自転車ってどれくらいの速度が出せるの?ギネス最高記録は?

普段に自転車に乗っていても、レースに出るような人でなければ、自分が何キロの速度を出して走っているのか、わかりませんよね。

一番速度が出る自転車は、ロードバイクだろうと思うのは早とちりです。

さらに速いスピードが出る自転車があるんです!

自転車のギネス記録について調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

一方通行の標識のある道路は自転車は通行できないの?!

自転車に乗っていて、一方通行の標識を意識している人は少ないかも知れません。しかし、自転車...

クロスバイクにバーエンドを取り付ける!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。クロスバイクのハンドルのはしっこにツノみたいなのを取...

自転車のリムってなんのこと?修正は自分でできるの?

自転車のリム・・・聞いたことはあるけれど、どこの場所を差しているのか分からないという方も中にはいると...

 自転車ブレーキの音鳴りが直らない?音鳴りの原因や対策

自転車に乗ってブレーキをかけていると、「キーー!キーー!」と大きな音が鳴ることがあります。ブ...

ホイールパーツのハブをメンテナンス!自転車を点検しよう!

ホイールのハブについている部品のことを知っていますか。スポーツ自転車に乗っている方は、知っていると思...

これで痩せちゃう!?自転車で短・中・長距離別の通勤の効果と準備

みなさんは自転車での通勤はしてますか?人それそれ通勤地が近い人、数10km離れた長距離の人がいらっ...

東京から京都まで自転車でロングライドに挑戦しよう!!

東京から京都まで自転車でロングライドしてみませんか??東京から京都までのコースは、山越えを含...

自転車の買い替えるべき部品とは?また自分で修理できる部品は?

ちょっとそこまでくらいのお出かけの際の移動手段として最適な自転車。とても便利な乗り物ですが、大事に...

自転車のサスペンションって何?特徴や構造は?

自転車・・・特にmtbに乗っている方は、サスペンションという言葉を聞いたことがあるかもしれません。...

リカンベントと言ったら坂道が苦手と思っていませんか?

リカンベントという自転車をご存知ですか。日本では、見かけることが少ないかも知れません。...

自転車のハンドル(ステム)の外し方と一緒に覚えるべきこと

自転車のハンドルの外し方は、そんなに難しくはありません。あまりいないかと思いますが、興味本位で外...

自転車のホイールリム調整について

自転車のリムの状態をいつも確認している人は少ないかもしれません。ともすれば、半永久的に使える...

自転車のペダル軸ってどう違うの?取り外しは自分でできる?

自転車に乗っていて、ペダル軸がガタガタして気になったことはありますか?そんなときは、自転車屋...

クロスバイクのハンドルの握り方!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。先日、自転車を買ったばかりの方に、「クロスバイクの...

ロードバイクでツーリングするときに便利なリュック

ロードバイクは元々、ロードレースをするために開発された、公道を走るために最低限必要な機能以外はすべて...

スポンサーリンク

自転車の最高速度はどれくらい?

自転車のなかには、最高速度でギネスに載っているものなどがあります。
その自転車が気になるとは思いますが、まずは日常的に乗っている自転車の性能を確認しておきましょう。

まずママチャリですが、老若男女だれでも乗れる自転車ですので、その出せる速度も、ほぼ決まっています。

どのくらいの速度を出せるのかというと、最高速度としては時速30kmくらいです。
平均速度であれば、時速12km~時速19kmくらいでしょう。

瞬間的に時速30kmに到達したとしても、自転車の性能が伴わないので維持は難しく、長時間の巡航になると、時速20km以下になるでしょう。

次に、MTBです。

MTBは山道を安定して走行できるように設計されているため、速度を重視した設計ではありません。
ただし、下り坂では70km/hを出したという記録があります。

ですが、平均すると時速18km~時速25kmくらいになるので、ママチャリより速度が出ます。

ロードバイクの良いところも受け継いだクロスバイクなら、スピードが出せると思われますが、それでも平均速度はMTBと変わらず、時速18km~時速25kmです。

ただし、MTBよりも軽く、細いタイヤなので、体感スピードはMTBより速く感じます。

ギネスの最高速度記録を持つ自転車

自転車最速を考えるなら、ロードバイクだろうと思う人が多いでしょうが、平均速度は時速20km~時速30kmです。

一般の人が出せるのは、このくらいの速度です。

プロの世界では時速40kmを超えて巡航し、ゴール前のスプリントになると、時速70kmくらいまで加速するので、かなり速くなります。

競輪選手も同じで、ラスト1週は時速70kmくらいになります。
とても速度の出るロードバイクなのですが、最速というと別の自転車になります。

リカンベントという自転車をご存知でしょうか。
リカンベントは、見かける機会が少ない自転車です。

ロードバイク用の細いタイヤを装着して、空気抵抗を抑えるために寝そべった格好で乗り込む自転車です。
平均速度は時速30km~時速40kmで、ロードバイクより速く巡航できます。

それから、自転車最高速度のギネス記録を持っているのは、リカンベントの自転車です。

しかし、自転車にロケットエンジンを乗せて最高時速333kmを記録したというもので、その記録は参考にならないかもしれません。

自転車の人力走行での最高速度

ロケットエンジンを乗せた自転車での最高記録は、時速333kmでした。

人力で世界最速記録というと、時速144kmでした。
1人の人間の力だけで、車でもほとんど出すことのないスピードに到達したのです。

その記録をマークしたのはAerovelo社の「Aerovelo Eta」という自転車です。

前回の時速133kmというギネス記録を自ら超えて、人力による3桁の速度を更新したのです。
しかしながら、その自転車は自転車に見えません。

空気抵抗を削ることを考え、卵型のボディになっています。
その中に人が入り込んで、ペダルを回すのです。

そのため、ペダルを漕ぐ人の姿は外から見えません。

見た目は二の次ですし、走行中に風を感じることも考えず、最高速度を出すためにだけ作られた自転車だと言えるでしょう。

装備は簡単にいうと、極薄のタイヤ、軽量フレーム、車体を覆うシェルの3つです。

自転車に関するギネス記録

自転車のギネス記録としては、人力による最高速度、時速144kmというものがありますが、他の記録もあります。

オリンピックのロードレース最年長金メダリストが2012年に更新されました。
記録保持者はクリスティン・アームストロングです。

ロンドン・オリンピックの女子タイムトライアウトに出場して、優勝、金メダルが2012年8月1日に決まり、年齢は38歳356日でした。

ロードレース3冠という輝かしい記録を獲得したことも、ギネス記録になっています。
記録保持者はエディ・メルクスです。

1974年、ツール・ド・フランス、ジーロ・デ・イタリア、ロードレース世界選手権、それら3つの大会で初めて制した選手です。

また、メルクス以外で3冠を獲得したのは、1987年のスティーブン・ローチェただ1人です。

UCIワールドツアーの最年長優勝者は、2014年に更新されました。
記録保持者は、アレハンドロ・バルベルデです。

UCIワールドツアーというのは29のレースでポイントを獲得して、ポイントの高さを競うというものです。
そのため、安定した強さが必要になるわけですが、2014年の10月、バルベルデは総合優勝を果たし、34歳172日の最年長記録保持者になりました。

また、バルベルデのさらにすごいところは、2015年のUCIワールドツアーでも、総合優勝を果たしていることです。

ツール・ド・フランスはギネスの宝庫

ツール・ド・フランスといえば、ロードレースの有名な大会です。
優勝するために選手が速度などを計算しながら、相手と駆け引きしたりするのが魅力のひとつですが、ギネス記録を獲得したことで魅力を増しています。

2012年には、スポーツイベント最多観客数のギネス記録を獲得しています。
ツール・ド・フランスとしては99回目の開催でした。

ツール・ド・フランスに最多出場者した選手もギネス記録になっています。

記録保持者は、ジョージ・ヒンカピー、スチュアート・オグレディ、イェンス・フォイクトの3人です。
それぞれ出場した年代は違いますが、それぞれ17回も連続してツール・ド・フランスに出場しています。

また、ツール・ド・フランスは毎年行われているのですが、たまたまオリンピックと同時に開催される年があり、そのどちらも優勝した人物がギネス記録になっています。

その記録保持者は、2012年のブラッドリー・ウィギンスです。

ウィギンスはツール・ド・フランスで優勝した10日後にロンドンロリンピックの男子タイムトライアウトで優勝し、2017年現在でも活躍している選手です。

日本人も持っている自転車のギネス記録

自転車のギネス記録は、日本人も獲得しています。

世界選手権自転車競技大会で最多連覇記録を持っているのは、日本人の中野浩一氏です。

1977年から1986年の10連覇が認められて、ギネス記録になっています。

その記録は、30年以上たった今でも、破られていません。
また、中野浩一氏は世界的な活躍が認められて、2006年に紫綬褒章を受章しています。

ほかにも、BMXによる1分間の耐久タイムマシンスピン記録によって、2014年に池田貴広氏がギネス記録を獲得しています。

池田貴広氏はプロのBMXライダーで、タイムマシンスピン記録以外のギネス記録も保持しており、2017年の4月からはシルク・ドゥ・ソレイユで世界ツアーに参加することが決まっています。

ちなみに、速度以外の一風変わったギネス記録ということなら、2013年に記録された世界一背の高い自転車は6.15mであり、2015年に記録された世界一長い自転車は35.79mという記録があります。

そして、2016年に記録された世界一重い自転車は860kgとなっています。

それぞれ、とてつもない数値ですが、いずれも走行することが可能というので驚きです。

ギネス記録は常識を超えている

世界最高速度のギネス記録を持っている自転車は、外見だけ見るとすでに自転車の域を超えていますね。

近未来の自転車という感じです。

世界には、いろいろな挑戦でギネス記録を更新している人がいます。

次はだれがこのギネス記録を破るのか、そのような観点で自転車を見てみても面白いかも知れません。