豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車のスポークが折れる原因と折れたときの対処法

      2016/11/25

自転車のスポークが折れる原因と折れたときの対処法

細くてすぐにでも折れてしまいそうな自転車のスポーク。実際に折れることがあります。
折れる原因は様々で、防ぎようのないこともあります。ですが、折れてしまったときの対処法やその後に対応を知っておくと、慌てずに済むと思います。

ということで、今回は自転車のスポークが折れる原因などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


そもそも自転車のスポークの役割は?

スポークとは自転車の車輪を作るパーツのひとつです。これのおかげで車輪は軽くなり、路面から伝わる衝撃を和らげてくれ、風が横から吹いてきてもバランスを崩さずに走り続けることが出来ます。

自転車には通常、ショックを抑える機能は備わっていません。
そのため、アルミ製のホイールがメインとなっている現在でも、オフロードタイプのパイクにはスポークが使われています。

スポークは、限界まで自転車を軽くしようと努力を重ねたことにより生まれました。

乗り手の体重を支え、どの方向からの力も受け止めきれるように、骨組みだけにしてしまっただけではなく、リムへの固定はねじ込み式なので、正確に調整が可能です。

円盤のような形のホイールを使っているタイプもありますが、車輪の重さを減らせるというメリットがあるので、ほとんどはスポークを使用しています。

こんな細いのに、どうして折れることもなく、人を乗せていられるのかと疑問を抱いた人もいるかと思われます。

スポークは、上から押し潰されるような力や、上下左右に曲げようとする力には非常に弱いという性質を持ちます。

しかしその反面、引っ張られることに対しては強いのです。

具体的に説明すると、スポークはハブを上からつり下げるような状態で、乗り手と自転車そのものの重さを支えています。

自転車のスポークが折れる原因

自転車の部品のひとつであるスポークが折れる原因は、衝撃によるものよりも、使い込んだことによる場合が多いかもしれません。

大抵は、ハブの穴の形がエルボーと合わないか、もしくはニップルとリム穴の据わりが悪いため、ニップルがおかしな方向を向いてしまうかのどちらかが原因でしょう。

BD-1の場合は幅が狭いので、角度が無理をしていることと、♯15番で組んでいたことが原因だと思われます。
試しに♯14番に取り替えてみると、コーナーを曲がりやすくなっただけではなく、数年経ってもスポークが折れる気配を見せません。

この他に、テンションがバラバラだった時は、一部のスポークに負荷が集まってしまうので、それがパンクや故障に繋がります。

安いものになると、ハブの穴の精度が良くなかったり、単純に品質が悪いという可能性も挙げられます。

700Cのホイールとコースターブレーキを組み合わせた結果、たった半年でリヤのスポークがエルボーから折れたという話もあります。これは恐らくコントロールした際に、テンションが、リムブレーキよりも大きくかかったせいではないでしょうか。

また、スポークのテンションが緩すぎても問題です。負荷が余計にかかるため、溜め込んだ重圧が一気に溢れて破損する危険性が高まります。

自転車のスポークが折れる原因は他にもある

自転車のスポークが折れる原因の中には、将棋倒しに巻き込まれるということもあります。
あっという間に大量の自転車が、隣の自転車の上に被さるようにして倒れていくのです。真横からの衝撃に弱い自転車にとっては致命的なダメージとなるでしょう。

もし自転車が横倒しになっていたら、すぐさま目視確認をして下さい。そして少しでもスポークが曲がっていたら、早めに新しいものと取り替えることをおすすめします。

曲がったスポークはピンと張る力が低下しているため、非常に折れやすいのです。

たまに「買ったばかりなのにもうスポークが折れてしまった。不良品なのだろうか?」という疑問を見かけますが、これは違います。

恐らく強風などのせいで、知らない間に倒れてしまったのでしょう。後は古くなったので、劣化してきたという可能性もあります。

ただ例え新品でも、上手く組めていなければ、どんなスポークでも折れてしまいます。

ホイールを組み立てる時や、ニップルをどの順番で締めていくかなどの細かい技術はいくつもあり、それらには相性もあります。

組み合わせが悪いと5本、10本とどんどん折れていき、修復不可能なところまで来てしまいます。

5本以上が連続で折れた時は、ホイールの組み方が間違っているという意味なので、一旦分解してから組み直しましょう。後はこれを何度もやって、慣れていくしかありません。

スポークは1本でも折れると他にも影響する

自転車のスポークが折れると、その両隣か、ひとつ先にあるスポークにも負荷が掛かります。その結果、連鎖するように、次々と他のスポークが折れていくという事態に陥りやすいのです。

後輪だとその確率は上がります。最悪、リムにまで影響が出るかもしれません。

前輪は後輪と比べれば荷重が小さいため、まだ使える可能性は残っています。

しかしホイールは、左右に振れているかと思われます。ブレーキのタイプがVブレーキやキャリパーブレーキだった場合、常にブレーキが掛かっているような状態なので、かなり乗り心地が悪くなるでしょう。

スポークは隣にあるものを含めて、2本でワンセットだと考えましょう。このうち片方が折れると、強度も半分に減ります。つまり、半分の力が掛かれば折れてしまうということです。

折れれば折れただけ、1本のスポークに掛かる負荷は増えます。振動を与えなければ、そのままでも走れますが、バランスは取りにくくなります。

さらに走っている最中に残りのスポークも折れていき、最終的にはホイールが壊れてしまうでしょう。

スポークが太めのステンレスで作られており、たまたま折れただけならまだマシですが、鋼など錆び付きやすいもので出来ている上に、他にも調子の悪い部分があるなら、スポークを全部新品にするのもひとつの手ですよ。

自転車のスポークが折れた後の対応

自転車のスポークが折れると他のもあっという間に折れてしまう可能性があるため、いざという時に備えて新品を買っておくことをおすすめします。

ですが、たった1本折れただけで新しいものを買うのは、割に合わない気がしますよね。

専門店に頼めばスポークを取り替えてくれることがありますが、メーカーとホイールのランクによっては、受け付けてもらえません。

MAVICなどは、補修用の部品を揃えている製品が多く、つまりはスポークの交換や張り直しを前提としていると考えてもいいでしょう。

値段こそ高めですが、レース会場がどんなところなのかを考慮してホイールを作っているので、修理や整備がやりやすい構造になっていることが多いようです。

シマノは、スポークだけを売ってくれることはありませんが、一般的なスポークを使っている場合、グレードが低めのホイールなら交換してくれることもあります。

これは下位グレードのものは、車体をあまり軽くしようとしていないので、そのぶん強度があるだろうと判断しているからです。

またホイールセンターというものもあります。売っている店にホイールを送らせて、メーカーが直すというサービスです。

ただ、フルカーボンホイールの場合は、あくまでもレースのためだけのものという認識なので、一度スポークが折れたら諦めてしまうのが普通のようです。

自転車のスポークは種類がたくさん!

自転車のスポークには様々な種類があります。これを頭に入れておけば、スポークが折れるような事態に陥っても、落ち着いてどのタイプにするのかを選べます。

・ずん胴スポーク
定番のスポークで、断面がどこも同じ直径の円となっています。

・段付きスポーク
くさび効果があるので、破損することを想定して取り付け部分の太さは変えていません。代わりに中間を細くすることで、軽くすると共に空気抵抗も減らしています。

シングル、ダブル、トリプルの3タイプがあります。

シングルは、エルボー以外はずん胴スポークと変わりません。タンデム車や荷物を積み込む旅行用に使われます。

ダブルは、段付きスポークの中では最も定番です。そのまま「段付きスポーク」と言えばほとんどはこれを指しています。エルボーとネジの部分はずん胴スポークと同じですが、中間は細くなっています。主にレース用のものに使われています。

トリプルは、エルボー、中間、ネジの全ての外径が全部違っているもののことです。強さと軽さの両方に長けています。

自転車のスポークが折れる原因と折れたときの対処法 まとめ

自転車のスポークが折れるのは仕方ない部分があります。
自分で交換する場合は、熟練した人の意見を聞いたりしながらするのが良いと思います。通勤や通学で乗っている人なら、専門店などにお任せする方が、その後も安全に乗れるのでオススメです。

どんなに大切に乗っていても壊れるときは壊れるので、その後の対処法なども頭に入れておきたいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 - ホイール スポーク, 自転車全般