豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

timeのクリートは減りやすい!?クリートカバーを付けよう!

      2017/05/31

timeのクリートは減りやすい!?クリートカバーを付けよう!

ビンディングペダルのメーカーは何を使っていますか?

timeはシマノとは使用感が違い、軽くて調整もしやすいので、おすすめです。
ですが、クリートが減りやすくのが難点です。

そんなtimeのクリートに付けるカバーはあるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001884-1.jpg
ロードバイク本体やパーツを通販で購入するときの注意点

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001779-2.jpg
ジオスのロードバイクは種類が豊富!その評判とは?

イタリアの「GIOS(ジオス)」は、ジオスブルーで有名な老舗...

pwk0001875-1.jpg
スプロケットにスペーサーを入れれば何速用でも対応可能か?

スプロケットとは、自転車の後輪に付いているギアの歯車のこ...

pwk0001866-2.jpg
自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動...

pwk0001860-2.jpg
山手線に乗って一周したことある?自転車ならどれ位掛かる?

東京や首都圏在住の方なら、一度は乗ったことがあると思われ...

pwk0001775-2.jpg
クロスバイクとロードバイクの違いは?坂道はどちらが向く?

スポーツ自転車に初挑戦するときに悩むのは、どの車種を選ぶ...

pwk0001772-2.jpg
カンチブレーキを交換したい!どんなブレーキが良いの?

カンチブレーキをご存知ですか? 昔はほとんどのMT...

pwk0001770-2.jpg
mtbにロード用のコンポを搭載したらどうなんだろうか?

スポーツ自転車のコンポは、mtb用とロード用に分かれてい...

pwk0001785-2.jpg
ラレーのロードバイクはクラシカルなデザインで評判!

ラレーは、イギリスで100年以上の歴史を持つ自転車メーカ...

pwk0001883-1.jpg
プロ推奨!ロードバイクのおすすめフロント・リアライト

ロードバイクやクロスバイクを買ったら、他に買う必要のある物の...

pwk0001882-1.jpg
【ランキング】おすすめロードバイクペダル【10選】

ロードバイクのペダルと言えば、靴とペダルがガチャッと一体にな...

pwk0001858-2.jpg
プロが選んだ!おすすめロードバイクホイールのランキング

ロードバイクの走りを左右する最も重要なパーツは何かと聞かれれ...

pwk0001857-2.jpg
おすすめロードバイクタイヤ10本をランキング形式でご紹介

ロードバイクで最も重要なパーツはホイールですが、タイヤはその...

pwk0001832-2.jpg
色々な人のためにプロが本気で厳選したロードバイクのサドル

ロードバイクのサドルとは奥の深いもので、お尻の痛み問題をはじ...

pwk0001766-2.jpg
fsaのクランクの評価と他メーカーのコンポとの互換性は?

fsaのクランクは、BB30仕様の完成車によく使われてい...

pwk0001765-2.jpg
bianchiのクロスバイクは人気が高い!サイズ選びも重要

現存する最古の自転車メーカーが、イタリアのbianchi...

pwk0001763-2.jpg
クロスバイクのタイヤ700x28cとは何のことを表しているの?

スポーツ自転車のタイヤは、種類によって使用されているタイ...

pwk0001762-1.jpg
自動車のミラーに接触したかも!どういう対処すればいい?

自転車に乗っていて、自動車のサイドミラーと、自転車のハン...

pwk0001761-1.jpg
自転車タイヤのバルブ交換をしたいけどどんな種類があるの?

自転車のホイールから突き出ている小さな突起物が、タイヤに...

pwk0001760-1.jpg
自転車の逆走は重大な違反です!取締りが強化されたわけとは

2015年の道路交通法改定により、自転車の違反に対する取...

スポンサーリンク


timeと他のビンディングペダルメーカーとの違い

ロードバイクのビンディングペダルのメーカーは、シマノ・LOOK(ルック)・time(タイム)・SPEEDPLAY(スピードプレイ)の4つが主です。

シマノ・ルック・タイムはクリート穴が3つであることなど共通点が多いのですが、スピードプレイだけはクリート穴が4つとなっています。

timeのビンディングペダルは、クリート穴が3つでもシマノとルックとは機構が大きく違います。

timeの技術者は元々LOOKにいたのですが、フローティング機構を設けたいという提案を却下されたことで独立して、フローティング機構のビンディングペダルを作ったという経歴があります。

そのため、timeのビンディングペダルの特徴は、フローティング機構にあります。
完全に固定してしまうと膝に悪いという考え出された機構で、基準から左右に動かすことができるクリートになっています。

そして、力を抜くと基準に戻ろうとして、ライダーの動きをカバーするように動いてくれます。

time以外のメーカーとしては、シマノとルックは似たビンディングペダルであり、スピードプレイは後発のメーカーということで、特徴を持ったものを意識した製品でクリートが大きいのが特徴です。

timeは調整が楽で軽い!カフェクリートの特徴

timeのビンディングペダルの特徴のひとつは、歩きやすいことです。

カバーを付けずにカフェに入れるということで、カフェクリートと呼ばれています。
このように、timeのペダルはクリートの穴が大きくても、歩きやすいように設計されているのです。

そして、カフェクリートの特徴は自転車に跨ったときにもあります。

まず、装着が簡単です。

シマノやルックのビンディングペダルのように体重をかけて、はめ込むのではなく、特定の位置に足を置くだけで、クリートがペダルを捕まえに来てくれるのです。
その感覚は独特で、病みつきになってしまう人もいます。

そして、クリートにはフローティング機構が設けられているので、クリートが左右に動いて、ペダリングを助けてくれます。

ペダリングが上手くない人や、独特なクセが付いている人は、膝に無駄な負担がかかってしまいやすいです。

ですがカフェクリートは、クリートが基準の位置に戻ろうとしてくれるので、無駄な動きを吸収してくれて、長時間の走行でも膝を痛めにくいのです。

timeのクリートの減りを防ぐクリートカバー

timeのクリートの寿命は、ライダーの体格にもよりますが、だいたい2ヶ月や3ヶ月です。

しかし、クリートの値段はシマノの「PSD-SL」の倍くらいですし、交換頻度がシマノの倍くらいになってしまうので、ランニングコストは4倍くらいになってしまいます。

ですから、長く使いたいものなのですが、そのためにはカバーを付けることが重要です。
自転車から降りて歩くのであれば、カバーを付けることで消耗を減らせられるので、かなり寿命を延ばせます。

また、クリートは滑りやすい場合があるので、カバーを付けておくことで滑り止めになって、歩きやすくなります。

おすすめのカバーとしては、クリートスキンズの「クリートグリップス(タイム用)」があります。

ゴム製のカバーなので、歩いたときの安定感はバッチリです。
自転車を抱えて、階段を昇り降りするときでも安心して歩けるでしょう。

大きさはポケットに入るくらいなので、携帯するにも便利です。

しかし、硬くて、はめにくいので床で踏みつけることで、はめると良いでしょう。

timeのクリートにシマノのクリートカバーを付ける裏技

クリートスキンズの「クリートカバー(タイム用)」はおすすめなのですが、入手が困難であることがあります。

シマノのクリートカバーなら入手しやすいので、シマノのカバーを使う裏技をご紹介したいと思います。
しかし、裏技といっても結構定番なので、知っている人もいるかもしれません。

シマノのクリートカバー「SM-SH45」であれば、少し加工するだけでtimeのクリートに装着できるようになります。

クリートカバーの後部を、カッターで切断しましょう。
左右の出っ張りはカフェクリートに当たってしまうので、カットしましょう。

ゴムは硬く切りずらいので、気を付けてカットしてください。
カットしたら、カフェクリートにちゃんと、はまるのか確認してから使ってください。

カフェクリート自体が歩きやすく作られているため、歩きやすさに関しては、そこまでの変化を感じることは少ないでしょう。

どちらかといえば、クリートの消耗を防ぐという意味合いで、使用するようにしましょう。

カバーなしで歩けるtimeのクリート・iCLIC2もおすすめ

timeのiCLICのクリートは、カフェクリートとも呼ばれていて、歩きやすいのが売りでした。

しかし、すり減りが早いというのが欠点で、長く使うにはカバーは必須でした。
そんなiCLICですが、モデルチェンジを果たして、弱点を克服したiCLIC2が登場しました。

iCLIC2のクリートは従来のクリートより減りにくくなり、従来は約3ヶ月で寿命だったという人なら、iCLIC2にすることで約6ヶ月は使用できるでしょう。

つまり、寿命が倍になるということです。
寿命が2倍になったということは、それだけでランニングコストが半分になったと言えます。

しかし残念なことに、耐久性と引き換えに、歩きやすさは少し下がったと思います。

従来品は柔らかいことで、とても歩きやすかったのですが、iCLIC2は硬くなり、少しだけ歩きにくさを感じるでしょう。

それでも、カバー無しで歩けるということは変わりなく、カフェクリートの異名があるように、歩きやすいクリートではあります。

timeのクリートのお手入れと保存に便利なグッズ

timeのクリートのお手入れには、クリートに補修剤を塗りましょう。
それだけで、すり減り防止になるので、寿命を延ばすことができます。

例えば、SHOE GOO(シューグー)ならば、クリートを清掃して、少しヤスリ掛けしてから使いましょう。

補修剤を塗るのに、厚めに塗ったところでクリアランスがあるため、ペダリングや歩行に問題が出ることはないでしょう。

補修剤は、クリートから剥離することはないのですが、補修剤がすり減るので、重ね塗りするのも良いでしょう。

このように、補修剤を使うことでカバーを使わなくても、クリートが割れるまで使うことができるので、寿命をかなり延ばせます。

カバーを使う場合は、100円のものでも良いので、ポーチの中に入れましょう。
靴は歩くだけで、土やホコリで汚れますし、飲食店に行けば油汚れが付くでしょう。

そのため、そのままカバンに入れては、カバンまで汚れてしまいます。

こういったことを防ぐために、ポーチが必要なのです。

ポーチを使うことで荷物が増えてしまうのですが、一緒に入れたサイクルジャージや小物が汚れるよりは、マシだと思います。

timeのクリートにはクリートカバーを付けて劣化を防ごう

timeはクリートが減りやすく、買い替える手間を考えて、使うのをためらう方もいらっしゃいますが、クリートカバーを付ければ、寿命をのばすことができます。

timeのクリートカバーが手に入らなかったら、シマノのクリートカバーを付けても大丈夫です。

また、シューグーなどでメンテナンスしたり、ポーチに入れたりして大切に使うことで、劣化を防げますよ!

 - パーツ オプション