腹筋って毎日やるのが効果的??10回でも効果が出る!?

「筋トレ」ってしんどいイメージがありますよね?
筋トレがしんどいイメージになったのは、1セット30回や50回も行い、それを3セットや5セットも行った思い出があるからだと思います。

しかし、筋トレもポイントを押さえれば、毎日10回程度でも効果があります。

また、自転車と腹筋はあまり関係性がないと思われがちですが、やり方次第で鍛えられることができるのですよ。

今回は、腹筋の効果的なやり方などご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのBBに関するメンテとよくある勘違い

ギシギシ、カチカチ、ゴリゴリ…、ロードバイクのペダルを踏み込むたびに伝わってくる違和感と異音。ペ...

ロードバイクでヒルクライム!スプロケットのおすすめは?

ロードバイクを買ったらヒルクライムにチャレンジしたい!そう思う方はきっと多いでしょう。登り坂ばか...

自転車のチェーンのテンション調整の必要は?やり方と注意点

たまに自転車屋さんに行くと、「チェーンが伸びちゃってるね、引いておくよ」なんて言われたこと、ありませ...

自転車のbb付近のカチカチ音の原因って!?

自転車のbb付近からカチカチと異音がするけど、実際どこから音が鳴っているのか分からない!異音...

日本の男性は細い!自転車を漕いで、細マッチョになろう!

日本の男性は、海外の男性と比べると細い人が多い・・・という話を聞いたことはありますか?言...

自転車のタイヤやホイールの交換方法が知りたい!

自転車に長年乗っていると、タイヤやホイールは劣化します。劣化したまま乗り続けるのは故障や思わぬ事...

自転車の無灯火は警察につかまる?ルールをしっかり確認!

道路交通法が改正され、自転車に対する罰則もだいぶ強化されました。悲惨な事故を減らすためにも、多く...

体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうにかしたい」と、身体の悩みを抱える方は多い...

キャノンデールのクロスバイク、バッドボーイがカッコイイ!

通勤通学でクロスバイクを使用しているという方も最近は多いでしょう。キャノンデールのクロスバイク「バ...

京都と東京間を自転車で走ってみよう!

皆さんは自転車で日本一周を考えた事はありますか?自転車に限らず、いつかは日本一周をしてみたい!と思っ...

コンポーネントで話題に出るシマノ・クラリスの性能は?

シマノのクラリスといえば、6万円から10万円のレンジのロードバイク完成車に付属しているコンポーネント...

自転車のハブとグリスについてのあれこれ

ところで皆さん、自転車のハブってご存知ですか? グリスってどんなものか、何に使うものか分かりますか?...

ロードバイクのタイヤで20cはどうなの?実用性はあるの?

ロードバイクのタイヤには、太さや種類など様々あり、選ぶのもひと苦労といった感じの方も多いのではないで...

日本と中国を比較してみよう!自転車の二人乗り!

近くて遠い国、中国。読者の中には、自転車に二人乗りして、お巡りさんに怒られた経験がある方もいるの...

ロードバイクのメンテ、費用の目安はどのくらい?

『通勤や通学はロードバイクで軽快に』雑誌の特集を見て、自分もちょっと始めてみようかな。な...

スポンサーリンク

毎日10回の腹筋でも効果がある!?

あなたは1回の腹筋をするのに何秒かかりますか?

一般に、1回の腹筋にかける時間は1秒程度です。

では、1回に10秒かけて腹筋をしてみてください。
上体を起こすのに5秒、倒すのに5秒。往復で10秒です。
筋トレに慣れていない人は5回でも苦しいはずです。

ウエストを絞るために、毎日何十回と腹筋を繰り返す人もいるようですが、ダイエット効果を得るためには、たくさん腹筋したからといっても意味がありません。

数多く腹筋することで、効果が出るのは筋肉の持久力です。
お腹周りのサイズダウンには、効果がないのです。

スリムなウエストを得るためには、筋肉を鍛えて代謝を良くすることで、脂肪燃焼効果を上げなければなりません。

このために必要な腹筋運動は、1日にわずか10回〜20回程度で良いのです。

毎日10回〜20回の腹筋をするだけで、くびれたウエストを手に入れることができます。

脂肪燃焼効果を高めるために筋肉を鍛えるには、回数よりも、いかに集中して筋肉を鍛えるかが重要なのです。

たった腹筋10回でも効率よく腹筋を付ける方法

腹筋とひと口に言っても、実は何種類かの筋肉を指しています。
腹筋は、複数の筋肉から出来ているのです。

・腹直筋
お腹の中心にあたる筋肉で、お腹を縦に縮めるときに使われます。
肉や脂肪が全体について、ポッコリと前に出たお腹をへこませるには、この腹直筋を鍛えてすっきりさせます。

・腹斜筋
お腹の横腹の筋肉で、内臓を正しい位置に保つ働きをしています。
ウエストのくびれを作るのがこの腹斜筋です。

・腹横筋
脇腹の筋肉の下にあって横に伸びている筋肉です。
腹斜筋と同じく、内臓を正しい位置に保つ働きをしています。
へこみのあるすっきりとしたお腹にしたい場合には、この腹横筋を鍛えます。

腹直筋を鍛える方法は次の通りです。

① 床など硬い場所に仰向けで寝て、軽く膝を曲げたら、足の先を少しだけ浮かせます。
⓶ ①の姿勢を保ったまま、足だけを時間をかけてゆっくり上げます。
③ ゆっくりと時間をかけて足を下げます。

①~③を毎日10回〜20回繰り返します。

毎日10回の腹筋で女性らしいくびれを作る!!

女性らしいくびれたウエストラインを作るには、横腹にある腹斜筋の腹筋運動が効果的です。

① 床など硬い場所に仰向けで寝て、軽く膝を曲げます。
⓶ 頭の後ろで手を組んで、後頭部を浮かせます。
③ ⓶のまま、上体を前に巻き込むように起こします。
この時、息を吐きながら、おへそを見るようにするのがポイントです。

①~③を毎日10回〜20回繰り返します。

スリムなペタンコお腹を目指すには、腹横筋の腹筋運動が有効ですが、腹横筋は腹筋の中でも一番深いところにあります。

腹横筋は、内臓を正しい位置に維持する働きをしていますが、腹横筋が弱くなると、内臓の位置が不安定になって、お腹がポコッと出てしまうのです。

体全体は痩せているのに、お腹だけが出ている人は、腹横筋の筋力が低下しているためです。

腹横筋を鍛える腹筋運動は、次のように行います。

① 床などの硬い場所に仰向けで寝て、軽く膝を曲げます。
⓶ おへそを見るようなイメージで、体を内側に巻き込みます。
腹式呼吸を意識して行うのがポイントです。

これを毎日10回〜20回行います。

腹筋運動は、力を抜いてリラックスして行いましょう。

腹筋は毎日鍛えないほうがいい!?

筋トレは、毎日やらないほうが良いと言われている一方で、10回〜20回の腹筋運動は、毎日やるほうが良いと言われます。

どちらが良いのでしょうか。

筋トレは、筋肉の発達を促す運動ですが、筋トレによる刺激を、筋肉線維に与えることで、筋肉線維が傷つきます。

筋肉線維が回復するときに、必要な栄養と休養をとることで、前の状態よりも少し筋肉が発達するのです。

腹筋は回復が早くて、疲労が残りにくい筋肉と言われてはいますが、腹筋運動を毎日したほうが良いという考えは、厳密には間違っています。

腹筋は、筋トレによる刺激を与えるのが難しい筋肉なのです。
腹筋の回復が早いのは、筋トレをしても筋肉線維への刺激が少ないのです。

一方で、筋トレの刺激が筋肉線維に十分に届かない分、筋トレで得られる効果も少ないということになります。

このため、腹筋運動は毎日したほうが良いと言われるようになったようです。

腹筋は回復が早い筋肉ですが、それだけ筋トレの効果が、伝わりにくい筋肉ということです。

腹筋を鍛えるには、それなりの刺激を与えなければなりませんが、十分な刺激を与えるだけの筋トレが出来たとすれば、回復するまでにも時間がかかることになるのです。

自転車でも腹筋は鍛えられる!?

毎日10回〜20回の腹筋を続けられるか不安な人には、自転車ダイエットもおすすめです。

意外に聞こえるかもしれませんが、実は自転車は脂肪燃焼に効果があって、腹筋を鍛えるのにも有効なのです。

やり方は簡単です。

ハンドルを握ったときに、軽く前傾姿勢になるように、サドルをいつもより少し高めに調節して乗れば良いのです。

前傾姿勢になると、腹筋に少し力が入ります。
わずかな筋力でも、長い時間続けていれば、エネルギー消費が得られます。

自転車は、下半身だけの運動のように見えて、実は上半身の筋肉も効率的に使える運動なのです。

ただし、これはサドルを高くしている場合のことで、サドルが低い状態では、上半身を鍛えることはできません。

一番のおすすめは、もともと前傾姿勢に設計されているスポーツ自転車ですが、普段ママチャリを利用しているのであれば、サドルをいつもより5cm程度高くすると良いでしょう。

最適なサドルの高さは、自転車にまたがった時につま先で立てる程度の高さです。
それ以上高くしてしまうのは、危険です。

自転車を使って腹筋を鍛える方法

自転車に乗るとき、動かしているのは足です。

いうまでもなく足への刺激が一番大きいのですが、実は乗り方次第で、お腹周りやお尻や背中など、上半身のシェイプアップにも効果が期待できるのです。

自転車で上半身を鍛えるには、自転車に乗るときの姿勢が重要です。

例えば、どんなに頑張って自転車を漕いだとしても、背中が曲がった状態では、腹筋や背筋をうまく使うことはできません。

背筋を伸ばして、姿勢よく乗ることで、お腹の筋肉を効果的に使うことができます。

この場合の運動は、脂肪を燃焼する有酸素運動にあたり、お腹の筋肉を刺激しながら効率良く運動できることになるのです。

ただし、20分以上乗り続けないと有酸素運動の効果は得られません。

ギアが重すぎて、20分も漕ぎ続けられないようでは、意味がないのです。

ギアが重すぎると、逆に筋肉がついて足が太くなってしまう場合もあります。

ギアチェンジができるのであれば、軽めのギアから少しずつ、自分に合う重さを見つけていくのが良いでしょう。

毎日10回〜20回の腹筋ができなくても、自転車なら爽快に楽しく続けられるかもしれません。

腹筋トレーニングのやり方

腹筋は、毎日10回でも効果があるとお分かりになりましたか?

ただし、ただ何も考えずに10回やるのではなく、負荷をかけて行うとより効果がでるでしょう。

また自転車は、主に足の筋肉が鍛えられると思っている方が、ほとんどだと思います。

乗り方の工夫次第で、腹筋の筋トレにもなることを覚えておきましょう。