豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ロードバイクのサイズは小さめの方がメリットがいっぱい!?

2016.10.21

本格的にロードバイクでスピードを出そうと思うと、色々なことを気にし始めます。

パーツだったり、漕ぎ方だったり、サイズだったり・・・。
どれもスピードを上げるには必要なことです。

そんな数あるロードバイク攻略のひとつであるサイズの大きめと、小さめのロードバイクのメリットについて今回はお伝えしていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車のペダルを自分で分解してみよう!方法とコツを紹介

自転車のペダルのメンテナンスや清掃は、ご自身でされていますか? それとも自転車屋さんに頼んでい...

自転車タイヤ規格はインチ以外にもある!表記の調べ方を解説

タイヤの表記は、車やバイクでしたら規格が統一しているので、分かりやすいです。 しかし自転車は、イン...

ロードバイクのクランクをアルテグラに!!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 「ロードバイクのクランクをアルテグラにするってどうなの...

自転車通勤してみようかな?4キロって何分かかるかな?

最近では、健康や環境、金銭面の観点から、自転車通勤をする会社員が増加傾向にあります。 しかし、...

クロスバイクのグリップの太さを変える!オススメと手順紹介

あなたは自分のクロスバイクのグリップに満足していますか? 握りづらいから太さを変えたい・・・そ...

bmx初心者が完成車購入の際に気をつけるポイントは?

bmxは、ロードバイクやMTBなど、「走る」ことに特化したものとは少し違う自転車です。 現在、...

自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか? 自分で乗って行くのが難しい距離だと、...

ロードバイクのメンテはしっかりと!費用はどのくらい?

ロードバイクを手にしたばかりの頃は毎日毎日磨いてパーツを眺めて、という方も少し経つとだんだん冷めて...

自転車のリムはなぜ歪む!?振れとり方法をご紹介

自転車のパーツは、使っていると必ず摩耗や劣化が起きます。 ホイールは、スポーク・リム・ハブ...

アメリカで自転車を使用する際の、鍵などの注意点とは

日本だけでなく、外国に行った場合でも、自転車に乗りたいと思っている方はいると思います。 アメリカの...

ペットを自転車旅行に行く前に預ける場合の方法やポイント

ペットを飼っている方、自転車旅行の際はどうしますか? 日帰りならお留守番も可能かもしれませんが...

スポーツ自転車と原付バイクはどっちが速いの?

最近では、自動車でドライブをしていても、ロードバイクを見かけることが多くなってきました。 スポ...

あなたの自転車は大丈夫?自転車の歪みによる影響と解決法!

自転車に乗っていて、なんだか乗り心地が悪い… そんなことはありませんか? もしかしたら、自転...

自転車のブレーキロックの危険性と原因・対処法について

スポーツ自転車では、急ブレーキをかけたときに、タイヤにロックがかかって滑ってしまうことがあります。 ...

自転車を漕いだときの時速(女性を含む)は何kmになるのか

徒歩や走ったりするより速く移動できる自転車ですが、その時速はどれくらい出るのでしょうか。 競輪選...

スポンサーリンク

小さめサイズのロードバイクのメリット

ロードバイクに乗って快適に走るには、まずサイズ選びというのは、とても重要です。
その選び方は普通の一般の自転車のように単純ではありません。
たくさんのメーカーがたくさんの種類のロードバイクを出していますが、いくらカッコ良くても、デザインが気にいっても、サイズが合わなければ残念ながら乗ることは難しいでしょう。

もう売り切れだったということもあります。
ですが、毎年新しい顔のロードバイクが登場していますので、きっとお気に入りのものに出会えるはずです。

ロードバイクは、買ったら終わりではありません。
買ってからが始まりです。

普通なら、適正サイズで乗るロードバイクですが、中にはあえて小さめサイズを選ぶ人もいます。
理由は様々だと思いますが、プロの選手がより速く効率的に走るため、という理由が多いと思います。

姿勢も、プロの選手にとっては重要なポイントですから、より前傾のとれる小さめサイズを選んでいるのかもしれませんね。
ただ、適正サイズを外れると色々問題も起こるので、初心者の方にはおすすめできません。

小さめサイズのロードバイクのデメリット

ロードバイクのサイズ選びは大切ですが、あえて小さめのサイズにすると、何がどう変わるのでしょうか。

簡単に言うと、危険度が増します。
そして適正サイズで乗るときよりも、身体を鍛えなければならなくなります。

どういうことかと言うと、小さめのサイズのロードバイクに乗った場合、跳ね返る感じが強くなるので、デコボコ道を走るときなどは身体を支えようとする、強い力が必要になります。
つまり、余計な力です。

平坦な道を淡々と走るだけなら、あまり考えなくてもいいと思うのですが、道というのはデコボコだったり、坂があったりカーブがあったり、信号があったりするので、止まらなければならないときもあります。
そういったときに危険度が増すのです。

あとは、小さめなので、何かの拍子に身体とこすれたりして、怪我をする可能性も高くなります。

また、ハンドルの位置が低くなりますので、姿勢も変わります。
その姿勢が乗りやすいという人には良いのかもしれませんが、より低い前傾姿勢のまま走るとなると、かなりしんどいと思います。

大きいサイズのロードバイクでは

ロードバイクのサイズが自分の適正サイズより大きめな場合、適正サイズに乗るのと比べて、どんな違いがあるのでしょうか?

こちらも、小さめサイズに乗るのと同じように、安全性に問題があります。
大きすぎると乗ることもできませんし、前傾姿勢もとりにくく、走りも重くなります。
平坦な道を一定の速度で走る場合は、安定感があると思います。

サイズが違うと、このように乗り心地や走り心地に、とても影響が出るのです。

ロードバイクは、スピードがかなり出るので、安全面に考慮することは必要不可欠です。
そういった意味でも、サイズ選びは重要です。

最近では、女性もロードバイクに乗る人が増え、メーカーによってまちまちですが、XXSサイズのロードバイクや、女性に向けたおしゃれなデザインのものも作られています。
身長が140cm~から乗ることができます。

日本のブランド、ANCHOR(アンカー)も、女性用のサイズ展開をしているメーカーのひとつですね。

小さめ?大きめ?サイズの見方

乗りたいロードバイクが見つかったら、サイズが合うか調べていきます。
「ジオメトリー表」を見てみてください。
メーカーのホームページで確認できると思います。

身長がどのくらいだと、これくらいのサイズに乗れるという、大体のサイズがわかるというものです。

ただし、これだけでは決めないでください。
なぜなら、身長だけでは、サイズが本当に合うかわからないからです。

身体のあらゆる部分のサイズと合うか、調べてから購入するようにしましょう。
そして、過去にロードバイクを購入したことのある人も、次のロードバイクを買うときは、同じサイズで大丈夫と思わない方がいいです。

メーカーによって同じサイズ表記でも、小さめだったり、大きめだったりする場合があるからです。
なので、お店に行って、実際に乗ってみてから購入した方が良いでしょう。

値段はピンからキリですが、グレードの高いものは、やはり高くなります。
パーツにもグレードがありますが、中にはグレードの高いパーツを使っているのに低価格のものもありますので、コスパの良いものが狙いめです!

ロードバイクの適正サイズ

ロードバイクを作っているメーカーは、国内・国外様々ありますが、サイズ展開が少ないものだと、自分に合うサイズがなかったり、お店に置いていないという場合もあります。

少し小さめのサイズなら、微調整をすれば乗れるかもしれないという具合ですが、必ずしも全員に当てはまるわけではありません。
ロードバイクは、まずサイズを確認してから、他の要素(デザイン・価格など)で選ぶと、効率よく決められるかもしれません。

あとは、どんな場所を、どれくらい走るのかによっても変わってきます。

そして安全に乗るためには、備品も必要です。
初めてロードバイクを買うときは、予算を全部ロードバイクに使ってしまうと、あとで買い足す備品の分だけ予算オーバーとなってしまうので注意してください。

備品は色々ありますが、全て揃える必要はありません。

特にウェアなどは汗を素早く逃がしたり、空気抵抗を減らして、少しでも速く効率的に走るためのものなので、最初から必要にはならないと思います。
安全に走るのに必要な備品を、まずは揃えましょう。

初心者は適正サイズで

自分にピッタリのロードバイクを選ぶには専門店などに行き、実際に乗ってみてから決めるのが良いでしょう。

ロードバイクは買った後も、調整やパーツ交換、メンテナンスなどが必要になりますので、購入した後でも相談に乗ってもらえるお店で買うと心強いです!

サイズを測ったりするのが面倒だと感じる人は、もちろんネットで購入することも可能ですが、きちんとサイズ合わせをしなかったために、結局乗ることができなかったとなると、安い買い物でないですから、大変もったいないです。

後悔しないためにも、ちゃんと対応してくれるお店で購入しましょう。

サイズ合わせは、細かく行う必要があります。
腕の長さや足の長さも測ってもらって、自分にぴったりフィットする、自分だけの一台を見つけましょう。

特に女性は、男性よりも小さめのサイズになると思うので、選択肢がどうしても少なくなります。

サイズ展開豊富なロードバイクの種類を調べ、お店に行き、お気に入りを見つけてください。

まとめ 用途によってサイズを考えよう

自転車レースでトップを目指すのなら、細かいところまで修正したいですが、趣味で楽しむのであれば、気持ちよく乗れるサイズが良いと思います。

同じ趣味でも、人それぞれ楽しみ方は違うので、誰がどうだからこうすべき!という固定概念に捕らわれず、柔軟に楽しみたいですね。

 - 自転車 サイズ, 自転車全般