豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

タイヤやチューブ、どこで購入や修理をすると安い?

      2016/12/20

タイヤやチューブ、どこで購入や修理をすると安い?

自転車のタイヤやチューブ、どこで買っても同じ料金だと思っていませんか?
実は、質やお店によって大きく価格が変わるのです。

購入だけでなく、修理でも、お店によって値段は変わります。

では、タイヤやチューブの購入や修理は、どんなお店が安いのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001388-1.jpg
日本一周クロスバイクの旅!予算はどのくらい?

クロスバイクに乗って、日本一周を旅したいと考えたことはありま...

pwk0001387-1.jpg
サイクリストになりたい!女性におすすめの自転車は?

休日にサイクルウェアを着て颯爽と道路を駆け抜けるサイクリスト...

pwk0001386-1.jpg
低身長でも悩まない!小さい人向けロードバイク

ロードバイクに乗っている人と言えば、比較的長身細身のイメージ...

pwk0001385-1.jpg
身長160cm以下の方におすすめのロードバイク

身長が160cm以下、特に150cm前後の女性ですと、「自分...

pwk0001384-1.jpg
自転車で思い切り走る!スピード向上のコツは?

あなたは自分の自転車の走行スピードに満足していますか? 「...

pwk0001383-1.jpg
日本一周向け自転車をご紹介!クロスバイクやランドナーなど

自転車で日本一周してみたいという夢を持つ方は、少なくありませ...

pwk0001382-1.jpg
体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうに...

pwk0001381-1.jpg
仏式バルブって何?英式から仏式に交換すべき?

自転車のバルブには、英式バルブや仏式バルブなど、いくつかの種...

pwk0001380-1.jpg
メリダってどんなメーカー?リアクトの2017年版ってどう?

皆さんは、メリダという自転車メーカーをご存知ですか? 「台...

pwk0001379-1.jpg
ブリヂストンのオルディナってどんな自転車?評判は?

ブリヂストンと聞くと、車のタイヤや電動アシスト自転車を思い浮...

pwk0001378-1.jpg
アメリカ製のロードバイクをご紹介!走行時にはヘルメットを

現在、ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあります。 もち...

pwk0001377-1.jpg
自転車を送りたい!宅配料金や梱包について

引っ越し先に自転車を持っていく場合、あなたならどうしますか?...

pwk0001376-1.jpg
女性におすすめのロードバイクや選び方について

ロードバイクは男性の乗り物というイメージが強いかもしれません...

pwk0001375-1.jpg
秋冬の自転車旅行、おすすめスポットや最適な服装は?

秋冬は寒く、外に出るのも億劫になってしまいがちです。 しか...

pwk0001374-1.jpg
中学生におすすめの通学自転車をご紹介します!

春から中学生になるお子さんを持つご両親は、お子さんの通学自転...

pwk0001373-1.jpg
英国発祥のレイノルズ!そのホイール・アサルトの魅力に迫る

自転車のホイールを取り扱うメーカーは、世界中に数多く存在しま...

pwk0001372-1.jpg
身長が小さいことで悩む人や女性向けのロードバイク

ロードバイクに乗りたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配と...

pwk0001371-1.jpg
自転車で日帰り旅行に出発しよう!必要な持ち物は?

皆さんが日帰り旅行をするとしたら、移動手段は何ですか? 車...

pwk0001370-1.jpg
自転車で日本一周しよう!必需品や注意点はある?

自転車で日本一周したい・・・そう考えたこと、ありますか? ...

pwk0001369-1.jpg
マビック アクシウムを装着してレースに出よう!

皆さんは、どのようなホイールを装着していますか? ホイール...

スポンサーリンク


タイヤ、どこで購入すると安い?

出来るだけ安いタイヤを購入したい場合は、ホームセンターが最適でしょう。
ホームセンターでは、タイヤにいくつかのランク付けがされており、1,000円辺りが標準的、1,500~2,000円くらいからは高級品と見なされます。

高いランクに位置付けられているタイヤには、パンクを防ぐベルトが取り付けられていたり、トレッドが通常よりも厚いといった特徴があります。

タイヤとチューブを、セットで売っていることもあるようです。
少し割高になりますが、サイズなどを調べる手間は省けますし、金額にそこまで大きな差はないので、お得と言えるでしょう。

自転車の専門店では、オープン価格になっていることが多いため、平均価格を算出しにくくなっていると思います。

無理矢理タイヤ1本分の値段を出すと、標準で1,500円から、高級品は2,500~3,000円とホームセンターよりも高値になります。

専門店では扱う種類は多く、店員の知識が豊富なので、値段より他の付加価値が欲しい方におすすめです。。
とりあえず安いものでいいときは、ホームセンターへ行きましょう。

チューブはどこで購入すると安い?

タイヤは、ホームセンターの方が安く手に入れられますが、それでは、チューブの値段はどうなっているのでしょうか。
タイヤを取り替える時には、チューブも一緒に変えた方が良いと言われています。
それは、どちらも同じタイミングで限界が来るようになっているからです。

タイヤの調子が悪くなったら、チューブもそろそろ危ないということになりますね。
もし、タイヤだけを取り替えたとしても、すぐにチューブも新調する羽目になります。
これでは二度手間になる上、出費も増えてしまうので、必ずタイヤとチューブは、まとめて交換するようにしましょう。

チューブの値段は、ホームセンターなら標準が500円、高級品が1,000円くらいとなっています。

専門店になると、標準は1,000円、高級品は1,500円と少々高くなります。
店や品質によっても差は出ますが、ホームセンターの方が安いというのは、変わらないようです。

購入費を抑えたいのならホームセンターですが、高いものは肉厚なので、空気が抜けにくいという利点を持っています。
さらにパンクにも強いため、予算を取るかそれとも性能を取るか、じっくり考えてみて下さい。

交換工賃にも違いが!安いのはどこ?

タイヤやチューブの購入費は、抑えようと思えば抑えられますが、交換するための費用すなわち「工賃」はいくら掛かるのでしょうか。

交換に関する全費用のうち、ほとんどの割合が工賃で占められています。
それほど大きな影響を及ぼすのです。
あらゆる業者の価格を比較して、一番安いところを探すのも有効ですが、最も出費が少なくなるのは、自分で取り換えることでしょう。

しかし、自力で交換するのは難しいため、技術や知識に自信がない場合は、やはり業者にお願いするしかありません。
実は工賃にはかなりの差があり、それも前輪と後輪によって価格は変わってきます。
下調べをきちんと行えば極力安値で済ませられるかもしれません。

ホームセンターの場合は前輪が500円、後輪が1,000~2,500円となっています。
専門店なら、前は1,000~2,500円、後ろは2,000~3,500円となっています。

ですがこれも店舗によって異なるため、あくまでも標準価格の目安のひとつとして認識して下さい。

基本的には、ホームセンターの方が安いことが分かります。
それでも、あらかじめ工賃がいくらになるのかは確認しておきましょう。

タイヤとチューブの購入・交換費用まとめ

タイヤとチューブの購入や交換に掛かる費用は、ホームセンターと専門店では、それぞれ大きな差があります。
また、店舗によっても変わるので、何処が安いとは言い切れないというのが事実でしょう。

それでも2つを比べた場合、ホームセンターの方が安く済む傾向があります。

前輪と後輪、両方を取り替えると、1台分の総費用は次の通りになります。

自分で作業すると3,000円
ホームセンターを利用すると6,000~7,000円
専門店に頼むと7,000~9,000円

が、おおよその目安となるでしょう。

ホームセンターの場合は、工賃が分かれば明朗会計となります。
専門店の場合は、単価と仕事量を合わせると、これよりも高くなってしまいます。

専門店は、ほとんどがオープン価格なので、店主の気分で値段が決まっていることも珍しくありません。
タイヤとチューブをまとめて交換すると、ある程度割り引いてくれることもあるようです。
どれくらい引いてくれるのかは店舗次第で、キャンペーンなどを行っているなら時期も関係してくるでしょう。

出費を控えたければ、比較的簡単に交換出来る前輪を自分で、後輪をホームセンターに頼むと良いでしょう。

タイヤチューブ交換、安く済ませたいなら自分で!Part1

タイヤやチューブの購入費など、なるべく安い範囲で済ませたければ、自分で交換することが最も確実です。
少し大変ですが、覚えてしまえば後は慣れるだけです。

用意するものは「タイヤレバー」を3本と「ポンプ」1本にです。
レバーは、スポークに掛けられるタイプを選ぶと、作業がスムーズに進められます。

まずは、タイヤとチューブを自転車から外さなければなりません。
最初に、車体からホイールを外して下さい。

そうしたら、チューブの空気を抜き、リムからタイヤを引き離すように揉んでいきます。

そして、バルブ口の左右に、それぞれタイヤレバーを引っ掛けたら、ビードをリムから取り外して下さい。

ビードが硬ければ、タイヤレバーを掛けた後に、両手でビードを持ち上げてやると良いでしょう。

上手く外すコツは、レバーのエンド部分をタイヤとリムの間に入れた後、横に移動させることです。

片側が取れたら、中に詰め込まれているチューブを、引っ張り出すことが出来ます。

残りのビードは、手で外してしまいましょう。

タイヤチューブ交換、安く済ませたいなら自分で!Part2

タイヤとチューブの交換は、購入時の費用などを含めると、とても安いとは言えない金額になってしまいます。
それを少しでも抑えるには、自分で交換すれば良いのです。

上記の続きです。
まずは、古いタイヤとチューブを取り外し、それから新しいものを取り付けていきます。

最初に、チューブの中に少量の空気を入れましょう。

軽く膨らむくらいの量を入れたら、バルブをリムのバルブ穴に通します。

そして片側のビードをリムにはめて下さい。

パンクを防ぐために、タイヤのラベルは必ずバルブ口のところへ持っていきましょう。

こうするとタイヤに異物が刺さった時、見つけやすくなります。

また、ラベルが付いている方を右側にして下さい。

向きが合っているなら、チューブをセットしていきます。

中に入れるというよりは、リムの上に乗せるようなイメージです。

セット出来たら、残りのビードをバルブの反対側である180度の位置からはめましょう。

後は空気を入れれば完了ですが、チューブが噛んでいないかどうかを確かめて下さい。

心配なら、バルブを押し込んでやると良いでしょう。

タイヤのチェックは、両手で持ち上げながら調べていきます。

チューブが見えていたら、タイヤを揉みながら中に詰め込んで下さい。

何もなければ、指定された空気圧の量の空気を入れるだけです。

不安な場合は自転車屋さんに依頼を

いかがでしたか?

パンク修理やタイヤ・チューブ交換に限らず、メンテナンスや修理は自転車屋さんに頼むと工賃がかかります。

なので、基本的に修理は自分で行った方が安上がりです。

修理によっては、自分一人で行うのは難しいものもありますので、不安な場合は、自転車屋さんに依頼しましょう。

 - タイヤ チューブ, 自転車 購入