ヤマト運輸の送料を節約したい!おすすめは法人契約?

自転車を送るときなどに、宅配便を利用する方は多いと思います。
何度もレースに参加するとなると、その送料だけで結構な出費ですよね。

そんな宅配便ですが、法人契約や個人契約をすることで、便利なサービスを受けることができます。

今回は、ヤマト運輸をメインに、宅配業者のサービスをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のタイヤ交換などはホームセンターですると本当に安い・安心?

最近のホームセンターでは自転車のタイヤ交換もできるらしいです。料金も一律でわかりやすい。自分でも出来...

子供乗せ自転車やおすすめグッズはなんていう名前?

運転免許を持っていないママさんや、日頃から旦那さんが車を使ってしまい、自分で自由に使える車がないママ...

自転車で荷物を運ぶ!大きいものはひもでリアにセット!

ロードバイクやクロスバイクなどでは後からつけられるにしても、最初からかごをつけた状態というのはあま...

自転車で長距離旅行!ママチャリでも出来る?

一般的に良く見かける自転車のママチャリは、値段も手頃で扱いやすいです。この記事を読んで下さっている皆...

ロードバイクのサドルはなぜ薄い?理由は?種類で違うの?

皆さんはロードバイクのサドルにどのようなイメージを持っているでしょうか。とても小さくて薄いイ...

ロードバイクの気になる値段、安いモデルは問題なし?

ロードバイクの購入を考える時、性能はもちろん、気になるのは価格ですよね。相場を確認して、それなりに...

自転車のタイヤに付いているスポークの役割とは?

自転車には必要不可欠なタイヤですが、タイヤにはスポークという部品が付いております。皆さんは、スポー...

自転車の制限速度って何キロかご存知ですか?

自転車は車道を走れと言われるけれど、絶対車道じゃなきゃダメなの?という疑問をお持ちの方もいらっし...

ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいませんか?でも、どれくらの頻度で行うの...

自転車の買い替え時期、最適な時期はある?

自転車の寿命ってどのくらいでしょうね、という少し切ないお話。もちろん、自転車の種類やメンテナンスの頻...

自転車のブレーキの修理、調整方法!誰が行うのかも考える

自転車を止める唯一の手段であるブレーキは、いざというときに効かなかったでは済みませんし、故障して...

自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではないでしょうか?そういう私も昔は簡...

自転車の荷台に自作補給食を積んでサイクリングに行こう!

補給食は、ロングライドにはかかせない物の一つです。ただ、市販の補給食は高くて、味の合わない場合も...

歩道では自転車はベルを鳴らしてはいけない?!いつ鳴らす?

歩道を歩いているとき、後ろから自転車が近づいてきて「チリンチリン」とベルを鳴らされると、イラっと...

パンク修理で掛かる自転車屋さんでの値段はいくら?

自転車のトラブルで多いのは、パンクなのではないでしょうか。パンクしたまま自転車走行すると、リ...

スポンサーリンク

個人でも法人でも便利なヤマト運輸のサービス

物を送るのと届くのは、どちらが多いでしょうか。
ネット通販が普及している現代では、送るほうも届くほうも増えていると思います。

法人だけでなく、個人でも宅急便で物を頻繁に送ることがある方に、おすすめなサービスがあります。

通常、荷物を送りたいときには、宅配業者の店舗やコンビニなどへ行き、その場で発送の手続きをすると思います。

ですが、もっと簡単に荷物を送ることができる方法が、ヤマト運輸にあります。
その方法は、ネットや電話を一本するだけで、荷物を取りに来てくれるというものです。

このサービスは、法人でも個人でも利用でき、自宅や指定の場所に取りに来てくれます。
この集荷サービスは、送り状などが手元になくても、集荷依頼したときにお願いすれば、持って来てくれます。
また、法人の場合では、さらに便利なサービスが利用できます。
荷物を定期的そして継続的に出荷している方には、送料をまとめて月払いにできる、未収契約をすることができます。

さらに、出荷数量によっては、送料が割引されることがあります。

法人利用には送料割引などのメリットが

ヤマト運輸の集荷サービスのメリットを、さらに詳しくみていきましょう。

送料をまとめて月払いにできる未収契約は、上述した通りです。
一括になっているので、法人では経理がとても楽に出来ます。

また、出荷数量が増えると、送料が割引されることも上述しました。
このサービスは、実績に基づくようですので、たくさん出荷できるようにしましょう。

メリットは、これで終わりではありません。

『ヤマトビジネスメンバーズ』というサービスを利用すれば、手元にあるパソコンとプリンターで、送り状の作成と印刷ができるようになります。

配送状況を一括で問い合わせできたり、送付先の情報管理や、請求書情報のデータ取得なども利用できます。
ただし、サービス料金が必要になります。

もう1つあります。

それは、集荷依頼しなくても、日にち・時間帯の指定が出来ることです。
そこそこの出荷量が決まっているのであれば、この定時集荷サービスを利用すると、楽に出荷ができます。

ヤマト運輸の配送方法

送料が割引されるなど、法人や個人に様々なサービスを展開しているヤマト運輸ですが、配送方法も様々です。
通常の出荷は、60サイズ~160サイズの荷物を、一部地域を除いて年中無休で翌日配達しています。

60サイズ未満の荷物なら、『宅急便コンパクト』という配達方法があります。
新品の自転車チェーンくらいの小さな荷物を、専用の箱に入れて送ることができます。

160サイズを超える場合は、『ヤマト便』を利用することができます。
縦・横・高さの合計が160cm、重さ25kgを超えるものや、任意の保険をかけて30万円以上する荷物を送ることができます。

これは、ご存知の方も多いと思いますが、生ものなどを送るときは、『クール宅急便』があります。
冷凍と冷蔵の2タイプに分けられ、鮮度を保ったまま届けてくれます。

また、パソコンなどの精密機器を送る場合には、『パソコン宅急便』が利用できます。

時間のない人におすすめなのが、『S-PAT9時便』と『宅急便タイムサービス』です。
S-PAT9時便は、夕方に預けた荷物を全国主要都市に翌朝の9時まで届けられるサービスです。

宅急便タイムサービスは、1時間遅い10時までに届けられます。

法人契約以外でヤマト運輸の送料を安くする方法

法人契約で出荷数量が決まっている方には、ヤマト運輸のサービスは、とても安くなります。

法人契約以外にも、送料を安くしてお得に利用できる方法があります。
個人でも簡単に出来る方法ですので、ぜひお試しください。

まずは、荷物を小さくまとめましょう。

通常出荷の場合、サイズが変わるごとに200円ほど高くなっていきます。
荷物を箱に入れてスペースがある場合、入れる荷物に合わせた箱に入れる方が安く済みます。

また、送料は届ける地域によって違うので、ヤマト運輸のホームページで調べてみましょう。

荷物を複数出すと、1個につき100円引いてくれます。
ヤマトの方が自動的に値引きしてくれるので、こちらで計算する必要はありません。

そしてもう1つが、ヤマト運輸の営業所・コンビニ・ヤマト運輸取り扱い店への持ち込みです。
集荷サービスを紹介しているのに、この話題を出すのは何とも言えませんが。

荷物を営業所などに持ち込むことで、こちらも100円引きになります。

取り扱い店というのは、クロネコヤマトの旗を出しているお店のことです。

ヤマト運輸以外の法人契約と送料:郵便局編

ヤマト運輸以外でも法人契約ができるのでご紹介します。
まずは、一番身近にある郵便局です。

郵便局の場合は、メールや電話で集荷依頼したいことを伝えましょう。
そうすると、書類に記入するため、郵便局に出向くか、局員の方が来てくれます。

2週間ほどで手続きは完了して、契約成立となります。

注意することは、郵便局の裁量によっては、断られる場合があるということです。
個人事業主や頻繁に出荷しない場合は、注意しましょう。

また、荷物のサイズによっては、送料のお得感が得られない可能性があります。
120サイズ以上の荷物を複数送るのであれば、お得感が得られます。

ゆうパックより安いのは確かですが、細かいものを出荷することが多い方は、他のサービスも検討してみましょう。

ですが、郵便局ならではのメリットもあります。

ヤマト運輸に比べて店舗数が多いので、集荷を待ちたくないときに、近所の郵便局へ荷物を出しに行くことができます。

その店舗数の多さから、沖縄などの離島に出すときは、安く済みます。

ヤマト運輸以外の法人契約と送料:佐川急便編

ヤマト運輸や郵便局以外で法人契約できる会社で、佐川急便があります。

こちらも、メールや電話で契約したいことを伝えれば、営業担当者やドライバーが送料などの見積書を持ってきてくれます。

見積書には、都道府県別と重量別の送料が掲示されているはずです。
金額は一律で決まってないようなので、地域によって違うと思います。

佐川急便の場合も、個人利用だと契約が進まないことがあるので注意しましょう。
ただし、月間で数百以上ですのであれば、法人・個人問題なく契約できるといわれています。

離島の場合だと、中継料金がとられ、割高になるので注意しましょう。

レースのときだけで、宅配業者と法人契約するのは難しいことでしょう。
そういった場合は、素直に普通の宅配便で現地まで送ることをおすすめします。

賢く節約しよう

法人契約に限らず、節約する方法は、いくつかあるようです。

レースに参加する場合、少しでも送料を節約できたら、その分自転車のメンテナンスやレースの準備費用の予算が増やせて良いですよね。

この機会に、今の自分の利用状況や送料を見直してみてはいかがでしょうか。