豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ヤマト運輸の送料を節約したい!おすすめは法人契約?

2017.2.4

自転車を送るときなどに、宅配便を利用する方は多いと思います。
何度もレースに参加するとなると、その送料だけで結構な出費ですよね。

そんな宅配便ですが、法人契約や個人契約をすることで、便利なサービスを受けることができます。

今回は、ヤマト運輸をメインに、宅配業者のサービスをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車で使われているカーボンフレームのメリット・デメリットは?

自転車業界だけでなく、多くの商品に使われている素材「カーボン」 素材は炭素繊維(アクリルや石炭等を...

ルックのロードバイク2016モデルの魅力

「いつかは乗りたいロードバイク」で常に上位のフランスメーカー。 元々はビンディングメーカーのルック...

ロードバイクのリムの掃除方法

ロードバイクに乗ってるとだんだんと気になってくるのがリムの汚れ。細かい部分かもしれないですけど、ロー...

中古か新車・・・自転車買うならどっちがいいの?

自転車を買おう!そう思ったとき、中古で買いますか? それとも、新車で買いますか? 中古は安い...

自転車の長距離旅にテントやマットは必要?代用できる?

自転車で長距離旅や日本一周を行うと決めたら、何を持っていきますか? 自転車の修理具や食料はもちろん...

小学3年生の自転車のサイズはどれ!?失敗しない選び方

自転車を選ぶ際に、ついつい長く乗れるように大き目を選ばれる方も多いと思います。 それも間違えではな...

ロードバイクのリムの寿命、どの位?

ロードバイクのリムの寿命はどの位なのか? どのような症状で寿命の判断なのか?目安はあるのか? ...

自転車も運べるの!?宅配便の料金についてのご紹介

友達に自転車を送りたい。そんなとき、あなたならどうしますか? 車に乗せて持っていきますか?それとも...

TREKのロードバイクが欲しい!でもサイズや形状はどう選べばいいの?

TREKは1976年の創業以来、「今ここに用意されている素材から何一つ妥協せず、最高の製品を造る」と...

ロードバイクのタイヤの寿命はどのくらい?

一般的な自転車のシティサイクルに比べると、ロードバイクのタイヤは細いです。 細いということは、パン...

あなたの自転車が危機!!ハブが虫食いに!?

自転車業界にも虫食いという言葉を耳にすることがあります。虫食いとは一般的に皆様が想像するあの「虫」...

153cmの女性必見!体重減らしたいならクロスバイクに乗ろう

体重を落としたいと考え、悩む女性はたくさんいらっしゃると思います。 けれども、ジョギングや筋トレは...

自転車を購入したら乗って帰るのが普通ですか?

お店で自転車を購入したら「そのまま乗って帰る」の、普通ですか?みなさんは購入後どうしているのでしょう...

体脂肪率を5%下げたいなら、自転車が効果的?

「二の腕のぷにぷにしたお肉を減らしたい」「お腹の贅肉をどうにかしたい」と、身体の悩みを抱える方は多い...

自転車は車道を走るもの?事故の危険性は?

2015年の6月に道路交通法が改正されてから自転車による交通違反の取り締まりは厳しいものとなりまし...

スポンサーリンク

個人でも法人でも便利なヤマト運輸のサービス

物を送るのと届くのは、どちらが多いでしょうか。
ネット通販が普及している現代では、送るほうも届くほうも増えていると思います。

法人だけでなく、個人でも宅急便で物を頻繁に送ることがある方に、おすすめなサービスがあります。

通常、荷物を送りたいときには、宅配業者の店舗やコンビニなどへ行き、その場で発送の手続きをすると思います。

ですが、もっと簡単に荷物を送ることができる方法が、ヤマト運輸にあります。
その方法は、ネットや電話を一本するだけで、荷物を取りに来てくれるというものです。

このサービスは、法人でも個人でも利用でき、自宅や指定の場所に取りに来てくれます。
この集荷サービスは、送り状などが手元になくても、集荷依頼したときにお願いすれば、持って来てくれます。
また、法人の場合では、さらに便利なサービスが利用できます。
荷物を定期的そして継続的に出荷している方には、送料をまとめて月払いにできる、未収契約をすることができます。

さらに、出荷数量によっては、送料が割引されることがあります。

法人利用には送料割引などのメリットが

ヤマト運輸の集荷サービスのメリットを、さらに詳しくみていきましょう。

送料をまとめて月払いにできる未収契約は、上述した通りです。
一括になっているので、法人では経理がとても楽に出来ます。

また、出荷数量が増えると、送料が割引されることも上述しました。
このサービスは、実績に基づくようですので、たくさん出荷できるようにしましょう。

メリットは、これで終わりではありません。

『ヤマトビジネスメンバーズ』というサービスを利用すれば、手元にあるパソコンとプリンターで、送り状の作成と印刷ができるようになります。

配送状況を一括で問い合わせできたり、送付先の情報管理や、請求書情報のデータ取得なども利用できます。
ただし、サービス料金が必要になります。

もう1つあります。

それは、集荷依頼しなくても、日にち・時間帯の指定が出来ることです。
そこそこの出荷量が決まっているのであれば、この定時集荷サービスを利用すると、楽に出荷ができます。

ヤマト運輸の配送方法

送料が割引されるなど、法人や個人に様々なサービスを展開しているヤマト運輸ですが、配送方法も様々です。
通常の出荷は、60サイズ~160サイズの荷物を、一部地域を除いて年中無休で翌日配達しています。

60サイズ未満の荷物なら、『宅急便コンパクト』という配達方法があります。
新品の自転車チェーンくらいの小さな荷物を、専用の箱に入れて送ることができます。

160サイズを超える場合は、『ヤマト便』を利用することができます。
縦・横・高さの合計が160cm、重さ25kgを超えるものや、任意の保険をかけて30万円以上する荷物を送ることができます。

これは、ご存知の方も多いと思いますが、生ものなどを送るときは、『クール宅急便』があります。
冷凍と冷蔵の2タイプに分けられ、鮮度を保ったまま届けてくれます。

また、パソコンなどの精密機器を送る場合には、『パソコン宅急便』が利用できます。

時間のない人におすすめなのが、『S-PAT9時便』と『宅急便タイムサービス』です。
S-PAT9時便は、夕方に預けた荷物を全国主要都市に翌朝の9時まで届けられるサービスです。

宅急便タイムサービスは、1時間遅い10時までに届けられます。

法人契約以外でヤマト運輸の送料を安くする方法

法人契約で出荷数量が決まっている方には、ヤマト運輸のサービスは、とても安くなります。

法人契約以外にも、送料を安くしてお得に利用できる方法があります。
個人でも簡単に出来る方法ですので、ぜひお試しください。

まずは、荷物を小さくまとめましょう。

通常出荷の場合、サイズが変わるごとに200円ほど高くなっていきます。
荷物を箱に入れてスペースがある場合、入れる荷物に合わせた箱に入れる方が安く済みます。

また、送料は届ける地域によって違うので、ヤマト運輸のホームページで調べてみましょう。

荷物を複数出すと、1個につき100円引いてくれます。
ヤマトの方が自動的に値引きしてくれるので、こちらで計算する必要はありません。

そしてもう1つが、ヤマト運輸の営業所・コンビニ・ヤマト運輸取り扱い店への持ち込みです。
集荷サービスを紹介しているのに、この話題を出すのは何とも言えませんが。

荷物を営業所などに持ち込むことで、こちらも100円引きになります。

取り扱い店というのは、クロネコヤマトの旗を出しているお店のことです。

ヤマト運輸以外の法人契約と送料:郵便局編

ヤマト運輸以外でも法人契約ができるのでご紹介します。
まずは、一番身近にある郵便局です。

郵便局の場合は、メールや電話で集荷依頼したいことを伝えましょう。
そうすると、書類に記入するため、郵便局に出向くか、局員の方が来てくれます。

2週間ほどで手続きは完了して、契約成立となります。

注意することは、郵便局の裁量によっては、断られる場合があるということです。
個人事業主や頻繁に出荷しない場合は、注意しましょう。

また、荷物のサイズによっては、送料のお得感が得られない可能性があります。
120サイズ以上の荷物を複数送るのであれば、お得感が得られます。

ゆうパックより安いのは確かですが、細かいものを出荷することが多い方は、他のサービスも検討してみましょう。

ですが、郵便局ならではのメリットもあります。

ヤマト運輸に比べて店舗数が多いので、集荷を待ちたくないときに、近所の郵便局へ荷物を出しに行くことができます。

その店舗数の多さから、沖縄などの離島に出すときは、安く済みます。

ヤマト運輸以外の法人契約と送料:佐川急便編

ヤマト運輸や郵便局以外で法人契約できる会社で、佐川急便があります。

こちらも、メールや電話で契約したいことを伝えれば、営業担当者やドライバーが送料などの見積書を持ってきてくれます。

見積書には、都道府県別と重量別の送料が掲示されているはずです。
金額は一律で決まってないようなので、地域によって違うと思います。

佐川急便の場合も、個人利用だと契約が進まないことがあるので注意しましょう。
ただし、月間で数百以上ですのであれば、法人・個人問題なく契約できるといわれています。

離島の場合だと、中継料金がとられ、割高になるので注意しましょう。

レースのときだけで、宅配業者と法人契約するのは難しいことでしょう。
そういった場合は、素直に普通の宅配便で現地まで送ることをおすすめします。

賢く節約しよう

法人契約に限らず、節約する方法は、いくつかあるようです。

レースに参加する場合、少しでも送料を節約できたら、その分自転車のメンテナンスやレースの準備費用の予算が増やせて良いですよね。

この機会に、今の自分の利用状況や送料を見直してみてはいかがでしょうか。

 - 自転車 その他, 自転車全般