豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消?

      2016/11/25

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消?

クロスバイクに乗る上でかかせないのが変速ですよね。

変速時にガツンといった衝撃が来ることはありますか?
このような変速時の衝撃って、結構気になりますよね。

実はこの衝撃は、スプロケットが原因かもしれません。

では、スプロケットの交換で衝撃は解消するのかどうか、今からご説明します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001884-1.jpg
ロードバイク本体やパーツを通販で購入するときの注意点

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001779-2.jpg
ジオスのロードバイクは種類が豊富!その評判とは?

イタリアの「GIOS(ジオス)」は、ジオスブルーで有名な老舗...

pwk0001875-1.jpg
スプロケットにスペーサーを入れれば何速用でも対応可能か?

スプロケットとは、自転車の後輪に付いているギアの歯車のこ...

pwk0001866-2.jpg
自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動...

pwk0001860-2.jpg
山手線に乗って一周したことある?自転車ならどれ位掛かる?

東京や首都圏在住の方なら、一度は乗ったことがあると思われ...

pwk0001775-2.jpg
クロスバイクとロードバイクの違いは?坂道はどちらが向く?

スポーツ自転車に初挑戦するときに悩むのは、どの車種を選ぶ...

pwk0001772-2.jpg
カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか? 昔はほとんどのMT...

pwk0001770-2.jpg
mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれてい...

pwk0001785-2.jpg
ラレーのロードバイクはクラシカルなデザインで評判!

ラレーは、イギリスで100年以上の歴史を持つ自転車メーカ...

pwk0001883-1.jpg
プロ推奨!ロードバイクのおすすめフロント・リアライト

ロードバイクやクロスバイクを買ったら、他に買う必要のある物の...

pwk0001882-1.jpg
【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体にな...

pwk0001858-2.jpg
プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれ...

pwk0001857-2.jpg
おすすめロードバイクタイヤ10本をランキング形式でご紹介

ロードバイクで最も重要なパーツはホイールですが、タイヤはその...

pwk0001832-2.jpg
色々な人のためにプロが本気で厳選したロードバイクのサドル

ロードバイクのサドルとは奥の深いもので、お尻の痛み問題をはじ...

pwk0001766-2.jpg
fsaのクランクの評価と他メーカーのコンポとの互換性は?

fsaのクランクは、BB30仕様の完成車によく使われてい...

pwk0001765-2.jpg
bianchiのクロスバイクは人気が高い!サイズ選びも重要

現存する最古の自転車メーカーが、イタリアのbianchi...

pwk0001763-2.jpg
クロスバイクのタイヤ700x28cとは何のことを表しているの?

スポーツ自転車のタイヤは、種類によって使用されているタイ...

pwk0001762-1.jpg
自動車のミラーに接触したかも!どういう対処すればいい?

自転車に乗っていて、自動車のサイドミラーと、自転車のハン...

pwk0001761-1.jpg
自転車タイヤのバルブ交換をしたいけどどんな種類があるの?

自転車のホイールから突き出ている小さな突起物が、タイヤに...

pwk0001760-1.jpg
自転車の逆走は重大な違反です!取締りが強化されたわけとは

2015年の道路交通法改定により、自転車の違反に対する取...

スポンサーリンク


クロスバイク変速時の衝撃はスプロケットが原因①

今までママチャリに乗っていた方が、クロスバイクに自転車を交換すると、その性能の違いにびっくりする方も多いと思います。

私もその1人ですが、クロスバイクに乗っていると、やがてあることが気になり始めました。

それは、変速時にガツンとくる衝撃があることです。

だんだんとスピードが乗り、シフトアップしていくときに、突然、その衝撃が起こります。

ギアを変えたときの衝撃を気にしないようにしていましたが、どうしても気になってしまうようになりました。

こうなってしまうと、そのことが段々とストレスになり、なぜ、スムーズに変速できないのかと思うようになりました。

私の愛用しているクロスバイクのESCAPE Airは、フロント3段、リア8段の合計24段もある多段式です。

それなのに、なぜスムーズに変速ができないのかと疑問に思いました。

この衝撃は何なのか調べてみると、原因は、リアについているピラミッド横にしたような形のカセットスプロケットにありました。

クロスバイク変速時の衝撃はスプロケットが原因②

カセットスプロケットがリアの段数になり、ギアの枚数が多いほど、スムーズに変速ができるようになります。

例えば、リア11段のロードバイクにあるカセットスプロケットには、11枚のギアがあるのです。

ギアの組み合わせにもよりますが、フロント3段のリア8段で合計24段のクロスバイクよりも、フロント2段のリア11段、合計22段のロードバイクのほうが、変速をスムーズに行うことができるのです。

リアのギア数で考えると、ほとんど変わらないように思えるのですが、この3段の違いはとても大きいのです。

カセットスプロケットの歯数と、フロントのチェーンリングの歯数の組み合わせで、ギア比を計算します。

ギア比の数字が大きいほど重たくなり、ギアとの数値の差が少ないほど、スムーズに変速できます。

段ごとのギア比の差が大きければ大きいほど、変速のときに衝撃が大きくなります。

8速11-32Tは、0.2から0.5程度の刻みでギア比が変化しています。

一方11速12-25Tの方は、スプロケットの歯並びも綺麗です。

では、多段なスプロケットに交換すれば良いのでしょうか?

クロスバイクは多段なスプロケットに交換すれば良い?

カセットスプロケットは、8速よりも11速のほうがギア比にムラがなく、スムーズに変速できます。

「それならば、クロスバイクのカセットスプロケットを8段から11段に替えてしまえばいい」と思ってしまいがちですが、カセットスプロケットの交換は簡単ではありません。

リアディレーラーの動く幅は、段数によって決められ、変速をコントロールするシフターの幅が違います。

また、チェーンの幅も違います。

リアの段数を変えるには、大掛かりな作業であるコンポーネント一式を換えるということをしなくてはなりません。

ホイールも、その段数に対応していない場合は、対応したものに換えなくてはいけません。

なので、カセットスプロケットを、より多段なものに換えるだけで終了とはいきません。

ただ、スプロケットは段数が同じであれば、カセットスプロケットのみの交換も可能です。

なので、歯数がスムーズに並んだスプロケットを選べば、他のパーツを換えなくても、スムーズに変速できるようになります。

スプロケットの歯数について

ESCAPE Airの標準スプロケットの歯数を見てみると、11-32Tという歯数になっています。
11-32Tは、ワイドレシオといわれるギアで、ギアの歯数の構成は、トップが11で、ローが32Tまでのワイドな歯数で構成されています。

ロー側の32Tという数字は、とても大きな数字です。

ロードバイクは、ロー側の数字が28T以上だと、とても軽いギアになり、坂道を楽に上ることができます。

カセットスプロケットのギアの交換で、構成を決めるときに、最大ギアが28T未満か、28T以上なのかで大きく変わります。

フロントの歯数でも違いますが、クロスバイクの場合は、一般的なロードバイクに使われている歯数よりも少ないので、軽くなります。

フロントのギアは、歯数が少ないと軽いギアになります。

平地をより多く走るロードバイクは、トップとローの差があまり開いていないギアが良く、クロウスレシオなギアといいます。

標準的なスプロケットは、12-25Tです。

変速時の衝動が気になる場合はスプロケットを交換

シティライドのとき、多少の坂道程度は、25Tあれば余裕で上れます。

または、フロントギアをインナーに落とせば大丈夫でしょう。

マウンテンバイクのように、ダウンヒルをするのであれば別ですが、クロスバイクのESCAPE Airについている32Tは、十分すぎるほど大きな歯数です。

加えて、3段で歯数の少ないギアなので、シティライドがほとんどであれば、32Tというギアを使うことはないのです。

32Tというギアは無駄になってしまいます。

なので、ギアの段飛びを小さくして、スムーズな変速ができたほうがいいかもしれません。

変速時の衝撃が気になるようであれば、スムーズな変速ができるように、クロスバイクのESCAPE Airのカセットスプロケットをクロスレシオなのものに交換したほうがいいでしょう。

スプロケットの交換は、専用工具が必要ですが、スプロケットの清掃等使えることが多いので、スポーツバイクを乗り続ける人は、購入すると良いでしょう。

スプロケットの交換手順

スプロケットの交換する方法を紹介します。

まず、後輪を外します。

そして、ロックリング回しをセットします。

フリーホイールリムーバーでギアを固定し、スパナで回します。

古いスプロケットを外し、新しいスプロケットをつけます。

最後に、逆の手順で取り付けていきます。

ホイールを壊してしまうかも、と心配する人もいると思いますが、ホイールは簡単には壊れないので、少し体重をかけて回さないと外れません。

なので、きちんとネジが回るように少し加重しましょう。

スプロケットを交換するついでに、クロスバイクのESCAPE Airの後輪についていたチェーン脱落防止のプラ板は外すこともできます。

メーカーによると、プラ板がないと、ホイール側にチェーンが落ちてしまう危険があり、スポークを折ってしまう可能性があるそうです。

ただ、ロードバイクにプラ板装着している人を見たことがなく、発信時、2速からローギアにしないので、取ってしまいました。

プラ板を外す際は、自己責任でお願いします。

クロスバイクの変速時の衝動は、スプロケットの交換で解消? まとめ

いかがでしたか?

クロスバイクの変速時にガツンという衝撃が来る場合、スプロケットを交換することで解消できるようですね。

ただ自分でメンテナンスをしたり、交換作業をしたりすることは時間も手間もかかります。

困った場合は、自転車屋さんに相談することをオススメします。

 - 自転車 メンテナンス, 自転車全般