自転車のホイールのバランスとウエイトについて

自転車ホイールというものは、少なからずバランスが崩れているものです。
そこにウエイトをつけてバランスをとることができますが、適当にやってしまっては、もっとバランスが崩れていくだけです。

今回の記事では、ホイールのバランスについて、ウエイトについてご紹介します。

自分でやるかお店に任せるか...
そして本当に役に立つのか、といった内容もお届けします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

どうする?!クロスバイクがパンクした!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 クロスバイクを買って通勤だけのつもりが、段々ハマってき...

自転車を漕いだときの時速(女性を含む)は何kmになるのか

徒歩や走ったりするより速く移動できる自転車ですが、その時速はどれくらい出るのでしょうか。 競輪選...

ロードバイクのタイヤがコスパが高いと言われるのはなぜ?

「ロードバイクのカスタマイズで、コスパが高いのはどの部分?」という質問をよく見かけます。 ...

ルックのロードバイク「765」をインプレからヒモ解く

フランスの「ルック」は、ロードバイク用のビンディングペダルで、一世を風靡したメーカーです。 ...

自転車のタイヤ交換の料金。ママチャリとスポーツ自転車

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 自転車に乗っていると段々とタイヤがすり減って来て、タイ...

ロードバイクのペダルをフラットにしたときのメリットなど

ロードバイクのペダルをビンディングにしないで、わざわざフラットにするメリットはあるの?と思われる方...

自転車のペダルが重い、その原因について考える

自転車に乗っていてペダルが重いと感じたとき、その原因はどこにあるのか? メンテナンスの知識があ...

シマノのペダルを徹底分析!アルテグラの特徴や魅力とは!?

シマノ・アルテグラのペダルは、初めてビンディングを付ける人がお試しで装着してみるには、値段もこなれて...

【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体になるビンディングペダルですね。 しか...

トレックのロードバイクの2013年モデルが。。。

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 2013年は良い年でしたね。 いや、正確にはもう...

ロードバイクのステムを短くする利点は?

ロードバイクに乗る上で、誰もが抱える悩みが肩・腰の疲れです。 そんな肩や腰の疲れを解消する方法の代...

アルミフレームが巻き返してきた!アンカー「RS6」の評価

今ロードバイク界では、世界的にアルミフレームの評価が高まっています。 さすがにプロレースで...

初めてのロードバイク!カーボンフレームで低価格はアリ?

フレームはロードバイクを構成する部分で最も重要と言っていいパーツです。フレームの特徴がそのロードバ...

コンポーネントで話題に出るシマノ・クラリスの性能は?

シマノのクラリスといえば、6万円から10万円のレンジのロードバイク完成車に付属しているコンポーネント...

自転車のチェーンにたるみが出るのはなぜ?修復できるのか?

自転車に乗っている時に、チェーンからカタカタ音がすることや、頻繁にチェーンが外れることはありませ...

スポンサーリンク

ホイールのバランスは何故ウエイトをつけなければいけないか

そもそも、ホイールのバランスというのは、どうして崩れるのでしょうか。

ホイールは構造上、チューブバルブのほうが、どうしても重くなります。
そして、スポークも均等についているわけではありません。

スポークの重さも均等にあるわけではなく、ニップルの重さもまた、均等に配分されているわけではありません。

一番大きいのは、リムの精度です。
リムも元々ずれていたり、重さが均等なわけではありません。

リムは、どんなに精度が優れていても、チューブのバルブや延長バルブも、メーカーによって重さが異なります。
リムメーカーもホイールメーカーも、完璧なバランスでホイールを作ることは出来ません。

マビックのように、タイヤ・チューブ・ホイールを、すべてセットで売っているようなホイールメーカーなら、そういった完璧なバランスのホイールを作ることが出来るでしょう。

しかし、ほとんどのメーカーはそうではありません。
前提条件として、ホイールは完璧な重量配分を達成することは無理だ、ということを把握しておきましょう。

そのため、バランスをとるためにウエイトをつける、ということになります。

ホイールのバランスをウエイトでとる方法

ホイールにつけるウエイトは、ゴルフのシャフトなどにつけられる両面テープつきのウエイトが良いでしょう。
まずはフレームのフォークやリアに、自転車のホイールを開放した状態で回し、回転させて止まったところの一番上に少しずつ錘をつけていきます。

一円玉のような1gの錘を、少しずつテープでつけていきましょう。
そして、ホイールが回り続けるようになるまで、錘をつけていくと完成です。

とても簡単ですが、ホイールにチューブや延長バルブ、タイヤが付いた状態で行わないと意味がありません。
それらをつけたまま、実行するのが良いでしょう。

チューブやタイヤを交換したら、ウエイトのバランスが崩れてしまいます。
交換したら、またウエイトの貼り直しをやりましょう。

ウエイトは、空力の邪魔にならないように、薄く貼り付けるのがベストです。
リムに出っ張りがあるというのは、とても空力の邪魔になり、スピードを落とす原因になってしまうかも知れません。

そのため、ウエイトは重ねるのではなく、すこし広げて貼り付けるのが良いでしょう。

しかし、広げすぎると、必要なウエイトが増えてしまいます。
そうすると、せっかくの軽量ホイールも無駄になってしまいます。

そういったことに気をつけて、ホイールにウエイトをつけてバランスをとっていきましょう。

ホイールのウエイトとバランスをとって走ると

実際にEnveの1.45とTNI、Sapim Cx Rayの手組みホイールにウエイトをつけて、走ってみました。

まずは、平坦で走ってみた感想です。

ウエイトをしっかりとったホイールは、ペダルを回しているところでは、大して違いを感じません。
ですが、ペダルを回さずに慣性で走っていると、いつもより伸びが良いことに気がつきます。

信号で止まるときも、いつもより早めに強くブレーキをかけないと、止まりたいところで止まれません。

危険ということではなく、いつもよりも足を休めることができる、ということです。

友人と一緒にライドするときも、いつもより足を回さなくても、スリップストリームに入ると、付いていける距離が長くなりました。

しかし下りでは、怖いことになります。
スピードがいつもよりかなり速くなり、ブレーキングを多めにしないとオーバーランしてしまいそうです。
しかし、逆に怖くないのは、下りでも道が荒れているところを素直にクリアできるようになったことです。

ホイールのバランスが整ったことで、へんなギャップでブルブル震えることもなく、ギャップを妙な挙動なく走り抜けることができます。

そして、登りです。
登りでは、すこし軽くなります。

しかし、登りでは、元々ホイールバランスはあまり影響は無く、タイヤの転がり抵抗と軽量性のほうが肝心です。

ダウンヒルや平坦では、とてもアドバンテージがあるので、最終的にはタイムも速くなり、疲労も軽減されるでしょう。

ホイールのバランスウエイトをどこでやるか

ホイールのバランスは自分でも出来ますが、自分でやると本当に効果があるか分からないかも知れません。
また、面倒なときもあるでしょうし、バランス以外にも、振れとりやハブのグリスアップを希望する人がいるでしょう。

そういうときにはプロショップに頼んで、色々なメンテナンスのついでにバランスもとってもらうと良いでしょう。
そして、プロショップに頼めば、次のホイールメンテナンスを頼むことが出来るでしょう。

有名なチェーン店ですと、ホイールバランスをとってくれます。
チェーン店ですから、各地にお店があります。

自分でやると、途中でバランスが崩れても、すべて自己責任になってしまいます。
ホイールバランスは、どうやってもいつかは崩れてしまいます。

何回もやるのが面倒な人、きれいに施工してもらいたい人、ついでに色々なメンテナンスを頼みたい人などは、ショップに頼むと良いでしょう。

ただ、どのショップでもやってるわけではないので、そこはしっかりネットなどで調べてから、ウエイトバランスを取ってもらいましょう。

ホイールのバランスウエイトの劣化

ホイールのバランスウエイトは、暫くするとズレてきます。

両面テープでつけているかぎり、どこかで剥がれるかも知れませんし、ホイールが振れてくるうちに、全く違うところに重心がくるかもしれません。

2ヶ月に1回ぐらいは、ハブのメンテナンスや、リムの傷などを確認しましょう。
雨天時に走ったときは、それらに加えて、バランスウエイトが剥がれたりズレたりしていないか、確認したほうが良いでしょう。

また、お店でつけてもらったら、もう一度施工してもらって、劣化したホイールウエイトもバランスを取り戻してくれるでしょう。

劣化しても走れなくなるわけでは無いですが、脱落しないようにちゃんと気をつけないと、後ろの人に迷惑をかけたり、スポークに当たってスポークが折れるかもしれません。

まとめ:すべての人がホイールのウエイトバランスをとってもらったほうが良い

すべての人に効果があるホイールバランスをとることは、とってもコスパが良いです。

ゴルフ用のウエイトなどは300円ほどで買えます。

新しくても、最初からバランスが崩れてしまっているホイールを購入するよりも、元々持っているホイールをメンテナンスしましょう。
元々のホイールをしっかり走るようにしたほうが、より良い走りを出来るでしょう。

そのために、しっかりホイールウエイトのバランスをとりましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/sites/heteml/users/o/s/c/oscar02/web/bicycle-post.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/sites/heteml/users/o/s/c/oscar02/web/bicycle-post.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/sites/heteml/users/o/s/c/oscar02/web/bicycle-post.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/sites/het...') #2 /home/sites/heteml/users/o/s/c/oscar02/web/bicycle-post.jp/index.php(17): require('/home/sites/het...') #3 {main} thrown in /home/sites/heteml/users/o/s/c/oscar02/web/bicycle-post.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686