豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

      2017/04/28

ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、なかなか簡単に手が出せる金額ではありません。

買うとなると、相応の値段を考えなければなりません。
失敗できない買い物ですよね。

そんな人は、一度、ロードバイクをレンタルしてみませんか?
そのまま大会やイベントにだって参加できるんです!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001685-1.jpg
カンパのシロッコにシルバーカラーがあったらしい!

カンパニョーロのアルミクリンチャーの人気ホイール・シロッコで...

pwk0001684-1.jpg
u字ロックを破壊されてたまるか!鍵の掛け方を学ぼう

ロードバイクは高額ですよね! 個人的には「走る宝石」と...

pwk0001683-1.jpg
4キロって遠い?自転車で走るとどのくらい時間が掛かる?

近年はスポーツ自転車ブームとも呼ばれ、街中でも普通にロードバ...

pwk0001682-1.jpg
モデルチェンジした今だからこそ10速アルテグラを振り返る

今でこそロードバイク用の変速段数はリア11速が最高になってい...

pwk0001681-1.jpg
10キロを自転車で走ったらどのくらいの時間が掛かる?

皆さんは10キロと聞くと、どんな印象を持つでしょうか? ...

pwk0001680-1.jpg
自転車で一時停止しないと違反?意外と知らない交通ルール

自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されています。 ...

pwk0001679-1.jpg
自転車に空気が入らない!パンクかな?それとも他に原因が?

自転車に乗っていて、なんかいつもよりガタガタするなと思ったら...

pwk0001678-1.jpg
自転車のペダルを分解清掃してグリスアップしよう!

当たり前じゃないかと言われそうですが、自転車のパーツの中で足...

pwk0001677-1.jpg
自転車のチェーンのテンション調整の必要は?やり方と注意点

たまに自転車屋さんに行くと、「チェーンが伸びちゃってるね、引...

pwk0001676-1.jpg
自転車のシングルスピードは坂道に弱いという話は本当か?

皆さんは、シングルスピードという自転車を知っていますか? ...

pwk0001675-1.jpg
台風時の通勤にロードバイクを使う危険性を考えてみましょう

通勤にロードバイクなどの自転車を使っている人が増えています。...

pwk0001674-1.jpg
ママチャリをカスタマイズ!シートポスト交換からスタート

「軽さは正義」 ロードバイクにおいては、良く言われる言葉で...

pwk0001673-1.jpg
チネリネオモルフェにしたい!ハンドル交換のメリットとは?

イタリアの老舗自転車メーカーであるチネリのカーボンハンドルと...

pwk0001672-1.jpg
チネリのネオモルフェを取り付ける~シマノSTIに合うか?

イタリアのチネリという老舗自転車メーカーのカーボン製ハン...

pwk0001671-1.jpg
チネリのスーパーコルサはサイズが豊富過ぎる!身長に合う?

発売以来、40年以上変わらないフォルムで販売を継続してきたの...

pwk0001670-1.jpg
ジャイアントのロードバイク・エントリーモデルの名車tcr2

今回のテーマであるジャイアントtcr2は、アルミロードバイク...

pwk0001669-1.jpg
シャマルウルトラのアジア限定ダークラベルを知ってますか?

カンパニョーロのアルミクリンチャーホイールの上位モデル「シャ...

pwk0001668-1.jpg
カンパニョーロ・ゾンダから音がする!ラチェット音って何?

ラチェット音とは後輪のハブから出る構造上の音で、ブレーキなど...

pwk0001667-1.jpg
カンチブレーキが最強ってホントなの?時代遅れじゃないの?

皆さんは、カンチブレーキと聞いてピンときますか? ...

pwk0001666-1.jpg
bb30対応クランクって何?今でも使えるの?

bb30対応クランクと言うと、「音がするやつだろ」とか、結構...

スポンサーリンク


ロードバイクは乗ってみて決めよう

初めてロードバイクを買うときは、どのようなものかと試し乗りをしてみたいと思う人は多いと思います。

ロードバイクの需要が高まってきた影響もあり、試乗やレンタルを始めたお店も増えてきているようです。
ここでは、試乗可能な場所をいくつかご紹介します。

《CYCLEMODE(サイクルモード)》
毎年11月前後に幕張メッセや大阪で開催される自転車見本市です。
2017年は11月3~5日に幕張メッセで開催予定です。

1.4kmを超える試乗コースが用意されており、ロードバイクなどの試乗を思う存分することができます。
車種別の特設コースもあるので、それぞれの性能に合ったコースを走ることができます。

《メーカーのイベント》
各メーカーのイベントでは、メーカーが試乗車を用意していることがあります。
トレックやジャイアントなど、1つのメーカーの自転車に試乗することができます。

《ショップ》
メーカーのイベントのように試乗会を開催する場合や、普段から試乗可能なものを用意しているお店があります。

ロードバイク試乗のポイント

ロードバイク初心者が、試乗会やレンタルで試乗する機会を得たとき、何をチェックしながら乗るべきかのポイントをいくつかご紹介します。

〇ペダルの踏み方

通常、試乗車に付いているのはフラットペダルです。
ビンディングペダルに移行する可能性も考慮するため、足の指の付け根辺りからペダルを漕ぐようにしましょう。

〇ハンドルの高さ

最近はハンドルポストが短いものが多く、エントリーモデルでもハンドルの位置が低いものが数多くあります。
ロードバイクは下ハンを握っている状態が一番力が入り、空気抵抗も一番低くなります。
初心者に低すぎるハンドルは恐怖心を与えてしまい、下ハンを持てなくなる可能性があります。

試乗したときには、低すぎないかを店員さんと確認するようにしましょう。

〇試乗車のサイズについて

初めてのロードバイクはサイズ選びがとても大切です。
しかし、試乗のときに自分に合ったサイズに試乗できる可能性は低いです。

また、メーカーによってサイズ表記が異なるので注意しましょう。
試乗やレンタルしたロードバイクの名前・サイズ・怖さがあったかなどを記録しておくといいでしょう。

試乗会に参加しなくても気軽にレンタル!

試乗会に参加するのも楽しいですが、ロードバイクのレンタルをするのもおすすめです。
ロングライドはもちろんのこと、レンタルしたロードバイクで大会に出ることも可能です。

レンタルのメリットは、色々な車種に乗ることができるということです。
自分の好きなロードバイクを何台も所有できる人は、世の中でも限られた人しかできません。

ですがレンタルであれば、最新モデルや乗ってみたかったという車種に乗れるチャンスがあります。

また、「ロードバイクは持っているけど、オフロードも走ってみたいけどマウンテンバイクを買う予算がない」という人の願望も叶えることができます。

そのほかにも、整備や清掃などを自分で行わなくて良いというのも、メリットのひとつです。

きれいな状態のバイクをレンタルして使用し、使用後のバイクは返却すれば、あとの整備や清掃はレンタルしたお店でしてくれます。

あまりにも汚れている場合には、マナーとしてある程度掃除をして返すのが望ましいですが、通常使用での汚れであれば、そのまま返しても問題なく手間が掛かりません。

バイクを購入する前に、実際に自分でテストランをして、購入の判断材料にするために利用することができるのもメリットでしょう。

購入後「思っていたのと違う」と思っても取り返しがつかないので、実際に試すチャンスを作れるのはありがたいですね。

レンタルバイクで憧れのブランドに乗れる

ロードバイクに興味を持ち始めた頃、「あのロードバイクかっこいい」と、街中や幹線道路で颯爽と駆け抜けるロードバイクに心を惹かれた人もいるのではないでしょうか。

そんな憧れのロードバイクに乗れる可能性があります。
ほんのわずかですが、レンタルできるロードバイクをご紹介します。

【CEEPO(シーポ):STINGER】

シートポストの前後オフセットが付け替え可能な、リーバーシブルシートポストを採用しています。

ハンドルとサドルの位置を変えることで、トライアスロン用からロードバイクのポジションに変更することができます。

横風対策がされているフレームは、剛性もあるので加速性能も高いです。

初心者より、トライアスロンの練習をしてみたいという人におすすめな車種です。
レンタルしてみるのもいいですね。

【Cannondale(キャノンデール):CAAD 12】

カーボンキラーとして名高いキャノンデールのアルミフレームを体感してみるのはいかがでしょうか。

高い剛性があるうえ、振動吸収性もあるので乗り心地は快適です。
2017年モデルは、シートチューブが従来のものより短くなっているので、身長の低い人でも乗れるようになっています。

ウェットスーツもレンタルできる

トライアスロンを始めたいけど、「何を準備していいか分からない」「いきなり全てを揃えるのは大変」とい
う人もいます。

意外かもしれませんが、ウェットスーツもレンタルできるんです。
もちろん、レンタルスーツでレースに出場しても大丈夫です。

ウェットスーツは、「袖の有無」と「上下一体かどうか」の組み合わせで4つに分かれますので、次に挙げる4つの中から選びます。

○袖の有無

A:ロングジョン(袖なし)
B:フルスーツ(長袖)

○上下一体かどうか

①:ワンピースタイプ
②:ツーピースタイプ

この、A×①・A×②・B×①・B×②、組み合わせの中から選ぶことになります。

また、ウェットスーツを選ぶポイントとしては、以下の点にあります。

《脱ぎやすさ》
A×②の袖なしセパレートという組み合わせが一番脱ぎやすいです。

《泳ぎやすさ》
フルスーツは浮力がありますが、腕が覆われているぶん、肩を回しにくくなります。

《浮力》
浮力は素材の厚みによっても異なりますが、フルスーツが最も高いです。

《スピード》
浮力とも大きく関わりますが、浮力が高いほうがスピードが出やすいので、これもフルスーツがいいでしょう。

4つの特徴をご紹介しましたが、どれも一長一短です。

まずはロードバイクもウェットスーツもレンタルしてみて、試してみると間違いないでしょう。

関東でロードバイクがレンタルできるお店

ロードバイクやウェットスーツのレンタルについてお伝えしてきましたが、これをレンタルできるお店がパワーキッズです。

群馬に2店舗、埼玉に1店舗にあり、ロードバイクを初め、クロスバイクや自転車パーツのレンタルも積極的に実施しております。

先ほどご紹介した、シーポ・STINGERとキャノンデール・CAAD 12のレンタルも可能なので、違うロードバイクを試乗してみたい人におすすめです。

「圏外だから借りに行けないよ」という人にも対応できるように、『自転車の宅配貸出サービス』を行なっているので、全国各地からレンタルすることができます。

「トライアスロンに挑戦してみたいから」「長期休暇をロードバイクで旅してみたい」「通勤・通学をロードバイクにしようか検討している」など、様々なニーズに応えることが可能なレンタルサービス。

ぜひ一度、ご利用してみてはいかがでしょうか。

ロードバイクレンタルについてもっと知りたい!という人は、こちらへどうぞ!
ロードバイク レンタル

ロードバイクは乗ってみないとわからない

ロードバイクは乗ってみないと、そのバイクの良さや乗りやすさがわからないものです。
サイズ感や自分に合っているか、というのも大切ですよね。
値段が高ければいい、というものでもありません。

レンタルで試乗してみるというのは、とても良い方法だと思います。

そのまま大会にも出られますので、今までロードバイクがなくて大会に出られなかったという人も、チャレンジするきっかけになると思います。

ぜひ、ロードバイクのレンタルを活用してみてください。

 - ロードバイク, 自転車 おすすめ, 自転車全般