豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクの中でもハイグレードな高級車はこれだ!

      2017/02/25

ロードバイクの中でもハイグレードな高級車はこれだ!

ロードバイクは、いくらくらいで売っていると思いますか?
10万円くらいでしょうか。
それとも20万円くらいでしょうか。

ロードバイクは、フレームやホイールなどの部品によっても大きく値段が変わります。
完成車で100万円以上することも、珍しくありません。

今回は、そんなハイグレードな高級車たちをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001699-1.jpg
デュラエース9100は買いなのか?互換性はどうなのか?

シマノのロード用コンポのハイエンドモデル「デュラエース」が9...

pwk0001689-1.jpg
タイヤを新品にする際に迷いませんか?26インチは何ミリ?

自転車のカタログに24インチ、26インチなどと記載されていま...

pwk0001688-1.jpg
今度のタイヤはコンチネンタルグランプリにしよう!

コンチネンタルグランプリ…カッコいい名前ですね! いかにも...

pwk0001687-1.jpg
キャノンデールのCAAD!身長170cmでサイズ52は適応する?

アメリカの自転車メーカー・キャノンデールは、世界で初めてMT...

pwk0001686-1.jpg
カンパニョーロのアルミホイール・ユーラスの評価は?

カンパニョーロと言えば、ロードバイクのホイール交換のときに、...

pwk0001685-1.jpg
カンパのシロッコにシルバーカラーがあったらしい!

カンパニョーロのアルミクリンチャーの人気ホイール・シロッコで...

pwk0001684-1.jpg
u字ロックを破壊されてたまるか!鍵の掛け方を学ぼう

ロードバイクは高額ですよね! 個人的には「走る宝石」と...

pwk0001683-1.jpg
4キロって遠い?自転車で走るとどのくらい時間が掛かる?

近年はスポーツ自転車ブームとも呼ばれ、街中でも普通にロードバ...

pwk0001682-1.jpg
モデルチェンジした今だからこそ10速アルテグラを振り返る

今でこそロードバイク用の変速段数はリア11速が最高になってい...

pwk0001681-1.jpg
10キロを自転車で走ったらどのくらいの時間が掛かる?

皆さんは10キロと聞くと、どんな印象を持つでしょうか? ...

pwk0001680-1.jpg
自転車で一時停止しないと違反?意外と知らない交通ルール

自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されています。 ...

pwk0001679-1.jpg
自転車に空気が入らない!パンクかな?それとも他に原因が?

自転車に乗っていて、なんかいつもよりガタガタするなと思ったら...

pwk0001678-1.jpg
自転車のペダルを分解清掃してグリスアップしよう!

当たり前じゃないかと言われそうですが、自転車のパーツの中で足...

pwk0001677-1.jpg
自転車のチェーンのテンション調整の必要は?やり方と注意点

たまに自転車屋さんに行くと、「チェーンが伸びちゃってるね、引...

pwk0001676-1.jpg
自転車のシングルスピードは坂道に弱いという話は本当か?

皆さんは、シングルスピードという自転車を知っていますか? ...

pwk0001675-1.jpg
台風時の通勤にロードバイクを使う危険性を考えてみましょう

通勤にロードバイクなどの自転車を使っている人が増えています。...

pwk0001674-1.jpg
ママチャリをカスタマイズ!シートポスト交換からスタート

「軽さは正義」 ロードバイクにおいては、良く言われる言葉で...

pwk0001673-1.jpg
チネリネオモルフェにしたい!ハンドル交換のメリットとは?

イタリアの老舗自転車メーカーであるチネリのカーボンハンドルと...

pwk0001672-1.jpg
チネリのネオモルフェを取り付ける~シマノSTIに合うか?

イタリアのチネリという老舗自転車メーカーのカーボン製ハン...

pwk0001671-1.jpg
チネリのスーパーコルサはサイズが豊富過ぎる!身長に合う?

発売以来、40年以上変わらないフォルムで販売を継続してきたの...

スポンサーリンク


100万超えの高級ロードバイク

ロードバイクは、一般的に価格が高いです。
今回は、その中でも特に高級車をご紹介します。

まず、100万円前後のものを挙げます。

【GIANT(ジャイアント):TCR ADVANCED SL 0】

価格は1,050,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、GIANT P-SLR1エアロホイールシステムです。

初めてのロードバイクにはGIANTがお勧めです。

【Cervelo(サーヴェロ):S5 VWD D/A Di2】

価格は1,050,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、フルクラムのレーシングTです。

【TREK(トレック):Madone6.9 SSL RADIOSHCK NISSAN TREK Edition】

価格は1,105,500円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、ボントレガーのオイオロス5 D3です。

初めてのロードバイクで、トレックの受注生産システムであるプロジェクトワンはおすすめできないので、このプロチームエディションが無難だと思います。

【Bianchi(ビアンキ):OLTRE SUPER RECORD】

価格は1,123,500円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、フルクラムのレーシングSPEED XLR DARKです。

チェレステという独特のカラーがあるので、カラーでメーカーが分かる代表格といえばビアンキになります。

110万円以上するロードバイク

次に110万円から120万円の価格帯のロードバイク高級車をご紹介します。
すでに軽自動車と変わらない価格となっていますが、ロードバイクには最新の技術と上質の素材が使用されているので、高額となっています。

【BMC:impec D/A Di2】

価格は1,155,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、イーストンのEC90SL Clicherです。

スイスの専用工場で完全受注生産されています。
ツールを制したマシンとしても有名です。
また、このモデルはホイールを選択して、さらに上位モデルを選択することもできます。

【COLNAGO(コルナゴ):C59】

価格は1,123,500円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、カンパニョーロのシャマルです。

コルナゴはフレーム販売が基本ですが、コンポの選択ができるので、カンパニョーロのスーパーレコードを選ぶことができます。

ハイエンドモデルの中でも、ダイレクトな乗り心地のマシンです。

【Willer(ウィリエール:Zero 7(ゼロセッテ)】

価格は1,176,000円です。
メインコンポはカンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、カンパニョーロのBORA ZERO7 Customです。

フレーム単品の価格は、ウィリエールのチェントウノと大差はありませんが、カンパニョーロの専用ホイールがこのモデルの特長です。

120万円以上のロードバイク

まだまだロードバイクの高級車はあります。
次は、120万円以上の価格帯のモデルをご紹介します。

【CANNONDALE(キャノンデール):SUPERSIX EVO Ultimate】

価格は1,200,000円です。
メインコンポは、スラムのREDです。
ホイールは、DT SWISS RRC425FとRRC525Rです。

フレーム重量わずか695gという超軽量モデルです。

コンポもハイエンドモデルでは電動化が著しくなっており、シマノ、カンパニョーロと並ぶ、世界3大コンポメーカー・スラムのスラム REDと、マシンの重量を意識したセットアップとなっています。

【FELT(フェルト):AR 0】

価格は1,260,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、Zipp ZED4 TECHです。

サーヴェロのSシリーズに並ぶ外観から、空力マシンと分かるモデルです。
さすが126万円という普通自動車の価格と肩を並べるほどの優れたデザインで、マットブラックに艶ありのロゴプリントが高級車としての風格を漂わせています。

【SCOT(スコット):FOIL Premium】

価格は1,280,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、ZIPP・404Firecast Carbon Clincheです。

軽さを極限まで追い求めるスコットが投入してきた空力マシンです。

150万前後の高級車もあります

ロードバイクは、数万円程度のものから200万円以上するものまで、様々あります。
ここでは150万円前後の価格帯の高級車をご紹介します。

【DE ROSA(デローザ):KING RS】

価格は1,470,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、 カンパニョーロのBora ultra twoです。

ロードバイクに乗っている人なら、デローザのロゴを見ただけで、いち目置くようなメーカーです。
デローザに乗っていれば、速さなど問題にならないと思わせる貫録を備えています。

初心者だから高級車は向かないということはありません。
むしろ、こういったブランドの恩恵を受けるのもひとつの手です。

【SPECIALIZED(スペシャライズド):S-Works+McLaren Venge】

価格は1,500,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールは、Zipp Zedtech404です。

F1でおなじみのマクラーレン社と共同開発した、スペシャライズドのハイエンドモデルです。

【Bianchi(ビアンキ):OLTRE XR.2 SUPER RECORD EPS】

価格は1,470,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、フルクラムのRACING SPEED XLRです。

ビアンキのイメージカラーでもある、チェレステカラーのモデルです。

高級車はまだまだある

ここでは、ロードバイクの170万円前後の高級車をご紹介します。

【Wilier(ウィリエール):Zero.7】

価格は1,680,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、フルクラムのRACING SPEED SPです。

ウィリエールはビアンキに続いて、イタリアで100年以上の歴史を持つメーカーです。

険しい山岳で活躍することを前提としたクライミングバイクですが、ストイックさよりも優雅さが際立ってくるのがウィリエールのバイクの特長でしょう。

【COLNAGO(コルナゴ):C59 DISC SUPER RECORD EPS】

価格は1,800,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、コルナゴのARTEMIS RR1です。

イタリアのメーカー、コルナゴの高級車です。

中でも、他社に比べて独創的な多くのカラーバリエーションと、豊富なサイズのフレームを備えています。

そして特筆すべきは、ディスクブレーキ仕様という点でしょう。
ディスクブレーキはロードバイクの新たなトレンドとなりつつあるので、安全性から初心者におすすめです。

【BMC:impec】

価格は1,800,000円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードEPSです。
ホイールは、Lightweight Clincherです。

impecは、BMCのフラッグシップマシンとして知られています。

なんと!200万前後の高級車もある

ロードバイクの高級車を価格帯別にご紹介してきました。
ほとんど、自動車と変わらない価格のものまで様々でしたが、さらに高いモデルも存在します。

【DE ROSA(デローザ):SESSANTA CARBONIO】

価格は1,963,500円です。
メインコンポは、カンパニョーロのスーパーレコードです。
ホイールは、BORA Ultra Twoです。

60周年を記念して新設されたBLACK LABELシリーズの第1弾が、このSESSANTAです。
台数限定で、カスタムサイズのみ、注文を受けてから北イタリアの本国の工房で製造し、さらに記念のジャージまで、おまけでついてくるという超高級品です。

【S-WORKS:McLaren TARMAC】

価格は2,000,000円です。
メインコンポは、シマノ・デュラエースです。
ホイールはRoval Rapide CLX40Rです。

ヴェンジ以前にスペシャライズドを代表していたハイエンドマシンです。

これまでに培ったマクラーレンとの協調体制や、開発テクノロジーを投入して新たに生まれ変わった新生TARMAC。

全世界限定わずか250台、特製シューズとヘルメット、専用スタンドとネームプレート、証明書が付き、おそらく現時点で、最もプレミアムな高級車であろうと思われます。

値段の幅が広いロードバイク

ロードバイクの値段の幅は広いです。

ビアンキやキャノンデールなど、同じメーカーの中でも、10万円以内で買えるロードバイクもあれば、100万円以上するロードバイクがあることには驚きますよね。

高級車でも、そうでなくても、乗る人にサイズが合っていなかったり、メンテナンスを怠ったりしていれば値段相当の性能を発揮することはできません。

買って満足するのではなく、長く快適に乗れるように大切に扱いましょう。

 - 自転車全般, 費用 価格