豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

アラヤってどんな自転車会社?フェデラルってどんな自転車?

      2017/01/28

アラヤってどんな自転車会社?フェデラルってどんな自転車?

アラヤという自転車メーカーをご存じですか?
アラヤは、日本の自転車メーカーで、フェデラルなどのモデルが有名です。

今回は、そんな自転車メーカーアラヤについてのご紹介と、アラヤのおすすめ自転車であるフェデラルについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


日本生まれの自転車ブランド、アラヤ

自転車を買うときには、どこの国で作られた自転車か気になる方も多いと思います。

アラヤは、日本の自転車ブランドで、最先端の技術と堅実さで、日本が誇る老舗のスポーツ自転車ブランドです。
アラヤは、フェデラルというサイクリング車が人気を博しています。

アラヤは、元々は日本で初めて自転車のリムの生産を始めた「ツバメ自転車」という名前でした。
その当時は、値段が他の自転車の2倍したのですが、2倍長持ちするので、日本の高品質自転車のブランドになりました。

それから、時代が変わるとともに、スポーツバイクの枠組みが増えて、使用方法も多様化しました。
アラヤは、日本人の体格、地形などに合う自転車の可能性を追い求め、ジャパニーズクラシックとモダンという枠組みで自転車を作製しています。

また、アラヤは、ラレーというイギリスの自転車ブランドと関係しています。
ラレーは、とても歴史のある老舗自転車ブランドです。

そして、アラヤがラレーの考えを引き継いで、日本で快適な自転車生活が送れるよう製品を提供しています。
そのため、フェデラルのようなサイクリング向きの自転車を始め、レース向けのロードバイクや長距離ライド向けの自転車などを販売しています。

アラヤの歴史は日本の自転車の歴史!

1903年:石川県
アラヤの初代社長・新家熊吉さんによって、日本初の自転車用木製リムが作られました。

アラヤが自転車を作製しようとしたのには、その頃の時代背景によるものでした。
1900年代は、自転車の入手方法が海外からのみでした。
また、輸入関税も高かったため、とても高価なものでした。

このようなことから、アラヤの経営理念でも、「人と暮らしの幸せのために作り続けるようにする」となっています。

経営理念に沿った自転車作りをしていて、日本人の体格・地形・感性に合うスポーツ車を提供しており、日本人から支持されています。

アラヤは、自転車ツーリングが流行ったときに、ツーリング向け自転車のランドナーやスポルティフをたくさん作ったことでよく知られています。

ラインナップもたくさんあり、高品質な作りが評価されています。

また、たくさんある自転車ブランドの中で、アラヤは、かなりコストパフォーマンスが高いということでもよく知られています。

デザインも良く、高品質そして高すぎない価格なので、人気があります。

では次に、アラヤのフェデラルについてご紹介していきます。

アラヤのフェデラルってどんな自転車?

アラヤのフェデラルは、1980年代に流行ったランドナーが現代風にアレンジされた自転車です。

身長150cmから乗れる440mmサイズを使ってあるので、身長が低い人でも乗れるようになっています。
シマノ製のブレーキなどが使われていて、機能性も素晴らしい日本人に合うモデルです。

標準仕様でも、ツーリングに十分に使えますが、オプションのフロントキャリア装備でランドナーの機能や、キャンピー装備で長距離ライドを楽しむこともできます。

フェデラルは、サイクリング自転車としておすすめです。
ツーリングから街乗りまで、便利に楽しく使うことができます。

コンポには、シマノ ALTUSが使われているので十分な機能があり、コストパフォーマンスも素晴らしいです。
フェデラルに乗れば、サイクリングを快適に楽しめることでしょう。

フェデラルの評判

アラヤのフェデラルの評判というのは気になると思います。
数々のユーザーの声をまとめてみました。

高評価でしたが、まず、値段が安いということが大きいようです。

ママチャリより良い自転車に乗ってみたいけど、ロードバイクまでは高くて買えないし、実用性の高いものが良い。
というニーズに当てはまるようです。

6万円くらいで、高性能なツーリングバイクが手に入ることに喜ぶ方が多いです。

その他にも、先ほど述べましたが、高性能である点も評価されています。
泥よけが標準装備されており、長距離走行にも耐えられる丈夫さなど、普段使いにもってこいな性能を備えています。

ロードバイクのようなスピードは期待できませんが、通勤・通学などには、とても使いやすいと評判です。

注意点としては、入手しにくいです。
フェデラルは、ランドナーとも呼ばれるタイプの自転車で、ランドナーは店舗に置いてないことが多いです。

なので、近所で手に入れられる可能性が低くく、手に入れるまで時間がかかる場合があります。

フェデラル以外にも!アラヤのおすすめ自転車Part1

フェデラル以外にも、アラヤのおすすめの自転車があります。

フェデラルは、旅行に向いた自転車です。
長旅のための荷物が運べ、長距離に耐える剛性があります。

【エクセラスポルティフ】

アラヤのフラッグシップツーリングモデルとして知られているのがエクセラスポルティフです。
スタイリッシュなデザインで、アルミポリッシュとCNC加工仕上げが綺麗なチェーンホイールSUGINOマイティッアーが使われています。

スポルティフは、ヨーロッパで生まれたロードバイクとキャンピング車(1週間以上の長旅向け自転車)の間をとった自転車です。

安定性があるので、長距離に適しています。
数少ないスポルティフは、おすすめです。

【スワローランドナー】

キャンピング車を追求したスワローキャンピングを引き継いで、旅行のための自転車として作り上げられたのが、スワローランドナーです。

コストパフォーマンスも高いので満足できます。
ハンドルは、ツーリングに理想的な形をしています。

リア10速のロード系コンポーネントSHIMANO TIAGRAを使っています。

フェデラル以外にも!アラヤのおすすめ自転車Part2

フェデラル以外のアラヤのおすすめモデルは、まだまだあります。

【エクセラレース】

ロードバイクとしてのスペックがありながら、初心者でも乗りやすい工夫がされています。
その工夫とは、ドロップハンドルが浅めになっていたり、デュアルコントロールレバーが扱いやすいなどです。

また、アラヤでは珍しい、軽量アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせになっています。

コンポーネントは、10速のSHIMANO TIAGRAが搭載されています。
フォークはコロンバス製のフルカーボンで、コラムはフルカーボンです。

【マディフォックス】

日本ではじめてMTBを量産したのがマディフォックスで、アラヤが日本人向けのMTBを追求し、このアラヤマディフォックスを作りました。

クロモリフレームに650Bホイールを使い、コンポーネントはSHIMANO DEOREをメインに使ってあります。

【ツーリスト】

ツーリングにも街乗りにも、おすすめの自転車です。
ツーリストに装着のアラヤオリジナルのタイヤは、少し細めです。
さらに、24段の変速装備のため、いろんな用途で使うことが可能です。

自転車メーカー、アラヤ

アラヤは、歴史あるトラディショナルなデザインと日本人に合わせた機能で、初心者からマニアな方まで魅了しています。

ハードの追求だけでなく、感性も加え、持って嬉しい・乗って楽しい自転車を目指すことが、アラヤのブランドのテーマだそうです。
この機会に、アラヤの自転車を購入してみてはいかがでしょうか。

 - ロードバイク 国産メーカー