豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

bmxの競技、街中でトリックを楽しむ「ストリート」について

2017.1.26

ツーリングやサイクリングなど、普通に自転車を漕ぐことは好きだけれど、少し飽きてしまったり、新しいことがしたいと考えたりしたことはありますか?

そんな方におすすめなのが、bmxという自転車競技です。

今回は、bmxのストリートとそのトリックの練習法についてもご紹介します。
興味のある方はチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビアンキのミニベロを改造して、快適に乗ろう!

ビアンキのミニベロは性能も良し、デザインも良いので、初心者にはおすすめしたいですね。 最近では、ミ...

自転車のペンキを落として塗り替える!簡単な手順をご紹介

もらった自転車のフレームの色が気に入らなかったり、愛用の自転車にキズがついてしまったりしたとき、あな...

自転車で歩道を走るとき、やっぱり左側通行なの?

車は左側通行です。これは知っています。エスカレーターで立っているのは左側で急いでいる人のために開け...

ロードバイクスタンドを自作してみよう!

ロードバイクスタンドは自作できるもので最近では、既成品を買わず自作する人が増えてきてます。 今回ご...

分かりにくいタイヤチューブの表記の見方と注意点!自転車編

自転車のタイヤチューブの表記がよく分からない方は、たくさんいるのではないでしょうか? 表記形式...

自転車のメンテナンスに必要な工具や主要メーカーの特徴

自転車の購入を考えていませんか? 世の中には、いろいろなメーカーの自転車があるので、どのメーカ...

自転車のペダルを外して練習!?最近の子供の自転車練習事情

子供用の自転車ペダル、着脱についての記載をよく見かけるなぁと思ったら、最近の子供の自転車の練習事情的...

ロードバイクで通勤の途中タイヤがパンク、緊急事態の回避術

渋滞を尻目にクルマの脇をすり抜けて、いつものように颯爽とロードバイクで快適通勤。 満員電車で押し潰...

雨の日の通勤、クロスバイクはどうしたらいい?

自動車や電車など、通勤手段は様々です。 健康のことを考えて、クロスバイクなどで自転車通勤をするとい...

クロスバイクのグリップがズレる!?固定があまい?

クロスバイクに乗っていてグリップがズレてしまうことはないですか。グリップはハンドルを握りやすくするも...

ジャイアントのロードバイク選びで迷わないサイズ選び

ジャイアントのロードバイクを選ぶ際にまよってしまうのはサイズですよね。そこで、今回はジャイアントのロ...

自転車のホイールの歪み、原因や対処方法を教えて!

長期間メンテナンスをせずに自転車に乗っていると、様々な不具合が生じるかと思います。 タイヤのパンク...

自転車の20インチタイヤの注意点と寿命をご紹介!!

一般的な自転車と違い、直径20インチ以下のタイヤを履いている自転車のタイヤ寿命は、驚くほど短いです。...

中国・上海を自転車で旅行しよう!そのときの注意点とは?

日本から飛行機で3時間ほどで行ける中国の大都市・上海。ここから自転車で、ユーラシア大陸横断を始める...

自転車のベルをつけよう!100均のベルで充分使える?

自転車のベル、あなたはついてますか。ついているけど使わない、たまには鳴らしてみようと思ったら錆びて...

スポンサーリンク

bmxのストリートについて

bmxは、街中のあらゆる物を使って行える競技ですが、初心者がいきなり街中で始めると、人に怪我をさせることがあります。

そのため、初心者はまず、bmxのジャンルを知り、何から始めたらよいのかを知りましょう。
ということで、bmxのストリートについてご紹介していきます。

リアルストリートは、街にある物を使ってトリックをするジャンルになります。

bmxのトリックをする場所を探す必要がありますが、街を歩いている人は多いので、その人たちに怪我をさせてしまっては大変です。

また、街にある物にダメージを与えないように、気をつ付ける必要もあります。

乗る競技専用施設ストリートパークは、街にある物を再現して、トリックをするために作られた場所です。

通行人などがいるわけではないので、怪我をさせる心配がなく、安全に練習をすることができます。

しかし、家の近くに乗る競技専用施設ストリートパークがない人にとっては、練習する場所を確保するのが難しいため、厳しいジャンルになるでしょう。

bmx初心者必見!まずは基礎技術トリックを習得しよう①

bmxには初心者・中級者・上級者のストリートのトリックがあります。
トリックは、基礎がなくてはできません。

目指すジャンルに関係なく、bmx初心者にマスターして欲しい、基礎のトリックについてご紹介していきます。

【ジャックナイフ】

どんな人でもできる、最も簡単なトリックです。
適切なブレーキがあり、練習をすれば、どんな人でもできるはずです。

誰にでもできるというと、プレッシャーを感じるかもしれないですが、初心者はジャックナイフをマスターしましょう。

ジャックナイフの手順についてご紹介します。

まず、適度な速度で走り、肘を伸ばした状態で腰を引き、フロントブレーキをかけます。
このとき、前に体重をかけるようにします。

すると、リアが宙に浮くので、フロントタイヤのみで立ちます。
そして、リアが落ちるときにブレーキ解除できればメイク(成功)です。

bmx初心者必見!まずは基礎技術トリックを習得しよう②

【バースピン】

平らなところでするbmxのストリートのトリックです。
高い技術よりも、勇気が必要になるトリックです。

勇気があるなら、数時間くらい練習をすれば、バースピンをマスターできるでしょう。

右か左の足を後ろのペグに乗せ、ハンドルを浮かせて回してください。
ハンドルを回転させる向きは、どちらでもOKです。

乗せる足もハンドルの回転させる向きも両方試して、感覚の良いほうから練習しましょう。

【バニーホップ】

バニーホップは、平らなところでするトリックです。
自転車で飛ぶのは、少しの高さでも恐怖を感じますが、練習すれば高く飛べるようになります。
コツを掴むまで、練習を繰り返しましょう。

バニーホップについては、下記しているので、そちらを参考にしてください。
ですが、一応やり方を載せておきます。

走っているときに、リアを浮かします。
タメを作って、思い切りフロントを引き上げ、それと同時に重心を引き上げるようにすれば、両輪が浮きます。

ストリートのトリック「バニーホップ」の練習

バニーホップは、bmxのストリートの基本のテクニックです。
バニーホップはできても、高く飛べない人のための練習方法をご紹介していきます。

バニーホップがうまくなるには、普段から練習をすることがポイントです。
しかし、毎日まめに練習をしたからといって、バニーホップの高さが高くなるというわけではありません。

高さを伸ばすには、短い期間に集中して練習することが大切です。
練習のしすぎで手首を痛めることがあるので、気をつけてください。

バニーホップの練習に、障害物を使うことをおすすめします。
目標があれば、達成感や楽しさを感じることができます。

空き缶やペットボトルなどでもいいので、障害物として利用しましょう。
また、それ以上の高さが必要なら、カラーコーンを2つ横にして重ねましょう。

カラーコーンを飛び越えられれば、バニーホップも形になっているはずです。
また、この高さが飛べるのなら、グラインドの練習もできます。

飛んだ高さを知るために、測定台を作るのも良いでしょう。

ストリートの基本トリック

bmxストリートの基礎のテクニックには、マニュアル、フェイキーなどがあります。
これらのトリックは、ジャンルに関係なく練習することをおすすめします。

ストリートでは、これら基礎のトリックはとても大切です。
そのため、これらのトリックを練習する必要があります。

他にも基礎のストリートのトリックがあります。
ロールバックトゥフォワード 180°は、バニーホップとロールバックができればマスターできるでしょう。

フィーブルグラインドは、ペグの掛け方で難易度が変わります。
マニュアルは、ストリートの基本トリックですが、マスターするのに少し時間が必要です。

しかし、練習をすればできるようになるため、しっかり練習してください。
練習して出来たときは、かなりの達成感を感じることができます。

マニュアルは、体重移動がポイントです。
腕はハンドルにぶら下がるようにして、腰を引き、体でフロントを引き上げましょう。
ストリートの基本のトリックになります。

中級・上級者向けのトリック

bmxの初心者のためのストリートのトリックをご紹介してきました。

ここからは、レベルアップをしたいと考えている、中級者から上級者へのトリックをご紹介していきます。
簡単そうに見えるのですが、かなり難しいトリックになります。
怪我をしないよう、気をつけながら練習してください。

【トリックフルキャブ】

いきなりできるトリックではありません。
180マニュアルとフェーキーターンのトリックができなければなりません。

真面目に練習することができれば、このトリックができるようになるでしょう。

【ルックダウン】

平らなところで行うトリックです。
ルックダウンは、他のトリックよりもコツを掴むのに時間がかかります。

空中を飛ぶ技術と、捻り技を加える技術が必要なので、想像以上の難しいトリックになるでしょう。

しかし、勇気を出して練習を続けていけば、あなたの新しいトリックになるので、ぜひトライしてメイクしてください。

マナーを守って練習を

いかがでしたか?

トリックを習得するには、練習を何度も重ねることが大切です。

特にバニーポップなどは、できるようになるだけでなく、高く飛べることが重要です。
納得のいく高さに飛べるまで、練習を積み重ねてくださいね。

また、街中で練習する場合は、通行人の迷惑にならないように、マナーを守って練習しましょう。

 - 練習 トレーニング, 自転車全般