豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

ビアンキのロードバイクって女性モデルがあるの?

2016.3.17

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
以前、背の低い女性から、ビアンキのロードバイクが欲しいという相談を受けました。

「女性専用モデルっていうのがあるみたいだけど何が違うの?」との質問。
そうですね、なかなかギクリとする質問でした。
そんなわけで今回は女性モデルのロードバイクのお話です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車の車道通行、ママチャリはこのままでいいのか?

自転車は道交法上、車両になるのでクルマやオートバイと同じ車道を走るように。 以前は歩道を走るように...

GIANTのクロスバイクが欲しい!~サイズの目安と選び方~

GIANTは台湾の大手人気メーカー。イメージ的には見渡せば荷物を積みすぎるくらい積んでいるバイクが...

自転車の買い替え時期、最適な時期はある?

自転車の寿命ってどのくらいでしょうね、という少し切ないお話。もちろん、自転車の種類やメンテナンスの頻...

ロードバイクや自転車を趣味にしてはいかがですか?

休日に、ロードバイクでツーリングをしている人たちを見かけたことがありませんか?ロードバイクを趣味をし...

自転車通勤!クロスバイクにカゴを付ける?

カゴ付きと言ったらやっぱりママチャリが思い浮かび上がりますが。今ではあらゆるシャンルで使われている...

GIANTはクロスバイクが特に有名ですが、ロードバイクの評判もいいですよ!

クロスバイクのエスケープシリーズが大ヒットで有名なGIANTですが、当然ロードバイクでも素晴らしいモ...

鍵が無い!自転車の鍵を紛失してしまったときの壊し方

外出先で自転車の鍵を失くしてしまい、帰れなくなってしまった! なんて経験をした方も、少なからずいら...

軽い運動するのにもおすすめ!スポーツ自転車mtb!!

走れるとは思えない場所でも、スポーツ自転車mtbなら走破できます。 時には転んだり、パンクした...

自転車ウェアはどんな機能?値段も高い?安い?

スポーツ用自転車を乗っている人が増えて来ましたが、服装を気にしている人とそうでない人がいると思います...

クロスバイクの改造ブログを参考にカスタマイズしよう!

クロスバイクはマウンテンバイクやロードバイクの良いところを組み合わせた自転車ですが、良いとこ取りした...

自転車のライト、気にしていますか?ライト交換の重要性とオススメ品

ライトは自転車の必要装備品です。 自転車の道路交通法で夜間の走行において「灯火をつけなければならな...

ロードバイクを洗車しよう!チェーンの洗浄方法も詳しく紹介

ロードバイクに長年乗っていたり、泥だらけの道を走ったりすると、当然ながらロードバイクは汚れてしまいま...

自転車を保管するのは外じゃなくてやっぱり屋内が最適なの?

ここに止めておいたはずなのに・・・自転車がない!! 自転車を使っている方は、こんな盗難被害...

ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 前身のメーカーが多くのブランドにハ...

自転車のブレーキのキャリパーを交換するときに確認すべき事

自転車に乗るときに、とても重要な部分であるブレーキ。 この部分が調子悪くなってしまうと大変です。 ...

スポンサーリンク

普通のロードバイクと何が違うの?女性モデル

ロードバイクの女性モデルって、普通のモデルと何が違うのか、ということから始めましょう。

女性モデルというのは、最近はいろいろメーカーで用意されています。

基本的には、

・女性に好まれそうなカラー
・背の低い人でも乗れる小さいサイズがある
・サドルが幅広(女性の方が男性より骨盤が大きいのです)

の3点が特徴です。

特に背の低い女性は、小さいサイズがあると嬉しいですよね。

しかしですね。
ビアンキの場合、DAMA BIANCAという女性専用ラインナップはあるんですが、基本的に通常モデルとジオメトリ(フレームサイズの詳細)がほとんど同じなんです。

ジオメトリというのは、メーカーホームページかカタログかで見れるのですが、どうも同じ数字のようなんですね。
これは困りました。

サドルについては、女性向けのものが付いていますね。

ビアンキの女性モデルは珍しい

でも、よくよく調べていくと、フルカーボンのINTENSOは、少しだけトップチューブが短いようです。
INTENSOなら、女性モデルでも通常モデルでも、一番小さい44のサイズであれば、背が低い人でも乗れそうです。

しかし、まだ問題は続くのです。

ビアンキをはじめとするヨーロッパメーカーのロードバイクは、日本に入ってくる年間での台数が決まっていて、特に小さいサイズは少なく、なかなか見付からないんです。

「他のメーカーじゃダメですか?」
と聞いてみると、

「ダメってことはないですけど、できればビアンキの色が綺麗だからビアンキが良いですかねー」
とのこと。

女性モデルのロードバイクが豊富なメーカー①

「アンカーは駄目ですか?」

「アンカー?」

「そう、ブリヂストンアンカー。日本メーカーで日本人向けのフレームを作るので、小さい人でも乗りやすいんですよ」

「小さい人……」

「そう、ヨーロッパ人はどうしても背が大きい人が多いですからね。その点、日本のアンカーや、最近は台湾のGIANTなんかも女性モデル、小さいフレームサイズの展開を頑張ってますよ。小さい人でも乗れますよ!」

「小さい人……」

背が低いっていうのを意外と気にしていたようです。
女性の場合、背が低いのも可愛いってことで良い気もしますが。

「でも、女性の場合、男性よりも手足が長い場合が多いので、身長に対してちょっと大きいフレームでも乗れちゃう場合もあるんですよ」

「それなら、やっぱりビアンキが良いです」

そんなわけで自転車屋さんに行ってみたものの、やはりビアンキの小さいサイズは残っていませんでした。

「予約しとけば次のモデルで入荷できますよ」

「初めてなので、またがらずに20万円以上のロードバイクを買うのはちょっと……」

というわけで、残念ながら自転車屋さんを後にしました。

女性モデルのロードバイクが豊富なメーカー②

「やっぱりビアンキじゃないとダメですか?」

「いや、無いなら仕方ないですよ。でも、やっぱりヨーロッパのメーカーが良いですね」

「アメリカは駄目ですか?アメリカメーカーも、最近は女性モデルに力を入れてますから」

「アメリカならOKです!」

まあ、何となく気持ちは分かります。

ロードバイクを初めて買うときに、Panasonicは嫌だと感じますもんね。
自転車に詳しくなった今となっては、Panasonicのクロモリやチタンは大好きですが。
Panasonicのクロモリは、かつてツールドフランスでも大活躍しましたからね。

でも、やっぱり初心者の頃はロードバイクってヨーロッパとか向こうの国の乗り物っていうイメージですからね。

そんなわけで、アメリカメーカー、TREK(トレック)かCANNONDALE(キャノンデール)、SPECIALIZED(スペシャライズド)あたりにしましょうという話になりました。

でも、やっぱりビアンキが……

アメリカメーカーにしようということで、インターネットであれこれロードバイクを見ていますと、
「ビアンキのあの色って他のメーカーは無いんですか?」
とのこと。

あの色と言うと、チェレステカラーですね。
青と緑の中間のような、イタリア語で青空のチェレステ。

「そうですねぇ、チェレステはビアンキだけですねぇ」

「あの色がやっぱり良いですねー」

女性とはワガママな生き物ですね。
女性の買い物に付き合うのは大変です。
しかし、自転車普及のために頑張ります。

「CANNONDALEもカッコいいですよ!」

「カッコよさは私には必要ないですー」

「TREKもシンプルで素敵ですよ」

「シンプルは良いですけど、チェレステが良いですー」

困ったものです。

ちょっと無理してでもビアンキか?

「じゃあ、ビアンキの新モデルが来るまで待ちますか?」

「どうしますかねー。さっきのお店にあったやつってやっぱり乗れないですかねー」

さっきのお店に、ひとつ大きいサイズのロードバイクならあったんですね。

「そうですねぇ。ちょっと無理があると思いますよ」

「やっぱり無理して乗ると困るんですか?」

「無理して大きいサイズに乗ると腰が痛くなったり、あれこれ困りますよ。ハンドルが遠くなり過ぎちゃうんですよ」

特に男性は大きいサイズだと停車した際に、トップチューブに股間が当たるので、急停車したときに、とても痛いことになります。

女性は、そういう痛みはないでしょうが、やはり無理して大きいサイズに乗っても、楽しく乗れないのでよろしくないです。

ちなみに、小さいサイズについては、ある程度調整が効きます。

「どうしますかねー。とりあえず、もうしばらく考えてみますかー」

「それが良いと思います」

2台目以降でビアンキにするのもアリ

その後、彼女はとてもラッキーで、僕の知人の女性がロードバイクを買い替えるということで、前に使っていたアンカーを安く譲ってくれるとのことで。

「ビアンキじゃないけど良いですか?」

「1台目ですし、とりあえず安く手に入るなら、それで試してみます」

そんなわけで、めでたく問題は解決して、彼女は楽しくロードバイクを始められましたとさ。
サイズもちょうど良かったようです。

そう、とりあえずは楽しく乗ることが大事です。

確かに好きなメーカーにこだわるのも大事ですが、ロードバイクも乗り物なので、何年かしたら新しいのに買い替える時もきます。

上のグレードが欲しくなったり、ボロボロになったり、理由は様々ですが。

その頃には、自転車の知識もいくらか増えているでしょうし、すでに乗っている車体があれば、何となくのサイズ感、自分が乗れるサイズというのは分かるようになっていたりします。

また、乗り始める前の頃とは好みが変わるかもしれません。
チェレステのビアンキじゃなくて、かっこいいCANNONDALEが欲しくなっているかもしれません。

あるいは、やっぱりビアンキが欲しいかもしれません。
どちらにせよ、何も知らなかった頃より上手に選べるでしょう。

ビアンキが欲しければ、モデルチェンジの前の時期に、きちんと予約をするとか。

もしかすると、その頃には女性ライダーの増加にともなって、ヨーロッパメーカーの小さいフレームも、今より手に入りやすくなっているかもしれません。

まとめ「女性モデルのロードバイクは難しい」

さて、いかがだったでしょう。

実は、分かりやすいように、ちょっとフィクションも混ざった話だったのですが、結構、同じような悩みを抱えている女性は多いんじゃないでしょうか。

ビアンキに限らず、ヨーロッパメーカーは、どうしても輸入台数が限られているので、小さいサイズや人気車種は予約しないと手に入りにくいんです。

でも、初めての1台の場合、やはり1度またがってから買いたいものです。
身長155cm以下の人は少し不本意かもしれませんが、1台目はアメリカメーカーやアンカーなど、女性モデルに強いメーカーを選ぶのが無難かもしれません。

 - ロードバイク 女性, ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般