豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクのサイズは小さめの方がメリットがいっぱい!?

      2017/06/26

ロードバイクのサイズは小さめの方がメリットがいっぱい!?

本格的にロードバイクでスピードを出そうと思うと、色々なことを気にし始めます。

パーツだったり、漕ぎ方だったり、サイズだったり・・・。
どれもスピードを上げるには必要なことです。

そんな数あるロードバイク攻略のひとつであるサイズの大きめと、小さめのロードバイクのメリットについて今回はお伝えしていきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


小さめサイズのロードバイクのメリット

ロードバイクに乗って快適に走るには、まずサイズ選びというのは、とても重要です。
その選び方は普通の一般の自転車のように単純ではありません。
たくさんのメーカーがたくさんの種類のロードバイクを出していますが、いくらカッコ良くても、デザインが気にいっても、サイズが合わなければ残念ながら乗ることは難しいでしょう。

もう売り切れだったということもあります。
ですが、毎年新しい顔のロードバイクが登場していますので、きっとお気に入りのものに出会えるはずです。

ロードバイクは、買ったら終わりではありません。
買ってからが始まりです。

普通なら、適正サイズで乗るロードバイクですが、中にはあえて小さめサイズを選ぶ人もいます。
理由は様々だと思いますが、プロの選手がより速く効率的に走るため、という理由が多いと思います。

姿勢も、プロの選手にとっては重要なポイントですから、より前傾のとれる小さめサイズを選んでいるのかもしれませんね。
ただ、適正サイズを外れると色々問題も起こるので、初心者の方にはおすすめできません。

小さめサイズのロードバイクのデメリット

ロードバイクのサイズ選びは大切ですが、あえて小さめのサイズにすると、何がどう変わるのでしょうか。

簡単に言うと、危険度が増します。
そして適正サイズで乗るときよりも、身体を鍛えなければならなくなります。

どういうことかと言うと、小さめのサイズのロードバイクに乗った場合、跳ね返る感じが強くなるので、デコボコ道を走るときなどは身体を支えようとする、強い力が必要になります。
つまり、余計な力です。

平坦な道を淡々と走るだけなら、あまり考えなくてもいいと思うのですが、道というのはデコボコだったり、坂があったりカーブがあったり、信号があったりするので、止まらなければならないときもあります。
そういったときに危険度が増すのです。

あとは、小さめなので、何かの拍子に身体とこすれたりして、怪我をする可能性も高くなります。

また、ハンドルの位置が低くなりますので、姿勢も変わります。
その姿勢が乗りやすいという人には良いのかもしれませんが、より低い前傾姿勢のまま走るとなると、かなりしんどいと思います。

大きいサイズのロードバイクでは

ロードバイクのサイズが自分の適正サイズより大きめな場合、適正サイズに乗るのと比べて、どんな違いがあるのでしょうか?

こちらも、小さめサイズに乗るのと同じように、安全性に問題があります。
大きすぎると乗ることもできませんし、前傾姿勢もとりにくく、走りも重くなります。
平坦な道を一定の速度で走る場合は、安定感があると思います。

サイズが違うと、このように乗り心地や走り心地に、とても影響が出るのです。

ロードバイクは、スピードがかなり出るので、安全面に考慮することは必要不可欠です。
そういった意味でも、サイズ選びは重要です。

最近では、女性もロードバイクに乗る人が増え、メーカーによってまちまちですが、XXSサイズのロードバイクや、女性に向けたおしゃれなデザインのものも作られています。
身長が140cm~から乗ることができます。

日本のブランド、ANCHOR(アンカー)も、女性用のサイズ展開をしているメーカーのひとつですね。

小さめ?大きめ?サイズの見方

乗りたいロードバイクが見つかったら、サイズが合うか調べていきます。
「ジオメトリー表」を見てみてください。
メーカーのホームページで確認できると思います。

身長がどのくらいだと、これくらいのサイズに乗れるという、大体のサイズがわかるというものです。

ただし、これだけでは決めないでください。
なぜなら、身長だけでは、サイズが本当に合うかわからないからです。

身体のあらゆる部分のサイズと合うか、調べてから購入するようにしましょう。
そして、過去にロードバイクを購入したことのある人も、次のロードバイクを買うときは、同じサイズで大丈夫と思わない方がいいです。

メーカーによって同じサイズ表記でも、小さめだったり、大きめだったりする場合があるからです。
なので、お店に行って、実際に乗ってみてから購入した方が良いでしょう。

値段はピンからキリですが、グレードの高いものは、やはり高くなります。
パーツにもグレードがありますが、中にはグレードの高いパーツを使っているのに低価格のものもありますので、コスパの良いものが狙いめです!

ロードバイクの適正サイズ

ロードバイクを作っているメーカーは、国内・国外様々ありますが、サイズ展開が少ないものだと、自分に合うサイズがなかったり、お店に置いていないという場合もあります。

少し小さめのサイズなら、微調整をすれば乗れるかもしれないという具合ですが、必ずしも全員に当てはまるわけではありません。
ロードバイクは、まずサイズを確認してから、他の要素(デザイン・価格など)で選ぶと、効率よく決められるかもしれません。

あとは、どんな場所を、どれくらい走るのかによっても変わってきます。

そして安全に乗るためには、備品も必要です。
初めてロードバイクを買うときは、予算を全部ロードバイクに使ってしまうと、あとで買い足す備品の分だけ予算オーバーとなってしまうので注意してください。

備品は色々ありますが、全て揃える必要はありません。

特にウェアなどは汗を素早く逃がしたり、空気抵抗を減らして、少しでも速く効率的に走るためのものなので、最初から必要にはならないと思います。
安全に走るのに必要な備品を、まずは揃えましょう。

初心者は適正サイズで

自分にピッタリのロードバイクを選ぶには専門店などに行き、実際に乗ってみてから決めるのが良いでしょう。

ロードバイクは買った後も、調整やパーツ交換、メンテナンスなどが必要になりますので、購入した後でも相談に乗ってもらえるお店で買うと心強いです!

サイズを測ったりするのが面倒だと感じる人は、もちろんネットで購入することも可能ですが、きちんとサイズ合わせをしなかったために、結局乗ることができなかったとなると、安い買い物でないですから、大変もったいないです。

後悔しないためにも、ちゃんと対応してくれるお店で購入しましょう。

サイズ合わせは、細かく行う必要があります。
腕の長さや足の長さも測ってもらって、自分にぴったりフィットする、自分だけの一台を見つけましょう。

特に女性は、男性よりも小さめのサイズになると思うので、選択肢がどうしても少なくなります。

サイズ展開豊富なロードバイクの種類を調べ、お店に行き、お気に入りを見つけてください。

まとめ 用途によってサイズを考えよう

自転車レースでトップを目指すのなら、細かいところまで修正したいですが、趣味で楽しむのであれば、気持ちよく乗れるサイズが良いと思います。

同じ趣味でも、人それぞれ楽しみ方は違うので、誰がどうだからこうすべき!という固定概念に捕らわれず、柔軟に楽しみたいですね。

 - 自転車 サイズ, 自転車全般