豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

景色が綺麗な日本のおすすめサイクリングスポット

      2017/03/02

景色が綺麗な日本のおすすめサイクリングスポット

暖かくなってくる時期、通勤や買い物だけに自転車を使うのはもったいないです。

自転車は身体を動かし、リフレッシュにもなるので、心身ともに健康になれる素敵な乗り物です。
自転車を持っている方は、今度のお休みに、サイクリングへお出かけしてはいかがでしょうか。

今回は自転車を持つ皆様におすすめしたい、景色が綺麗なサイクリングスポットをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


景色が綺麗なところと言えば北海道!

《オロロンライン》

まるで日本ではないような真っ直ぐな道が数十キロ続くオロロンラインは、開けた大地と日本海にただずむ利尻島が見える素晴らしい景色です。

コンビニや自動販売機などはありません。
そのため、自転車で走るときは、食べ物や飲み物をしっかりと準備してからチャレンジしてください。
余力のある人は、オロロンラインを抜けた日本の最北端の地、宗谷岬まで走ってみましょう。

《美瑛》

思わずため息が出そうな綺麗な景色が広がる美瑛は、丘のまちと呼ばれるくらいの起伏の激しいところです。
現地では電動自転車のレンタルもあるため、体力にあまり自信がない場合は、現地で電動自転車を借りるのをおすすめします。

《トマム》

トマムの雲空テラスは、北海道の自転車旅行で、とてもおすすめの場所になります。
ここでは、雲海の絶景をカフェテラスから見ることができるからです。

朝日がのぼる前に、ロープウェイで山の上のカフェテラスまで行きましょう。

関東にも景色が綺麗なサイクリングスポットはある

《東京湾1周》

首都圏に住んでいる自転車旅行の初心者には、東京湾1周のコースがおすすめです。

神奈川県の横須賀と、千葉の金谷を結ぶフェリーに自転車を乗せれば、東京湾を回ることができます。
距離は200kmほどあるので、旅行初心者には日帰りだと大変です。
そのため、1泊2日で行くのがベストです。

千葉県の金谷から南下して、野島崎灯台までを回るコースも良いでしょう。

《湘南~小田原》

湘南~小田原エリアは、景色がとても綺麗です。
名所やグルメスポットもたくさんあるので、年中人気がある場所です。

紅葉のシーズンを狙って行ってみましょう。

湘南でしらす丼を食べる、というのをゴールにすれば、さらに楽しみが増します。

自転車での往復が厳しいなら、輪行袋を持って行くと、自転車で行って電車で帰れます。
また、現地で自転車をレンタルしてサイクリングをするのも良いでしょう。

景色が綺麗な京都でのサイクリングも素敵

京都は、修学旅行生や外国人にも人気があります。
京都の神社・仏閣や名所巡りは、公共交通機関よりも自転車が便利です。

京都の道は、整備されているためコースがわかりやすく、川沿いをサイクリングするだけでも楽しめます。
体力やスケジュールに余裕があれば、住んでいる所から京都を目指してみましょう。

例えば、東京からだと5日くらいで京都に到着します。

京都は見どころがたくさんあります。
神社・仏閣はもちろんのこと、地元で有名なお店などがあります。

そういった場所もレンタサイクルを使えば、気軽に自転車の旅ができるでしょう。
自転車なら、1日でたくさんのスポットに行くことができます。

京都市内は、碁盤の目になっているので迷いにくいはずです。
もし迷っても、大通りに出ればどこにいるのかがわかります。

京都はいつ行っても楽しめますが、おすすめな季節は秋です。
京都の紅葉はとても綺麗で、中でもおすすめなのが、清水寺の紅葉ライトアップです。

日本でもトップクラスの綺麗な景色です。
自転車で京都に行ったら、ぜひ行ってみてください。

しまなみ海道も景色が綺麗なサイクリングコース

四国・本州間を瀬戸内海の6つの島を経由するしまなみ街道は、約70kmのコースで、自転車乗りの憧れの場所です。

しまなみ海道では、日本初の海峡を横断する自転車道があります。
そのため、自転車乗りの間では、聖地としてよく知られています。

四国側の今治エリアは、景色が綺麗です。
日本の渚100選になっている桜井海岸や、来島海峡大橋を一望できる来島海峡展望館などがあります。

広島・尾道から今治までの間には、どこでも乗り捨てができるレンタサイクルのターミナルが14箇所ほどあります。

そのため、自転車を持ち込まなくても、気軽にサイクリングを楽しむことが出来ます。

瀬戸内しまなみ海道の広島側の拠点である福山・尾道でも、尾道観光のついでにレンタサイクルを利用すれば、気軽にしまなみサイクリングを楽しむことができます。

自転車と一緒に泊まることが可能な自転車乗りのための施設もあるため、自転車の旅の拠点としておすすめです。

尾道から今治まで重い荷物を配送してくれるサービスもあるので、これ以上にないくらいの環境が整っています。

景色を楽しみたいなら沖縄もおすすめ

《波照間島》

日本の南端にある沖縄は、自転車旅をするのにおすすめです。
中でも、石垣島からからにフェリーで移動して、南十字星が見れる波照間島は一度は訪れたいスポットです。

信号がない波照間島は自転車でのんびりと1周することができます。
島を巡る途中には、日本最南端の碑やニシ浜などの綺麗な景色を楽しむことができます。

自分の目を疑いたくなるくらいの美しい波照間島は、まさに秘境と言えます。
透明度抜群の海でシュノーケリングをすると、青の絶景を楽しめます。

ただし、天候によって欠航になることがあるため、スケジュール調整が大切です。

《川平湾(石垣島)》

島の北西部にある川平湾は、エメラルドグリーンの海がとても綺麗です。
さんご礁や熱帯魚を見ることができるグラスボートで、綺麗な海の景色を眺めてみるのも良いです。

市街地から自転車で行くことも可能です。

《池間大橋(宮古島)》

全長1,245mある大きな橋は、自転車で通行可能です。
橋の上から見えるエメラルドグリーンの海は、息をのむほど綺麗です。

その絶景に見惚れて、転んだりしないようにしましょう。

景色が綺麗な日本のサイクリングスポットは他にも

《上高地(長野)》

上高地は、車では入ることのできいない景勝地です。
行きは登り坂なので厳しいのですが、そこを抜けると雄大な山々の綺麗な景色が広がります。

途中からはバスでしか入れないところがありますが、自転車や徒歩は大丈夫です。
空気や水が綺麗なところなので、山と川を眺めているだけで癒されるでしょう。

《高知県》

四国内最長の川である四万十川や、仁淀川などの日本を代表する透明度の高い清流が流れています。
仁淀川は仁淀ブルーといわれるくらい綺麗な水をしています。

四万十川に隠れて目立たない仁淀川ですが、一見の価値があります。

《富山県》

北陸新幹線が開通して、アクセスがしやすくなった北陸の富山県で、おすすめなサイクリングコースがあります。

富山湾岸サイクリングコースは、富山湾の海岸沿いを走ることが出来ます。
運河の公園からスタートし、レトロな町並みの残る岩瀬や、海産物が買える海の駅があります。

日本中に素敵なサイクリングスポットがある

今回ご紹介させていただいたように、サイクリングスポットは日本中にたくさんあります。

本州だけでなく、北海道、四国、沖縄にも景色が綺麗でおすすめのサイクリングスポットはありますから、どこへ行ってもサイクリングを楽しむことができますね。

遠くへ行くのが苦手と言う方は、まずは近場のサイクリングスポットまでお出かけしてみはいかがでしょうか。

 - サイクリング 情報