豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

自転車で遠出したい!長距離向けの自転車とは?

2017.2.27

日本一周とはいかずとも、自転車で遠出をしてみたいと思う方は少なくないのではないでしょうか。

ただ、自転車と言っても、ママチャリやクロスバイク、マウンテンバイクやロードバイクなど色々な種類があります。

長距離旅行をしたい場合は、どのような自転車が良いのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

どんな自転車でも遠出はできる

自転車でどこまで行けるだろう?と、自転車で遠出をしてみたいと思ったことはないでしょうか。

どんな自転車が向いていて、どのくらいの距離が走れるのかと思ったことはないでしょうか。

長距離移動するのに向いている自転車は、確かにあります。
ですが、遠出の目的によっては、自転車を選ぶ必要はなく、ごく普通の自転車でも旅行に行くことができるのです。

ママチャリで日本一周をした猛者もいます。

ママチャリですと進める距離は、ロードバイクなどに比べて少ないです。
ですが、マイペースで旅を楽しめるので、時間に制約のない人なら、ママチャリでも可能です。

自転車を買うお金がない人は、自分の持っている自転車でも、安い自転車でもかまいません。

お金がないからと諦めなければ、どんな自転車でも旅行は出来ます。

ただし、性能が良い自転車のほうが楽なのは確かです。

長距離を走るなら、ママチャリよりスポーツ自転車?

自転車には様々な種類がありますが、大きく2つのタイプに分けられます。

その2つとは、スポーツ自転車とシティ自転車です。

スポーツ自転車とは、マウンテンバイク・ロードバイク・クロスバイクといった、遠出などしやすく走ることを楽しめる自転車のことです。

シティ自転車は、ママチャリなどの日常生活のお手頃な移動手段として使われる種類のものです。

スポーツ自転車はシティ自転車と比べると、長距離を高速で移動できるように設計されています。
そのため、スポーツ自転車のほうが、走行効率が圧倒的に優れています。

スポーツ自転車は熟練が必要なものだと思われがちですが、初心者でも長距離を速く走ることができます。

値段ですが、ママチャリの相場は2万円~3万円程度ですが、スポーツ自転車は安くても5万円くらいからです。
ロードバイクなら、10万円くらいからが良いでしょう。

高いと思われるかもしれませんが、値段がするだけの性能を持っています。

遠出をするときには、ゆっくりと旅をする以外では、スポーツ自転車を購入した方が快適な旅を楽しむことができることでしょう。

長距離向け自転車を買うために必要なお金

いざ、スポーツ自転車が欲しいと思ったとき、やはり安い物に目を奪われがちです。

スポーツ自転車を安く買いたいと思えば、ネットショップで5万円以下のものを入手することも可能です。
ですが、これは要注意です。

安いものには安いなりの理由があります。
それは、フレームの強度が弱かったり、ギアなどのパーツの性能が悪かったりなど、コスト削減されていることが多いです。

そのため、パーツ交換などを必要とし、結果として普通のスポーツ自転車を買うのと変わらないくらいの費用が掛かることがあります。

もし、こういった安価な自転車を買った場合には、遠出を何回か繰り返してから本番に臨むようにしましょう。

快適で安全な自転車旅行にしたいのなら、スポーツ自転車なら5万円は出すようにしましょう。
注意したいのが、値段は高ければ高いほど良いというわけではありません。

高価な自転車は数多くありますが、それはレース用に走行スピードを上げることに特化したものであったりします。

そのため、重量が増す長距離旅行に向きません。
日帰り以外の長距離旅行では、丈夫なものを選ぶようにしましょう。

20万円以上の完成車を買ったところで費用対効果は見込めないでしょう。

長距離旅行に適した自転車

費用などが分かったところで、長距離旅行に向いている自転車の特徴をご紹介していきます。

まず、丈夫であることが最優先です。

前述したように、自転車旅行では荷物を積むため、重量がかなり増します。
そのため、パーツに対する負担が大きくなり、破損する可能性が高くなります。

軽さは走りの軽さに比例しますが、代わりに丈夫さが失われます。
どちらに重きを置いたほうが良いのかは、自分が向かう目的地までの距離や旅行の日数などで決めます。

1週間くらいの遠出なら、荷物を減らすなどの工夫ができるので、軽さに重きを置いても、そこまで問題ないでしょう。

ハンドルはドロップハンドルが良いです。
ロードバイクによく装備されているハンドルですが、棒状のハンドルに比べ、姿勢を自由にとることができます。

そのため、体の負担が少なく済み、長距離を楽に走ることが出来ます。

荷台に関しては、スポーツ自転車には取付用のダボ穴がある車種とない車種があります。
分からない場合は、店員さんに聞くのが手っ取り早いです。

また、ダボ穴は泥よけを取り付けるのにも必要です。
泥よけは必須ではありませんが、泥が跳ねたりして汚れるのが嫌な人は取り付けましょう。

遠出するならタイヤも重要

遠出のためには、自転車のタイヤのことを考えるのも重要です。

タイヤの違いは、乗り心地に影響します。
同じサイズのタイヤでも、乗り心地や耐パンク性の違いがあります。

タイヤはアクシデントで破けたり、長距離を走って消耗すると交換をする必要がでてきます。
交換するタイヤは安い物で済まさず、耐久性の高いものを選ぶようにしましょう。

遠出のときには、安定性・耐久性の高いものを選びましょう。

タイヤに関しても、高すぎるものは選ばないようにしましょう。
高い物は、レース用であるものが多いです。

タイヤの太さですが、mmかインチで表します。

ロードバイクなど装備されている細いタイヤは、スピードは速くなりますが、荒れた路面に対しては弱く、タイヤが弾かれやすいという特徴があります。

耐パンク性が高いものでも、空気圧が足りないとパンクしてしまいます。
適正空気圧でタイヤに空気をいれておきましょう。

舗装路を旅行する場合は、28mmか、32mm程度のものを用意しましょう。

ちなみにブロックタイヤという表面がごつごつしたタイプのものは、オフロードで役立ちます。

結局、遠出するなら何を買うべき?

では、結局自転車で遠出がしたいとき、旅行用の自転車として何を買えばいいのでしょうか。
日本一周や世界一周などの長距離に出掛ける場合は、キャンピング車がおすすめです。

ロードバイクは、荷物が少ない場合はベストな自転車ですが、初心者は荷物が少なくするのが難しいと思いますので、自転車旅行用としてはおすすめできません。

自転車旅行には、クロスバイクかシクロクロスがおすすめです。

5万~7万ほどで、遠出に必要な性能をしたものを手に入れることができます。

長距離用といえばランドナーですが、近所で取り扱いがなければ、無理に取り寄せるといったことはしないでおきましょう。

もしも故障したとき、対応が難しくなります。

ある程度の耐久性のあるスポーツ車を選べば、どのような自転車であっても、それなりに快適に走ることはできます。

もしも決められないということであれば、あれこれ考えず、見た目がかっこいい自転車を選んでみるというのも一つの手です。

既に自転車をお持ちの方は

長距離走行におすすめの自転車をご紹介させていただきました。

自転車には用途によって向き不向きがあるものの、どんな自転車であっても長距離旅行は可能です。

すでにママチャリを持っている方は、新しい自転車を買わなくても、ママチャリで遠出してみるのも良いと思いますよ。

 - 旅行 長距離移動