ブリヂストンのおすすめ自転車は?クロモリってどうなの?

自転車が欲しいけど、何がいいのかさっぱり・・・そんな方は、ブリヂストンの自転車にしてみてはいかがでしょうか。

ブリヂストンは、ママチャリやからポーツ自転車まで、様々な種類の自転車を取り扱うブランドです。
そんなブリジストンのおすすめ自転車をご紹介します。

また、自転車を買う上でフレームも重要ですよね。
そこで今回は、初心者にはあまり馴染みのないクロモリフレームの魅力についてもお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車の防犯登録の方法と必要性

自転車を購入するときは、嬉しくて気分が上がります。購入して浮かれていると防犯登録するのをついつい忘...

ミニベロを楽しもう!ブルーノの2013・2015・2016モデル

ロードバイクに乗る方なら、ミニベロの存在はご存知だと思います。また、街乗りをするのにおしゃれ...

ロードバイクに必要不可欠!空気入れのおすすめランキング

ロードバイクに乗っている方にとって必要不可欠なアイテムはいくつかありますが、特に空気入れは欠かせない...

fujiのクロスバイク、スパロウ(SPARROW)って良いの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。fujiのクロスバイク、スパロウ(SPARROW)につ...

人気のビアンキのロードバイク、初心者にも!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。「ビアンキのロードバイクって色が綺麗だよね、やっぱ...

27インチの自転車、サイズ的に大きい?26インチとの違いは?

27インチの自転車を買おうと思う、26インチでも大丈夫かなぁ。と言われたところで、この1インチの差...

トレックのロードバイクエモンダalr5はここが凄い!

トレックのロードバイクでも特に軽量を売りとしているのが、「Emonda(エモンダ)」シリーズです。...

自転車に制限速度ってあるの!?意外と知らない交通ルール

自転車は誰でも手軽に乗れる乗り物ですよね。最近では、自転車に乗られる方を多く見るようになりま...

シマノのクラリスってグレードアップする必要があるの?

初めて買うロードバイクで、ハイグレードのものを買う人は、あまりいないでしょう。そのため、...

feltロードバイクの2017年モデルの紹介!

ロードバイクメーカーのfeltは、日本ではそこまで知名度が高くはありません。知名度が高いとこ...

シマノ製コンポーネント付き10万円台で買えるロードバイク

ロードバイクは、比較的ママチャリやクロスバイクよりも高価です。このため、ロードバイクが欲しい...

自転車に距離・速度メーターをつけよう!

例えばツーリングで出かけた時、「今日はどれくらいの距離を走ったのか」気になりますよね。距離と時間が...

キャノンデールのクロスバイクを評価してみる!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。今回は人気のアメリカブランド、キャノンデールのクロスバ...

ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな、なんて人もいるのではないでしょうか?...

ママチャリとクロスバイクの違いは、タイヤの太さ?

ママチャリとクロスバイク、どちらも街乗り向けの自転車ですよね。これら二つの自転車の違いは何なので...

スポンサーリンク

ブリヂストンのおすすめ自転車①

自転車を利用して、通勤・通学・買い物をしている方も多いと思います。
ママチャリだけでは気付きにくいのですが、自転車のフレームの素材には、カーボン・アルミ・クロモリなどが使われています。

ママチャリでは、カーボン・クロモリが使用されていることは、まずありません。

また、ママチャリだけでも、たくさんの自転車メーカーが生産しています。
その中でも、ブリヂストンは通勤・通学・買い物などの日常使いに便利な自転車を多く生産しています。

そんなブリヂストンですが、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプの自転車も生産しています。
そこで、ブリヂストンの自転車をいくつかご紹介します。

【HELMZ SSSD SR1】

ブリヂストンは、この自転車で2014年にグッドデザイン賞を受賞しました。
フレーム・サドル・ペダル・ホイール全てに、美しい作りと性能の高さが感じられます。

普通のチェーンとは違う、ベルトドライブが使用されています。
ベルトドライブを使用していますが、クイックリリースできます。

【RA6 EX】

本格的なレース用自転車です。
衝撃をやわらげ、軽いため、レースにも適しています。

初めてロードバイクを買う方におすすめの1台です。

ブリヂストンのおすすめ自転車②

ブリヂストンはアンカーというメーカーで、ロードバイクなどのスポーツタイプの自転車を生産しています。
調べていて、ブリヂストンの文字がなくても驚かないようにしましょう。

【オルディナM3】

初心者におすすめのマウンテンバイクです。
重量は14.3kgありますが、アルミフレームを使用しているので、クロモリを使用するよりかは軽くなっています。

カラーは4色から選べて、フレームの一部とメーカー名のordinaの部分の色が変わります。

【トランジットスポーツG26】

この自転車は、ママチャリと同じくらいの大きさですが、折り畳み機能がある、折り畳み式自転車です。
折り畳むのは簡単で、クイックレバーをワンタッチ操作するだけで、2つ折りにできます。

さらに、ハンドルやサドルまで縮小できるので、幅880mm・高さ1030mm・奥行330㎜まで小さくなります。
車に乗せて移動させるのに、とても便利です。

折り畳んだときに立たせたい場合は、別売りのダブルレッグスタンドを購入しましょう。

まだまだある!ブリヂストンのおすすめ自転車

ブリヂストンのおすすめ自転車は、他にもたくさんあります。

【リアルストリームミニ】

洗練されたフォルムな上に、操作がスムーズに行える優れた自転車です。

ブリヂストンで、いくつか販売している電動自転車の中で、最も軽い自転車です。
重さは21.0kgと、ママチャリより2kgほど重いくらいです。

設定によっては、1回の充電で60kmちかく走れるので、坂道の多い地域に住んでいる方におすすめです。

【リアルストリーム】

名前から分かるように、リアルストリームミニの大きいバージョンです。
クロスバイクの電動自転車です。

大きくなっているためか、設定によっては、ミニより15kmくらい長く走れるようになっています。
重量は1.4kg増の、22.4kgになっています。

【ジュピター】

新聞配達や荷物を運ぶのに適した、ビジネス車とも呼ばれる自転車です。
クラシカルでレトロな雰囲気のある自転車で、マニアにはたまらないかもしれません。

重量はリアルストリームより重く、電動アシストが付いていないので、乗るときは重いことを覚悟しましょう。

以上が、ブリヂストンのおすすめ自転車でした。

次では、何度か述べてきました、クロモリフレームについてご紹介します。

クロモリフレームの魅力①

ブリヂストンのアンカーでも使用されているクロモリフレームは、その頑丈さから初心者~ベテランまで、すべての方におすすめです。

クロモリフレームは、パイプが細いため、ロードバイクのボディを引き締めてくれます。

素材の性質上、デザインでは、カーボンやアルミの方が様々な形を作れます。
ですが、機能的な面からみると、やはりクロモリフレームの方が優れているように思います。

クロモリは、基本的にホリゾンタルフレームという、トップチューブ(フレームの三角形の上辺部分)が地面と水平になるように作られています。

フレームが水平なため、自転車を肩に担ぐことが簡単にできます。
また、走っている途中に喉が渇いても、安定を保ったまま水を飲むことが出来るのです。

クロモリフレームは、シャープでシンプルな美しさがあります。
流行り廃りもなく、長年使っても飽きのこないフレームだといえるでしょう。

クロモリフレームの魅力②

ブリヂストンなどのクロモリフレームは、乗り心地がとてもしなやかです。

アルミ素材はフレームにするとき、強度を出すために、どうしても多くの材料を使うことになり、分厚くなってしまいます。

その乗り心地は硬くて、衝撃をそのまま受けやすい特徴があります。
ですが、価格は手ごろです。

カーボンフレームは、非常に軽量で衝撃を和らげてくれますが、高価格です。

価格が高くなる理由は、生産するのにコストがかかってしまうためです。
フルカーボン自転車になると、とても高額になります。

軽量自転車のメリットは、漕ぐ以外にもあります。
マンションなどで部屋の玄関前まで、自転車を持って上がるときに、軽いほうが助かります。

クロモリは、アルミやカーボンのような軽さはありませんが、長距離を走っていても疲れにくいです。
フレームが、路面からの衝撃を和らげてくれるからでしょう。

縦振動にも横振動にも対応して、しなやかな走りを実現します。

長持ちなのもクロモリフレームの良いところ

クロモリフレームの寿命は、数十年とも言われます。
10万km走っても大丈夫なはずです。

アルミフレームでは、接合部分にヒビが入ったり、カーボンフレームは割れると鋭利になるので、大変危険です。

走ってる最中に割れたら、大ケガする可能性があります。

クロモリフレームは、折れたり割れたりの心配をせず、安心して乗ることができます。
水には弱いので、錆びには気をつけてメンテナンスをしましょう。

雨の日には、オイルやスプレーで予防することをおすすめします。

金属のチェーンに粘度が高いチェーンオイルを、サドルバックには防水スプレーなどしておくと効果的です。
水抜きをすると長持ちします。

水抜きは、サドルを引き抜いて、自転車を一晩逆さまにしておきます。
そうすると、中に溜まった水が出ていきます。

ブリヂストンでも、いろいろな素材のフレームを生産しています。

お好みのカラーやフレームの形・素材を選んで、サイクリングを楽しみましょう。

自転車とフレームの素材

クロモリフレームはおすすめですが、アルミやカーボンのフレームも良いところはあります。

自転車も、フレームの素材もたくさんあってとっても迷うとは思いますが、せっかく長く乗るのであれば、気に入ったものが欲しいですよね。

根気よく、自分に合うものを選んでください。