豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

bmxの競技、街中でトリックを楽しむ「ストリート」について

      2017/01/26

bmxの競技、街中でトリックを楽しむ「ストリート」について

ツーリングやサイクリングなど、普通に自転車を漕ぐことは好きだけれど、少し飽きてしまったり、新しいことがしたいと考えたりしたことはありますか?

そんな方におすすめなのが、bmxという自転車競技です。

今回は、bmxのストリートとそのトリックの練習法についてもご紹介します。
興味のある方はチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001628-1.jpg
自転車ホイールに傷がついてしまった!そんなときの対処法

自転車に乗っていて、転んでしまったホイールに傷がついてし...

pwk0001627-1.jpg
自転車を買うならシングルスピード!おすすめブランドは?

自転車を欲しいけど、どんなものがいいかわからない… シンプ...

pwk0001626-1.jpg
コルナゴのclxってどうなの?ライダーの評価を徹底解説!

ロードバイクに乗っている人は、一度はコルナゴという名前を...

pwk0001625-1.jpg
mtbのブレーキから音がする!そんな時の解消法と防止策は?

mtbに乗っていて、ブレーキをかけると音がする! なんて経...

pwk0001624-1.jpg
giosのミニベロはスポーツ自転車としても評価が高い!

giosはイタリアの自転車メーカーで、ロードバイクでも有...

pwk0001623-1.jpg
日本一周をするバイクはランドナーで!期間はどのくらい?

自転車で日本一周をしてみたい! そんな方には、ランドナーと...

pwk0001622-1.jpg
シマノのビンディングペダル105は初心者におすすめ!

ロードバイクのビンディングペダルは、ペダルと足を固定して...

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

スポンサーリンク


bmxのストリートについて

bmxは、街中のあらゆる物を使って行える競技ですが、初心者がいきなり街中で始めると、人に怪我をさせることがあります。

そのため、初心者はまず、bmxのジャンルを知り、何から始めたらよいのかを知りましょう。
ということで、bmxのストリートについてご紹介していきます。

リアルストリートは、街にある物を使ってトリックをするジャンルになります。

bmxのトリックをする場所を探す必要がありますが、街を歩いている人は多いので、その人たちに怪我をさせてしまっては大変です。

また、街にある物にダメージを与えないように、気をつ付ける必要もあります。

乗る競技専用施設ストリートパークは、街にある物を再現して、トリックをするために作られた場所です。

通行人などがいるわけではないので、怪我をさせる心配がなく、安全に練習をすることができます。

しかし、家の近くに乗る競技専用施設ストリートパークがない人にとっては、練習する場所を確保するのが難しいため、厳しいジャンルになるでしょう。

bmx初心者必見!まずは基礎技術トリックを習得しよう①

bmxには初心者・中級者・上級者のストリートのトリックがあります。
トリックは、基礎がなくてはできません。

目指すジャンルに関係なく、bmx初心者にマスターして欲しい、基礎のトリックについてご紹介していきます。

【ジャックナイフ】

どんな人でもできる、最も簡単なトリックです。
適切なブレーキがあり、練習をすれば、どんな人でもできるはずです。

誰にでもできるというと、プレッシャーを感じるかもしれないですが、初心者はジャックナイフをマスターしましょう。

ジャックナイフの手順についてご紹介します。

まず、適度な速度で走り、肘を伸ばした状態で腰を引き、フロントブレーキをかけます。
このとき、前に体重をかけるようにします。

すると、リアが宙に浮くので、フロントタイヤのみで立ちます。
そして、リアが落ちるときにブレーキ解除できればメイク(成功)です。

bmx初心者必見!まずは基礎技術トリックを習得しよう②

【バースピン】

平らなところでするbmxのストリートのトリックです。
高い技術よりも、勇気が必要になるトリックです。

勇気があるなら、数時間くらい練習をすれば、バースピンをマスターできるでしょう。

右か左の足を後ろのペグに乗せ、ハンドルを浮かせて回してください。
ハンドルを回転させる向きは、どちらでもOKです。

乗せる足もハンドルの回転させる向きも両方試して、感覚の良いほうから練習しましょう。

【バニーホップ】

バニーホップは、平らなところでするトリックです。
自転車で飛ぶのは、少しの高さでも恐怖を感じますが、練習すれば高く飛べるようになります。
コツを掴むまで、練習を繰り返しましょう。

バニーホップについては、下記しているので、そちらを参考にしてください。
ですが、一応やり方を載せておきます。

走っているときに、リアを浮かします。
タメを作って、思い切りフロントを引き上げ、それと同時に重心を引き上げるようにすれば、両輪が浮きます。

ストリートのトリック「バニーホップ」の練習

バニーホップは、bmxのストリートの基本のテクニックです。
バニーホップはできても、高く飛べない人のための練習方法をご紹介していきます。

バニーホップがうまくなるには、普段から練習をすることがポイントです。
しかし、毎日まめに練習をしたからといって、バニーホップの高さが高くなるというわけではありません。

高さを伸ばすには、短い期間に集中して練習することが大切です。
練習のしすぎで手首を痛めることがあるので、気をつけてください。

バニーホップの練習に、障害物を使うことをおすすめします。
目標があれば、達成感や楽しさを感じることができます。

空き缶やペットボトルなどでもいいので、障害物として利用しましょう。
また、それ以上の高さが必要なら、カラーコーンを2つ横にして重ねましょう。

カラーコーンを飛び越えられれば、バニーホップも形になっているはずです。
また、この高さが飛べるのなら、グラインドの練習もできます。

飛んだ高さを知るために、測定台を作るのも良いでしょう。

ストリートの基本トリック

bmxストリートの基礎のテクニックには、マニュアル、フェイキーなどがあります。
これらのトリックは、ジャンルに関係なく練習することをおすすめします。

ストリートでは、これら基礎のトリックはとても大切です。
そのため、これらのトリックを練習する必要があります。

他にも基礎のストリートのトリックがあります。
ロールバックトゥフォワード 180°は、バニーホップとロールバックができればマスターできるでしょう。

フィーブルグラインドは、ペグの掛け方で難易度が変わります。
マニュアルは、ストリートの基本トリックですが、マスターするのに少し時間が必要です。

しかし、練習をすればできるようになるため、しっかり練習してください。
練習して出来たときは、かなりの達成感を感じることができます。

マニュアルは、体重移動がポイントです。
腕はハンドルにぶら下がるようにして、腰を引き、体でフロントを引き上げましょう。
ストリートの基本のトリックになります。

中級・上級者向けのトリック

bmxの初心者のためのストリートのトリックをご紹介してきました。

ここからは、レベルアップをしたいと考えている、中級者から上級者へのトリックをご紹介していきます。
簡単そうに見えるのですが、かなり難しいトリックになります。
怪我をしないよう、気をつけながら練習してください。

【トリックフルキャブ】

いきなりできるトリックではありません。
180マニュアルとフェーキーターンのトリックができなければなりません。

真面目に練習することができれば、このトリックができるようになるでしょう。

【ルックダウン】

平らなところで行うトリックです。
ルックダウンは、他のトリックよりもコツを掴むのに時間がかかります。

空中を飛ぶ技術と、捻り技を加える技術が必要なので、想像以上の難しいトリックになるでしょう。

しかし、勇気を出して練習を続けていけば、あなたの新しいトリックになるので、ぜひトライしてメイクしてください。

マナーを守って練習を

いかがでしたか?

トリックを習得するには、練習を何度も重ねることが大切です。

特にバニーポップなどは、できるようになるだけでなく、高く飛べることが重要です。
納得のいく高さに飛べるまで、練習を積み重ねてくださいね。

また、街中で練習する場合は、通行人の迷惑にならないように、マナーを守って練習しましょう。

 - 練習 トレーニング, 自転車全般