豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車に乗っていると風でスカートがめくれる!対処法は?

      2017/01/05

自転車に乗っていると風でスカートがめくれる!対処法は?

満員電車や渋滞に巻き込まれることが無いという理由から、自転車通勤をしている方は多いではないでしょうか。

また、自転車走行は、太ももやヒップなどの筋力トレーニングになるため、ダイエットや運動不足の解消としても利用する方は多いです。

そんな便利な自転車ですが、女性にはスカートが風でめくれるといった悩みがあります。

今回は、そんな女性の悩みを解消する方法をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

pwk0001608-1.jpg
アイスバーン対策に!チェーンとスタッドレスタイヤの効果

皆さんは、雪の多い地域にお住まいでしょうか? 冬でも、夏と...

pwk0001607-1.jpg
自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの...

pwk0001606-1.jpg
弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性...

pwk0001605-1.jpg
通勤距離が5キロという人は自転車通勤始めてみませんか?

毎日ぎゅうぎゅうの電車に押し込められて、通勤だけで疲れ果...

pwk0001604-1.jpg
ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいま...

pwk0001603-1.jpg
ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思...

pwk0001602-1.jpg
圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやって...

スポンサーリンク


自転車に乗るとき、風でスカートがめくれるのを防止しよう

自転車を使う女性で日本全国にとどまらず、世界各国でも共通する悩みは、風でスカートがめくれることだと思います。
車や電車などで移動できるなら、そこまで問題ないのですが、自転車が移動手段になっている方はそうもいきません。
特に学生は、制服で登下校することが義務付けられているところが多いので、スカートで自転車を漕がなくてはいけません。

学生の中には、スカートの下にジャージを履いて、登下校する子もいます。
ですが、見た目が悪かったり、教師から注意されることがあります。

その点、社会人の女性は出勤・退勤の服装選択の自由度が高いです。
就業中は制服で行うということもありますが、出勤・退勤の服装まで定めている会社は少ないです。

ですので、自転車に乗っているときは漕ぎやすい服装で、会社に着いたら制服に着替える方もいます。
ですが、毎日着替えをするのも面倒ですし、私服で出掛けるとき、どうしてもスカートが良い!という日もありますよね。

そういったときは、どのようにすれば、風によるめくれを防止できるのでしょうか。

風によるスカートのめくれを防止する3つの方法

風によるスカートのめくれを防止する方法は、3つあります。

 

①【クリップで股の部分を止める】

この方法は、スカートをショートパンツのようにするので、風がスカートに入るのを防げます。
重ね着をしたくない夏におすすめです。
デメリットとして、自転車が漕ぎづらくなることが挙げられます。

 

②【長袖のシャツやカーディガンを腰に巻く】

春・秋の季節、スカートがめくれないないようにするには、この方法がベストです。
長袖のシャツなどの袖をウエストの前で結び、袖を股の前に垂らすようにしましょう。
袖がスカートの前のめくれを抑え、腰のシャツがスカートの横と後ろのめくれを抑えます。

このようにすれば、スカートが風で舞い上がるのを防げます。
また、腰巻をすれば、オシャレに自転車に乗れます。

 

③【みせパンを履く】

見せてもいいパンツである「みせパン」を履くのも良いでしょう。
オシャレなみせパンがたくさん売られているので、選ぶのも楽しいでしょう。

みせパンは、自転車に乗る女性が、パンツ見え対策をするときに欠かせません。

風でスカートがめくれないためのクリップ

自転車に乗る女性のために、風でスカートがめくれないためのクリップがあります。
スカートめくれ防止用クリップNOMONRO(ノーモンロー)です。

自転車に乗る女性は、スカートやワンピースで乗るとき、自転車で走っていると風で裾がめくれあがることが心配になります。
自転車大国オランダでも、同じ悩みを持つ女性が多いため、NOMONROというクリップが作られました。

この製品は、お洒落なヘアアクセサリーのように見えますが、スカートの裾に留めて、スカートがめくれないようにするクリップなのです。
イタリアンレザー製とファブリック製があって、どちらもデザインの種類がたくさんあります。

また、NOMONROは、スカートがめくれないようにする以外にも活用できます。
ヘッドフォンのケーブルやスカーフを留めたり、サングラスやメガネのフックに使ったりもできる製品です。
オシャレなスカートで自転車に乗って出かけたいときに、とても役に立つクリップですね。

自転車用スカートガーターをつければ安心!

自転車に乗っている時に、風でスカートがめくれないように押さえる自転車用スカートガーターもあります。
Bird IndustriesのSKIRT GARTER FOR BIKINGは、カラフルで伸びのあるガーターベルトです。
これでスカートを留めれば、強風のときに自転車に乗っても、スカートがめくれません。

SKIRT GARTERのバンドの背は、シリコンになっていて滑りにくいので、着けたい位置に止めることができます。
クリップはメタルで、スカートを挟む部分はプラスティックです。

Bird Industriesは、このガーターについて、「SKIRT GARTERを使えば、自転車に乗るときのおしゃれを諦めないで大丈夫です。このガーターがあれば、強風のためにスカートの下にレギンスを履いたり、移動先で着替えないで良いのです。」
というようなことを言っています。
サイズはS・M・Lです。

色は、グレイ・カナリアイエロー・バブルガムピンク・ミントグリーン・バイオレットパープル・サーモンレッド・スカイブルーです。
ただ、SKIRT GARTERは価格が高いので、可能ならば自分でガーターを作るといいでしょう。

自転車選びにもポイントが

自転車に乗ったときに、風でスカートがめくれないようにするには、自転車選びがポイントです。
ロードバイクなどのスポーツ自転車は、女性には難しいと思う方も多いのですが、最近は女性でも乗りやすいスポーツ自転車が増えています。

自転車選びのポイントは、女性向けのコンパクトサイズ・サドルの高さが合うか・好きなデザインや色かの3つです。
ネットで自転車を買えますが、サイズや色を実際に見たほうがいいので、自転車屋さんに行きましょう。

一般的なクロスバイクやマウンテンバイクは、トップチューブが高いので、足を高く上げて乗る必要があります。
そうなると、スカートを履いていたら大変なので、スカートでは乗れません。
しかし、トップチューブが低くてスカートを履いていても大丈夫なものもあるので、自転車を選ぶときはそのような自転車を選びましょう。
スカートで乗れる自転車には、スタイリッシュで軽いものや、ママチャリより快適なものもあるので、お気に入りの自転車を選んでください。

女性におすすめの自転車

スポーツ自転車に乗る女性が増えていますが、特に女性に人気があるのがクロスバイクです。
クロスバイクには、たくさんのタイプがあります。

ここでは、女性向けのクロスバイクでおすすめのものをご紹介していきます。

おしゃれな色とデザインで人気があるビアンキ ROMA4は、空気抵抗が少なく、軽快に走れます。
また、身長152cm~から対応できる430mmフレームがあるため、スポーツ自転車初心者でも大丈夫です。

 

通勤・通学・買い物などで、スタイリッシュに自転車を使いたい女性には、ルイガノ CHASSEがおすすめです。
カラーの豊富さが人気のルイガノでも、特にデザイン性が高いモデルです。
サイズも幅広いため、小柄な女性でも大柄な男性でも、利用できます。

 

ジャイアント SUITTOWは、女性用のクロスバイクと言ってもいいくらいです。
シートチューブとトップチューブがくっついているのが、とても特徴的です。
トップチューブがシートチューブとくっつくことで、小柄な女性やスカートを履いた女性でも楽にシートにまたがることが可能です。
女性は、自転車で走る際に風でスカートがめくれることが不安になりますが、女性向けの自転車を選べば、その不安も減るでしょう。

スカートだからって諦めないで!

いかがでしたか?
スカートがめくれないようにするコツはありますし、グッズはたくさん販売されているようです。
スカートを履いているからといって、自転車に乗ることを諦めず、少しの工夫で快適に乗ることが出来そうです。
オシャレも自転車も、両方楽しめるのは嬉しいですね。

 - 自転車 その他, 自転車全般