ロードバイクを選ぶ初心者の女性などには、丈夫であるという大きなメリットでクロモリをおすすめしたいところです。

最初はなかなか扱いもわかりませんし、アルミやカーボンに比べると価格も抑えられますので、
手に入れやすい一台になると言えるでしょう。

ロードバイク初心者の女性にクロモリをおすすめ!②

ロードバイク初心者の女性に、クロモリのロードバイクがおすすめな理由をもうひとつ。

「おしゃれ」なモデルが多く出ていることです。

先ほどもお話ししましたように、
最近では健康やファッション性といった側面から、ロードバイクの購入に至る女性が増えています。

いずれはレースに出たい、ヒルクライムにも挑戦したい、そんな願望がある人も
とりあえずはロードバイクに乗ってみて、自分の走りをつくり、欲しいパーツを探していくという行程があると思います。

最初の一台はおしゃれで乗り心地も良い、そのうえ価格も手が届きやすいクロモリの一台は、「ロードバイク」に対する印象も良く、継続的に乗り続ける事に繋がると思います。

また、クロモリのデメリットである「重さ」ですが、こちらも最初の一台でクロモリの車体を体感し、レースなどにエントリーしたい方は、「速さ」を求めてフレーム素材を変えていくというのが良いでしょう。

その軽さの感動もひとしおかもしれませんね。

「素材ゆえに安価である」というお話をしてきましたが、クロモリは根強いファンもおりフルオーダーという高級なモデルもあるのです。

デメリットで挙げた「錆びやすい」ということには注意しましょう。
保管場所を良く考えておくべきですが、
これは本来クロモリに限らず、アルミやカーボン素材のものでも大事なことです。
湿気、要は水で濡れた時などはよく乾かすようにしましょう。

しかしながらこれも「お手入れ(メンテナンス)」の一環ですから、ロードバイクを手にするということの良い経験かもしれません。
最初の一台、クロモリで慣れておきましょう。

ロードバイク初心者の女性にクロモリのおすすめモデル①

それでは、ロードバイクの購入を考えている女性に、クロモリのおすすめモデルをご紹介しましょう。

まず最初は、おしゃれで正統派のロードバイク、老舗のブランドから、「Bianchi(ビアンキ)ANCORA TIAGRA MIX 10SP」です。
価格は16万2千円。カラーはBianchiならばコレ、おしゃれなチェレステカラーです。

この印象的なターコイズグリーンがなんとも言えません。
女性なら一目見て、気に入るくらいの爽やかで上品な色使いです。
こちらは皮サドル、ペダルやグリップもかわいらしい仕上がりに。

クラシックロードの正統派と言えるモデルです。

コンポはシマノのTIAGRA。標準装備で泥除けが付いているのも女性には嬉しいところではないでしょうか。
乗り心地が良く、ロングライド向きなので、この一台でプチ旅行に出かけるのも良いですね。

続いては「COLNAGO(コルナゴ)REZZO」。コルナゴはイタリアの自転車メーカーです。
ピナレロやチネリなどと並ぶ人気のメーカーです。
価格は22万円。25万円以下なら購入の選択肢のひとつに入れたいところです。

クラシカルな魅力があり、カラーはシルキーホワイト・インペリアルグリーン・ブレイジングレッドという展開。

ハンドルを交換しやすいタイプでもあるので、ロングライド用にしたいのなら、ドロップハンドルに交換するのもいいかもしれません。

コンポはシマノやテクトロなどです。

ロードバイク初心者の女性にクロモリのおすすめモデル②

ロードバイク初の購入を検討する女性のみなさんにおすすめのクロモリモデル。
次にご紹介するのは「FUJI(フジ)SHINARI」

クロモリの中でも、このメーカーらしく細めのフレームが特長です。
見た目すっきりの理由は、ワイヤーがトップチューブ内臓ゆえ。

個性的に見える一台です。
コンポはシマノの105。シンプルながら魅力ある一台です。

そして、もう一台ご紹介したいのは「DE ROSA(デローザ)Neo PRIMATO NUOVO CLASSICO」です。

職人の手で、一つ一つ丁寧につくられるNeo PRIMATOの高い完成度をベースに、パーツ周りをメッキ加工したモデルです。

クラシカルな見た目を重視しています。
このモデルはカスタムサイズのオーダーが可能です。
この「世界にひとつだけ」感はおすすめしたいところ。価格は32万8千円。

ご紹介してきた中では、高価な設定に思えるかもしれませんが、
おしゃれな見た目にDE ROSAというブランドが、世界にひとつだけの「あなただけの」自転車を職人の手で作り上げてくれるのは、なんともスペシャルです。

4台ほど具体的なモデルをあげておすすめしてまいりましたが、いかがだったでしょうか。
これ以外にもおすすめのモデルはたくさんあります。

まとめ、ロードバイクを楽しんで!

クロモリ素材のモデルをご紹介しながらのお話でした。
健康にもダイエットにも効果があり、注目を集め、ロードバイクに興味を持つ女性が増えてきました。

機能性を考えればどんどん新しい素材やパーツが出てきて「より速く走れるように」考える
それがロードバイクです。

それでもやはり、根強いファンもいるクロモリ。

デメリットもあるけど、そのメリットが乗り続けてきたサイクリストに心から愛されている。
その素晴らしさを是非手に入れて頂きたいと思います。

何より、乗り心地良く、おしゃれなモデルが多い。これは女性サイクリストの心をくすぐるのでは?そう思いました。
おしゃれに、楽しく、ロードバイクを楽しんでください。

 - ロードバイク 初心者