豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクの中でもハイグレードな高級車はこれだ!

      2017/02/25

ロードバイクの中でもハイグレードな高級車はこれだ!

ロードバイクは、いくらくらいで売っていると思いますか?
10万円くらいでしょうか。
それとも20万円くらいでしょうか。

ロードバイクは、フレームやホイールなどの部品によっても大きく値段が変わります。
完成車で100万円以上することも、珍しくありません。

今回は、そんなハイグレードな高級車たちをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

pwk0001608-1.jpg
アイスバーン対策に!チェーンとスタッドレスタイヤの効果

皆さんは、雪の多い地域にお住まいでしょうか? 冬でも、夏と...

pwk0001607-1.jpg
自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの...

pwk0001606-1.jpg
弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性...

pwk0001605-1.jpg
通勤距離が5キロという人は自転車通勤始めてみませんか?

毎日ぎゅうぎゅうの電車に押し込められて、通勤だけで疲れ果...

pwk0001604-1.jpg
ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいま...

pwk0001603-1.jpg
ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思...

pwk0001602-1.jpg
圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやって...

スポンサーリンク


100万超えの高級ロードバイク

ロードバイクは、一般的に価格が高いです。
今回は、その中でも特に高級車をご紹介します。

まず、100万円前後のものを挙げます。

【GIANT(ジャイアント):TCR ADVANCED SL 0】

価格は1,050,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、GIANT P-SLR1エアロホイールシステムです。

初めてのロードバイクにはGIANTがお勧めです。

【Cervelo(サーヴェロ):S5 VWD D/A Di2】

価格は1,050,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、フルクラムのレーシングTです。

【TREK(トレック):Madone6.9 SSL RADIOSHCK NISSAN TREK Edition】

価格は1,105,500円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、ボントレガーのオイオロス5 D3です。

初めてのロードバイクで、トレックの受注生産システムであるプロジェクトワンはおすすめできないので、このプロチームエディションが無難だと思います。

【Bianchi(ビアンキ):OLTRE SUPER RECORD】

価格は1,123,500円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、フルクラムのレーシングSPEED XLR DARKです。

チェレステという独特のカラーがあるので、カラーでメーカーが分かる代表格といえばビアンキになります。

110万円以上するロードバイク

次に110万円から120万円の価格帯のロードバイク高級車をご紹介します。
すでに軽自動車と変わらない価格となっていますが、ロードバイクには最新の技術と上質の素材が使用されているので、高額となっています。

【BMC:impec D/A Di2】

価格は1,155,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、イーストンのEC90SL Clicherです。

スイスの専用工場で完全受注生産されています。
ツールを制したマシンとしても有名です。
また、このモデルはホイールを選択して、さらに上位モデルを選択することもできます。

【COLNAGO(コルナゴ):C59】

価格は1,123,500円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、カンパニョーロのシャマルです。

コルナゴはフレーム販売が基本ですが、コンポの選択ができるので、カンパニョーロのスーパーレコードを選ぶことができます。

ハイエンドモデルの中でも、ダイレクトな乗り心地のマシンです。

【Willer(ウィリエール:Zero 7(ゼロセッテ)】

価格は1,176,000円です。
メインコンポはカンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、カンパニョーロのBORA ZERO7 Customです。

フレーム単品の価格は、ウィリエールのチェントウノと大差はありませんが、カンパニョーロの専用ホイールがこのモデルの特長です。

120万円以上のロードバイク

まだまだロードバイクの高級車はあります。
次は、120万円以上の価格帯のモデルをご紹介します。

【CANNONDALE(キャノンデール):SUPERSIX EVO Ultimate】

価格は1,200,000円です。
メインコンポは、スラムのREDです。
ホイールは、DT SWISS RRC425FとRRC525Rです。

フレーム重量わずか695gという超軽量モデルです。

コンポもハイエンドモデルでは電動化が著しくなっており、シマノ、カンパニョーロと並ぶ、世界3大コンポメーカー・スラムのスラム REDと、マシンの重量を意識したセットアップとなっています。

【FELT(フェルト):AR 0】

価格は1,260,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、Zipp ZED4 TECHです。

サーヴェロのSシリーズに並ぶ外観から、空力マシンと分かるモデルです。
さすが126万円という普通自動車の価格と肩を並べるほどの優れたデザインで、マットブラックに艶ありのロゴプリントが高級車としての風格を漂わせています。

【SCOT(スコット):FOIL Premium】

価格は1,280,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、ZIPP・404Firecast Carbon Clincheです。

軽さを極限まで追い求めるスコットが投入してきた空力マシンです。

150万前後の高級車もあります

ロードバイクは、数万円程度のものから200万円以上するものまで、様々あります。
ここでは150万円前後の価格帯の高級車をご紹介します。

【DE ROSA(デローザ):KING RS】

価格は1,470,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、 カンパニョーロのBora ultra twoです。

ロードバイクに乗っている人なら、デローザのロゴを見ただけで、いち目置くようなメーカーです。
デローザに乗っていれば、速さなど問題にならないと思わせる貫録を備えています。

初心者だから高級車は向かないということはありません。
むしろ、こういったブランドの恩恵を受けるのもひとつの手です。

【SPECIALIZED(スペシャライズド):S-Works+McLaren Venge】

価格は1,500,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、Zipp Zedtech404です。

F1でおなじみのマクラーレン社と共同開発した、スペシャライズドのハイエンドモデルです。

【Bianchi(ビアンキ):OLTRE XR.2 SUPER RECORD EPS】

価格は1,470,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、フルクラムのRACING SPEED XLRです。

ビアンキのイメージカラーでもある、チェレステカラーのモデルです。

高級車はまだまだある

ここでは、ロードバイクの170万円前後の高級車をご紹介します。

【Wilier(ウィリエール):Zero.7】

価格は1,680,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、フルクラムのRACING SPEED SPです。

ウィリエールはビアンキに続いて、イタリアで100年以上の歴史を持つメーカーです。

険しい山岳で活躍することを前提としたクライミングバイクですが、ストイックさよりも優雅さが際立ってくるのがウィリエールのバイクの特長でしょう。

【COLNAGO(コルナゴ):C59 DISC SUPER RECORD EPS】

価格は1,800,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、コルナゴのARTEMIS RR1です。

イタリアのメーカー、コルナゴの高級車です。

中でも、他社に比べて独創的な多くのカラーバリエーションと、豊富なサイズのフレームを備えています。

そして特筆すべきは、ディスクブレーキ仕様という点でしょう。
ディスクブレーキはロードバイクの新たなトレンドとなりつつあるので、安全性から初心者におすすめです。

【BMC:impec】

価格は1,800,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、Lightweight Clincherです。

impecは、BMCのフラッグシップマシンとして知られています。

なんと!200万前後の高級車もある

ロードバイクの高級車を価格帯別にご紹介してきました。
ほとんど、自動車と変わらない価格のものまで様々でしたが、さらに高いモデルも存在します。

【DE ROSA(デローザ):SESSANTA CARBONIO】

価格は1,963,500円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、BORA Ultra Twoです。

60周年を記念して新設されたBLACK LABELシリーズの第1弾が、このSESSANTAです。
台数限定で、カスタムサイズのみ、注文を受けてから北イタリアの本国の工房で製造し、さらに記念のジャージまで、おまけでついてくるという超高級品です。

【S-WORKS:McLaren TARMAC】

価格は2,000,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールはRoval Rapide CLX40Rです。

ヴェンジ以前にスペシャライズドを代表していたハイエンドマシンです。

これまでに培ったマクラーレンとの協調体制や、開発テクノロジーを投入して新たに生まれ変わった新生TARMAC。

全世界限定わずか250台、特製シューズとヘルメット、専用スタンドとネームプレート、証明書が付き、おそらく現時点で、最もプレミアムな高級車であろうと思われます。

値段の幅が広いロードバイク

ロードバイクの値段の幅は広いです。

ビアンキやキャノンデールなど、同じメーカーの中でも、10万円以内で買えるロードバイクもあれば、100万円以上するロードバイクがあることには驚きますよね。

高級車でも、そうでなくても、乗る人にサイズが合っていなかったり、メンテナンスを怠ったりしていれば値段相当の性能を発揮することはできません。

買って満足するのではなく、長く快適に乗れるように大切に扱いましょう。

 - 自転車全般, 費用 価格