豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

検証!ピナレロのロードバイクfpuno

      2016/11/25

検証!ピナレロのロードバイクfpuno

2012年のツールドフランス以来、人気の高まるブランド、ピナレロですが、プロ仕様のものだと、とても高価ですよね。ピナレロのロードバイクの特徴を見つつも、お求めやすい商品はないでしょうか?今回は、そんなピナレロのロードバイクとその中のモデルfpunoについて、独自の視点で検証してみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001157-1.jpg
自転車に乗る女性の悩み!お尻や股が痛い原因と対処法

自転車やクロスバイク、マウンテンバイクに乗っていると、お尻や...

pwk0001156-1.jpg
自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれませ...

pwk0001155-1.jpg
自転車のベアリングをグリスでメンテナンスしよう!

グリス切れ直前がハブにしても、ベアリングにしても一番よく回転...

pwk0001154-1.jpg
自転車のビンディングペダルを調整しよう!

スポーツ自転車をはじめて暫くすると、ビンディングペダルを装着...

pwk0001153-1.jpg
自転車のフレーム、クロモリやカーボンの特徴とは

自転車の中でも、特にロードバイクを購入する際は、フレームの素...

pwk0001152-1.jpg
自転車で行うlsdトレーニングの効果とは!?

そもそもlsdとはどういったことなのでしょうか? これ...

pwk0001151-1.jpg
ロードバイクのペダルをアルテグラに換えると何が変わるのか

かつてのロードバイクは、レースに出る人がパーツ交換をして、そ...

pwk0001150-1.jpg
ロードバイクの狙い目!ジャイアントの型落ちを購入しよう!

ロードバイクは、気軽に買うことが難しい価格のため、なかなか購...

pwk0001149-1.jpg
輪行しよ!ロードバイクのネット購入の注意や輪行袋の使い方

最近運動不足だったり、趣味を探していたり・・・そんな人は、ロ...

pwk0001148-1.jpg
アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシ...

pwk0001147-1.jpg
feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高...

pwk0001146-1.jpg
ロードバイクの軽量ホイール・究極ホイールたちを比較しよう

ホイールといえば、走りの質を上げるのにもっとも効果的なカスタ...

pwk0001145-1.jpg
自転車のペダルの交換方法やオススメのペダルをご紹介

皆様は、自転車を利用していますか? そして、その自転車のペ...

pwk0001144-1.jpg
自転車の鍵を紛失しちゃった!どうすればいい?

自転車の鍵を紛失してしまった経験はありますか? 自転車...

pwk0001143-1.jpg
自転車のホイールハブをメンテナンスしよう!!

今回は、自転車のハブの玉押し調整とグリスアップをご紹介します...

pwk0001142-1.jpg
水泳の練習メニューの組み方って?大学選手の場合は?

ここでは、プールでの水泳練習というシチュエーションに限定して...

pwk0001141-1.jpg
水泳のカロリー消費量は、ランニングしたときよりも多い?

ダイエット目的で、トライアスロンを始めるという方は、いらっし...

pwk0001140-1.jpg
大阪のサイクリングロードやランチでおすすめはどこ?

大阪と言えば、市街地のイメージですよね。 市街地の景色...

pwk0001139-1.jpg
ロードバイクのインナーギアとアウターギア

ロードバイクのインナーアウターについてお話しします。 ...

pwk0001138-1.jpg
自動車メーカーのルノーって自転車も売ってるの?評判は?

ルノーという自動車メーカーは、自転車の販売も行っているという...

スポンサーリンク


ピナレロのロードバイクの特徴~フレーム~

ピナレロはツール・ド・フランスでも近年優勝者を何度も排出しているプロサイクリングチーム、TEAM SKYへバイクを供給していることでも有名です。そんなピナレロが手掛けるロードバイクのフレームには、他社に見られない強烈な特徴があります。それがアシンメトリックフレームです。ピナレロは自身をイノベーションと同義とうたっており、その科学的なアプローチは抜きん出ているかもしれません。
アシンメトリックフレームとは、その名の通り左右非対称のことであり、驚くべきことにピナレロのアシンメトリックフレームは実際に左右が異なった形状をしています。自転車には右側にドライブトレインが装着されており、チェーンに引っ張られる力が働く右側とそうではない左側には異なった力が働くことをピナレロは発見しました。この違いを相殺するために、左右で異なる形状、硬さを実現しているわけです。そのアシンメトリックフレームで特徴的なのは、波打った形状のフォークとステーでしょう。この形状を一目見るだけでピナレロのバイクであることがわかります。後半にピナレロfpunoについて詳しく述べます。

ピナレロのロードバイクの特徴~価格~

ピナレロはイタリアの名門老舗であり、自転車界ではコルナゴと並んで高級車の代名詞でもあります。また、近年までは殆どシティバイクを手掛けることはなく、ほぼ全て手掛けるモデルはスポーツバイクだけでした。その姿勢が感じさせる通り、高性能のバイクのみを供給しようとするだけあって価格にも妥協はありません。他社のような、とくにコストパフォーマンスに優れるとされるメーカーとは実に対照的です。
シティバイクのカテゴリに唯一存在するクロスバイクであっても、その価格は完成車で15万円をゆうに超えます。GIANTやTREKの最も売れ筋のバイクと同等のモデルを比較しても、概ね10万円ほど高額になると思っても行き過ぎではないでしょう。
ロードバイクの最廉価モデルfpunoであっても15万円超からとなっており、そもそも一桁台の価格のバイクが存在しないという点を見るだけでも他社との違いが際立ちます。一流のモノを手に入れたい、そういったユーザーに人気があるのも頷ける話でしょう。

ピナレロのロードバイクの特徴~乗り心地~

ロードバイクのfpunoをはじめ、ピナレロはイノベーションを全面に押し出してくるだけあって、そのフレーム設計思想も非常に特徴的です。本当の均等を生み出すために左右を非対称にする、などとはそうそう思いつくものではありません。そんなピナレロはカーボンフレーム成型に特に定評があり、特徴的である波打った形状のフロントフォークとリアステーもカーボン素材によるものです。この波打った形状のフロントフォークの振動吸収性は極めて高性能で、いまやピナレロのプロダクトの大半に採用されています。
振動吸収性に優れたカーボンフォークとステーを採用するだけあって、多くのユーザーがその乗り心地の良さを賞賛しています。しかし乗り心地が良いと言ってもそれはツーリング車のようなものと違って、レースのような環境でのコントロール性の高さからくるものでしょう。つまり、ロングライドをのんびり走っても疲労しにくいという性格のものではなく、スピードの乗った状態で接触の危険性や落車の危険性のある中でもバイクをコントロールしやすく、ストレスが少ないという評価を得ていると言えるでしょう。

女性にお勧めのピナレロfpunoサイズ

日本の成人女性の平均身長を調べてみると、平成25年時点で158.1cmであることがわかります(厚生労働省調べ)。
続いてピナレロfpunoが展開するサイズは以下の通りです。(表記はピナレロのサイズ表記:トップチューブ水平換算)
44sl(510), 46sl(515), 50(528), 52(540), 54(550), 56(565), 58(575), 60(585), 62(595)
さて、ピナレロはウェブサイトを見てもサイズ表記以外に適正身長チャートのようなものの記載がありません。そこで、とりあえず便宜上GIANTのDEFY ADVANCEDのサイズチャートを参考にさせて貰うと、トップチューブ長530mmで適正身長は165~175、545mmで170〜185、560mmで180〜190となっています。これをある程度の基準として見れば、平均身長よりも身長が高くない女性が選ぶべきサイズは少なくとも50以下、ということになるでしょう。
そうは言っても、ロードバイクを選ぶ際、メーカーや車種によってジオメトリは違いますし、骨格や体型によっても選ぶべきサイズは変わってきますので、大きすぎなければ良いや、という感覚で購入に踏み切ってはいけません。

男性にお勧めのピナレロfpunoサイズ

同様に成人男性の平均身長を調べて見ると、平成25年時点で171.6cmとなっています。女性とは反対に、平均身長と同等あるいは上回る身長の男性は50以上を選ぶべき、ということになるでしょう。
ロードバイクは、ピナレロfpunoに関わらず、メーカーや車種によってジオメトリが異なると説明しましたが、トップチューブ長についても芯-芯の長さ(センター-センター:ジオメトリの表記はC-C)、あるいは芯-パイプ開口部端の長さ(センター-トップ:ジオメトリの表記はC-T)があり、パイプの太さによってその差も大きくなってきます。各メーカーによってジオメトリ上C-Tを採用するかC-Cを採用するかもまちまちです。
自転車は各部の数センチの違いで適正身長の範囲が変わってきます。メーカーごとのサイズ表記やジオメトリを見て適正なサイズのフレームを考えるからには、極めて詳細に数字を拾って、綿密に計算しなければなりません。それを考えるのがまた楽しいんだよ!という方も中にはいるかもしれませんが、そうでない方はショップでサイズを測って貰うほうが安心ですね。

ピナレロfpunoの購入方法

ピナレロfpunoの購入方法について、最も素直な方法を考えると、販売代理店へ赴いて直接購入する、という方法が挙がってきます。前項でもご説明したとおり、サイズを自分で判別する、というのは中々難しい問題ですので、出来ることなら正規の販売店へ赴いて、お店のスタッフに計測してもらうのが最も安心です。
ピナレロは世界中でも日本では特に人気のあるロードバイクのメーカーです。そのため、ニューモデルも他国に比べて早めにリリースされる傾向があり、販売代理店も数多く存在します。地方であっても販売代理店を探すことはそれほど難しくないでしょう。
さて、それでもサイズ感はわかっているから自身で少しでも安く購入したい、あるいは既に手に入らない過去のシリーズを中古でも良いから購入したい、という方も中にはいるかもしれません。そんな方はネットオークションあるいは中古車取り扱いのサイクルショップを探すのもありでしょう。そういう事を試そうとする方には言うまでも無いことですが、中古やインターネット経由での購入はサイズが合わなくても返品できないリスクや、車体にダメージがあるリスクなども考慮のうちに含めなければいけません。

ワンランク上のメーカーならピナレロ!

ほぼレーシングマシンしか手がけないメーカーなだけあって、ピナレロは車で言うところのランボルギーニとされている高級車メーカーです。手に入れる商品に対する社会的なステータスを求めるなら、ピナレロを検討候補から外すわけにはいきませんよね。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般