豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

2017.5.21

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方!
そんな方には、自転車での日本一周旅行がおすすめです!

自転車で日本一周しよう!となっても、どんな種類の自転車がいいかわからない…
なんて方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本一周におすすめの商品を種類別にご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

日本一周する自転車の種類関係なく求められる点は?

自転車で日本一周と聞くと、「とんでもない、雲をつかむような話だ」と思うかもしれませんが、これが意外と達成している人が多いのです。

しかも、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車ではなく、ママチャリで達成した人もいるくらい、ハードルはそんなに高くありません。

もちろん時間やお金があればの話ですが…

自転車で日本一周をするとなると、それなりの準備が必要です。
基本はどんな種類の自転車でも良いのですが、自転車本体に必要な装備から考えてみると、分かりやすいと思います。

まずはキャリア(荷台)が取り付けられる自転車でなければいけません。
手ぶらで日本一周できるわけがありませんし、背負うにしても限度がありますので、せめて後ろ側だけでも荷台が必要になります。

また、例えば、あまりにも特殊なチェーンやタイヤだったりすると、何かあったときに修理ができない可能性もあるので、無難なものにしましょう。

自分が安全に快適に走れると思えば、その自転車で行くのが最適です。

種類別、日本一周におすすめの自転車!クロスバイク編①

自転車の種類は問わないと述べましたが、日本一周は長丁場ですから、快適に走るためにはスポーツ自転車がベストになってきます。

なかでも、これからスポーツ自転車に乗り換えようと思っている方に最適なのは、クロスバイクです。

スピードに特化したロードバイクと、砂利道や舗装されていない道路も難なく走れるマウンテンバイクの特徴を併せた性能をもっています。

日本一周となれば、例えば北海道のように、ひたすら長い直線の舗装された道だけを走る訳ではありません。

中には、路面状況の悪い道路もありますので、クロスバイクくらいの安定感とバランスがちょうど良いです。

各自転車メーカーがクロスバイク造りをしていますが、日本一周でのおすすめは、なるべく全国に販売店がある方が良いと思います。

スポーツ自転車は装備が特殊なので、普通の街の自転車屋さんでは修理などができない場合があります。
そのため、何かあった場合には、メーカー品を扱っているショップを探さなくてはいけません。

その点からも日本製のブリヂストンや、世界最大の自転車メーカーと言われているジャイアントなどを選ぶのが良いでしょう。

種類別、日本一周におすすめの自転車!クロスバイク編②

では、具体的にどんな種類のクロスバイクがおすすめなのか見ていきましょう。
まずは世界最大の自転車メーカ―のジャイアントのクロスバイクをご紹介します。

【ESCAPE R3】

まさにクロスバイクのお手本のようなモデルで、オールマイティ性が求められる日本一周にピッタリの1台です。

700×28Cのタイヤサイズもバランスが良いですし、24段変速で街乗りからヒルクライムまで、大いに活用できます。

次はブリヂストンのロードバイクです。

【CYLVA F24】

クロスバイクでありながら、ライト・鍵・センタースタンドが標準装備されており、オプションで泥よけやキャリアを装備することができます。
タイヤがパンクしにくい構造になっていたりと、日本一周にはおすすめなクロスバイクです。

その他にも、イタリアの有名自転車メーカー「GIOS(ジオス)」には、長距離走行を意識したクロスバイク「スポルティーフ」があります。

このように、クロスバイクはバランスが非常に良く、価格も手ごろなものが多いので、日本一周にはおすすめです。

種類別、日本一周におすすめの自転車!マウンテンバイク編①

さて、スポーツ自転車の中には、マウンテンバイクという未舗装路を走行するために造られた種類の自転車があります。

悪路を走ることに特化しているぶん、スピ―ドは期待できませんが、もし日本一周の中で、林道や山道にも積極的に行ってみたい方は良いかもしれません。

では、メーカー別におすすめのマウンテンバイクをご紹介します。

【GIANT:TOUGHROAD SLR 2】

厳密に分けると、マウンテンバイク異なる車種に分類されますが、マウンテンバイク用のコンポと太いセミブロックタイヤを採用している自転車です。

前後に荷物を積むことを前提に設計されたモデルなので、荷物を多く持って日本一周したい人におすすめです。
ブレーキも油圧式ディスクと、悪天候でもブレーキがしっかり効いてくれるでしょう。

【GT:パロマー】
GTは、アメリカで生まれた本格的なマウンテンバイクを製造しているブランドで、主にダウンヒルを行うためのモデルが多く剛性の高いモデルが多いです。

中でも「パロマー」は、エントリーモデルで価格も5万円を切る入門編ですが、剛性が強く、走行性能も高いです。

種類別、日本一周におすすめの自転車!マウンテンバイク編②

マウンテンバイクも、日本一周に向いている自転車の種類のひとつといえますが、近年ではさらにおすすめできる種類になっています。
その理由が、マウンテンバイクの軽量化です。

もちろん、サスペンションが付いているものは、10㎏を切るようなロードバイクやクロスバイク並みの軽さとはいきません。

しかし、未舗装の道路を走るだけの剛性を兼ね備えながら、街乗りにも対応できる軽快さを出している種類が増えつつあります。

特に台湾のメーカーであるMERIDA(メリダ)はグレードの高いロードバイクを製造しているだけあり、マウンテンバイクにも、その技術力が発揮されています。

【MATTS 6.10-MD】

変速機には、日本が世界に誇る自転車パーツメーカーであるシマノのパーツが組み込まれています。

さらにブレーキにも、制動性の高いディスクブレーキを搭載しており、街乗りにも十分対応しています。
フロントサスペンションはオン・オフ可能です。

重量は14kgくらいなので、ママチャリよりは軽いです。

種類別、日本一周におすすめの自転車!ランドナー編

さて、最後にご紹介するのは、「ランドナー」という種類の自転車です。

ランドナーとはフランス語で小旅行と言う意味が由来になっているように、まさに日本一周の旅に最適な自転車です。

ロードバイクの定番であるドロップハンドルを採用し、日本一周するときにあると便利な泥よけやキャリアを装備することができます。

クロスバイクやマウンテンバイクより種類は少ないものの、長期の旅といえば、ランドナーがおすすめです。

【MIYATA(ミヤタ):Freedom Sports(フリーダムスポーツ)】

海外でも評価の高いフレームを造る、日本メーカーのミヤタが造り上げたランドナーです。

クロモリ素材のフレームは、耐久力の必要になる日本一周におすすめな強度をもっています。
クロスバイクやマウンテンバイクと違い、ドロップハンドルなので、長距離走行でも姿勢を変えることができるので、疲れが溜まりにくくなります。

その他にも、旅といえばジャイアントのGREAT JOURNEY(グレートジャーニー)がありますが、こちらは有名すぎるので割愛します。

予算内で自転車を買って、余裕のある日本一周旅行を!

今回は、日本一周におすすめの低価格自転車を種類別にご紹介しましたが、気に入るものや気になるものはありましたか?

自転車を低予算に収めることで、旅行に余裕が出来ます。
予算的にきつい方は、ご紹介した自転車を購入してみてはいかがでしょうか?

 - 旅行 長距離移動