豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消?

      2016/11/25

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消?

クロスバイクに乗る上でかかせないのが変速ですよね。

変速時にガツンといった衝撃が来ることはありますか?
このような変速時の衝撃って、結構気になりますよね。

実はこの衝撃は、スプロケットが原因かもしれません。

では、スプロケットの交換で衝撃は解消するのかどうか、今からご説明します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001662-1.jpg
自転車のパーツの名前分かりますか?フレームって何?

自転車のパーツには様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前が...

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

スポンサーリンク


クロスバイク変速時の衝撃はスプロケットが原因①

今までママチャリに乗っていた方が、クロスバイクに自転車を交換すると、その性能の違いにびっくりする方も多いと思います。

私もその1人ですが、クロスバイクに乗っていると、やがてあることが気になり始めました。

それは、変速時にガツンとくる衝撃があることです。

だんだんとスピードが乗り、シフトアップしていくときに、突然、その衝撃が起こります。

ギアを変えたときの衝撃を気にしないようにしていましたが、どうしても気になってしまうようになりました。

こうなってしまうと、そのことが段々とストレスになり、なぜ、スムーズに変速できないのかと思うようになりました。

私の愛用しているクロスバイクのESCAPE Airは、フロント3段、リア8段の合計24段もある多段式です。

それなのに、なぜスムーズに変速ができないのかと疑問に思いました。

この衝撃は何なのか調べてみると、原因は、リアについているピラミッド横にしたような形のカセットスプロケットにありました。

クロスバイク変速時の衝撃はスプロケットが原因②

カセットスプロケットがリアの段数になり、ギアの枚数が多いほど、スムーズに変速ができるようになります。

例えば、リア11段のロードバイクにあるカセットスプロケットには、11枚のギアがあるのです。

ギアの組み合わせにもよりますが、フロント3段のリア8段で合計24段のクロスバイクよりも、フロント2段のリア11段、合計22段のロードバイクのほうが、変速をスムーズに行うことができるのです。

リアのギア数で考えると、ほとんど変わらないように思えるのですが、この3段の違いはとても大きいのです。

カセットスプロケットの歯数と、フロントのチェーンリングの歯数の組み合わせで、ギア比を計算します。

ギア比の数字が大きいほど重たくなり、ギアとの数値の差が少ないほど、スムーズに変速できます。

段ごとのギア比の差が大きければ大きいほど、変速のときに衝撃が大きくなります。

8速11-32Tは、0.2から0.5程度の刻みでギア比が変化しています。

一方11速12-25Tの方は、スプロケットの歯並びも綺麗です。

では、多段なスプロケットに交換すれば良いのでしょうか?

クロスバイクは多段なスプロケットに交換すれば良い?

カセットスプロケットは、8速よりも11速のほうがギア比にムラがなく、スムーズに変速できます。

「それならば、クロスバイクのカセットスプロケットを8段から11段に替えてしまえばいい」と思ってしまいがちですが、カセットスプロケットの交換は簡単ではありません。

リアディレーラーの動く幅は、段数によって決められ、変速をコントロールするシフターの幅が違います。

また、チェーンの幅も違います。

リアの段数を変えるには、大掛かりな作業であるコンポーネント一式を換えるということをしなくてはなりません。

ホイールも、その段数に対応していない場合は、対応したものに換えなくてはいけません。

なので、カセットスプロケットを、より多段なものに換えるだけで終了とはいきません。

ただ、スプロケットは段数が同じであれば、カセットスプロケットのみの交換も可能です。

なので、歯数がスムーズに並んだスプロケットを選べば、他のパーツを換えなくても、スムーズに変速できるようになります。

スプロケットの歯数について

ESCAPE Airの標準スプロケットの歯数を見てみると、11-32Tという歯数になっています。
11-32Tは、ワイドレシオといわれるギアで、ギアの歯数の構成は、トップが11で、ローが32Tまでのワイドな歯数で構成されています。

ロー側の32Tという数字は、とても大きな数字です。

ロードバイクは、ロー側の数字が28T以上だと、とても軽いギアになり、坂道を楽に上ることができます。

カセットスプロケットのギアの交換で、構成を決めるときに、最大ギアが28T未満か、28T以上なのかで大きく変わります。

フロントの歯数でも違いますが、クロスバイクの場合は、一般的なロードバイクに使われている歯数よりも少ないので、軽くなります。

フロントのギアは、歯数が少ないと軽いギアになります。

平地をより多く走るロードバイクは、トップとローの差があまり開いていないギアが良く、クロウスレシオなギアといいます。

標準的なスプロケットは、12-25Tです。

変速時の衝動が気になる場合はスプロケットを交換

シティライドのとき、多少の坂道程度は、25Tあれば余裕で上れます。

または、フロントギアをインナーに落とせば大丈夫でしょう。

マウンテンバイクのように、ダウンヒルをするのであれば別ですが、クロスバイクのESCAPE Airについている32Tは、十分すぎるほど大きな歯数です。

加えて、3段で歯数の少ないギアなので、シティライドがほとんどであれば、32Tというギアを使うことはないのです。

32Tというギアは無駄になってしまいます。

なので、ギアの段飛びを小さくして、スムーズな変速ができたほうがいいかもしれません。

変速時の衝撃が気になるようであれば、スムーズな変速ができるように、クロスバイクのESCAPE Airのカセットスプロケットをクロスレシオなのものに交換したほうがいいでしょう。

スプロケットの交換は、専用工具が必要ですが、スプロケットの清掃等使えることが多いので、スポーツバイクを乗り続ける人は、購入すると良いでしょう。

スプロケットの交換手順

スプロケットの交換する方法を紹介します。

まず、後輪を外します。

そして、ロックリング回しをセットします。

フリーホイールリムーバーでギアを固定し、スパナで回します。

古いスプロケットを外し、新しいスプロケットをつけます。

最後に、逆の手順で取り付けていきます。

ホイールを壊してしまうかも、と心配する人もいると思いますが、ホイールは簡単には壊れないので、少し体重をかけて回さないと外れません。

なので、きちんとネジが回るように少し加重しましょう。

スプロケットを交換するついでに、クロスバイクのESCAPE Airの後輪についていたチェーン脱落防止のプラ板は外すこともできます。

メーカーによると、プラ板がないと、ホイール側にチェーンが落ちてしまう危険があり、スポークを折ってしまう可能性があるそうです。

ただ、ロードバイクにプラ板装着している人を見たことがなく、発信時、2速からローギアにしないので、取ってしまいました。

プラ板を外す際は、自己責任でお願いします。

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消? まとめ

いかがでしたか?

クロスバイクの変速時にガツンという衝撃が来る場合、スプロケットを交換することで解消できるようですね。

ただ自分でメンテナンスをしたり、交換作業をしたりすることは時間も手間もかかります。

困った場合は、自転車屋さんに相談することをオススメします。

 - 自転車 メンテナンス, 自転車全般