豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ピナレロのロードバイクは10万円くらいで買える?

      2017/06/07

ピナレロのロードバイクは10万円くらいで買える?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。
初心者の人に「ピナレロのロードバイクって10万円くらいで買えますか?」という質問を受けます。

そうですね。
家電業界なんかだと型落ちすると4割引きとかもある現代日本だと、何かと値引きって期待しちゃいますよね。

実際のところどうなのか、今回はそういうお話です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


ピナレロのロードバイクの定価

まず、定価で言うとピナレロのロードバイクは10万円では買えません。
2016現行モデルの1番リーズナブルなアルミのモデルPRIMAでも、税抜き158,000円。

値引き交渉をして、税金分値引いてもらっても10万円には遠いです。
もちろん、フルカーボンになると、20万円を越えるので10万円など夢のまた夢です。

基本的にピナレロは高級メーカーの部類に入ります。

アルミのエントリー向けラインナップがあると言えど、やはり他メーカーの同グレードの価格と比較すると、高くなってしまいます。

それでも多くの初心者は、予算設定を10万円くらいで何とか抑えたいというのが本音でしょう。

そもそもに10万円でロードバイク

そもそもにピナレロ以外のメーカーを含めて、ロードバイクって10万円で買えるものでしょうか?

円高の今日、税込み定価で10万円を切るラインナップは、決して多くありません。
税抜き10万円となると数も増えますが、税込み10万円以下は意外と少ないです。

安いロードバイクの代名詞ジャイアントのDEFY3でさえ、2016年は税抜き10万円ジャストです。
ソラ完成車は10万円以下は厳しいですね。

ひとつ下のDEFY4が、ソラのひとつ下のクラリス完成車で税込み91,800円。

ジャイアントに次ぐ、大メーカートレックも1.1という車種が、クラリス組みで税込み99,000円。
トレックは税込み価格表示するので、値段も税込みで良いところをしっかり狙ってきます。

安いイメージが薄いトレックですが、基本的に販売台数も多いので、価格もリーズナブルに作ってきます。

それにしても、STIレバー搭載(ブレーキのレバーとシフトのレバーが一緒になってるやつ、シマノトータルインテグレーションの略ですね)でこのお値段。
クラリスのコストパフォーマンスは驚異的です。

ただ、10万円以下のロードバイクは、やはり安いロードバイクです。
街乗り限定で使うとかなら良いのですが、少し遠くまで行きたい、峠っていうのにも行ってみたいという話になると、どうしても「ああ、もうちょっと良いやつ欲しい」となりやすいです。

じゃあ、やっぱりピナレロは10万円では無理?

定価では、ピナレロのロードバイクを10万円で買うのは難しい。
そうなると狙い目になるのが型落ち品、アウトレットB級品です。

本来、アウトレットとはメーカー直売という意味ですが、昨今の日本ではワケアリSALE品みたいな意味で使われることも多いですね。

まず、型落ちについてですが。
ある時はあるし、ない時はないし、という感じです。
全く答えになっていませんね。

モデルチェンジの時期は、毎年変わりますが、だいたい夏の終わりから秋の頭くらいです。

これは、世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスで、新モデルを先行投入して宣伝してから、市場に流通させるという戦略のようです。

個人的には、ツールと同時期に販売店に並べば、もっと売れる気もするのですが。
一般市場に流通させる前の、最後のプロによる実戦テストと言った意味合いもあるのかもしれません。

ピナレロのロードバイクはモデルチェンジが激しい

はて、そういったモデルチェンジの時期にお店に行けば、前のモデルが余っていると安くなっている場合があります。

ただ、色だけ変わって、パーツ、フレームなどは全く同じという場合は、値下げ幅は小さいようです。
しかし、ピナレロのロードバイクはモデルチェンジが激しいです。

ピナレロのエントリー向けのアルミロードバイクと言えば、FP UNOだと今でも思っている人は、少なからずいるかもしれません。

さすがに、トップグレードがPRINCEだと思っている人は少ないでしょうが。
本当によく変わります。

変わらないメーカーと言えば、ジャイアントです。
実際にはモデルチェンジしても、モデル名はいつまでたってもTCRとDEFYです。

いきなりTCRを見せられて「いつのモデルでしょう?」とクイズを出されても、正直分かりません。

しかし、ピナレロのようにモデル名も形も変わってしまうと「あ、昔のやつだ」とすぐに分かってしまいます。そういう場合は、グッと値下げされることもあります。

そう、名前や形ごと大きくモデルチェンジした場合は、10万円で買えることもあり得るかもしれません。

傷物のロードバイクを

型落ちの他に、ピナレロのロードバイクを10万円で買える可能性があるとすれば、傷物です。
どうしても自転車の塗装って車ほどは強くないので、配送中のちょっとした衝撃で傷が入ってしまう場合があります。

あるいは、工場出荷の時点で塗装ムラがあったり、クリアの下にゴミが入っていたり。
日本人の我々の基準では、不良品と言いたくなるような塗装の不備でも、外国人さんにとっては「え?なに?これ問題なの?大丈夫でしょ!」みたいなことってあるんですね。

そういう傷物、不良品の場合、特に走行に支障がないと小売店のメカニックが判断した場合、アウトレットなり値下げ価格で販売されることがあります。

ピナレロの中古のロードバイク

「中古のロードバイクってどうなんですか?」
これも、たまに聞かれます。

確かに中古ならピナレロでも10万円以下で買えそうですよね。
でも、初心者の方はやめておいた方が良いと思います。

自転車の場合、国家資格や車検などの基準がないので、中古品は本当に様々です。
ひどいものは、本当にひどいです。

特にヤフーオークションなどで、中古品を購入するという方もいますが、はっきり言って恐怖でしかありません。

自動車をヤフーオークションで買おうと思いますか?

どこか、きちんとしたお店が出品しているなら話は別かもしれませんが、誰かも分からない個人が出品しているものを買って、走っているとエンジンが爆発したらどうしましょう。

エンジンの中の仕組みが分かりますか。
エンジン以外、様々な部分の仕組みが分かりますか。メーカー毎に細かい技術や部品も違います。

出品者の人は本当に嘘を付いていませんか。

そう、自動車で考えると「そりゃ、自動車をヤフオクでは買わないな。お金をケチって命を危険にさらしてもなぁ」となるのですが、なぜか自転車は買っちゃう方が少なからずいるんですね。

知人でも1人そういう人がいるのですが、「どうしてそんなリスクを犯すの?」と聞いてみたことがあるのですが。

「え?リスク?自転車だし大丈夫でしょ」とのことでした。
まあ、当人の自由なので、それ以上は言いませんでしたが。

「自転車って自分で直せそう」
「自転車ならそんなに速度は出ないでしょ」
そう思うみたいですね。

詳しい人、自信がある人なら良いのかもしれません。

でも、実際に詳しい人は自転車は車体・部品を含めて消耗品ということを理解しているので、出どころの分からない、得体の知れない中古品は嫌うという方が多いように思います。

自分が使ってボロボロにした部品と、知らない誰かが、どういう使い方をしたかさえ分からないボロボロにした部品というのは全く違います。

自分でボロボロにしたものは、壊れている場所をある程度推測できます。

得体の知れないものは謎が多いです。
特に材質の疲労度など、表面的には全く分からないものはお手上げです。

非破壊検査は自転車屋さん等でもできません。
専門の機関に、それこそ10万円以上払って依頼しないと分かりません。

初心者の人には、中古品は避けて欲しいというのが正直なところです。

10万円でピナレロのロードバイクを買うときの注意

そんなわけで、タイミングと運が良いと、10万円以下のピナレロに出会えるチャンスが来るかもしれません。

しかし、焦ってはいけません。

まずはサイズが合っているかです。
サイズに関しては、基本的には手足・胴の長さで決まります。

あとは、柔軟性や乗り方なんかも大事ですが、これは買う前、乗る前にはどうしても分かりにくいところなので、まずは手足・胴の長さでサイズを決定するお店が多いです。

現物があれば、現物にまたがるのが1番良いです。

場合によっては座高のみだったり、股下の長さのみ計測して決めるお店もありますが、この辺はプロの人でも様々な意見があるので、明確な唯一の答えがあるわけじゃないです。

お店は、きちんと考えた上でサイジングをしています。

メーカーなどのカタログの目安身長とサイズは、あくまで目安です。
正直、あまりアテになりません。

サイジングをしないお店での購入は、少々考えた方が良いです。
サイズがずれたロードバイクを乗ると、前傾がキツすぎて腰が痛くなったり、ハンドルが手前に来すぎて、ママチャリ乗りになって、オシリの痛みに悩まされたり。

あれこれ困ります。
そう、サイジングは難しくて、重要です。

当然ですが、買った後で自転車がビヨーンと伸びたり縮んだりはしません。
安いからって、乗りにくいサイズのものを買ってしまってはいけません。

傷については、ちゃんとしたお店が「走行性能について問題ない」と言っているのであれば、問題無いでしょう。
ただし、気になる人はやめといた方が良いですね。

まとめ「やっぱりピナレロなら20万円ほど用意したい」

ピナレロのロードバイクは、10万円で買えるのかということを考えてみました。

まあ、買えないことはないのですが、やはりリスクが多いですね。

値段を優先する人はピナレロ以外のメーカーを探してみる方が無難です。
話の途中にも出てきましたが、ジャイアントやトレックなら定価でも10万円切っていますからね。

ピナレロにこだわる人は、その他の用品なんかも含めて20万円くらいは予算を組んで、探してみるのが良いと思います。

 - ロードバイク, ロードバイク 海外メーカー, 自転車 購入