豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

      2016/12/05

アルテグラのホイールをチューブレスにすると走りは変わる?

自転車に興味を持っている人なら、ほとんど知っているであろうシマノ。

部品にランクがあり、その中でも上位に入るアルテグラからチューブレスタイヤに対応しているホイールがあるのをご存知の方は多いと思います。

そして、チューブレスにするとどうなるのかが気になると思います。

ということで、アルテグラのホイールをチューブレスにするとどうなるのかをお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

pwk0001377-1.jpg
自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか?...

pwk0001376-1.jpg
女性におすすめのロードバイクや選び方について

ロードバイクは男性の乗り物というイメージが強いかもしれません...

pwk0001375-1.jpg
秋冬の自転車旅行、おすすめスポットや最適な服装は?

秋冬は寒く、外に出るのも億劫になってしまいがちです。 しか...

pwk0001374-1.jpg
中学生におすすめの通学自転車をご紹介します!

春から中学生になるお子さんを持つご両親は、お子さんの通学自転...

pwk0001373-1.jpg
英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在しま...

pwk0001372-1.jpg
身長が小さいことで悩む人や女性向けのロードバイク

ロードバイクに乗りたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配と...

pwk0001371-1.jpg
自転車で日帰り旅行に出発しよう!必要な持ち物は?

皆さんが日帰り旅行をするとしたら、移動手段は何ですか? 車...

pwk0001370-1.jpg
自転車で日本一周しよう!必需品や注意点はある?

自転車で日本一周したい・・・そう考えたこと、ありますか? ...

pwk0001369-1.jpg
マビック アクシウムを装着してレースに出よう!

皆さんは、どのようなホイールを装着していますか? ホイール...

スポンサーリンク


ロードバイクタイヤの種類

ロードバイクのタイヤは3種類あり、クリンチャー・チューブラー・チューブレスです。

クリンチャーは、一般的に出回っているもので、中にチューブを入れて使うタイヤです。

タイヤやホイールの流通数が多いので、色々なメーカーから豊富に販売されています。

また、パンクの修理がしやすく、コストが安いこともメリットになっています。

そのコストが安いためか、パンクしやすく、パンクしたらすぐに空気が抜けてしまいます。

チューブラーは、タイヤにチューブが縫いこまれており、ホイールに接着剤でつけて使います。

軽量で、空気圧を高くでき、リム打ちのパンクがしにくく、ホイールを軽量にできます。

パンクしたらタイヤごと交換が必要になります。

チューブ交換もできなくはありませんが、とても労力が必要になるので、タイヤごと替えてしまう方が効率的です。

パンクしたら困りますが、限界性能が高く、下り坂でのスピードは、クリンチャーと最大10kmほども違いが出るといわれています。

そのため、レース用のタイヤとして使われます。

チューブレスは、クリンチャータイヤがチューブ無しになったようなタイヤです。

クリンチャーより転がり抵抗が少なく、バーストすることはほぼありません。

パンクに強いタイヤとなっています。

しかし、パンクをした場合は、タイヤの着脱が大変で、日頃からの空気圧管理も重要になります。

また、販売されている種類が少ないので、選べるものがあまりありません。

シマノの上位コンポ・アルテグラのホイールには、このチューブレスを使うことができます。

チューブレスの良い点

アルテグラのホイールに、チューブレスを使うことができますが、そのチューブレスの良い点は何なのでしょうか。

チューブレスの良いところは、先ほども述べましたが、よく転がるので速く走り、乗り心地も良いです。

乗り心地が良いというのは、お尻に優しいということです。

パンクしにくく、パンクしてもバーストしません。

クリンチャーは、タイヤの中でチューブが変形するので、転がり抵抗が大きくなります。

その点、チューブレスは、変形するチューブがないので、転がり抵抗が小さくなります。

どのくらい差があるかといいますと、チューブレスとクリンチャーの転がり抵抗の差は、だいたい20%くらいあります。

チューブレスより、クリンチャーにラテックスチューブを入れたほうが、抵抗が小さいという人もいます。

私の経験では、ラテックスチューブよりもチューブレスのほうが、さらに転がり抵抗が少なく、速いように感じました。

アルテグラのホイールとチューブレスで至高の乗り心地に

アルテグラのホイールにチューブレスは、乗り心地がとても良いです。

地面の小さなデコボコの振動がとても軽減するので、ロングライドでも体力を消耗しにくいです。

ラテックスチューブもとても良く、チューブレスに変えときみたいに、劇的な差はないのですが、乗り心地が良くなることは確かです。

ほとんどのチューブレス推奨空気圧は、クリンチャーよりも、1.0barほど低く設定されています。

推奨空気圧にしても、転がり抵抗が小さいままで走行できます。
もちろん、クリンチャーと同じ空気圧にしても問題ありません。

空気圧が下がると、乗り心地は柔らかくなり、グリップ性も良くなります。

チューブレスにすると、ロングライドでお尻が痛くなりやすい人でも、痛みが軽減されることがあります。

また、走行中の振動も軽減するので、快適なロングライドができるようになります。

チューブレスは、ロングライドをする人にはおすすめです。

チューブレスでもパンクする?

チューブレスは、文字通りチューブがないので、段差を乗り上げたときに起こるチューブのリム打ちパンクの心配が無用です。

クリンチャーは低圧にすると、リム打ちパンクのリスクが大きくなりますが、チューブレスは低圧でも、その心配はありません。

クリンチャーのように、高圧にしてなくてもいいのですが、空気圧の管理は大切ですので、気にかけましょう。

さすがのチューブレスでも、釘などの鋭いもので傷がつくとパンクします。

そのようなときは、パンク防止剤のシーライトを注入すると、大きな穴も自然に埋まります。

ただし、ホイールにシーライトがつき、汚れる可能性もあります。

チューブレスは、パンクしても空気が漏れる速度が遅く、バーストすることもほとんどありません。

硬いタイヤに、直接空気を閉じ込めているので、パンクしても2分以上走行できます。

まとめると、チューブレスは鋭いもので傷つくとパンクをしますが、バーストやリム打ちパンクの心配はほぼないです。

タイヤの細いロードバイクでパンクの心配が減るのは嬉しいですね。

アルテグラのホイールを使っている方は、チューブレスを検討してみてはいかがでしょうか。

チューブレス対応のアルテグラのホイール!

シマノのアルテグラ以下のグレードを使用している方は、アルテグラのホイールに換えると、その性能の違いに驚くことでしょう。

アルテグラは、チューブレスも対応のホイールで、各メーカーのチューブレスタイヤをつけることができます。

各メーカーのチューブレスタイヤをつけることができるというのは、かなりの利点となります。

チューブレスタイヤにするとき、注意点があります。

リムのタイヤ側には、ニップルホールがありません。

そのままでは、タイヤ交換でないので、付属の専用バルブを使用し、チューブレス対応にしましょう。

その他にも、チューブレスホイールのリムは空気が漏れないので、スポークの穴はありません。

アルテグラ+チューブレスに換えると、加速性能・振動吸収が変わるはずです。

疲労が溜まりにくくなるので、ロングライドが楽しくなりますよ。

コスパ最高!アルテグラより安いシマノ製ホイール

ロードバイクのタイヤは、クリンチャータイプが多く使われています。

シマノが発売した、新たなチューブレス対応ホイールの影響で、チューブレス使用者が増えるかもしれません。

シマノの販売するチューブレス対応のホイールも数が少なく、そこそこの値段なので、初心者や趣味で乗る人には、手の出しにくい価格帯でした。

今までのホイールは、前後セットで、4万円以上するものでした。

ですが、『WH-RS61』はとても安くなり、前後セットで約27,000円という価格で発売されました。

重量は前後で1,765gと軽くはないのですが、アルテグラのホイールと劣らない性能があります。

ワイドブラシハブを使い、ホイール剛性が向上しています。

スポークは、負荷のかかる両方の端を太く、真ん中は細く加工した軽量のダブルテッドスポークを使っています。

リアホイールには、オフセットリムを使い、左右のスポークテンションのバランスを整え、ホイール剛性をさらに上げています。

趣味などで気軽にロードバイクを楽しみたいけど、パンク修理が面倒と思っている方には、おすすめなホイールです。

まとめ チューブレスに履き替えてみよう!

いかがだったでしょうか?

メリットばかりお伝えしたように思いますが、それだけチューブレスの効果は高いと思います。

タイヤのパンクでお悩みの方は、試しにチューブレスタイヤに履き替えてみてはいかがでしょうか。

 - タイヤ チューブ, ホイール スポーク