豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

      2017/05/23

ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい!

でも、王道のシマノはさまざまなグレードがあって、どれを選んだらいいかわからない…
そんな人には、クラリスがおすすめです!

また、ロードバイクのグレードアップを考えている方にも役に立つ、シマノの各グレードの評価解説をしていきます!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001662-1.jpg
自転車のパーツの名前分かりますか?フレームって何?

自転車のパーツには様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前が...

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

スポンサーリンク


シマノのクラリスって何?どんな評価をされているの?

だいたいの人は、自転車を購入する際は、フレーム・ホイール・タイヤ・コンポが全て取り付けられた状態で購入することが多いでしょう。

しかし、コンポはシマノ・カンパニョーロ・スラムなどの自転車パーツ会社が作っています。

ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ自転車は、フレーム+コンポ+ホイール+タイヤ+サドル、ハンドルなどで、ひとつの自転車になりますが、その中でも重要視されるのがコンポです。

高評価で有名メーカー・シマノのロードバイク用コンポーネントは下位から、クラリス・ソラ・ティアグラ・105・アルテグラ・デュラエースというグレードに分けられています。

その中のクラリスは、2013年に新しく設定された入門グレードの一種です。

他のグレードと比べると、圧倒的に安価で、エントリーグレードのロードバイクに採用されていることが多いです。

このグレードの特徴は、初心者ライダーにとても優しい設計と評価されていることです。

例えば、シフトレバー上部にインジケーターが付いており、現在何速に入っているのかわかりやすくなっています。
ほかにも、パーツ全体が比較的安価なため、維持にもあまり費用がかからないという点が挙げられます。

シマノのクラリスの上位グレードは何?ブレーキの評価は?

先述したシマノ・クラリスの1つ上のグレードがソラです。

●クラリスとソラのブレーキの評価は?

クラリスとソラのブレーキについては、ロードバイクような高速で走れる自転車では、危ないことがあります。

効きが悪いというウワサが絶えませんが、それだけ危ない目に遭っている人がいるのは確かです。

最近のグレードでは、多少改善されてきてはいますが、上位グレードと比べると、ブレーキに関しての性能差はまったく違うでしょう。

なので、クラリスとソラに関しては、ブレーキをグレードの高いものへと交換することを強くおすすめします。

ブレーキキャリパーごと交換できると良いですが、上位グレードになると費用がかさむので、ブレーキシューだけでも大丈夫です。

シマノのグレードでいえば、105以上がおすすめです。

ロードバイクでは、パーツのグレードアップはだいたいの人が行なうことですが、レースに出たりしない人ならしなくても大丈夫です。

しかし、ブレーキは命に関わる部分なので、ブレーキシューだけでも良いので交換しましょう。

上位になるにつれ評価が上がるものは?

先ほどご紹介したクラリスよりも、2つ上のグレードにあるのがティアグラです。
上位グレードですが、ほとんどクラリスとソラと違いはないでしょう。

シマノは、ティアグラより上位のグレードから、顕著に違いが出てくるので、上位にいくほど性能の評価が上がってくるものをご紹介します。

●変速段階

ソラは9速ですが、ティアグラは10速となります。
変速段階は、数値で表されているので、コンポの差は変速の違いと思っている初心者も多いかもしれませんが、実際はフロント変速もまったく違います。

●クランクの剛性

クランクは、とても重要な部分です。
脚力があるライダーは、下位グレードだと少し頼りない印象があり、上位グレードであれば、しっかりとした印象を受けるでしょう。

●変速レバーのタッチ

変速レバーのタッチ感も、やはり上位グレードとの違いが出ます。
また、操作性も上位グレードの方が良いでしょう。

●寿命

上位グレードになるにつれ、性能だけでなく寿命も長くなります。
メンテナンスをしっかりとすることで、元の性能に近い状態まで回復するといわれています。

メンテナンスの頻度により違いますが、オーバーホールをすればティアグラ・ソラ・クラリスでも1~2万キロはトラブルなく走れるでしょう。

シマノのクラリスの3つ上位グレード、105はどんな評価をされている?

先ほどご紹介した、シマノのクラリス・ソラ・ティアグラはロードバイク初心者向けのグレードです。
ティアグラの1つ上位グレードの105は、中級者向けといえるでしょう。

●105以上は、レース対応グレード

105からはレース対応のグレードとなっています。
レース対応と言っていますが、もちろんクラリスやソラよりも快適にサイクリングを楽しむこともできます。

105から11速に対応しているため、上位グレードのパーツと互換性があります。

11速は、ライダーの中では当たり前といってもいいくらいなので、コンポを交換するのにティアグラと迷っている人は、出費は増えてしまいますが、105への交換をおすすめします。

変速段階は、多ければ多いほど、その場面に適切なギアを選べますので有利ということになります。

●105を買うときは、後輪ホイールを11速対応のものにしよう

11速化するにあたって、105でほとんど揃いますが、後輪ホイールだけは11速対応のものにしておきましょう。

なぜかというと、スプロケットの枚数が増えることで高さが増すので、今までのフリーボディでは対応できなくなってしまうからです。

●どんな手の大きさでも扱いやすいSTIレバー

105のブラケット部分のSTIレバーは、とてもコンパクトになっています。
なので、手の小さい人でも握りやすく、ブレーキコントロールもしやすいと評価されています。

シマノの上位グレード・アルテグラの評価

ロードバイクにはまった人で、クラリスからアルテグラにするという人も、多いのではないでしょうか。
105の1つ上のグレードで、シマノのコンポでも人気の高いグレードです。

そんなアルテグラは、どんな評価をされているのでしょうか。
今回は、わかりやすいように105と比べて解説していきます。

●ブレーキの評価

アルテグラは、105と比べるとレバータッチがいいです。
また、スピードコントロールと制動力も105と比べ、評価が良くなっています。

これらは、実際に乗った人のだいたいが実感できるでしょう。
例えば、下り坂を走ったときのブレーキングなど、アルテグラのブレーキの方が安心感があります。

●変速性能の評価

アルテグラのフロント変速については、軽さが目立つでしょう。
フロント変速は、ディレイラーの変速幅が広いため、性能の差が感じやすいです。

しかし、フロント変速に大きく影響してくるのはクランクとSTIなので、ディレイラー自体の性能の差はそこまでないといってもいいでしょう。

●リア変速の評価

リアの変速は、105とアルテグラの差は、ほとんどありません。
もちろん、アルテグラの方が軽いというライダーもいるかもしれませんが、105も十分軽いです。

●電動コンポ搭載

アルテグラは、電動コンポのDi2というシステムが用意されています。

シマノの最高グレード、デュラエースの評価は?

シマノのクラリスより5つ上位グレードが、最上位グレード・デュラエースです。

デュラエースは、最上級グレードというだけあり、最高の品質と評価されています。
他メーカーの最上位グレードと同等の性能を持ちながら、価格は圧倒的に安く済むのがデュラエースです。

そんなデュラエースの評価をみてきましょう。

●シフトストロークがすごい

デュラエースに初めて乗ったライダーが驚くのが、シフトストロークの短さです。
もちろん良い意味でです。

シフトダウン時のストロークの深さは、アルテグラよりも30%減。
シフトアップに要する力は、47%減。

●ワイヤーを使わないので経年劣化しない

Di2では、モーターを使用してディレイラーの位置を変更しているので、ワイヤーを利用しません。
なので、シビアな変速性能を調整するのに、特別な技術は必要ありません。

●ギアが記録される

本格的なライダーは、サイクルコンピューターを使用していますよね。
そのログにギアの情報を残すことが可能です。

ヒルクライムなどをしたときにログを見れば、どのギアを一番使っていたのかなどをチェックすることができます。

自分に合ったシマノのグレードを選ぼう!

今回は、クラリスからデュラエースまで、シマノの各グレードについて詳しくご紹介しましたが、役に立つ情報はありましたか?

クラリスは、シマノの中では最下位グレードとなっていますが、とても性能は十分なものです。
初心者の人は、まずはクラリスから始めてみてはいかがでしょうか?

 - ロードバイク 国産メーカー, 評価 インプレ